大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

発病者数の増加率が最も高い病気は?

中国衛生部が発表した、2004年の法定伝染病の発生状況からのトピックだ。

2003年から2004年にかけて、発病者数の増加率が最も高い病気はなんだろう? 
それは、エイズだ。

2003年の発病者数は1145人、死亡者数は379人
2004年の発病者数は3054人、死亡者数は741人
発病者数の増加率は、2.67倍だ。

ちなみに、第2位は、梅毒1.53倍、第3位は狂犬病1.30倍だから、エイズの増加率が如何に高いか分かるだろう。
ここまで、発病者数の増加率について書いたが、では、死亡者数の増加率ではどうだろうか?

やはり、エイズが1位で1.96倍、2位は狂犬病1.34倍、3位は肺結核1.30倍と続く。この他の病気ではあまり変化がないか、むしろ減少しているものもある。

さて、エイズだが、中国語では「愛滋」もしくは「艾滋」と書いて発音はどちらも「アイズ」と読む。

2004年12月28日の「北京2004エイズ宣伝活動」の報告によると、中国のHIV感染者は毎年40%ずつ増加している、これは世界で14位、アジアで2位のスピードだ。中国では1985年に初めてのエイズ感染者が確認され、それ以後2004年4月現在のHIV感染者は84万人、エイズ患者は8万人、死者は累計16万人と見られる。

大連での発生状況は、1992年からの累計で患者は83名で男57人女26人だ。年齢層では、20~30代が66人で85%を占める。感染経路が分かっているのは性感染39人、血液感染41人となっている。
一般にエイズ患者は南方に多く、その大部分が性感染だといわれているが、大連の状況は、それらとは違うようだ。
キーワード:法定伝染病、死亡者数、死亡率、エイズ
人気ブログランキング > 地域情報 > 海外 > アジア
中国ランキング > 中国諸々
くつろぐランニング > 地域情報 > 海外
スポンサーサイト

摩訶不思議な小便小僧とは?

神奇:”尿童”とは、摩訶不思議な小便小僧といったところかな。
kozou3.jpg
この看板の効能書きをざっと訳せば、次のようなことが書いてある。
=====
摩訶不思議な「小便小僧」と呼ばれる物、即ち、誰もその正確な作用も原理とて知らず。
極めて貴重な、その原料と製造方法は、我国玉山の鄭坊地方の僅か2~3平方キロの範囲でしか取れない紫檀砂を原料として、古来から伝わる八卦の炉を使い炭火焼工芸技術を以ってして、やっとできる効能こそが、摩訶不思議な「小便小僧」なり。
貴殿を楽しませ、喜ばせ、なお且つ鑑賞、収集の価値あり、更に子供のお土産に最適、これこそ、摩訶不思議な「小便小僧」なり。

=====
更に、価格19.5元のところ、今なら5元と。

一体何かと思って覗きこむと、おじさんが、ポットのお湯を小僧の頭からかける。すると、いきなり
kozou.jpg
相当な勢いでおしっこを噴射するのだ。時には、見ている人の服にかかったりして、びっくりする。 文字通り小便小僧だ。

原理は簡単で、空洞の素焼きの人形に水を滲み込ませておいて、上から熱湯をかけると、内部の空気が熱膨張するので、ちんちんの孔から水が押出されて、飛び出すだけのこと。だけど、初めて見たときには、その意外な挙動にびっくりするものだ。

人形は、もともとは、茶坊主のような坊さんのシリーズだったのだが、だんだん種類が増えて、猪八戒とか、クレヨンしんちゃんらしき顔つきのものがある。顔つきはともかく、ちんちんの描写が子供の物とは思えないような、立派に作られているので、ママに見せたら怒られるだろう。ここでいきなり写真を紹介するのははばかられるので、どうしても見たい人は、下の、【“小便小僧”の続きを読む】をクリックしてくれ。
050515kozou2.jpg
それにしても、この販売ブースを見てくれ、ちゃぶ台の上に乱雑に物品を並べているだけ。小学校のバザーだってもう少しマシな展示をすると思うよ。

キーワード:小便小僧、空気の熱膨張、


【“摩訶不思議な小便小僧とは?”の続きを読む】

大連の可処分所得額

大連市統計局から、2005年1~3月の大連市主要経済指標が発表された。
市全体の小難しい数字はおいといて、一人当たりの収入と消費に着目してみた。
                         (単位は元)
--------------------------------
                3月単月  前年比
--------------------------------
都市部住民一人当たりの可処分所得 915.66 +8.9% 
都市部住民一人当たりの消費支出  692.46 +8.4% 
--------------------------------

