大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国簡体字筆順のルール

中国では、筆順をあまり気にしないのではないかとの議論があったので、調べてみたら、ほぼ日本と同じルールが存在していた。
「新華写字字典」によれば、次のように記載されている。

七つの基本ルール
1、横が先、縦は後。「十」
2、左払いが先、右は後。「人」
3、上から下へ。「三」
4、左から右へ。「仁」
5、周りが先、中は後。「問」
6、周囲を閉じるのは最後。「国」
7、中央が先、両側は後。「小」

七つの補助ルール
1、点が上部あるいは左にある場合は先に書く。「衣」「為」
2、点が右あるいは内部にある場合は後で書く。「犬」「瓦」
3、上から右へあるいは上から左に囲う場合は先に書く。「司」「暦」
4、左下から包む場合は、内部が先で外側は後。「道」
5、左下から右を囲う場合は、内部を先に書き外側は後。「凶」
6、左上から右側を囲う場合は先に書き、内部は後。「同」
7、上と左から下を囲う形は、まず上を書き、次に内部、最後に左と下を書く。「区」

ここまでは、日本と同じだが、どうも納得がいかない字がいくつかある。
まずは、「左」と「右」だ。
下の図は、[漢字筆順字典]から借用したアニメだが。
hidari3j0202.gif
migi310201.gif

日本では、このように「左」は横棒が先で払いを後から書くが、「右」と「有」は払いが先だと教わったはずだ。ある推理小説では、筆順を鑑定して右か左を推理するネタがあったが、この筆順がそれほど徹底されているとも思えない。実際オレは、「左」と「右」で筆順のルールが変わることについて、小学生のときに悩んだ結果、「右」も「左」も一貫して横棒から書いている。
(実は、不勉強で気が付いた時にはそういう癖が付いていただけのことだが)
で、中国はと言うとhidari060921.jpg

migi060921.jpg

「左」も「右」も横棒から書き始める。図を省略するが「有」も同じだ。

ここから先はオレの推測なのだが、元来漢字の元は同じなのだから、日中で違いがあるはずがない。中国では近年になって改革合理化の流れとして、上記の筆順のルールを定めたときに、例外を認めると収拾が付かなくなるからと強引に矯正したのではないだろうか?
「右」の字を払いから先に書くことは、基本ルールの1に反するから、今後は横棒から先に書くべし!

次に面白くない字は「生」だ。
「払い→横棒→土」の順だと思っていたのが、中国基準では、牛を書いてから最後に横棒で止める。
umare060921.jpg

最後の順番は違うだろうと思うのだが!!どうですかねぇ?

中国独特の簡体字で筆順が分かりにくい字がいくつかある。その一つは「長」の字だが、これについては、虎の筆順の記事で解説済だ。

「鳥」「島」の簡体字も筆順が分かりにくい。「鳥」の例を示そう。tori060921.jpg

「島」も同じなのだが、ついつい旧体字の癖で、払いの次に縦棒に進んでしまう。
スポンサーサイト

シートベルトの方向

飛行機のシートベルトについて思うんだけど、中国の飛行機ってむちゃくちゃだ。
061221sheetbelt.jpg

飛行機のシートベルトってこんな格好をしている。
ぶれてて見難いけど、写真の右側がレバー付き金具で、左側が挿入金具である。

飛行機に乗った経験がある方は思い出して欲しい、飛行機に乗った経験がない方は、オレを信じて話を進めよう。

通常、飛行機に乗ると、席に着いてから、まずシートベルトを締める。オレの経験則で言えば、座ってから左側のレバー付き金具を伸ばして、腰の右側部分で挿入金具と結合させる。

シートベルトを外す時には、左側から来ている金具のレバーを右手で起こして、外す。

オレにとって見れば、初めて国際線の飛行機に乗ってから20年以上、一度たりとも迷うことなく、レバー付き金具は左側から来るものと信じていた。

ところが、中国の飛行機はそんな甘いもんじゃない。

レバー付き金具は、右の場合も左の場合もある。

不思議だ!!

直進車が待たされる

交差点で不愉快な経験を何度もしている。
直進車が、左折車に待たされるのだ。

中国の車は、アメリカと同じで左ハンドル右側通行なので、中国の左折車は日本の右折車に相当する。左折車が直進車の進路を遮って交差点を横断するのだ。
こんな時には、直進車が優先で、左折車は交差点の中で待つのが世界のルールだと思う。少なくとも日本ではそうだった。

ところがここは中国だ。
下手な絵で恐縮だが、こんな風に延々と左折車が交差点を独占して、直進車が待たされることがしばしばだ。
070215stop.jpg

中国の交通ルールを良く知らないのだが、直進車優先の規定がないのだろうか?
交差点に同時に入ったら、(いや、左折車がちょっとくらい早く入ったとしても)直進車優先で左折車は交差点の中で待つものだと思っていた。

