大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

簡体字解体新書0(漢字簡略化の歴史)

漢字の歴史は、それこそ中国三千年だか、四千年だかと同じ長さの長い歴史があるのだろうが、その大分部の時間は、手書きか木版印刷(手彫り版画)だったのだから、比較的自由に、略字や色々な異体字が使われてきた。例えば、「峰」の異体字として「峯」があるように。渡辺の「辺」なんか「邊」「邉」のほか、微妙な違いで無数に異体字があるらしい。自分が気に入ったら、勝手に点をつけても略しても良かったのだ。
ところが、19世紀後半、金属製の活字印刷が盛んになってから、殆ど意味に差がない異体字のためにわざわざ別の活字を作るのは無駄だということになり、異体字の整理が急速に進められた。
と言うことは、3、4千年の漢字の歴史の中で、1画多いだの少ないだの、そこは離しちゃいけないだのって、めんどくさいことを言うようになったのは、最近の100年足らずのことなのだ。

現代の漢字の元になっていると言われるのが、18世紀前半に編纂された「康煕字典」である。ここに掲載された約4万字が、概ね、日本では「正字」あるいは「旧字体」、中国、台湾では「繁体字」と呼ばれる字体であり、第二次世界大戦まで漢字圏の国で共通に用いられてきた。
(「繁体字」と言う言葉は、「簡体字」の対応として戦後に中国で作られた言葉なので、台湾文字を「繁体字」と呼ぶのは、正確ではない)

1945年:
第二次世界大戦終結後、日本と中国では、膨大な数の漢字と、画数の多い煩雑な漢字が、国民の学習を妨げているという認識の下に、学習負担軽減と識字率向上を目指して、漢字の削減と簡略化が進められた。
この動きは、台湾、香港では起こらなかったのはなぜだろうか?

1946年:日本
「当用漢字表」が1月16日に内閣告示された。
GHQ(連合国軍最高司令官総司令部)担当官の発案で、日本語は全てローマ字にしようと言う提案があったそうだ。「当用漢字」「現代かなづかい」制定の経緯
これは、なんとか避けたのだが、使用する漢字を簡単にして、数を減らそうという動きが強まった。その結果、将来はローマ字になるかもしれないが、「一般社会で使用する漢字の範囲を示すもの」として、いる漢字だけ残そうと言うことで1850字の「当用漢字」が選定された。
この時点では、漢字を選び出す作業が主で、簡略化はあまり行なわれず、旧字体のままの文字が多かった。

1948年:日本
「当用漢字音訓表」告示。
「当用漢字表」には読みは示されておらず、ここで音訓を示した。

1949年:日本
「当用漢字字体表」告示。
「当用漢字表」は簡易字体の採用が一部にとどまっていたが、これを整理して、字体が明確に示し直された。正字(康煕字典体で示されていた文字)の多くが、「当用漢字字体表」では、簡易字体に置き換えられた。
ここで、現在日本で使われている漢字の基本形が定められたことになり、中国よりも一足早く、日本では漢字の簡略化が進められた。
日本人は、とても素直なので、「漢字はこれだけ覚えればよい」と内閣が発表したのだからと、他の漢字は使わなくなった。使ってはいけないような気運さえあったのだろう。
1949年:中国
中華人民共和国を建国。この直後から、毛沢東、周恩来が文字の簡略化こそ急務と提唱。

1952年:中国
文字改革委員会を組織し、簡体字表の整理作業を始めた。

1955年:中国
日本よりも大分遅れて、中国文字改革委員会が「漢字簡化方案草案」を発表。
先行していた日本と同じ字形が結構あるのだが、簡略化の手法など限られているので、たまたま同じになったのかもしれないし、多少は参考にしたのかもしれない。

1956年:中国
国務院が「漢字簡化法案」を公布。
簡体字と簡化字を、教育、公文書、新聞や雑誌で使用させた。

1958年:日本
「教育漢字」選定。
「小学校の各学年で教えるべきもの」として、「小学校学習指導要領」の付録「学年別漢字配当表」に盛り込まれた漢字。

1964年:中国
「簡化字総表」発表。
これが、現在中国で使われている簡体字の基本である。
3つの表から構成されており
第1表:350字、偏旁に応用できない文字。「寶→宝」「燈→灯」など。
第2表:132字、偏や旁に応用できる文字(「國→国」は「掴」の旁として使う)と、
    文字ではない偏旁が14個ある(言偏、糸偏などの簡略化)。
第3表:1753字、第2表の偏や旁を応用した文字。
一般に「簡体字」と呼んでいるが、厳密に言うと、字全体を簡略化した文字を「簡体字」と言い、偏や旁など一部が簡略化されたものを含めて「簡化字」と言う。

