大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大連の記念に刺青はいかが?

「水木堂紋身館」と言う看板が見えますね。
irezumi050717.jpg

カンの良い人なら分かったでしょう。「紋身」とは刺青のことです。
そうです、ここは刺青屋さんなのです。

最近、大連の若者が、刺青をしているのを良く見かけます。
あまり立派なものじゃなくて、上腕部に「I love you !」なんてへたくそに文字を書いたものや、ミッキーマウスの顔が崩れたようなものなど、仲間内で書いたんじゃないかと思うようなものも多いような気がします。
また、夏になると、シャツの裾を胸まで捲り上げて、腹出しルックで歩いている若者を良く見かけますが、彼らの背中に刺青があることもしばしばです。

さて、この店のサンプル写真の例です。きれいでしょう。
mihon050717.jpg

色々なバリエーションがありますね。
肩口や上腕部付け根にワンポイントがおしゃれかも?

「痛くないから心配要らないよ」といわれました。
もし将来要らなくなったら、消すことも出来るって言っていましたが、どうなんでしょうか?
あまり信用できませんね。

日本のヤクザやさんみたいな、全身紋々は数万元もかかります。

大連に来た記念に、ワンポイント・アクセントは如何ですか?
気になるお値段は、
上腕部に、「どくろ」や「龍」を掘り込んで、500~600元です。 一万円もかかりません。
お気軽にどうぞ!!なぁんてね。

身体に傷を付けると一生後悔するよ。
健全な青少年は、真似しちゃダメだよ!!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。