大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あんた、これ偽札じゃないの?

中国で偽札が横行。
昨年は前年の2.4倍、約150億円相当を没収。
「今後も存在し続ける」と政府高官。


中国では偽札が横行しているらしい。
「でっつさんも、中国に3年も居たら、2~3回は、偽札をつかまされたでしょう」
などと言われるが、幸いにも、まだ偽札にお目にかかったことは無い。
あるいは、単に気がつかないで使ってしまったのかもしれないが。

友人達との会話でも、時々偽札の話が出る。
「手触りがごわごわしていた」とか
「色がくすんでいた」とか。

中国の偽札の見分け方のポイントは基本的には、「透かし」「蛍光印刷」の確認だ。
yibaizhibi050524.jpg

写真は100元札だが、中央の100の文字の上部に、「四角形で100」と光っている文字が見えるだろう。これが蛍光印刷だ。普段は見えないが、ブラックライトと言うか、紫外線を照射すると、光るんだ。
現在の中国の新しい紙幣は、1元、5元、10元、20元、50元、100元の6種類あるが、基本的にこの100元札と同じデザインだ。すなわち、お札の右側に毛沢東の肖像、左側にその透かし肖像画、中央に金額を印刷し、そのすぐ上に蛍光インクで金額が印刷されている。
また、中央部に縦に線が見えるが、なにやら銀色の線が埋め込まれている。新札では分りにくいが、古いお札ではこれが露出してくるので、これも偽札判断の重要な基準になる。

街中の買い物で、50元以上の紙幣で支払をすると、必ずと言って良いほど、手触りを確かめ、透かしを覗いて、更にスーパーやコンビにであればブラックライトを照射して、光る数字を確認する。まるで
「あんたがくれたお札は偽札かも知れないからね!!」
と言わんばかりだ。
日本でこんなことをやられたら、ものすごく失礼な行為だと感じるが、中国ではごく一般的な商慣習なのである。

中国も経済が発展してきたので、数百元以上の支払をすることもしばしばある。そろそろ、500元紙幣が出来ても良いのではないかと思うのだが、高額紙幣を作らない背景には、偽札対策の意味合いもあるのかもしれない。

アメリカには、百ドル札がある。元に換算すると800元を超える高額紙幣である。米ドルは、中国では最もポピュラーな外貨で、銀行やホテルの両替所では容易に両替が出来る。

先日、中国銀行に行ったら、女性担当者が2枚の百ドル札をルーペを使って眺めている。
「何してるんですか」
「百ドルの偽札の研究よ、これが本物、こっちが偽札」
一見して、どこが違うのか分らない。
一部のドルユーザーには知られていることだが、有名な偽ドルで俗に「CB券」と呼ばれる偽札がある。2001年の百ドル紙幣で記番号がCBから始まるのが特徴だ。
この時に、銀行員が研究していた百ドル札も「CB券」だった。
銀行以外のホテルや空港の両替所では、記番号がCBから始まる百ドル札を拒否するところもあるらしいので、ドルユーザーは気をつけられたい。

参考資料:
インドネシアの情報として次のような文章が公開されている。
インドネシアでは、1996年以前に発行された全ての米ドル紙幣、2001年に発行されたシリアルナンバーがCBで始まる100米ドル紙幣は、ご利用ないし両替できません。偽札が多く出回ったためにとられた措置ですのでご理解、ご了承ください。


キーワード:偽札、透かし、光る数字、光る金額
人気ブログランキング > 地域情報 > 海外 > アジア
中国ランキング > 中国諸々
くつろぐランニング > 地域情報 > 海外
スポンサーサイト

五輪のマナーは良いが、09年はどうなる?

北京市の劉志華・副市長は6月10日、
「五輪に向け、競技場の建設は順調に進んでいるが、大会の成功には観客のマナーの良さが不可欠だ」と。


・相手国の選手にブーイングを浴びせたり
・ミスを喜んだりしている
・テニスの国際試合で観客が携帯電話の電源を切らなかった、
・フラッシュ撮影をしたためプレーが妨害された

と指摘して「良い応援」の模範を示すよう呼び掛けた。

これより先、北京市では、市民を対象にした公開試験「オリンピック知識競争」を行っているそうだ。

競技種目の歴史やルールの他、北京市の「文明礼儀宣伝教育実践活動」のスローガンの正解は「礼儀北京、人文五輪」など、礼節やマナーを問う質問もあり、市民の資質向上を目指している。

特等賞 1人に8000元(約10万円)相当、
1等  5人に5000元(約6万2500円)相当、
他の商品が贈られるという。結局は金で釣るのかい!