1965年:中国
「印刷通用漢字字形表」を公布して、印刷物に使用すべき字体を定めた。

1977年:中国
「第2次漢字簡化方案」を中国文字改革委員会が12月20日に発表。
これは1975年5月草案提出、1977年末から人民日報が試用開始したが、あまりにも簡略化しすぎたために、読みにくい、見苦しいと、国民の賛同を得られず、8年間の試行の後、1986年6月24日国務院が廃止を発表した。

1981年:日本
「常用漢字表」10月1日に内閣告示。
「一般の社会生活における、現代国語表記上の漢字使用の目安」として、当用漢字より95字多い1945字が選ばれた。

1986年:中国
「簡化字総表1986」を国家語言文字工作委員会が公布。これが現在の最新版で、2244文字を収録。

1988年:中国
「現代漢語常用字表」を公布。この3500字は主に教育で使用されている。

1989年:中国
「印刷通用漢字字形表」に代わる「現代漢語通用字表」を公布。
この総数7000字が印刷のほか、コンピュータなど情報処理分野でも利用されている。

1989年:日本
「教育漢字」追加・改訂により、1006字とになった。

日本と中国で標準語として広く使われている、簡略化された漢字だが、こうしてみると、僅か5~60年の歴史しかないのだ。このまま、今後数百年にわたって使われ続けるのだろうか?
一つの可能性として、国際交流がさらに進み、日中文化統合計画などをぶち上げて、日中の漢字共通化が図られるかもしれない。
この50年、100年ではありえないだろうが、数百年の後には、世界の言語を統一しようと言うことで、漢字の使用を禁止されるかもしれない。
スポンサーサイト

交通事故は管轄外ですから

ぼあ゛~ん!! ががぁん!

あ~ぁ、やっちゃったー!!
交差点で左折車と直進車の衝突事故が発生した。
双方の運転手が出てきて
「ありゃりゃりゃ、ずいぶんと凹んでますねぇ、どうもすみません
なんてことは、中国では絶対言わないし、言っちゃダメだ。
米国でもよく言われることだが、交通事故の現場で、「すみません」とか「ごめんなさい」と発言すると、自分の非を認めたことになり、交渉が一気に不利になるからだ。
そこでこんな会話になる。

「こら、どこ見て運転し取るんじゃァ」
「あらららら、こんなに凹んでいる、どうしましょう」
「どうしましょうって、自分のせいだろうが」
「買ったばかりなのに、こんなに凹んじゃって」
「知ったことか、あんたが急に飛び出すからだ」
「1万元以上かかるでしょうねぇ、あなた払ってくれる?」
嘆くのは構わないが、謝らない、非を認めない。

なんて揉めている現場に、うまい具合に「公安」と大きく表示して、赤色灯を頭に乗っけたパトカーが来た。 仲裁と現場調査に取り掛かるかと思ってみていたら、衝突現場をひょいと迂回して、どこかに行ってしまった。
(オレが目撃した事実だ)

おいおい、パトカーが交通事故を無視すんのかよ!
日本では、まずありえない状況だ。

話によれば、中国では、警察の大元は一緒なのだが、末端では交通警察と一般の警察(暴力・泥棒などの犯罪)とは、別の組織になっているらしい。

交通警察は、交通事故や交通違反などの取締り専業で、一般の暴力事件や泥棒は管轄外。
逆に、一般の警察は、交通事故や交通違反は管轄外なので、交通の取締りに関知しないようだ。
だから、上述のような状況が起こるらしい。


ところで、中国の緊急電話番号は、警察は110番、消防119番で日本と同じなのだが、救急は120番で消防とは違う。また、警察でも犯罪は110番だが、交通事故は122番なのだ。

110 警察(犯罪被害)
119 消防
120 救急

121 ?????? 何でしょう
122 警察(交通事故)


こうして並べてみると、119,120,122の緊急番号の間に、121番があるが、さて、121番は何でしょう?
 :
 :
 :
 :
 :
 :
121番は天気予報でした。

