大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

簡体字解体新書6(簡略化された編旁)

簡化字総表の第2表には、独立した文字としては用いられないが簡略化された14個の偏と旁が収録されている。
これを知るだけでも、たくさんの簡体字が解読できるようになる。
14nohentukuri.jpg

「言偏」(ごんべん)の簡略化で、草書体を取り入れたものだ。これに慣れてくると、日本語を書くときでも、つい使ってしまう。

「食偏」だが、こいつも簡単だ。

「湯の右側」だが、「場」「腸」「楊」には応用できるが、「陽」の字は、別の簡体字が決められているので、使えない。

「糸偏」も、便利に使うことが多い。

「賢の上」は、こういうものとして覚えてもらおう。「堅」「腎」「緊」などに応用する。

「榮」は日本では「栄」になったが、中国では草冠になっている。応用字としては「営」「労」などがある。

「臨」の応用字で良く見かけるのは、「覧」くらいのものだ。

「織」の右側の応用は、「職」「識」がある。

「金偏」もオレは簡略体を日本語で便利に使っている。

「學冠」はたまたまかどうか、日本字と同じだ。

「澤」は日本字では「沢」になった。 応用字としては、「訳」「釈」「択」など。

「經」は「経」の字だ。これは、偏にも旁にも使われ、応用字としては「茎」「頚」「軽」がある。

「戀」は日本字と同じく「恋」になった。「湾」「変」「蛮」などに応用される。

「鍋の右側」は「禍」「渦」「蝸」に応用されるが「過」は別の簡体字が用意されているので、使わない。


どうやら、簡体字シリーズはあまり人気がないようだ。
知人の話によると、漢字シリーズだと読み飛ばしてしまうとか!
でも、後で検索してみると、結構役に立つんだけどなぁ。

ブツブツ、、、、、ぼやき!
スポンサーサイト

さすがにこれには呆れカエル。

久しぶりに道端商売の紹介だよ。
既に大概の商売を紹介してしまったので、新しい商品になかなか巡り会わないのだが、今日のはインパクトがあるよ。
衝撃の画像だ!


網に包まれて、なんかがうごめいている。
なんだろう?
写真が小さくて良く分からないかな。
0701108ami.jpg

以前に、遂にこんなものまで食べたと言う記事を書いた。
トノサマガエルくらいの大きさの蛙のとろ煮だった。

皿の上にのって、「食べ物でございます」と出されれば、食わないことも無い、と言うか、実際に食ってしまったのだが、、、、、、。



さて、網の中にいるのは、見たとおり、生きたカエルの詰め合わせだ。
「林蛙」という。
0701108kaeru.jpg
どうするのか聞いたら、料理の材料だという。
どう料理するの?

中国語で、ドン(火偏+屯)と言うのだが、とろ火で煮込む料理法だと。豚の角煮みたいな料理法といえば伝わるだろうか。
ともかく、こいつらを鍋に放り込んで、とろ火で軟らかく煮込むらしい。内臓をどう処理するのかまでは聞かなかったが、そのまま食べちゃうのかもしれない。

値段は、1匹1.5元で、1斤(500グラム)70元とか80元とか言っていたので、すごい高級食材と言うことになる。
只でもイヤなのに、誰が金を払って買うか!!

といっても、買う人がいるから売っているんだろうな。

積み残した写真紹介

国慶節にハワイに行ってきたので、ちょいとメモ(その14)

ハワイシリーズの最後に、うまくテーマに合わずに、提示できなかった写真を何枚か紹介して終わりにしよう。

ハワイといえば、ワイキキの海辺から仰いだダイヤモンドヘッドを外すわけにはいかないだろう。手前の椰子の樹の先っちょがキレているのが素人写真っぽくていいな。
  (レンズの広角の限界だから仕方が無いのだ:自己弁護)
0701001diamondhead.jpg
ダイヤモンドヘッドは標高232m、直径1キロに及ぶ円形のクレーターで、ここに上ると、ワイキキの360度パノラマが素晴らしいという。
dh_crater5.jpg
活動を停止してから15万年も経っている死火山で、上から見るとこんな風に火口の形がまぁあるく残っている。
   〔クレーター写真の出典はこちら⇒ダイヤモンドヘッドに登ろう (1)

