大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国の中古車マーケットはこれから構築される。

中国のモータリゼーションの発達によって、中古車市場も形成されていくのだろう。

ただ、中国人は扱いが乱暴なので、中古車市場が成り立つのだろうかという懸念はある。

ボルボではネットを使って、中国全土の中古車市場からボルボの車両を探しだして、自社で整備をした上で無料のサービスをつけるという方法で、自社のブランド力を上げて、中古車のみならず審査の販売促進策を進めている。

中古車の価値が高まれば、安心して新車を買うことができるという心理を考慮してのことだろう。

「デリカの査定では一番熱意のある業者にお願いして売却しました」と言う記事が、象徴しているように、日本には一括査定システムがあるが、いずれ中国にも同じようなシステムが出来上がるに違いない。

広い国なので、日本とは違った進歩の過程をとるかもしれない。
スポンサーサイト

雲南省で大地震発生。

雲南省で大地震発生。

日本政府は、直ちにお見舞いと緊急支援の用意があることを伝えたが、習近平政府は、必要性を検討するとの返事。

地震災害の場合は、生存者救出には72時間の時間制限があるのだから、すぐに救援出動を養成すべきだと思うのだがなぁ。

中国の賄賂体質が日本の環境を汚染する

中国の環境汚染物質、PM2.5が、国境を越えて日本に襲い掛かってkる季節が近づいている。
NHKの報道によれば、「大気汚染が深刻な社会問題になっている北京市の担当者が、東京都の大気汚染対策を学ぶ研究集会は2日目を迎え、一行は東京都内で排気ガス規制を行っているディーゼル車の検査の様子などを視察しました。(中略)北京市環境保護局の宋強研究室主任は「技術だけでなく、全体として大気汚染をどう管理するかという体制に学ぶところがあると感じた。帰国後、どういう形で取り入れられるか検討したい」と話していました」とのこと。

日本の技術を取り入れて、環境対策の法的な整備を進めることは当然やらなければならないが、必ず問題になるのが。取り締まり役人に対する賄賂問題だろう。

わたしが大連駐在の頃、ある地域の工場騒音が問題になって騒音対策の規制が行われた。
規制に従えば、設備費用がかかるし、工場の稼働率が低下するので経営者の本音としてはやりたくない。
それでも、日本の企業は順法精神と環境保護精神とで、設備投資をして規制に従った運営に切り替えた。
ところが、隣接する中国企業では何も変わりがなく騒音を撒き散らしているのだ。
どうしてこんなことが怒り得るかというと、賄賂に他ならない。(証拠はないがそれしか考えられない)
取り締まりに当たる役人がうるさくいわなくなれば、経営者にとって問題は解決したことになる。
例えば、設備投資が1000万円かかるとして、賄賂が10万円で済めば、そっちの方がお得だという発想である。
北京や他の都市で、環境対策を進めるときに、隠れた問題として出てくることだろう。
習近平政権は、賄賂撲滅を叫んでいるが、おそらくダメだ。

中国賄賂体質が、日本の環境汚染にも影響すると言うお話でした。

今日から国慶節

中国では今日から国慶節。
工場稼動がしばらく停止するので、大気汚染が改善されるか。
日本にも影響が流れてくると心配されている。
これから、偏西風が強まる季節なので、心配だね。

お粗末な大連空港のトイレ

大連周水子国際空港は、世界13カ国につながり、外国29都市を含む、88都市と結ばれている。 2009年に完成した新ターミナルは、年間955万人が利用可能で、東北地区ではトップで、全国でも16番目だ。
正に、中国の北の玄関と呼ぶにふさわしい内容である。大連空港の中国語サイトはこちら