中国語版女性の常用語

女性が、使う三つの単語についての、ジョークをみつけたので紹介する。
普段良く使う言葉なので、中国語に馴染んでいれば、滲み出てくる面白さが分かるんだけど、日本語訳でも十分意味は伝わると思う。suibiandouxing.jpg


【隨便】(随意である⇒好きにしていいわ)
 男:今晩、なにを食べようか?
 女:【隨便】(好きにしていいわ)
 男:じゃあ、火鍋はどう? 
 女:いやよ、火鍋を食べると顔になんか出来るんだもの。
 男:だったら、川菜はどう?
 女:昨日食べたばっかりでしょう、また今日も・・・・!
 男:それなら、海鮮はどうだい?
 女:海鮮はダメよ、お腹をこわすんだもの。
 男:じゃぁ、キミはなにを食べたいの?
 女:【隨便】(好きにしていいわ)

【都行】(全てOK⇒何でもいいわ)
 男:ねぇ、これから何しようか?
 女:【都行】(何でもいいわ)
 男:映画はどうだい?しばらく見てないよね。
 女:いい映画あるの? それに時間も遅いし。
 男:なら、ボーリングに行こうか、スポーツ、スポーツ。
 女:こんなに暑いのにスポーツなんて、疲れちゃうでしょ。
 男:それじゃぁ、喫茶店でコーヒーでも飲もうか。
 女:コーヒーを飲むと眠れなくなっちゃうの。
 男:じゃあ、いったいキミは何をしたいの?
 女:【都行】(何でもいいわ)

【看イ尓】(あなたを見る⇒あなたに従う⇒任せるわ)
 男:それじゃ、さっさと帰ろうか。
 女:【看イ尓】(任せるわ)
 男:バスに乗ろうよ、送っていくから。
 女:バスは汚いし混むし、止めましょう。
 男:じゃぁ、タクシーにしよう 。
 女:こんなに近いんだもの、考えられない。
 男:それなら、散歩しながら歩こうよ。
 女:お腹が空いているのに、どうして歩くの?
 男:それじゃ、キミはいったいどうしたいんだい?
 女:【看イ尓】(任せるわ)
 男:先に食事に行こうか?
 女:【隨便】(好きにしていいわ)
 男:何を食べる?
 女:【都行】(何でもいいわ)

男にとって、最も厄介な女の三つの常套句。
【隨便】【都行】【看イ尓】

日本にもこういう女っているかな?


出典:Meiさんのメモ帳 ←中国語の原文があります。

使い物にならないレンタカー

日本でもアメリカでも、レンタカーの営業所に行って、免許証とクレジットカードを提示すれば、その場で車を借りて、乗って帰ることが出来る。
使用後返却するのは、その営業所でも良いし、別の営業所でも構わない。
(乗り捨て料金を取られることもあるが)

旅先で手軽に便利に使用することができる。
また、ちょっとした引越しなどでは、小さなトラックを借りて、自分達で済ませることも出来る。
最近では、休日にレンタカーを利用することを前提にして、自分では車を購入しない生活パターンも増えているという報道もあった。
それほどまでに、レンタカーは身近なものになっている。

数ある大連のフリーペーパー(日本語の無料情報誌)の広告欄に、レンタカーの広告が目に付くようになって来た。

「大連でもレンタカーが使えるようになりました。
車種も豊富で、貴社の希望にあわせます」
と。

セダンに乗り切れない5人の来客対応のために、日本のレンタカーの感覚で、ちょいとワゴン車を借りようとした。
勿論、オレが運転するわけではなく、当社の専門の運転手に運転させるつもりだ。

ところが、レンタカーとは名ばかりで、安い車なら貸してやるが、25万元以上の高級車には運転手が付いてくるというのだ。免許証なんか持っていてもその辺の馬の骨では信頼できない、自前の運転手でなければ貸せない、と言わんばかりだ。
乗り逃げされるのを恐れているのかもしれない。

しかも、車を借りる場合は、事前に会社同士の契約書を取り交わさなければならない。

これじゃ、使い物にならないよ。
こういうのは、レンタカーって言わないんじゃないか?