英語の「ダイヤモンド・ヘッド」の名前の由来は、
〔1〕 1800年代、イギリス水夫(1700年代後期、イギリス探検家と言う説もある)が方解石の結晶を見つけ、ダイヤモンドと間違えてしまい、ダイヤのある山としてダイヤモンド・ヘッド名づけられた
と言う説と、
〔2〕 朝日を浴びる山の姿がダイヤモンドのように眩しかったから、
と言う説の二通りがあるそうだ。


次は、ハワイではどこでも見られる、バニアン・ツリー
一部では街路樹になっているし、山に入ればたくさん自生している。
0701001banyan.jpg
沖縄のガジュマルと同じ仲間だと思う。
枝から気根をぶら下げ、地面にたどり着くと幹のように硬くなって、ドンドン勢力を伸ばす。山中では別の樹に絡み付いて、栄養分を横取りしてしまう。もともとが宿り木でエイリアンみたいなヤツだ。


続いて、何気ないワイキキの街並み
0701001machinami.jpg
椰子の樹がたくさんあるので南国の雰囲気が伝わる。
驚いたのは、横断歩道の端に立つと車が止まってくれるんだ。中国生活が長いと車にクラクションを鳴らされることがあっても、止まってくれることなど絶対にないので、驚いたのだった。


最後に、海亀の写真0701001umigame.jpg
どこが海亀やねん!といわれそうだが、見たものは見たんだ。

これで、ハワイメモシリーズを終わります。
2週間にわたって、ご愛読ありがとうございました。
月曜日からまた、大連テーマに戻ります。

ハワイでアロ~ハ!

国慶節にハワイに行ってきたので、ちょいとメモ(その13)

ハワイ語って、母音はA、I、U、E、Oの5種類で、子音はHKLMNPWの7種類だけなんだって。だから、日本人にも発音しやすいって。

人と会ったら、とにかく「アロハ」と言っておけば良いらしい。
こんにちはも「アロハ」、 こんばんはも「アロハ」、さよならも「アロハ」で用が足りる。
おはよう、こんばんはなどは、専用の挨拶もあるらしいが、「アロハ」でも構わない。
アロハ⇒こんにちは、おはよう、さよなら

アロハを覚えたら、次は「マハロ」だ。
こんにちはの次に覚えるべきは、ありがとうでしょう、それが「マハロ」。
マハロ⇒ありがとう

間違ったら謝らなければならないよね、謝るときには、「エカラマイ」。
エカラマイ⇒ごめんなさい

あれが欲しい、これが欲しい。何か欲しいときには、「マケマケ」。
マケマケ⇒欲しい

アエ⇒YES、   アオレ⇒NO

素晴らしい、とか、褒めるときには、「マイカイ」。
マイカイ⇒GOOD
このくらい覚えておけばいいんじゃないかな。

ついでに、可愛い娘に会ったら、「ナニ」。
ナニ⇒美しい、可愛い

おまけ。
和田弘とマヒナスターズというグループがいたが、「マヒナ」とは「月」のこと。
歌で「アロハ・オエ」が有名だが、「アロハ」は上述の通り挨拶で「オエ」は「あなた」。

ohanalogo1.gif
「オハナ」という名が付くホテルがたくさんあるが、「オハナ」とは「仲間・家族」のことで、日本語の「お花」ではない。


この程度覚えても会話は成り立たないが、コミュニケーションのきっかけにはなるだろう。

イチローの億ション

国慶節にハワイに行ってきたので、ちょいとメモ(その12)