昨夏のサッカー・アジアカップや今春の反日デモでの破壊活動によって、北京五輪の開催に懸念の声が上がっており、北京市当局は市民の素養向上に必死だ。

北京各紙では、礼儀やマナーに関する特集記事を頻繁に掲載し
 ▽レストランでは大声で話さない
 ▽電車では乗る人より降りる人を優先する
 ▽劇場などでは携帯電話を切る
 ▽チケット売り場では並ぶ
 ▽公園などに違法駐車しない

--などを呼び掛けている。

中国各地の日本人ブロガーが、事あるごとに書いている、中国人のマナーの悪さを改めて指摘している訳だが、この先の顛末をズバリ予想してみよう。

今後3年の間に、北京市政府の指導はますます厳しくなり、マナー違反に対する罰金を儲け、街頭指導員を増やして、取り締まりに当たる。
その結果、2008年には、北京市の表面では見違えるようにマナーが良くなり、交通ルールは守るし、痰を吐く人も居なくなる。
この国ではやるときは徹底的にやるからね。

こうして北京オリンピックは大成功。

しかし、1年後。
取締りが甘くなれば、元に戻るのは早い。
次々に地方から流入して来る田舎者はマナー教育を受けていないので、オリンピックの時の厳しさを知らない。再び、あっという間に中華マナーがはびこり、オリンピックのときは、一体どうしたんだろうね?

となること間違いなし。
1000元賭けてもいいよ。
キーワード:中華マナー
人気ブログランキング > 地域情報 > 海外 > アジア
中国ランキング > 中国諸々
くつろぐランニング > 地域情報 > 海外

ベタが死んでしまった。

2005年4月29日の記事「ベタを買った」で紹介した、ベタが死んでしまった。


ワイングラスの中で飼っていたのだが、ある晩水を換えた時に、少しでも水が多い方が快適だろうと、優しさのあまり、グラスの縁近くまで水を入れてあげた。

翌朝、「おはよう」と覗き込んでみると、ヤツがいない。
野良猫にでもやられたか!? いや、大連で野良猫など一度も見かけたことがないし、どこからも入ることが出来ないはずだ。

周囲を探してみてもテーブルの上にはいない、ふと足元を見ると、カーペットの上になにやら黒い物体が転がっている、それが干からびたベタ君だった。
想像するに、元気一杯でジャンプしたときにグラスの縁を飛び越えちまったのだろう。一度飛び出したら二度と戻ることが出来ない死のジャンプを試みた。そんなに外の世界を見てみたかったのか!

・餌をやると、獲物に食いつく猛禽類のように、激しく襲い掛かるヤツの勇姿をもう一度みたい。
・いや、これほど手がかからないペットならもう一度飼っても良い。
・本音を言うと、8元で買ったベタだったが、日本で買った餌(乾燥糸ミミズ)は600円もしたから、もったいない。

という訳で、ベタを探しに出かけた。
以前は、路上販売で買ったので、この熱帯魚はどこで売っているのか分からない。

まず、金魚屋に行った。
「あの~、熱帯魚を探しているんだけど」
「食べるのか?」
バカか、お前は!金魚屋に来て食い物の魚を買う奴がどこにいるか!話にならん。
 :
 :
 :
2軒目のペットショップに行った。ネオンテトラなどの熱帯魚も売っている、期待できそうだ。
「あの~、ベタって言う熱帯魚を探しているんだけど」
「うちの魚は全部熱帯魚だよ、どれが良いんだい?」
「いや、こういう魚じゃなくて、水が少なくても呼吸できる魚って言うか、、、、、、、」
「これかい?」
バカなことを言うな、さっきからって言ってるだろう、これはカメじゃないか。
 :
 :
 :
3件目のペットショップ。さすがにここまで来ると表現方法にも知恵が付いて来た。
「小さなグラスの中でも飼える魚が欲しいんだけど」
「これかい?」
betabn050626.jpg
「おお、まさしくこれだよ、沢山いるね。」
一緒にすると喧嘩するから、小さなビンに詰められて、10匹くらい並んでいた。赤いのから青いのから、中間の紫っぽいのまでいろいろいる。