中国では、早い者勝ち、強気の者勝ち、命知らずが勝ちのようなので、強気の左折車に一旦進路を譲ると、既得権とばかりに、次々に左折車が目の前を通り過ぎていく。気が付くと、前方の信号が赤になっていたりする。

話は変わるが、前方の信号が赤でも、周囲に車がいないと思うと交差点に進入するのが中国タクシーの決まりのようだ。こういうことを何回も経験すると、車が少ない交差点では、青信号を安心して通過することが出来なくなる。いつ、横から車が飛び出してくるか分からないからだ。

当社の運転手はとても慎重な人だ。彼は、裏通りの交差点ではたとえ青信号であっても、ブレーキを踏んで減速する。交通信号を信頼していないのだ。法律や決まりがあっても守るかどうかは、状況次第。法律は、自分達を守ってくれない以上自己防衛する必要がある。それが今の中国現状なのだろう。

邪魔なものは取ってしまえ

こんな道路標識がある。
070214chuigen.jpg

「制限速度は30キロ、減速器があるから注意しなさい」

はて? 「減速器」って何じゃろ?

実は、この注意標識の先に、こんな風に道路に敷かれた段差ブロックのことだ。
070214dan.jpg

どうしてここに設置されたのか分からない。
暴走族が暴れるわけでもないし、サーキットのようにスピードが出せる直線路でもないし。
こんなものを取り付けられて、通過する度にガタンガタンと気分が悪い。
すぐにでも取り外して欲しい。

こんなとき、日本だったらどうするかな?
地域住民の署名を集めて、生活面での不便さを訴えて、公安委員会に嘆願書を提出するとか
議員の先生に陳情書を出して、警察に圧力をかけるとか、
まぁ、いずれにしても、取り付けた人(組織)に撤去を求めるのが普通のやり方だろう。


だけど、ここは中国だ。
処罰されなければ何でもOKさ。
車が一台も通らない深夜に、バカ正直に赤信号を待っている日本人とは違うのさ。

当然、邪魔なものは取ってしまえ!!ということになる。

こんな具合に!

070214danjo.jpg

こいつが設置されてから2週間くらいだったかな?
誰がやったのか分からないが、下り車線の一部がこんな風に壊され、乗用車なら段差を避けて通過出来るようになっていた。
間も無く、1、2ヶ月で、上り、下り合わせて4箇所の段差ブロックが全部同じように壊されていた。

いかにも中国的な出来事だと思う。

スパイとバレない為に

いつの時代か分からないが、日本と中国が友好関係で無かった頃に、中国に忍び込んだ日本人スパイの正体がバレて捕まったという話がある。
彼は、言葉や習慣などを徹底的に教育されて、絶対に日本人とは分からないほどに中国人に化けていた。ところが、ちょっとしたしぐさで日本人であることがバレて、捕まったの言うのだ。

それは、顔を洗うときに手を動かしたからだと。
中国人は、顔を洗うときに手ではなく顔を動かすのに対して、日本人は手を動かすからすぐ分かるって。
トレビア情報として実しやかに伝えられている。

ホントかなと思って、会社の中国人社員数人に聞いてみたら、みんな日本人と同じく、手の方を動かすと言っていたので、この情報の信憑性が疑われる。ネットで調べてみたらチベットの僧に紛れ込んでいたということなので、チベット民族は手ではなく顔の方を動かすのかもしれない。

さて、洗顔の方法はともかく、もう一つ、スパイがバレそうなしぐさがあるので書くことにしよう。実は、「立ちションのやり方」の記事で既に書いたことなのだが、1年前の記事なので読んでいない人も多いことだろうから、視点を変えてもう一度紹介することにしよう。

日本人の男は、小便をするときに、次のようにする。
1、ズボンのファスナーを下げて社会の窓を開ける。
2、パンツの隙間からチンチンを引っ張り出す。
3、気持ちよく放尿する。


これに対して中国人の男はこうだ。
1、まずベルトを外す。
2、次にズボンのボタンあるいはフックを外し、
3、おもむろにファスナーを下げて
4、ズボンを股の所まで広げる、
5、そしてパンツの全面をずり下げてしまう。
6、チンチンを引っ張り出さずに、丸出しにしてしまうのだ。


この記事を書いたのが、2005年3月だったが、その当時は中国人の男性の80%以上はこのやり方だと書いた。それから1年が経過し、もはや確信に変わった、中国人の男はほぼ100%がこのやり方だ。日本人とは違う。

だから、もし日本人の男が中国人に成りすまして中国に忍び込んだら、必ずベルトを外して小便をしなければならない。そうしなければ、便所の中でチンチン丸出しのまま捕まってしまうことになる。もしやり方が良く分からなければ、いっそのこと、大のふりをしてドアを閉めてしまうことだ。