ハワイには、イチローが買ったマンションがあるそうだ。
ビルの最上階で500万ドル(6億円)だとか、ガイド兼運転手が言っていたのだが定かではない。0701001ichiro.jpg

光り輝くこのビルの最上階かと思うのだが、違うビルだったかもしれない。アラモアナ地区の、金色のビルだったような気がする。

購入資金の500万ドルもすごいが、一日当たりの維持管理費ってどのくらいだろう?
普段シアトルにいるイチローが、1年間に何日このマンションで過ごすのかな?
普段はメイドに管理させているのかな?
滞在日数で割ればホテルのスィートよりも高いんだろうな。
引退後に住むつもりなのかな?
単なる投資目的なのかな?

自分では買うことの出来ない庶民の関心なんてこんなもんだ。

スケボー禁止の交通標識があった

国慶節にハワイに行ってきたので、ちょいとメモ(その11)

世界には、色々な交通標識があるものだが、中国には「荷馬車通行禁止」があることを紹介したが、ホノルルには、何と「スケボー禁止、ローラースケート禁止、サイクリング禁止」の標識があった。
0701001skebo.jpg

常夏のリゾート、ホノルルらしいと感心した。

カメハメハ大王は褌だった

国慶節にハワイに行ってきたので、ちょいとメモ(その10)

「南の島のハメハメハ大王」  
伊藤アキラ作詞、森田公一作曲、  若松正司編曲、 のこいのこ/ザ・ブレッスンフォー歌
♪♪
南の島の大王は その名も偉大なハメハメハ
ロマンチックな王様で 
風のすべてが彼の歌 星のすべてが彼の夢
ハメハメハ ハメハメハ ハメハメハメハメハ
♪♪
南の島の大王は 女王の名前もハメハメハ
とてもやさしい奥さんで
朝日の後で起きてきて 夕日の前に寝てしまう
ハメハメハ ハメハメハ ハメハメハメハメハ
♪♪
南の島の大王は 子どもの名前もハメハメハ
学校ぎらいの子どもらで
風がふいたら遅刻して 雨がふったらお休みで
ハメハメハ ハメハメハ ハメハメハメハメハ
♪♪
南の島に住む人は 誰でも名前がハメハメハ
おぼえやすいがややこしい
会う人会う人ハメハメハ 誰でも誰でもハメハメハ
ハメハメハ ハメハメハ ハメハメハメハメハ



お馴染みの、NHKみんなの歌である。
さて、ハメハメハ大王は、歌の中だけだが、カメハメハ大王は実在したのだ。
ドラゴンボールの「カメハメ波」ではない。
カメハメハ大王の姓は「カ」で名前が「メハメハ」、つまり、カ・メハメハさんなのだ。
意味としては、「孤独な人」「静かな人」だそうだ。
0701001kamekameha.jpg

写真のように、金の褌をした、ハンサムボーイだ。
残された肖像画とは、大分印象が異なるが、実は、肖像画の方が本物で、銅像は、かっこいい別人をモデルに作らせたんだとか?
kamehameha1.jpg

ハワイ王国には、カ・メハメハ一世からカ・メハメハ五世まで5人のカ・メハメハ王がいたが、カ・メハメハ一世はハワイ諸島を初めて統一して1810年にハワイ王国を建国、初代国王となった人物であり、特にカメハメハ大王と呼ばれている。
ハワイ王国は1810年~1893年まで83年間存続し、その後共和制となり、5年後の1898年にアメリカに併合されて消滅した。

ハワイ州の別名はレインボウ・ステイト

国慶節にハワイに行ってきたので、ちょいとメモ(その9)

ハワイ州の愛称は、アロハ・ステイトだが、虹の州(レインボウ・ステイト)の別名があるほど、虹が多く見られるそうだ。
そのため、車のナンバープレートにも、アロハ・ステイトのニックネームと共に、こんな風に虹がかかっている。
nijiplate.jpg