「この魚は、何て言うの?」
「闘魚だよ!」

そうか、ベタなんて言ってないで、「闘魚」って言えばよかったんだ。日本語でも、ベタのことを別名、闘魚って言うもんな。

で、餌の乾燥糸ミミズは十分にあるので、2匹買うことにした。選びに選んだ結果、我が家に来ることになったのは、下の写真の2匹だ。

「2匹で幾らですか?」
前に、1匹8元で買った実績があるのだから、20元とか30元とか言われたら、値切り倒してやるぞ! 
さぁ幾らだ! 言ってみろ!
 :
 :
 :
 :
 :
「2匹で10元」
「えっ!あ、そう」 拍子抜け。

安い、路上販売より安い。
と言うことは、路上販売で、6割もボられていたってことじゃないか! でもなぁ、100匹買って、500元のところを800元にされたら腹立つけど、1匹5元が8元でも、まぁ良いか!って感じだよな。
betatwin050626.jpg

名前を付けたら親しみも湧くだろうと思って、彼らに名前を付けた。
青い方が「藍太郎」(らんたろう)、赤い方が「紅次郎」(ほんじろう)。
読み方は、日中混交だ。

乾燥糸ミミズのある限り、長生きしておくれ。
キーワード:闘魚、熱帯魚
人気ブログランキング > 地域情報 > 海外 > アジア
中国ランキング > 中国諸々
くつろぐランニング > 地域情報 > 海外

オレは間違っていないと言い訳する中国人

トラブルに直面したときに

 オレは正しいと主張する韓国人

 オレは間違っていないと言い訳する中国人

 ごめんなさいとすぐに謝る日本人

と言う言葉がある。

実に、うまく国民性を表していると思う。
今日は、中国人の言い訳の実話を一つご披露しよう。

 あるレストランでこんなことがあった。

=====
炒め物の中に、なにやら黒い虫が入っていた、名前は分からないが、昆虫の一種であることは明瞭だった。


「服務員! この料理になんか虫が入っているぞ」
「え、どれどれ、じゃぁ、ちょっと料理長に聞いてきます」
皿を持っていった。しばらくして、戻ってくると
「お客様、あれは小さな海老ですから問題ありません」
「羽根が付いていたような気もするが?」
「海老にもいろいろいますから、問題ないです、海老です」
「ふざけるな、あんな黒い海老がいるか!」
「料理長が確認しました、間違いなく海老です、
海老です! 海老です! 海老です! 海老です! 海老です! 海老です!! 海老です!!

「・・・・・・!」
もう、こうなると、あとは、「海老です」を繰り返すだけで、埒が明かないのだ。
お皿は持っていかれて、証拠は無い。やっぱり幻の海老だったのかな?
=====

中国人の言い訳は、すごい。
絶対謝らない。謝っても解決しない風土だから謝らない。 日本だったら、
「潔く非を認めたこと、天晴れじゃ! その心意気に免じて、全てを許す!」
なんて言われて、ご褒美まで貰えちゃうかもしれないが、中国では、一旦非を認めると
「やっぱりお前のせいだったのか!」とか言われて、殺されちゃう国だから、生きるための術として言い訳が必要だったのだろう。
歴史に裏打ちされた、ひとつの文化と言っても良い。

日本人は、言い訳をするときに、こんなことを言うと、
 相手を怒らすのではないか? 

 バカにされるのではないか?

 逆を突かれたらどうしよう?

 さすがに言い過ぎかな?


とか、いろいろ考えながら、自分自身で迷ってしまうので、発言に自信が感じられなくなる。
中国人は、自信を持って主張するよ。後のことは、そのときに考えれば良い。てなもんだ。

韓国人にしろ、中国人にしろ、とにかく声を張り上げて議論をする。声の大きさも、言い訳も議論テクニックの一つだ。西洋風に言えば、ディベイティング・テクニックだろう。
日本人は、議論のトレーニングをしていないから、議論を好まない
世界中で一番おとなしい民族は、日本人かもしれない。

キーワード:議論、テクニック
人気ブログランキング > 地域情報 > 海外 > アジア
中国ランキング > 中国諸々
くつろぐランニング > 地域情報 > 海外

小さな巻貝を生で食べる!