さて、中国ブログのネタで外せないのがトイレ話だが、4年ぶりの大連訪問でも、やはりトイレの話題に触れなければならない状況に出会った。
今回は、5日間滞在して、帰国する最終日のこと。CA東京行きに余裕を持って間に合わせるために、早朝6時半にホテルを出た。早かったので、トイレに行かなかった。
空港に着き、搭乗手続きも無事済んで、時間の余裕があったので、トイレに行った。大のほうである。
男子衛生間の表示にしたがって入ってみると、制服を着たおじさんが、暇そうにモップで床を磨いている。
あれほどの立派なターミナルなのに、男子トイレの大の個室は、3室しかなかった。
ドアの表示を見ると、一室が洋式トイレで、残りの二つは中式トイレだ。金隠しがないのでどちらを向くべきか分からない便器だ。詳しい説明はこちら
椎間板ヘルニアの影響でひざが深く曲がらないので、中式トイレはイヤだったので洋式トイレを使おうとしたが、洋式は使用中だった。
そもそも、国際空港に中式便器はないだろう。
欧米人がもっとも忌み嫌うのは、中式トイレ(和式トイレでも同じことだが)だという。
日本の空港では、(少なくとも成田空港には)和式トイレはなかったような気がする。

仕方なく、中式トイレのドアを開けて入ってみると、ひどいことにドアの内鍵が壊れている。
仕方なくその隣の中式トイレのドアを開けた。
なんと、そこには、流されないままのうんこがこんもり残っていたのだ。
『まったく、中国人のマナーは変わっていないな。使いっぱなしなんだ』
などと、捨て台詞を言いながら、鍵が壊れているほうのトイレに戻った。幾らなんでも、他人のうんこの上に盛り上げる気にはならなかったから、当然の選択だ。
内鍵が壊れているといっても、内側に開くドアだから、手で押さえればなんとかなると割り切った。
始める前に、トイレットペーパーのホルダーを見ると、ペーパーがない。
『管理が悪いなぁ、じゃ、今回は止めよう』
と、外に出てから思い出した。
中国では、小さいぺーパーを入れておくと、丸ごと盗まれるので、小便器の近くに大巻のトイレットペーパーを設置しておき、必要な分だけ巻き取ってからトイレに入るのだったと。詳しい説明はこちら。
探してみたら、予想通り大巻紙があったので、必要量を手にぐるぐると巻き取って、中式トイレに入って、ひざが曲がらず不便ながらも用を足した。
巻き取ってきたペーパーで尻の処理もしたし、ズボンをあげてベルトを締めなおして、流そうとしたときだった。
水を流すためのレバーがみつからない。足踏みペダルもない。振り向くと、光電センサーのような窓がある。
『ははぁ~ん、これだな』
センサーらしき黒い窓の前に手をかざしたが何も変化がない。さらに手を振ったり、タッチしたり、押したり、叩いたり、いろいろ試したが、水が出てこない。再度、室内を見ても、レバー、ペダルはおろか、ボタンも、紐も、動かせそうなものは何もない。まさかとは思うが、何枚目かのタイルが隠しスイッチなっていたのかも知れない。
しかし、そんなことが分かるはずがない。
どうしようもないので、人目を忍んで、逃げるように出てきた。
制服のおじさんは、相変わらず、モップで床を拭いている(振りをしている)だけだ。
思えば、隣の便器のうんこの人も、流せなくて仕方なく放置したものだろう。彼もあわてたに違いない。
こうして、ひどい罪悪感に苛まされながら、中国から機上の人となったのだが、今思い返しても、気分が悪い。

タクシー代を値上げしてやればぁ

4年ぶりに大連に行って思ったことの一つは、『タクシー代を値上げしてやれよ』ということだった。
よそ者がでしゃばって、勝手なことを言うなと言う勿れ、ちゃんと理由があるのだから。

詳しいデータはないが、直感的に、感じたのが次の二点。
(1)タクシー運転手のマナーが悪くなった
(2)流しのタクシーの数が減った。

大連空港から開発区の中心部までのメーターは、60元からせいぜい70元だ。
4年前までは、メーターで清算するタクシーが普通だった。
ところが、今回空港から乗ったタクシーはこんな具合だった。