実際このような必要が発生したときに、大連人はどうしているかと言うと、車(ワゴン車)を持っている友人とか会社とかと交渉して、時間や走る距離に応じて1日500元とか1000元とかで借りる約束をするのが普通だ。
要するに白タクだ。
白タクだから、正式な領収書を発行することが出来ないので、会社の経費として処理することも出来ない。社用として使おうとすると困った問題になる。

日本には、レンタカーの他に、ワゴンタクシーなんかも選択肢になるが、おそらく中国では、法整備が進んでおらず、日本のようなレンタカーとかワゴンタクシーの営業が許されていないのだろう。
市場が成熟していないから、そういう業者が育っていないのかもしれない。
レンタカーとか中古車販売とか、モータリゼーション・ビジネスの成熟には、中国ではまだまだ時間がかかりそうだ。


そもそも、人を信頼することが出来ない社会だから、何でも保証金を求めるのが当たり前だ。
観光地のレンタル自転車では、保証金が200元などと、自転車が買えるような高額の保証金を求めてくる。
レンタカーで、100万円の保証金を求められるようならとても気軽に使うことなど出来ない。
今回の調査では、運転手無しの安い車の保証金は、1万元(約15万円)だった。
会社同士の契約書を取り交わしたとしても保証金は取るんだ。
ヘンなの!

スライムボーイ

今、大連では、こんなおもちゃが流行っている。
「スライムボーイ」とは、オレが勝手に付けた名前だ。
正式な名前を何と言うのか、正式な名前があるのかどうかも分からないが、「スライムボーイ」は、良いネーミングだと満足している。
===
2007年8月25日追記
昨日、露天商を覗いていたら、「発泄球」という名前を表示している業者がいた。

===
070819buta.jpg

この写真は、ブタだが、他に、みかん、苺などの形があった。

さて、このおもちゃは、一体なんだろう?
どうやって遊ぶのだろう?
070819buta2.jpg

触るとブヨブヨしている。
強く握ると写真のように一部分がビヨョ~ンと伸びる。
この伸び方が、尋常ではない。
ものすごく伸びるのだ。


遊び方は、こうだ。
窓ガラス、鏡、あるいは冷蔵庫など表面が平滑な面に投げつけるんだ。
すると、こんな風に広がって粘着する。
この様子が、スライムみたいだ。
070819buta3.jpg

徐々に、収縮することにより、ガラス面から剥がれて、やがて元の形に戻って落ちるのだが、元の形を留めないほどに広がる様子が面白い。

表面は、おそらく合成エラストマー(ゴム状物質)で、中に無色無臭の液体(おそらく水)が入っている。
強い衝撃を与えたり、鋭利な物で傷を付けると裂けて、中の液が漏れて来るので、比較的簡単に使えなくなる。

日本では、こんなに簡単に壊れるおもちゃは、製品化しないような気がする。
品質保証委員会だの、安全管理委員会だの、コンプライアンス委員会だの色々な人がでてきて、会社の(自己の)責任回避のために、色々なことを言うはずだ。
その結果、製品化するなら、50ページにも及ぶ説明書(言い訳書)を添付することになるだろう。
要旨はこうだ。
「食べないでください、有害物質が含まれている可能性があります。
20歳未満の未成年に与えないでください、のどに詰まります。
人に向かって投げないでください、喧嘩になって殺される場合があります。
ブタに見せないでください、ブタが気を悪くします。
爪など鋭いものに触れないでください、容易に破損します。
事前にゴルフボールを投げつけるなどしてガラスの強度を確認してください。
ペットに与えないでください、これ以外の餌を食べなくなる可能性があります。
踏んずけないでください、滑って転んで頭を打つ可能性があります。
洗濯の際は色落ちに注意し、アイロンは掛けないでください、破裂します。
豚肉ではありませんから、調理しないでください、不味いです
電子レンジには使えません、破裂します。
凍らせて完全犯罪の殺人に使用しないでください、警察が困ります。
当社に文句を言わないでください、私が首になります。」

などなど、絶対に売れなくなりそうな注意書きが延々と続く。

だけど、中国では、発明家のおっさんが思いついたら、すぐ作っちゃうんだな。あとで問題が起きたって知ったこっちゃない、そのときにはとんずらしてるさ。

道端商売人から、1個3元、2個なら5元と言われて、2個買った。
帰り道に別の商売人が同じものを売っていたので値段を聞いたら、1個2元だと。
なんか無性に損した気になって、更に2個4元で買って満足した。