そういえば、最近、天に大きな弧を描いたきれいな虹を見た記憶がない。
特に大連は乾燥気候なので、虹が出にくいのだと思う。

ハワイ島の虹は、大きくてきれいだった。
0701001niji.jpg


こちらは、上の虹のペアではなく、別の場所で撮った別の虹だ。
0701001rainbow.jpg


ハワイ島では、小雨が降ったり止んだりで、滝壺の中や木々の間にたくさんの虹を見ることが出来た。

オアフ島の小雨のハイキングでは、太陽を背にしたときに、一人一人の足元に小さな虹を持ったシーンもあったな。
hawainoniji.jpg

虹って、雨と太陽と言うあい反する要素が揃わないと出現しないのでどこでも見られるというものではない。ハワイは小雨が降りやすい気象条件と、南国の強い太陽とが揃っており、自然が織り成す芸術作品が堪能できる。
レインボウ・ステイトの名前は、伊達じゃなかった。

ハワイの飛行機は尾翼が派手

国慶節にハワイに行ってきたので、ちょいとメモ(その8)

ハワイを拠点にする航空会社は四つあるが、垂直尾翼が結構派手だ。
0701001aialine.jpg
手前がハワイアン航空の垂直尾翼で、ハワイアンレディの横顔が描かれている。頭にはハイビスカスの花?
奥に止まっている椰子の木柄は、アメリカ本土インディアナポリスを本拠とするATA航空だが、ハワイ向けと言うことで、バケーションを意識したカラーリングをしているのだろう。


0701001aloha.jpg
こちらは、アロハ航空だが、垂直尾翼はには、ストレリチア(極楽鳥花)の花柄が。


ilandair.jpg
アイランド・エアは、フラダンスの娘さんだが、
ilandairguiter.jpg

これはギター柄
ilandairboard.jpg

こちらはサーフボード柄。
結構派手に、気ままにデザインしている。


HawaiGoAir2.jpg
こちらは、片道$39の格安航空会社go!だ。 go!の垂直尾翼は、文字が書いてるだけでおとなしいな。
【“ハワイの飛行機は尾翼が派手”の続きを読む】

観光客の強い味方、ABCストア

国慶節にハワイに行ってきたので、ちょいとメモ(その7)

ワイキキ付近を歩いていると、50メートル間隔くらいで沢山の「ABC STORES」がある。
感覚的にはコンビニだと思ってよい。
ABCLogo.jpg 
品揃えは日本のコンビニよりも豊富で、サンドイッチやおにぎりなどの食料品からお茶やビールは勿論、普段着、サンダル、化粧品、おみやげ物など日用雑貨といわれるようなものが揃えられている。
これが、旅行者にとっては、とてもありがたい。
昨日の記事に書いたTシャツ(ハイチ製、ホンデュラス製)もABCストアで買ったものだ。
なにかすぐに欲しいものがあったら、まずはABCストアを覗いてみよう、大概どうにかなるはずだ。


黒人の店員が出てきたので、英語で喋らないと
「えーと、アイ・ウォント・トゥ・マァイ・サム・Tシャツ」
あれ、マァイは、中国語だな、買うは英語でなんだっけ?
なんて、オロオロしていると、「イラッシャイマセ」なんて言われて、拍子抜け。
全部の店にいるわけではないけれど、日本語が通じる店員も多い。
オアフ島だけで、32店舗もあるんだって。店の大小があって、大きな店では、当然だが品数が多い。
ハワイで困ったら、まずはABCストアへ飛び込んでみよう。


以下、日本語のホームページから抜粋。

ABCストアのモットーは
「観光客にとって便利な場所で、正しい価格で商品を提供する」
ABCStore.jpg

ABCストアの1号店は1965年にワイキキでオープンしました。お店には、食品、お土産品、クスリ、化粧品、そのほか、観光客が必要とするものを取り揃えました。わかりやすく、覚えやすい名前、一度聞いたら忘れない名前ということで「ABC」と名づけました。
ホームページはこちら⇒ABC Store    日本語のページ
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。