前回の記事を読んで、お尻を丸出しにすると誤解をしている人がいたので、今回はイラストで表現してみた。ベルトを外すがお尻を丸出しにする訳ではなく、前のファスナーを広げてパンツをずり下げるだけだ。さすがに詳細な描写は問題があるのでぼかしてあるが、まあ細部は想像してくれ。
070210shikko.jpg

日中辞典

2冊の日中辞典を並べてみた。
左が中国製、右が日本製。中国製の方が倍くらい厚い。
中国製は1300円、日本製は7350円。
070205cidian.jpg

右側は、日本で買った小学館の「日中辞典」だ。電子辞書をお持ちの方はご存知だと思うが、殆どの電子辞書に採用されている「電子日中辞典」のベースになっている辞書だ。電子辞書は「第1版」だが、この辞典は「第2版」なので、コンピュータ用語などが補充されている。例えば、電子辞書版(第1版)には、「インターネット」の見出しはないが、第2版では、ちゃんと掲載されている。

左側は、中国の日本語学習者に広く利用されている、中国製の「新日漢辞典」(遼寧人民出版社)だ。
日本語(ひらがな)で検索して、中国語を調べる辞典だから、日本人にとっても問題なく使える。例文も豊富で、立派な辞書である。

この二つの辞書を比べてみると、
ページ数は、日本製(2115ページ)、中国製(2777ページ)で中国製が1.3倍ほど多いのだが、紙質がちょっと厚いので、厚さは1.7倍だ。表紙の頑丈さを考慮すると、およそ2倍の厚さに見える。
内容的には、両者見劣りしないと言って良いだろう。

今日話題に取り上げた理由は、その値段だ。

日本製は、定価7000円+税で、7350円だった。
中国製は、定価95元と書いてあるが、実売は87元(1300円、1元=15元として)だったので、なんと日本製の辞書1冊で、中国製が5.6冊買える計算になる。

過去に何度も書いたことだが、中国では、食品と人件費サービスがバカみたいに安いが、工業製品は日本と変わらない、物によっては却って高いと。
中国で安いものにもう一つ加えよう。書籍や新聞など出版物が異常に安い。日本の五分の一以下だ。

著作権の価値などゼロに等しい実態の中では、出版物の値段は中身に関係なく、紙代と印刷代だけで決まってしまうのではないだろうか?
作っている人たちは大変だ。

正月飾り

中国ではもうすぐ正月だ。
正月といっても、こちらでは農暦つまり旧正月をお祝いし、年間を通じて最大のイベントである。

各家庭でどんな準備をするのか良く分からないが、街に出て驚くのは、正月飾り販売量の多さだ。
060128kazari.jpg

写真は、開発区のある店内の様子だが、ご覧の通り、赤一色で、紐を綺麗に結んだ「中国結」や子どもの絵が描いてあるポスター、提灯やら、ぼんぼりやら、これらの古典的な物品に電気を仕掛けて光ったり回ったり、賑やかなことこの上ない。

先日、以前紹介した雑貨品の市場大菜市に出かけたのだが、このように正月飾りを売っている店が、10や20じゃきかない、冗談抜きに100軒か200軒はあったんじゃないかな?

100軒の店が軒を連ねて、おんなじ様なものを並べて、どれほど売れるのだろうか?
と心配になるが、毎年のことなので、「どうして乞食がいるのか?」の理屈からすれば、それだけ売れるということなのだろう。

【解説】
どうして乞食がいるのか?
銭をあげる人がいるからだ。
つまり、暇で間抜けな乞食と言えども、山の中で人っ子一人通らないところでは物乞いをしない。絶対に銭がもらえないからだ。また、街中であっても誰一人銭を与えなければ、乞食は自然にいなくなるはずだ。にも関わらず毎日乞食が出勤してくるのは、誰かが銭を与え何がしかの利益があるからに違いない。
一見無駄に見える行為であっても継続しているからには、それなりの裏打ちがあるという理屈だ。

加湿器

冬の大連は空気が乾燥しているので、加湿器が活躍する。060124steam.jpg

おもちゃのような湿度計をぶら下げているのだが、部屋の湿度が20%を切っていることがある。

20%以下になると静電気がすごい。
家に帰って、衣服を脱ぐとバチバチと音がするし、暗闇では火花が見えることさえある。

また、乾燥し過ぎると、のどを痛める。
先日軽い風邪で微熱が出たときには、のどがひりひりして、たまらず夜中に起き出して、加湿器を動かした。その甲斐あってか熱はすぐ下がり、のどの痛みも改善された。

写真は我が家の加湿器の噴出し口だが、1時間に350mlの水を噴射する。
加湿器には、このような超音波方式と、加熱蒸気方式、ファン拡散方式などがあるが、どれが良いのか分からない。ただ水滴が一番荒いのはおそらく超音波方式だろう。

今の住まいは小さなアパートなので、加湿器を運転しておくと、50%くらいまで湿度が上がる。いずれにしても、冬の大連では、一家に一台加湿器が欲しい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。