空港の国際線到着ロビーを出たが、タクシー乗り場が分からない。
怪しげな男が近づいてきて、日本人と見るや『たぐし、たぐし』と声をかけてくる。
こんな、白タクまがいの怪しいやつを相手にしてはいけないと、2人ばかり無視したが、他に車も見当たらないので、3人目の呼びかけに応えた。当方は、中国語で喧嘩が出来る大先輩とわたしの二人連れだ。大先輩が、中国語で交渉を始めた。
「開発区まで幾らだい?」
「開発区はのどこだ?」 と運転手。
「中心部の△□ホテルだ」
「それなら120元だ」
「高いから止めた、乗らない」 と、大先輩。
「分かった、分かった、安くするよ、幾らなら良いのか?」
「100元だ」
「100元だって! せめて110元にならないか」 未練がましい運転手。
「じゃ、別の車を探すからいらない」 あくまで強気の大先輩。
「しょうがねぇな、100元でいいよ」
車は白タクではなく、タクシーの塗装をした正式な車で、メーターも運転手の許可証もついている正式なタクシーだ。
こうして、トランクに荷物を積み込んで、我々二人が後部座席に乗り込んだ。 すると空いている助手席を見つめていた運転手が言った。
「もう一人、探してくるから、ちょっと待ってくれ」
 相乗り客を探そうという魂胆だ。
「冗談じゃない、我々は急いでいるんだ、すぐに出ないなら、降りるぞ」 と大先輩は譲らない。(急いでいたかどうかは知らないが)
「すぐ戻ってくるから」 あくまでも未練たらたらの運転手。
「ダメだ、じゃ、ここで降りる」 と大先輩が脅す。
仕方なく、運転手があきらめて、空港の駐車場を出て、開発区方面に走り出した。と、思ったとたんにいきなりユーターンした。仲間のタクシーに横付けして、
「おい、開発区に行くなら、後ろの二人を引き取ってくれねぇか。100元なんだけど。おれは別の客を探すから」
「ああ、良いよ」 仲間の運転手は気軽に引き受けた。
「お客さん、あっちの車に乗り換えてくれ」
「ふざけるな、お前が100元で行くと言ったから、我々は乗ったんだ。乗り換えなんか出来ない」
「ちょっとだけじゃないか、荷物は移すからさ」
「絶対ダメだ、無茶を言うと、このまま警察に行くぞ。コノヤロ」 大先輩は、一歩も引かず運転手の背中を小突く。
大先輩の迫力に負けた運転手は、しぶしぶ、開発区に向けて走り出したが、その運転振りのむちゃくちゃと言ったら、とんでもない神風タクシー(日本ではもはや死語だが)だった。
(こいつは必ず事故を起こす。その日が今日でないことを祈る) そんな心境の30分間だった。
なんとか、事故を起こさずにホテルに着いて、大先輩が100元の約束に色をつけて110元を支払った。
(これはこれは、思いがけずどうもどうも)と感謝の言葉が出るかと思ったが、出たのは悪態だった。
「なんだよ、110元か。120元くれよ」 と運転手は納得していない。
せっかくの好意の10元を無視された大先輩は、憮然としていた。

4日後の帰りは、ホテルの前で待機していたタクシーで空港まで行った。
流しのタクシーなら、事前に値段交渉をするが、ホテル前で待機しているタクシーは、メーターで行くのだと思い込んでいた。
空港に着いてみたら、メーターが動いていない。こともなげにひと言
「120元」
三人も乗っていたので、金額で困るわけではないが、大連のタクシー現況を見た思いがした、往復の乗車だった。