これも道端販売の写真。名前は知らないが、小さな巻貝だ。
ポリバケツの中に入っているコップに一杯で1元だから、安いよ。
makigai050515.jpg

さて、この貝はどうやって食うんだろうか?
鍋でぐつぐつ煮てスープの出汁を採る?
それもいいだろう、って言うか、こんな小さな貝だから、そのくらいしか思いつかないよね。

実は、この貝は、おやつ代わりに生で食べるんだよ。
写真の右の方に、穴が開いたビールの王冠が転がっているだろう。
なぁ~ぜだ?
実は、この王冠は貝を食べる為の道具なのだ。

食べ方のマナー
(1)歩きながら食べる。
(2)貝のとがった部分を王冠の穴に差し込んで、先端をポキンと折る。
(3)折った部分から貝の身を口で吸出し、美味しくいただく。
(4)食べ終わった貝殻は、道路にポイッと捨てる。

そう、巻貝の生食だったのだ。
磯の香りというか潮の味というか、独特の風味があって、結構うまいと思うのだが、家内にえらく怒られた。
「何でもかんでも口にするんじゃありません、病気になったらどうするの!」
   (まるで幼稚園児のような怒られ方だ)
確かに衛生面では、問題があるだろう、肝炎の可能性もあるし。

だけど、大多数の人は、これを食っても元気に生きているよ。
こんなことを書くと、また怒られそうだ。
キーワード:貝、生食、肝炎、下痢
人気ブログランキング > 地域情報 > 海外 > アジア
中国ランキング > 中国諸々
くつろぐランニング > 地域情報 > 海外

こんな大きな縫いぐるみも道端で売るの?

路上販売でここまでやるかと言う感じがするなぁ。
シーツ状の布の上に並べられているのは、ご覧の通り縫いぐるみだ。
nuiglm050515.jpg

かなり大きいものも並んでいるよ。数も多い。
こんなふうに、道端に並べられた縫いぐるみなんて、日本ではまず見かけることがないだろう、お祭りの夜店でもありえない。

普通なら、デパートかスーパーの玩具売り場辺りに並ぶ品物なのだが、何故か運悪く道端に連れて来られた縫いぐるみたち、なんとなく哀愁を感じてしまう。


冷暖房が効いたデパートの室内に並べられた友達は、正々堂々と「100元」とかの値札が付いているのだろうが、こいつらは値札なし。

「この熊さん幾ら?」と問われる。
「320元」とか、べらぼうに高いことを吹っ掛ける、
「高すぎるよ、50元にしろ」
「そりゃ無理だ、150元だ」あっという間に半額になった。
「いや、50元でなきゃいらない」
「ちょっと待て、なら100元でいい」
「いらない!!」と歩き出す。
「じゃ、特別だ、誰にも言うんじゃないぞ、80でどうだ」
「まぁ、いいか、じゃぁこのピンクの熊にしよう」
というようなやり取りで、出だしは高いけれど結局デパートに行った友達より安く買い叩かれるのだった。

(値段は仮の数値です、実売価格と差があるかも知れません)

キーワード:路上販売、値引き、縫いぐるみ
人気ブログランキング > 地域情報 > 海外 > アジア
中国ランキング > 中国諸々
くつろぐランニング > 地域情報 > 海外

お勧めの中国語電子辞書は、ソニーの名刺判

中国語の電子辞書で、今のオレのお勧めは、ソニーの「EBR-S8MS」だ。
名刺サイズだから、圧倒的に小さくて軽い上に、内容が充実している。
興味がある人はソニーのホームページを見てくれ。

写真は、今オレが持っている中国語電子辞書の写真だが、下敷きにしたCD-ROMの大きさをそろえて合成したもので、大体同じ縮尺と見てよい。大きさの比較が出来るだろう。
jisho.jpg
オレが大連に赴任した2002年当時、中国語の電子辞書は、SONYのデータ・ディスクマン「中日/日中辞典」しかなかった。
写真の一番上である。160×110×35mmの図体で、記録メディアは、光ディスクだったので、反応が鈍かった。また、携帯用としては、いかにも大きい。

