大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

切手の貼り方

会社に届いた郵便物である。切手の貼り方を見て欲しい。
07618Letter.jpg


見て分かるとおり、宛名面ではない、裏側である。
手紙の裏側に切手を貼るセンスが理解できない。
しかも斜めで不揃いだし。

だけど郵便物はちゃんと届いた。
スポンサーサイト

映画をポケットに入れて出かけよう

音楽をカバンに入れて持ち運ぶようになったのは、ソニーがウォークマンを発売してからだ。その後MDの時代を経て、現在ではmp3圧縮フォーマットのおかげで、シリコンミュージックなどと呼ばれ、本体は100円ライターほどに小さくなり、音楽がワイシャツのポケットに入るようになった。

mp3の発展形で、動画も扱えるようになったのがMP4と呼ばれる規格だが、フォーマットがいろいろ入り乱れて難しいし、ミニ動画そのものをMP4と呼んだりするので、実際のところ訳が分からない。
日本では、iPod以外にあまり見かけないのだが、中国にはMP4プレイヤーがたくさん販売されている。 日本で宣伝をしていないのは、おそらく著作権を意識してのことだろう。

オレが買ったのはこれだ。
0701218oppomian.jpg
製品名:OPPO MP4 PLAYER、 MODEL:V5I
メモリー:4GB
表示パネル:3インチTFT液晶〔1600万色〕320×240ドット
対応フォーマット:MP3,WMA,AVI,XVID,JPG
音声出力:12+12mW(32Ω) S/N比90dB
电  源:充電式リチウムイオン電池内臓
接続方式:高速USB2.0
重量:76グラム
寸法:87×54×11mm(クレジットカード・サイズ)
購入価格は、およそ800元
FMチューナーが付いているのでFMラジオになるし、長時間録音器としても使える。カレンダー、時計機能もある。勿論、普通のmp3プレイヤとして音楽を聴くことも出来る。
中身を全部消してしまえば、4GBのメモリーカードとしても使える。
こうして、機能を並べてみるとすごいね。

ワイシャツのポケットにも入る、ジャスト・クレジットカードサイズで、スイッチ類が側面についているので、ボディ全体を画面として大きく使えるのがウリだ。こいつにDVD映画を丸ごとコピーして持ち歩き、電車の中や喫茶店の待ち合わせのときに映画を見ようという魂胆だ。

AVIフォーマットに対応しているのなら問題ないだろうと、ろくに説明も聞かないで買ってきた。
早速パソコンにつないでみると、USB接続だから外部ディスクとして簡単に認識された。
DVD映画をフリーソフトでAVIフォーマットに圧縮してこいつに移した。
期待して見ていると「FORMAT ERROR」だって。
mp3の音楽は問題なく再生できたのだが、動画はダメだ!

さぁ、困った。
仕方がないから販売店に行って聞いてみると、専用の転換ソフトがあるというのだ。
なぁんだ、早くそれを言ってよ!と言うより、聞きもしなかったのだが。
と言うわけで、専用ソフトをもらって持ち帰り、パソコンにインストールして作業を始めようと思ったら、字が読めない
いやいや、中国語が読めないわけじゃないんだ。 丸5年も中国で暮らしているのだから中国語の漢字だったら、辞書を引きながらでも何とかなるものだ。 じゃぁどんな状態かと言うと
071218bakemoji.jpg
こんな有様なのだ。
日本語WINDOWSシステムで展開すると、フォントが化けて記号になってしまう。色々手を尽くしたがどうにもならない。日本語バーションは勿論、英語バージョンもないという。

中国語のWINDOWSシステムで開くとこんな具合になるはずなのだ。
071218oppo.jpg
これなら大体の見当はつく。

またまた販売店に行って、販売店の画面上の状態をメモして、文字は読めなくても位置関係でボタンの意味を覚えて帰ってきた。(後で分かったことだが、こんなに苦労しなくても、この専用ソフトは、メーカーのサイトからダウンロードでき、PDFフォーマットの説明書で、ボタンの位置は明らかにされていたのだった)

