大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

コメントの編集



原始は母系制社会といわれ、中国が男系制社会なのに対して、 日本は古来は双系制社会でした。ですから、鎌倉幕府を創設した源頼朝の妻政子は結婚後、源氏とはならず、北条(平)のままです。これは、現在でも歴史教科書で「源政子」とは表記せず、「北条政子」とすことに表われています。したがいまして、本来結婚しても姓氏は変わらないのです。ですから、夫婦別姓が日本の本来なのです。決して伝統ではないのです。 これが庶民に至るまで、夫婦同姓に変わったのは、明治維新で、フランス民法に範をとって、民法を制定して、戸籍としての家を確立してからです。もちろん、この前提には江戸時代からの武士の家概念がありました。 このように、現在の日本人が伝統を思っていることでも、明治維新苛の新しいものが多くあるのです。
秘密にする

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。