大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

コメントの編集



>青云さん 10年前なら大変だったでしょうが、今やネット上に沢山の情報があふれていますから、ちょっとした検索のテクニック、データをまとめる意欲、そして何よりも「暇」があれば、比較的簡単に調べられますよ。 >遼寧省営口市在住さん 一家3姓の可能性もあるのですね、全く考え付きませんでした。 欧米系の名前を中国語に変換するのも色々なパターンがあって面白いですね。 >KMさん すばらしい、脱帽です。
秘密にする

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。