                          (単位は元)
--------------------------------
                 1-3月 (月平均) 前年比 
--------------------------------
都市部住民一人当たりの可処分所得  3223.95 (1074.65) +17.5%
都市部住民一人当たりの消費支出   2500.81 ( 833.60) +16.6%
--------------------------------


これで見ると、一月の一人当たりの可処分所得が1000元なんだ。子供や奥さん、じいさん、ばあさん迄含めて、一人当たり1000元なら、旦那さんの給料は、3000元か?と思いきや、実はそうじゃないんだな。
都市部では、夫婦共働きの家庭が多いから、一人っ子だとすると、夫婦合わせて、3000元ということだ。つまり一人の稼ぎが1500元、これなら納得出来る数字だ。ここに、農村部が入ると、全く違った数字になってしまうだろう。
しかし、それにしても、1-3月の可処分所得額の伸び率が17.5%とは、驚異的な勢いだな。3月単月の前年比が+8.9%と比べても2倍だ。よく分からない数字だ。

消費についても同じ傾向だった。
3月単月よりも、1-3月平均の消費が大きいのは、おそらく、2月の春節(旧正月)絡みの、食べ物、お土産やら飾り物、花火などの消費が多かったのではないかと推測している。

消費横目として、前年比の消費の伸び率は次の通り。
交通・通信費    +33%
衣類        +31%
家庭用品・サービス +27.4%
医療保険      +24.4%
商品・雑貨サービス +22.3%
食品        +13%

住居        -22%


なんか、訳の分からん数字を並べて、1日潰しちゃったな。
キーワード:
人気ブログランキング > 地域情報 > 海外 > アジア
中国ランキング > 中国諸々
くつろぐランニング > 地域情報 > 海外

占い師

これも、言ってみれば路上の商売の一種だろう。何も売らない、占い師って。
オヤジギャグ!!
占い師は日本にもいるが、何かしらテーブルのようなものを用意して、暗幕を垂れるなどして占い師然とした雰囲気を作ろうと努力しているじゃないか。
それに対して、この人たちは、折りたたみ椅子に腰掛けているだけだ。

道端には、手相、人相、八卦とか何とか書いた紙を置いて、風で飛ばないように重石で押さえているから、占い師だと分かる。
彼らの占いが当たるのかどうか知らないが、中国三千年の歴史の集大成の占いなのだから、当たるのだろう。

以前紹介した、道案内もそうだが、ボーっと、ここで一日過ごして生活できるのかが疑問になる。ひょっとしたら、この人たちは、アパート経営かなんかで潤沢な利益があり、余暇の時間を楽しむ為にここでボーっとしているのではないかと思ってしまう。夕方になるとベンツが迎えに来るとか!
でも、とてもそんな風にも見えないしなぁ。

オレはもともと占いとかおみくじとかの類が好きじゃないので関心も無いし、何よりも言葉の問題で、彼らの占いを聞き取ることが出来ないから、一度も利用したことがない。
今後も利用するつもりもない。

占いといえば、友人から紹介されたネット上の「山手線占い」をやったことがある。
生年月日を入力すると、例えば「あなたの駅は△△です」と決められる。そして、性格と恋愛分析をしてくれるというものだ。なぜ、山手線なのか分からない。他にも、フルーツ占いとか回転寿司占いとか訳の分からないものがネット上に、ゴロゴロある。どれも結構な人気サイトになっているが、オレには理解できない。

ちなみにオレの駅は「代々木」だった。
『物静かだが心の中は理想に燃えまくる正義感』だそうだ。
キーワード:占い、

テレビを買ったらお土産は?