なぜ、こんなことになっているのか、わたしなりに考察してみた。
大連のタクシー料金は、2006年5月に少額値上げされたが、その後変わっていない。
しかし、2006年以降の大連の消費者物価指数は、急激に上昇しているのだ。
大連市物価局が公開している指数を元に、2006年からの物価指数をグラフに示したのが下の図だ。
dalianCPI.png
見て分かるとおり、総合物価指数は、2006年1月に対して2012年1月では123%に上昇しており、食品だけを見ると164%である。
これに対して、交通・通信費は、逆に92.7%に低下している。この低下は、通信費のインターネットや携帯電話の料金が低下したためで、タクシー代は変わっていない。
タクシー運転手がそれほど豊かな生活をしているはずもないので、エンゲル係数は高いことだろう。
2006年以降、工場労働者の最低賃金は、何回も見直されて上昇している。
このような状況で、タクシー運転手の賃金が据え置かれているのだから、生活が苦しくなった彼らがシャカリキに稼ごうとするのも理解できる。
中国人気質として、苦しい状況に甘んじているはずがないので、生活できないとなれば、とっとと廃業するか、雲助運転手になりきってひたすら稼ごうとするか、どちらかだ。
だから、タクシーが少なくなり、荒っぽい悪質な運転手が増えているのだと思う。

こんな状況を放置して、市民の足を不便にしているのは、行政の怠慢ではないか。
適正な値上げを認めてやって、運転手の生活を保障することによって、汎用交通の秩序を保つのが正しい姿なのではないかと思う。

困る日本店員、困らない中国店員

2008年に帰国してから、4年ぶりに大連に行った。
自動車が増えたし、新しいビルも出来て、開発区の町並みは多少変わったような気もするが、一歩裏に回れば汚いし、中国人の基本的なところはあまり変化していない印象だった。
特に、中国人のサービス精神欠如は、まったく変わっていない。

4年前に使っていた古い携帯電話の番号を変えずに使おうと、私は、料金前払いのカード(充値卡)を求めてあちこち探し回った。
事情を説明しているつもりだが、私の中国語がおぼつかないので、どこでもらちが明かない。
しばらく歩いていたら『中国移動』の看板を見つけた。
日本なら『NTT docomo』か『au by KDDI』かというような、通信大手である。
ここで聞いてダメなら仕方がないと決めて店に入った。
昼時だったので、若い女性店員がうどんを食べていた。
持っていた4年前の携帯を取り出して、
「すみませんがちょっと教えてください。この携帯に料金を前払いしたのですが」と言ったつもりだった。
女性店員は、私の声が聞き取れなかったようで
「前払いはどうのこうの、なんだのかんだの?」のようなことを言われたが、よく聞き取れなかったので、
「ティンブドォン(なにを言っているか分かりません)」と答えた。

さぁ、ここで日本の女性店員なら、どうするか?
例えば、NTT docomoの営業所に、謎の中国人が来て、旧式の携帯電話を取り出して、何か分からないことを言っている状態だ。うどんを食べていた女子店員はどうするだろうか? 
そもそも、店番の途中で、うどんを食べていると言う設定が日本では無理があるのだが、それはひとまず置いといて。店番の女子店員は困るはずだと思う。
(え、中国人が何か言っている。カタコト日本語のようだが良く聞き取れない。困ったな。どうしよう。誰か呼んで来ようか。図を描いて詳しく聞こうか)
困った挙句に、
「すみませんがもう一度いってくれませんか」
とか、申し訳なさそうにフォローすることだろう。

ところが、件(くだん)の中国女性店員は、まったく困った様子を見せなかった。
「ティンブドォン(分からない)なら、しょうがないわね」
そう言って、また椅子に座ってうどんを食べ始めたのだ。
もう、私の存在すら忘れたようだ。
少し大きい声で「有没有充値卡(充値カードはありますか?)」と聞いた。
彼女は、座ったままうどんを食べながら「没有(ありません)」と答えて、振り向きもしなかった。
我々の会話はこれで終わった。