どうにかこうにか出来たファイルをこいつに読み込ませたら、ちゃんと画像と音声が出た。
やった、やっと使えるようになったと思ったのだが、まだまだ苦労は続く。

というのは、この専用転換ソフトは、音声や字幕を選べないのだ。主音声と字幕無しになってしまう。
DVDには、例えばアメリカ映画なら主音声の英語の他に、副音声として、中国語、日本語、スペイン語などがあり、字幕は、英語、中国語、日本語、韓国語、タイ語などたくさんの情報が埋め込まれている。この中からオレが欲しいのは、日本語だけだ。
日本の映画なら、日本語音声字幕無しでOKだが、アメリカ映画となるとどうしようもない。
結局、この専用ソフトではどうすることも出来なかった。

その後研究を重ね、今、オレは、2段階の変換をしてDVDをコピーしている。
まず、アメリカ製のDVD変換ソフトで、日本語音声と日本語字幕を選んで、WMVファイルを作る。次にこのWMVファイルを、前述のOPPO専用の転換ソフトを通して、OPPO用のAVIファイルにするのだ。この一連の作業に7時間ほどかかる。とは言っても、寝る前にパソコンに仕掛けておけば、朝には出来上がっているので、さしたる手間ではない。でも、映画を見るのにここまでやるのかって感じがしないわけでもない。

DVDディスクには、モノによっては10GB近い情報が詰め込まれているが、不要な外国語情報を取り除き、小さな画面用に圧縮すると、0.4GB程度まで小さくなる。このプレイヤーのメモリーが4GBなので、映画が約10本分収まることになる。
これだけあれば、長期の出張で時間を持て余しても、十分に凌げるってもんだ。

オレは携帯型のDVDプレイヤーも持っているが、やはり大きいし重い。
0701226tv.jpg
そりゃそうだ。直径12センチのDVD円盤を回転させるのだから、ワイシャツのポケットに入るはずがないし、バッテリーだって重くなる。

ともかく、OPPO MP4のおかげで、快適な環境が整った。
画面は小さいが字幕も読めるし、画質も満足だし、ストーリー展開は全く問題なく追える、音声はMP3なので迫力十分だ。
さぁ、映画をポケットに入れて外出しよう!

すごく魅力的なツールだと思うんだけど、こういうのが日本で流行らないのは、著作権の問題があるからだろうな。
日本の機器メーカーが、DVD映画を丸ごとコピーする専用ソフトを提供したら、コンプライアンス上の問題になり、めちゃめちゃ叩かれるに違いない。

聖誕節

クリスマスのことを、中国語では「聖誕節」という。
クリスマスイブは文字通り「聖誕節前夜」、あるいは「平安夜」とも言う。
サンタクロースは、「聖誕老人」だ。
071223cristmas.jpg
簡体字で書くとこうなる。
「聖」の字が、どうしてこんな形になったのか、見当もつかない。

聖誕老人って、なんとも無粋な名前だと思う。
0701223laoren.jpg
中国のサンタクロースは、なんかキモくないですか?

以前にも同じことを書いたので読み返してください。聖誕快楽!

中国のクリスマスは、商店やレストランなどが飾り付けて雰囲気を盛り上げようとしているが、一般家庭ではあまり騒がないような気がする。勿論、家々ごとに差はあるが。


24日夜追記
会社の何人かの社員に聞いてみたら、彼らの家にサンタクロースは来ないようです。
日本では、オレが子供の頃(50年前)に既にサンタが来てくれたので、大分中国とは違いますね。


年末になると、外国から「Merry Christmas & Happy New Year!」なんて書かれた、クリスマスカードが届く。
昨今のコンプライアンス上の観点からすると、このクリスマスカードは問題があるのだそうだ。

つまり、クリスマスはキリスト教独自の行事であるから、個人で発信するのならともかく、会社や役所の名前で「特定の宗教に肩入れした文書」を公に発信するのは好ましくないという理屈らしい。
クリスマスを表示せず「Season's Greetings & Happy New Year!」なら問題ないという。
ちょっと、考え過ぎなんじゃないかなぁ!