今流行のホームシアターを作って映画を見ようと、大型テレビを買った。
プラズマ42インチだが、日本ブランドは高い。東芝、ソニー、パナソニックなどの名前が付くと、2万5千元以上だ。これに対して、韓国メーカーや中国のメーカーだと2万元前後に下がる。大連のデパートに買いに行って、いろいろ探していたら、海尓(ハイアル)の製品を安売りしていた。通常1万8千元のところ、特売で1万5千元というのだ。見たところ他の製品と変わりないし、これを買った。

支払を済ませてから、
「では、店からのサービスです。
洗濯機、電子レンジ、冷蔵庫の中から一つ差し上げます。どれが良いですか?」

「全部あるから要らないよ」
「はい分かりました、じゃぁ現金を返しましょうね」
『おっ!現金とは、ラッキー! 幾ら戻ってくるのかな、
洗濯機や電子レンジの価格からして、700元は固いだろうな』

「はい、お待たせしました、100元!」
「たったの100元!?」

読者諸君、ちょっと待った、話はこれからだよ。

仕方なく100元貰って、配達の指定をして帰ろうとしたときに、
「これは、店からのお土産です」って。
皆さん、何だと思いますか?
ずばり当てたら、日本-大連往復航空券プレゼントしてもいいくらい難しいよ。

まず、電化製品ではありません、電気から離れてください。
     ↓
     ↓
     ↓
工業製品ではありません、人工物から離れてください。
     ↓
     ↓
     ↓
食べ物です。いや、食材と言った方が適切だな。
     ↓
     ↓
     ↓
しかも、生き物です。通常は水の中に居ます。
     ↓
     ↓
     ↓
もう分かったかな?
     ↓
そう、魚なんです。
体長40センチは優にありそうな、黒いです。

そういえば、テレビ売り場の真ん中に、大きなポリの桶があって、エアポンプで空気を送っているのが見えていた、何だろうな?と。
こういうことになろうとは、思いもよらなかった。

タクシーに乗っても、ポリ袋の中で、ピシャピシャ跳ねている。

どうすんだよ、これ。 

結局、料理することも出来ず、友達の中国人にあげちゃった。
キーワード:鯉、食材、テレビの景品

小学の運動会

ここは、大連から1時間半程の所にある田舎の中央小学だ。ちなみに中国では、小学校のように「校」をつけず、小学という。
中央小学という意味は、この辺は農村で、家々がバラバラに存在しているので、子供たちが毎日中央小学校まで通学するのは大変なんだ。そこで、7つくらいの分校を設けて、日常はそれぞれの近くの分校に通っている。
卒業式などの大きな行事の時には、中央小学に集まって、全員揃って活動するシステムになっている。

今日は、7つの分校の児童達が全員集まって、大運動会だ。
yunhui.jpg
【写真上】
さすがは中央小学と言うだけあって、中々立派な校舎で広い校庭だ。真ん中に見える赤い半円形の門は、中国ではおめでたい行事には決まって出てくる空気で膨らませるアーチだ。中国語で「彩虹橋」(虹色の橋)と言い、結婚式、開業式、周年記念行事、展示会などの行事には欠かせない存在になっている。
そして、さすがは中国だな、五星紅旗(中国の国旗)が、はためいている。

【写真中】
運動会の目玉といえば、なんと言っても対抗リレーだろう。黄色いたすきをバトン代わりにして、子供たちが一所懸命走っている姿は、日本も中国も変わらない。
最近の日本の運動会では、勝ち負けを明確に付けないようにしていると聞く。極端な場合は、足の速い子は、皆より後ろからスタートさせて、ゴールは大体一緒になるように調整しているとか? 社会に出れば、頭の良し悪しだけでなく、運動能力や協調性などいろいろな能力の差が如実に現れるものだ。小学校で、みんな同じだなんて間違った思考を教え込んではいけないと思う。
オレは小学校時代は足が遅くて(今でも遅いんだけど)リレーなんかは出たことがない。もし賞をもらえるとすれば、スプーンレースとか、自転車のリム回しとか、障害物競走とか、ただ単純に走るだけでなく、ちょっと頭を使ってバランスを要求される競技だけだった。オレの運動能力はその程度なんだということは、小学生の時から理解していた。だから、割と早い時期に、プロスポーツ選手になる夢は消した消えた。
周囲で父兄が応援している姿には、日中の差はない。だけどここにも五星紅旗が見えるが、日本でこんな風に「日の丸」を見ることは無いだろう。

【写真下】
日本の運動会でも、出店って来るんだろうか? 
この学校の正門の前には、焼肉、トウモロコシ、煎餅、玩具などの出店が沢山並んでいた。農村地区なので、地元の人にとっては、学校の運動会って、大きなイベントの一つなのだろう。
キーワード:
人気ブログランキング > 地域情報 > 海外 > アジア
中国ランキング > 中国諸々
くつろぐランニング > 地域情報 > 海外

最も死亡率が高い伝染病は?