そうは言っても、世の中にこれしかないとすれば、これを使うしかないし、中国語学習の初期の段階では、 紙の辞書と比べれば、圧倒的に便利なので、随分とお世話になったものである。音声機能も付いてる。


その後、2003年3月にカシオが、電子メモリーを記録媒体とした初めての中国語辞書「エクスワード[XD-R7300]」を発売した。英語の電子辞書は幾らでもあったが、中国語の電子辞書は初めてだった。
勿論、すぐに買った。幅139mm、奥行き96.5mm、厚さ12.7mmで、上のソニーデータディスクマンと比べると、薄くなり、携帯性は格段に向上した。
こいつには、大変お世話になった、というか、この辞書が無かったら、オレの大連生活は今とは相当違っていたことと思う。どこに行くにもカバンに入れて持ち歩き、事あるごとに、中国語ではなんと言うのか調べていたものだ。
残念ながら、こいつは、タクシーの中に置き忘れて、無くなってしまった。

次に買ったのが、2003年11月発売のキヤノン「ワードタンク[wordtank V70]」だった。こいつの優れているのは、スタイラス(ペン)が付いているので、読めない漢字は直接書いて調べることが出来る点だ。さらに、単語を読み上げる音声機能も付いている。これが、写真の真ん中の品物。

最近お気に入りで持ち歩いているのが、写真の一番下、2004年11月に発売された「SONY e-BOOK READER EBR-S8MS」だ。
幅100×奥行き72×高さ11.2mmで、圧倒的に小さい、名刺サイズといっていいだろう。重さも、単4電池1本を含めて100グラム程度なので、ワイシャツの胸ポケットにも入れておける。
圧倒的な携帯性は、何ものにも代え難いメリットだ。

小さいくせに、内容は、他の辞書に負けていないどころか、メモリースティックに入っているフランス語やらスペイン語やら4文字熟語やら、料理辞典やらとまぁ、大変なものだ。でも、そんなものは使わないので、小さくて、日中、中日、広辞苑があれば十分だ。

ところで、中国語の電子辞書は、カシオ、ソニー、キャノン、セイコー、シャープから各種の製品が販売されているが、辞書の内容は、全て小学館の日中・中日辞典なので、内容は同じなのである。

ちなみに、写真では、「あたかも」を引いたところだが、「日ざしが暖かで~春のようだ」の例文まで、一字一句全く同じだったので、どれを買っても中身は一緒なのだ。
キーワード:中国語、電子辞書、
人気ブログランキング > 地域情報 > 海外 > アジア
中国ランキング > 中国諸々
くつろぐランニング > 地域情報 > 海外

三輪自転車のブレーキ構造

前二輪式三輪自転車の紹介をしたら、ハンドルとブレーキはどうなっているのかとの質問が寄せられたので、その回答を書いておこう。

まず、操舵方法だが、前輪の荷車が一本の軸で後輪部分とつながっており、操舵輪として回転するようになっている。普通の自転車のように、手でつかまっている部分を左右に回せば良い。

問題はブレーキだった。
何度見ても良く分からなかったが、やっと見つけた。次の写真を見てくれ。
zenngo050618.jpg

この自転車には、前後2系統のブレーキがついていた。
まず、ピンク色で示した前輪系統だが、ペダルを踏むと、丸棒が前輪のタイヤを押さえつけるようになっている。タイヤをモロに押さえつけるという原始的なブレーキだ。でも、付いていないよりはマシだが。

また、黄色の矢印で示した後輪系統だが、これも原始的なブレーキだ。黄色い矢印のペダルを踏むと、力が後輪のタイヤに伝わり、タイヤを直接押さえる。

前輪も後輪も、タイヤが傷むだろうな。
この三輪自転車は、前後2系統のブレーキを備えているが、両方とも右足を使うので、同時に作動させることは出来そうも無いので、片方を非常ブレーキと考えればよいのだろうか?
制動力から言えば、前二輪のほ方が強いだろうな。