簡体字解体新書9(日本でも採用したい部品)

色々な簡体字を紹介してきたが、見慣れてくると、ついつい自分のメモなどに使ってしまう文字がある。
あまりに簡略化しすぎたものは、如何なものかと思うが、日本でも採用したら書くのが楽になるのになぁと思うことがある。

オレが選んだ、日本でも採用したい部品を披露しよう。
と言っても目新しいモノじゃなくて、今までに、何回も説明した部品ばっかりだが。

まず、言偏だ。
gonben.jpg
言偏は、文字の数も多いし、画数削減効果も大きいので、有効だと思う。
「言」のままだと、7画になってしまうが、中国簡体字では、2画になる。最初は変に感じるかもしれないが、見慣れると、案外簡単に受入れられるものだよ。


次は、金偏。これはあまり違和感を感じなく使えると思う。8画から5画への合理化だ。
tetuhen.jpg


糸偏の字も多いから採用したいな。6画から3画への合理化。
これは、見た目では殆ど違和感がない。
itohen.jpg


次は魚偏だが、4つの点々を1本でつないでしまうだけなので簡単だ。。
これも、見た目では殆ど違和感がない。
uohen.jpg


食偏も8画が3画になるので、すごい合理化だ。
慣れてしまうと、本当の食偏を書けなくなる。
shokuhen.jpg


車偏も同じこと。7画から4画への合理化。
kurumahen.jpg


この辺までは、日本字に採用しても良いかな?って。
う~ん、車偏は、やり過ぎかもしれないな。

【晏子責ジュウチュウ】 

yanzizezhuchu.jpg

晏子がジュウチュウを責める。

斉景公は、とても鳥が好きで、いつも色々な鳥を捕まえた者に、奨金を与えており、ジュウチュウと言う名の一人の男を、捕まえた鳥の管理人に任命した。

ある日、ジュウチュウは不注意で、管理していた鳥に逃げられてしまった。斉景公はかんかんに怒ってジュウチュウを処刑する準備をさせた。
晏子はこの事件を知って、急いで斉景公に面会して、斉景公に言った。
「ジュウチュウは罪を犯しました。
私が奴の罪状を列挙しますから、それを聞いてから、王は、ジュウチュウを処刑する判断をして下さいませ」

斉景公は晏子の言うことに同意した。
そして、晏子は、ジュウチュウを連れて来させて、斉景公の面前でジュウチュウの罪状を述べ始めた。

「大王は、お前を鳥の専門管理人に任命したが、不注意で鳥に逃げられてしまった、これが第一の罪状である。
お前が鳥を逃がしたために、大王は人を殺さなければならず、大王は殺人者の汚名をきせられる、これが第二の罪状である。
もし諸国の王がこれを聞いたら、我らが大王は人命よりも鳥を大事にすると思い、これにより大王の威信を失ってしまう、これが第三の罪状である。」

晏子は、一気にジュウチュウの三つの大罪を挙げた後に、王にジュウチュウの処置を求めた。

晏子が、ジュウチュウの罪状を読み上げているときに、既に斉景公は我に返って、手を振りながら
「殺すな、殺すな、ワシが怒ったのは間違いだった。臣下の指摘のおかげで分かった」
このように、斉景公はジュウチュウを殺さなかっただけではなく、更に遺憾の意を表示した。
同時に、晏子に対して感謝の意を示した。

智謀にたけている人が正面から批判してもうまく行かない状況の下、往々にして側面から迂回する方法を取ることで成功することがある。

南京市で鳥インフルエンザの死亡者が出たことで、また騒がしくなってきたが、鳥インフルエンザについて自分なりに解説した記事があるのでご覧ください。鳥流感

さよなら2元ビール

中国の食の安全が騒がれている中、さる忘年会で、日系ビール会社の人と同席して、貴重な話を聞くことが出来た。

あたりが出たらもう1本の記事で書いたように、オレは、日頃、1本2元のビールを飲んでいる。 1本2元であるばかりか、王冠の裏に「当たりマーク」があれば、もう1本無料でもらえる。
子供向けのアイスみたいだ。
季節によって変動するようだが、大体20本に1本の割合(5%)で当たりが入っている。
こんなに安いビールがあるんだぞ!と自慢気に書いたが、水(ミネラルウォーター)よりやすいビールには、安いなりの理由があるのは当然のことだったのだ。


日系ビール会社の人の話によれば、中国でビールを作るに当たって、市場調査の目的で各種のビールを買い込んで、成分分析をしたという。

その結果、安いビールには、本来のビール醸造工程では生じない色々な不純物が含まれているケースが多かったと。添加の目的は、分からないが、例えば、保存料だったり、改質剤だったりするのかもしれない。