気候も良くなったし、ハイキングに行こう。
新緑の季節で、空気がうまいなぁ。
あれ、なんか動物がいるぞ、ほら、その草むらの中に。
SARSで騒がれたハクビシンじゃないか、おいでおいで。
こいつ、結構人なつこいじゃないか、逃げないな、おいでおいで。
ほらっ、捕まえた。頭なでなでしてあげようね、よしよし。
てっ! いてぇ、こいつ
噛みやがったな。チキショー、血が出ちゃったよ。

さて、この後、あなたはどうすべきでしょうか?
1)唾をつけて「痛いの痛いの飛んでいけー」と、おまじないをして放って置く。
2)狂犬病が怖いので、命には代えられないから、断腸の思いで、片腕を切断する。
3)狂犬病のある中国に居ては危険なので、速攻で日本に帰る。
4)他人に伝染させないように、自宅に引きこもる。

中国衛生部(日本の厚生労働省に相当するかな)が、2004年の法定伝染病の発生状況を発表した。

挙げられた病名を羅列すると、肝炎(A,B,C,E型)、肺結核、赤痢、淋病、梅毒、エイズ、狂犬病、新生児破傷風、脳髄膜炎などだ。

死亡者数が一番多いのはどの病気か予想してごらん。きっと外れるから。

エイズ? ⇒ NO,違います。


肝炎? ⇒ NO,違います。


赤痢? ⇒ NO,違います。



実は、狂犬病なのだ。(文脈からミエミエだけど)
2003年の発病者数2037人、死亡者数1980人
2004年の発病者数2651人、死亡者数2651
ちなみに死亡者数、第2位は肺結核の1435人、第3位は肝炎を全部まとめて944人だから、狂犬病がダントツ1位なのだ。

発病者数では、肝炎が100万人、肺結核が97万人、赤痢が50万人と続き、狂犬病は僅か2651人で9位に過ぎない。

ところで気が付いた? 特に2004年の数字の意味が!!
発病者数と死亡者数が同じ、つまり発病者は全員死亡!!
ひぇ~ぇ! 狂犬病って、恐ろしい病気だったんだ。

調べてみたら、日本、イギリス、スカンジナビアが例外的に狂犬病が無いが、その他は世界中で発生しており年間5万人も死んでいるって。アメリカではアライグマ、南米では吸血コウモリが媒体になっているとか。
狂犬病については、岐阜大学農学部の源先生が、分かりやすく解説しているので見てくれ。

冒頭の問題の正解は、1)から4)選択肢の中にはない。騙してごめんね。
正解はこちら、動物に噛まれた後の対策の部分を抜粋しておこう。
=====
本病は潜伏期間が長いので、咬傷後、傷口を丁寧に洗浄し、ワクチンを接種することで発病を十分防ぐことが出来ます。その際、0, 3, 7, 14, 30日の5回接種が行われており、場合によっては90日目に6回接種をすることになっています。
発病した人や動物の治療方法はありません。
=====
犬や狐やハクビシンなどに噛まれたら、すぐワクチン摂取だ、発病したら数日で確実に死ぬ。

なお、予防接種もあるので、心配な人は、中国に来る前に摂取すれば良いだろう、ってオレやってないよ。
キーワード:法定伝染病、死亡率
人気ブログランキング > 地域情報 > 海外 > アジア
中国ランキング > 中国諸々
くつろぐランニング > 地域情報 > 海外

読めないサインが中国流

以前に、花文字書きを紹介したが、今日は「署名デザインをつくります」の商売だ。
「花文字書き」と同じように、道端にサンプルを並べて、重石で留めている。
sign050402s.jpg
(写真をクリックすると大きくなります)
中国では、いろいろな書類に印鑑ではなくて署名することが多い。アパートの賃貸契約とか労働契約とか、日本なら、個人の契約でも判子を押さなければならないが、中国では殆どの場合は署名で済ませる。中国って印鑑の国かと思っていたが、意外にも日本よりも欧米に似ている。ただし、法人の公式書類には、必ず登録した印鑑が必要になる。

個人の署名だが、生真面目に楷書体で書く人は極めて少なく、みんな個性的な読めない署名を書くのだ。だから、こんな商売が成り立つ訳だな。

1回5元ということなので、オレの名前でデザインしてもらった。恐らく読めないと思うが、万一素性がバレるとヤバイので、写真は見せないことにしよう。

依頼するに当たって、与えられたメモ帳にオレの名前を書いたところ、おっさんが名刺サイズの紙を取り出すと、いきなりサラサラっと何かを書き出した。だけど全く読めない。仮名だが例えばこんな具合だった。
kinosi.jpg

