大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

コメントの編集



アムール虎は、IUCN red listでCR(Critically Endangered,絶滅寸前)に指 定されています。そのままほっとけば絶滅してしまうし、人間が手をかけ過 ぎると野生の動物としての自立性を失うし難しい問題です。 >>2008/03/03(月) でっつさん >>動物虐待について >>実際のところ、この東北虎林園だけを覆い隠しても仕方ないと思います。 >>中国には、このような悪趣味なアトラクションを売り物にしている施設が >>結構あるようですから。 虎が生きた動物を殺して食べるのは、自然の摂理です。しかし、それを人間 がけしかける事に問題があります。ましてや、それを見て面白がるのは日本 人から見れば悪趣味に見えます。 フジテレビ系「トリビアの泉」で紹介していましたが、以前に沖縄でマング ースがハブを捕獲する所を観光客に見せていました。今は動物愛護法の関係 でできなくなったので、マングースと海蛇を水槽で泳がして競争させて、そ れを観光客に見せているそうです。 哈爾濱の東北虎園は、ガイドブックにも載っています。 >>ちなみに、同記事でも >>「運が良ければ、トラが鶏を捕まえて食べるところも見られる」 >>と紹介されている。 そのガイドブックにも↑これと全く同じ文言が書かれていました。 あと、ここで有料で虎の嬰児を抱いて写真が撮れるそうです。本当はそんな ことをすると、野生の動物としての自立心を失うので良くないはずなのですが。 オーストラリアのコアラのいる自然動物園でも、州によりコアラを抱ける所 とそうでない所があるそうです。
秘密にする

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。