事実はこれだけのことだが、相変わらずの、日中のサービス業の心構えの違いを感じた大連再訪問の初日だった。

日本の技術をパクッていない

開業当初から心配されていた。パクリ新幹線の事故が実際に起きてしまった。
安全性をあれだけ騒がれていたのだから、起きるべくして起きた人災の面が強いと思う。
以前から思っていたことだが、時速300キロ、500キロの高速鉄道を作ること自体は、それほど難しいことではないと思う。見よう見まねでも出来るだろうと思う。
高速鉄道でもっとも大事なことは、システム制御技術だ。
東海道新幹線は、のぞみ、ひかり、こだまと3種類の停車パターンが違う電車が5分間隔程度で間断なく走っている。引込み線に停車しているこだまに、時速300キロののぞみが追突したら大惨事になることは間違いない。日本の新幹線では、開業以来人が死んだ事故は発生していない。(自殺はあるが)この安全性こそが、世界の鉄道に誇れる日本の技術である。
今回の中国の列車事故は、まさにこのリスクが露呈したものである。
制御システムは、機械やコンピュータだけの問題ではなく、それを管理する人間の育成も含むものだ。
缶詰合宿で勉強させても、一朝一夕に身に付くものではない。人材育成は、OJT(仕事をしながら学んでいく)での時間をかけたプログラムが必須だが、中国ではこの点を無視した。
中国の書き込みサイトにあった言葉が、重くのしかかる。

『今回の事故で、中国の新幹線は、日本の技術をパクッていないことが証明された』と。

事故原因解明に必要と思われる証拠物件(事故車両)を十分な検証もせずに、畑に埋めてしまった行為にも、疑問を感じる。

大連は日中協力でもっとも重要な都市

大連日報 2011年4月27日 1面より

夏徳仁書記が中国大使丹羽宇一郎と会見

日本の在中国大使丹羽宇一郎が、昨日、東芝、日本貿易振興機構、伊藤忠商事、日立など日本企業主ら一行30余名が大連を訪問した。当日の夜、遼寧省常任委員、大連市書記夏徳仁が棒棰島迎賓館で丹羽大使一行と面会した。
 夏徳仁書記は、日本が巨大地震と津波の災害に見舞われたことに深く同情の意を表し、災害を受けた日本国民にお見舞いをした。彼が言った、日本は巨大地震と津波に加えて放射能災害発生後、大連市民は関連する日本企業と日本国民に援助の手を差しのべると共に、なくなられた人々に深い哀悼の念をささげる。1万2千人を超える大連からの留学生が一人も被害を受けなかったことについて、わたしたちは、日本政府と民衆の優しい援助に深く感謝する。佐藤水産株式会社の専務、佐藤允さんは帰らぬ人となったが、率先して大連研修生20名を救護したことに大連市民は深く感動している。
 夏徳仁は、多年に渡り大連と日本企業の協力と貢献に感謝した。また、近年は大連と日本貿易は緊密でますます発展している。(疲れたから途中まで、後日続きを)

drkansha.png

大連で残るのは森ビルだけ

ニュージーランドの大地震で建物が崩れ落ち、大きな被害が出ている。天災とはいえ、痛ましいことだ。
大連は地震がない地域だから、大丈夫と地元の人は言っているが、もし大地震が起きたら……。
日本から来た建築家が、こんなことを言っていたのを思い出した。

大連のビル建築現場を見ると、柱は細いし、床は薄く、鉄骨の量も少ない。
まともなのは、森ビルだけだと。
森ビルは、日本の建築会社が日本の耐震基準で建築したものだそうで、万一大地震が起きたときに、周りのビルが崩れ落ちても森ビルだけが最後まで残るだろうって。

森ビルには、賃料が高いにもかかわらず、大手の日系企業がたくさん入っている。
日系企業が多いから便利だと言うこともあるが、安全管理の面からも、多少賃料が高くても森ビルを選びたい気持ちは理解できる。
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。