一般の三輪自転車は、どちらか一方しかなくて、普通は、前輪ブレーキを備えているようだ。

zenrn050618.jpg

前輪ブレーキの構造をもう少し分かりやすく示したのがこの写真だ。

今じゃ、しゃれたマウンテンバイクには、ディスクブレーキが採用されている時代だというのに、なんとも単純な構造だな。
キーワード:三輪自転車、制動器、ハンドル
人気ブログランキング > 地域情報 > 海外 > アジア
中国ランキング > 中国諸々
くつろぐランニング > 地域情報 > 海外

蚕の蛹を食う

今日の食材は、蚕の蛹だ。
昨日の金糸蝶一昨日の蚕の成虫は、大連では食べないが、今日紹介する蚕蛹は、一般食材として、スーパーで売っているし、中華レストランでもしばしば使われる、ポピュラーな食材だ。
写真は、パッキングされたスーパーの商品だ。
sanagi050402.jpg

蚕蛹の食べ方には、大雑把に分けて、3通りある。

[1]モニョモニョと動いているのを箸でつまんで、生で食べる。
[2]油で揚げるなどして、単品で食べる。
[3]縦に半切りにして、炒め物の材料にする。

[1]の生食は、殆どの人が抵抗があるだろうな。
子供の頃、動いている蜂の子を食ったとは言え、蜂の子の何倍も大きいので、オレでさえ、やっぱり抵抗があった。でも、せっかく「美味しいから食べなさい」と勧めてくれるのを無下に断るのは、日中友好にも悪影響を与えかねない(大げさな)ので食った。
歯で噛み潰して、口の中で中身だけを吸出し、殻はペッと吐き出す。

変な生臭さは無く、クリーミーで意外と美味しい。このまま育てれば高級シルクになるはずの良質のたんぱく質だから、身体に悪いはずが無い。
機会があったらトライしてもらいたいが、普通の日本人にはちょっと厳しいだろうな。

[2]のように、油で揚げてしまえば、ピクリとも動かないから、完全に食料として扱える。
これは、チーズのような味わいだ。
蛹の殻がついた状態だと見た目で抵抗があるかもしれないが、殻を剥いて、原型が分からないようにスライスして出されたら、多くの人が
「美味しいですね、これ何ですか?」
と美味しく食べられると思う。だけど、蚕の蛹ですと聞いたとたん
「ゲーゲー」する人もいるかも知れない。

[3]野菜炒めなどに、さりげなく縦割りになった蛹が入っていることがある。
ここまで調理されたら、味もついているし、文句を言っちゃいけない。
蛹の原型は分かるが、でも気にしちゃいけない、殻ごとバリバリ食べよう。
でも、どうしてもダメな人はやっぱりダメみたいだね。

これほど良質のたんぱく質を大量に生産できるのは、昆虫だけかもしれないよ。将来の地球を救うのは、虫食だ。虫が食えない日本人は絶滅するぞ。

今から訓練だ、大連に来て、蚕蛹を食え!!
キーワード:虫食、カイコ
人気ブログランキング > 地域情報 > 海外 > アジア
中国ランキング > 中国諸々
くつろぐランニング > 地域情報 > 海外

栄養満点、蝶々の蛹を食う

ここは大型レストランの食材選びコーナーであってスーパーの売り場ではない。
値札を見ると金糸蛹と書いてある。
金糸蝶という蝶々の蛹だ。
kinshicho050524.jpg

虫系は苦手だという人がいるが、子供の頃に、イナゴや蜂の子を食って育ったオレとしては、それほどの抵抗は無い。特に、こんな風に完全に加工されて、食品になってしまったものは、食品として扱える。

 牧場で悠然と牧草を食っている牛を見て美味そうだとは思わないが、ステーキになった肉を見れば美味そうだと思う。そんな感じだ。

ところで、この蛹は、昨日紹介した雄蚕蛾よりも、虫っぽい味が濃厚だった。雄蚕蛾は、カラッとしていてあまり味が感なく、食べやすかったが、この蛹は、中身のもそもっした味が分かり、たんぱく質を食っている感じがする。
きっと、栄養満点なのだろうが、あまり沢山は食べたくなかった。

この蛹も、一般の大連人は食べないし、マーケットでも売っていない。
食べたいなら、車で1時間ちょっとの庄河市まで行かなければならない。

キーワード:虫食、昆虫食
人気ブログランキング > 地域情報 > 海外 > アジア
中国ランキング > 中国諸々
くつろぐランニング > 地域情報 > 海外
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。