自分で考えても、アホだと思う。

【星期】

勘違い中国語シリーズ066(時間シリーズ)【星期】

曜日の由来は、エジプト文明、メソポタミア文明に中国の陰陽五行学説が絡むなど、定かではないが長い歴史があるようだ。
現代では、曜日には、英語で星の名前がつけられており、日本語でも全く同じ星を使っている。

Sundayは、Sun'dayで「太陽の日」だし、
Mondayは、Moon'dayで「月の日」
TuesdayはMars'dayつまり「火星の日」
Wednesdayはラテン語のMercury'dayで「水星の日」
Thursdayは古い英語ではday of thunderだがジュピターが雷や天を支配する神だったことからラテン語ではJupiter'dayつまり「木星の日」と翻訳された。
Fridayはラテン語のday of the planet Venusから「金星の日」となった。
Saturday「土星の日」だ。

ところが中国では、過去の経緯がどうしてなくなったのかは知らないが、現在では、第一曜日、第二曜日、第三曜日、第四曜日のように数字で数えている。

実際には「曜日」とは言わず「星期」を使うのが一般的で、ここに星の名残がある。

具体的には、
 月曜日が 星期一(昨日書いたように「周一」と言う言い方もある)
 火曜日  星期二(あるいは周二)
 水曜日  星期三(あるいは周三)
 木曜日  星期四(あるいは周四)
 金曜日  星期五(あるいは周五)
 土曜日  星期六(あるいは周六)
 日曜日だけは「星期七」とは言わず、「星期」もしくは「星期」となる。
また「周」とは言うが、「周」は、聞いたことがない。

「周一、周二・・・・」よりも「星期一、星期二・・・・」の方が正式な感じがする。


月、木の定期更新とは別に、日本人が勘違いしやすい中国語を、不定期に紹介している。

【周】

勘違い中国語シリーズ065(時間シリーズ)【周】

現在の中国では「週」の字は用いず、簡単な「周」で代用している。

「周」は、一週間をまとめて表すのに使われることが多い。
例えば「来週」は「下周」、「週末」は「周末」という具合だ。

曜日の表現については、別途詳しく記載するが、
  月曜日を 周一
  火曜日を 周二
  水曜日を 周三
  木曜日を 周四
  金曜日を 周五
  土曜日を 周六
  日曜日を 周日
と言うことがある。

5月のメーデーの連休を「五一黄金周」(ゴールデンウィーク)と言うこともある。


月、木の定期更新とは別に、日本人が勘違いしやすい中国語を、不定期に紹介している。

【号】

勘違い中国語シリーズ064(時間シリーズ)【号】

△月◇日の「日」の部分だが、文書で書く場合は、「日」を使う。
8月17という具合だ。

だけど、口語では、「日」とは言わず、普通は「号」を使う。
たとえば、「きょうは8月17です」と言う。

あなたの誕生日は「何月何日?
この場合は「幾月幾号」と言う。
jiyuejjihao.jpg



月、木の定期更新とは別に、日本人が勘違いしやすい中国語を、不定期に紹介している。

下着の看板

大連市内の繁華街にあるデパートの壁。
ちょっと大げさに言えば、銀座通りのデパートの壁だと思えばよい。

2階から5階まで4フロアーにまたがる、大きな女性の下着のポスターが、何枚もでかでかと張り出されている。
こんな大胆なポスターを大通りに張るなんて、日本では考えられないんじゃないかな?
061223shitagi.jpg

【小時】

勘違い中国語シリーズ063(時間シリーズ)【小時】

「時」の字、自体は、日本語の「時」と同じように
事ニュース」
「決められた間」
「臨会議」
「あの当は」
など「時」を表す文字として非常に多く使われるのだが、ここでは、「小時」について説明する。

「小時」は60分間の時間つまり「一時間」を意味する。

「この本を読み終えるのに、どのくらいかかりますか」
「そうだなぁ、4小時くらいだね」
と答えれば、4時間を意味する。

街の看板で「24個小時服務」とあれば、「24時間サービス中」という意味だ。
24gexiaoshi.jpg
簡体字の「時」は、旁上部の「土」が無いが、雰囲気で読めるだろう。

月、木の定期更新とは別に、日本人が勘違いしやすい中国語を、不定期に紹介している。
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。