「おい、英語じゃなくて漢字で書いてくれよ」
「まぁまぁ慌てなさんな、慌てる乞食は貰いが少ない」
と言ったかどうか分らないが、書いた紙をひっくり返して裏側から見せられた。するとどうだ、オレの名前が漢字で書いてあるじゃないか、つまり、裏文字、別名、鏡文字を書いたのだった。これには、正直びっくりした。恐らくあの様子だと、どんな漢字でも鏡文字を書くことが出来るのだろう。
試しに上の文字を鏡に映してみてごらん。

鏡文字は、いわゆる「つかみ」で、まじめに3書体ほど書いてくれたが、ずばりこれで決まりというほど気に入ったものはなかった。
だけど5元ならまぁ満足だ。

野良仕事の賃金が時給1~2元工場労務者の工賃が時給3~4元なので、ものの5分で5元獲得とは、時間単価はすごく高いことになる。でも、いつも仕事がある訳じゃないから、楽じゃないと思うよ。
キーワード:サイン、設計、デザイン

小麦の団子を振り回したら何になる?

スーパーの食品売り場でのデモンストレーションの風景だ。
いやはや、見ているだけでも楽しい、すごい技だ。
bing050412.jpg

最初は、小麦粉を練った小さな玉なのだが、手のひらでこねて、少しずつ延ばしてゆく。

ある程度広げたところで、やおら両手で空中に振り回して、調理台に戻すと、遠心力で薄く引き延ばされている。
もう一度振り回すと、また一段と大きくなっている。
これを何回か繰り返すと、調理台に収まりきれない程大きくなっている。

見ているだけで楽しい技だ。ラーメン屋で、手で引き伸ばすラーメンの実演をやっているが、この技は、引き伸ばしラーメンを凌駕しているな。
スーパーの食品売り場で、こんなことをやっているのも、中国ならではだと思う。

仕上げは、周囲の厚い部分を包丁で切り取ってから、ネギとハムのみじん切りをばらまいて散らばらせて、風呂敷で包むように四角にたたんでから、オーブンで焼き上げると出来上がり。クレープもどきとして紹介した鶏蛋餅と似たものが出来上がる。大きさは、こちらの方がずっと大きい。

この写真で雰囲気が伝わるだろうか?
スーパーの中で写真を撮っていると、やめろと指摘されるので、当然隠し撮りだから、上手くアングルが選べないもどかしさがある。
キーワード:調理デモ、薄餅、
人気ブログランキング > 地域情報 > 海外 > アジア
中国ランキング > 中国諸々
くつろぐランニング > 地域情報 > 海外

フクシア

大連の路上販売は安いものが多いよとは言ったものの、さすがに今日はびっくりした。


写真の花は、フクシアという園芸品種だ。この花は、中国では「灯龍花」と呼ばれる。灯龍とは提灯のことなので、そのまま直訳すれば、「提灯花」になる。
清楚な花とは、対極を成すような、けばけばしさ、悪く言えば毒々しい感じもするが、中国人には好まれるようだ。


汚い素焼きの鉢で、樹形が悪いとは言え、高さが80cmもあり、花色もきれいだし、花も沢山付けているし、つぼみも多い。
支えの棒を立てて、形を整えてあげれば、結構見られるようになるはずだ。
人にあげようと思って、値段を聞いてみた。


さぁ、この鉢、さて、幾らでしょう?


もし、日本で買えば、安くしても2000円と言うところでしょう。






それが、なんと、たったの5元だって。

あいた口がふさがらなかった。日本円で言えばたったの65円だよ。まともな値段ではなく、投売りと言うか、処分価格なのだろう。
あまりに安いので、すぐ買ってしまった。

値段は言わず(言う必要もないのだが)知らん顔して、訪問した家にお土産であげたら、きれいな花だと喜んでいた。

最初は、アブチロンとして紹介しましたが、フクシアの間違いではないかと指摘を受け、訂正しました。最初に見た方ごめんなさい。

キーワード:
人気ブログランキング > 地域情報 > 海外 > アジア
中国ランキング > 中国諸々
くつろぐランニング > 地域情報 > 海外
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。