あるビールには、エチレングリコールが含まれていたとか。
エチレングリコールは、車の不凍液に含まれている粘性のある液体で、一時輸入ワインに添加されていることで話題になった。ワインに少量加えると舌触りが良くなるという。どういう理由でビールに含まれているのか分からないが、故意に添加しなければ、検出されるはずがない物質だ。

また、安いビールは、ビールを高濃度に醗酵させて濃縮ビールを造り、それを水で薄めて増やしながら濃度調整するのだそうだ。当然、炭酸気が薄れるので、炭酸ガスを加えて発泡性を持たせる。

こんな話を聞いたら、1本2元だからと喜んで飲んではいられない。
ビールを飲んでいるつもりで。エチレングリコールを飲まされていたんじゃたまらない。

どんなビールを飲んだら良いのか、アドバイスを求めたところ、
「彼の会社(日本のビール大手)のブランドビールなら安心して飲んでください。もし、これがない場合は、青島ビールは比較的きちんと作っているようです」
ということだった。

彼が勧めるブランドのビールは、1本8元もする。
オレは、1ヶ月におよそ100本のビールを飲むので、月々200元が800元になってしまう。
だけど、日本円にしたら1本100円程度なので、特別に高いわけではない。

これだけ食の安全が騒がれている中国で生き抜くためにはと、今後は8元ビールを飲むことに決めた。
さよなら、2元ビールたちよ!

ビールの種類をどうこう言う前に、飲みすぎの方が問題だと、責められそうだ。

簡体字解体新書8(1画減らす工夫)

中国簡体字では、1画へ減らすことにも工夫を凝らしている。

今日は、日本の漢字と殆ど同じ字形なのだが、1画少ない字を紹介しよう。

まず、簡体字を作るときに、日本字よりも1画少なく設計された文字だ。
単の字は、もともと上に四角が二つ乗っかった形をしていた、つまり「單」だ。
2つの四角を、点々に置き換えるときに、日本では3つの点々にしたが、中国では2つの点々にしただけのこと。どちらでも同じようなものなら、二つで間に合わせた方が楽だな。
071210tansen.jpg
銭・浅・践の字は、「餞」の字で示した旁をどう簡略化するかで決まったのだが、横棒が2本でも3本でも大した変わりがない。識別可能なら、2本にした方が楽だ。「餞」の字は、中国では簡略化されたが、日本では旧体字のまま残されている。




次は、「縦棒」と「左払い」を一体化して、1画減らした字だ。
まず分かり易い2文字を示そう。
「着」と「差」だが、縦棒があり、これとは別に左払いがあるのだが、中国簡体字では、これを一体化して、一筆で書くことにより、1画減らしている。
これに伴って、当然のことながら筆順も変わる。
071212chakusa.jpg
「像」の字も同じで、よく見ると、中国簡体字は、斜めの線が一筆で書かれている。日本字は14画だが、簡体字は13画である。
勿論「象」でも同じことだ。

下の「鬼」グループ、「免」グループ、「卑」グループも同じ考え方だ。
071206oni.jpg



============
2011年1月27日追記
コメントで指摘されて調べてみたら、「免」と「卑」のグループは、わざわざ一画減らすために作った文字ではなく、下の欄が元もとの旧字で、上の欄は、どういう理由か分からないが俗字を日本文字に採用した結果のようだ。
大修館の新漢和辞典三訂版にこのような記載がある。
100126menhi.jpg

ただし「鬼」グループは、同じような記載がないので、上の段が旧字らしい。
============

これから説明する文字は、2画をくっつけて1画にしてしまった文字だ。
 | と _ の2画を、くっつけて L に変えてしまった。
叫・糾・収のグループは、「叫」の旁を、3画にするか2画で書いてしまうかの違いだ。
これは、字形が変ってしまうので、オレは違和感を感じる。
「収」の字は、せっかく、偏で1画減らしたのに、旁の方で2画多いので、日本字より1画多くなってしまった。
071210sakebu.jpg
次の降・舞・瞬・隣のグループも同じ考え方だ。
ヰの2画目と3画目をくっつけてしまうという荒っぽいやり方だ。
ここで「隣」の簡体字も同じように説明しようとしたが、簡体字では、全く異なる字になっているのだ。

続いて「牙」グループも同じ考え方で、「牙」の2画目と3画目をくっつけてしまったものだ。

「瓦」「印」「敢」も同じで角を曲げることによって1画減らしている。
071212kawara.jpg
「巨」の字は、日中で同じ形だが、日本では5画、中国では4画になる。中国簡体字では、「区」などと同じように L の形を一筆で書いてしまうからだ。

文字を示さなかったが、簡体字では、「修」の字も同様に上部「攵」の部分を「夂」の形にして、1画減らしている。


次の「骨」グループはすごいよ。
なんてったって、1画減らすために、左右を変えてしまったんだ。
「骨」の字の上中央部は、本来は、日本字のように右を向いていたのが、これだと2画必要だが、左側に向ければ1画で書ける。
中国の簡体字設計メンバーは、この現象を発見したときに感激したことだろう。
071211honehai.jpg
次は、例示としては、1文字しか探せなかったが「肺」の字だ。
見ただけでは分かり難いが、日本の「肺」の旁は5角だが、中国字の旁は4角なのだ。
日本字は、「市」と同じで、「点」と「縦棒」は別だが、中国簡体字では、縦棒が1画で上から下へ突き抜けるので、4画になる。
言っている意味が分かるかな?
同じような形だが、「柿」の字は、日中共通で、「市」を使っている。
「肺」の字が謎だ。

「変」の字は、下半分が中国簡体字では「又」になっているので、1画少ない。




最後のグループは、日本字が「さんずい」だが、中国簡体字では「にすい」になっている文字だ。中国にも「さんずい」の文字はたくさんあるのだが、どうしてこれらの文字が「にすい」になったのかは、オレの知識では分からなかった。
071211keturyou.jpg

対策は鉄条網だ。

以前に、塀は乗り越えるものという記事を紹介した。

久しぶりにその辺に行ってみると、塀を乗り越えるためのブロックの積上げは撤去されていた。
だけど、いつまた誰かがブロックを積上げて、塀を乗り越えて来るかも分からない。

そこで、防御側は考えた。
ブロックを積んで乗り越えようとしても、そこに鉄条網があれば、簡単には超えられないだろうと。
0701108tetujoumo.jpg

前回の記事の場所とはちょっとずれるのだが、このように鉄条網が張られていた。
上方に鉄条網(バラ線)が張られているのが分かりますか?

この後、攻撃側はどんな手を考えるのだろうか?

簡体字解体新書7(字形を残して整形)

中国簡体字の作り方

今回は、字形の一部を消して、形を整えて作られた簡体字だ。

まずは「ヨ」三兄弟。
saofugui.jpg
「掃」「婦」「帰」の旁が「ヨ」になっている。
だけど「帚」の字そのものは「ヨ」とならずに、元の字のまま残されている。



changchangtang.jpg
「場」「腸」「湯」では、「昜」の「日」が同じように省略されている。
しかも、chengbian2.jpg
の部分は、一筆で書いてしまうので、画数減少効果は、素晴らしいものだ。
「場」について言えば、日本字は12画だが、中国簡体字は6画で、半分になってしまう。見慣れると、自分のメモ書きにはついついこちらを使ってしまう。
(実際は、「日」を省略したと言うよりも簡体字解体新書5(草書体の応用-2)に書いたように、草書体の応用として簡略化されたようだ)
しかし「錫」の字は、似ているけど「昜」ではないので、簡略化されずにそのまま残っている。(金偏部分は簡略化されているが)

同じ旁「昜」でありながら、「陽」の字は、「日」を残して、下半分が消去されている。
yangyin.jpg
これは、「陽」と「陰」とのバランスで、太陽暦と太陰暦で代表されるように、太陽(つまり「日」)と「月」を選んだのだろう(推測)



kenken0706.jpg
懇談の「懇」と開墾の「墾」は、同じように「豸」を省略して、形を整えている。



jibiao.jpg
「際」と「標」は「示」を残して、上部を省略した。



fenduo.jpg
「奮」と「奪」は、やはり同じように「隹」を削除して、上下をくっつけた。

字形を残す省略文字は、大体こんなところだ。

開発区に吉野家

大連開発区に吉野屋が出来た。
マグドナルドの裏側、新マートビルの裏側の角だ。
いつ出来たんだろうか? 最近1、2ヶ月だろう、気が付いたら出来ていた。
0701108yoshinoya.jpg

吉野家といえば、当然牛丼だ、と言うことで、早速食べてみた。

うん、普通にうまい。日本の牛丼よりもうまいくらいだ。久しぶりに食べたので余計にそんな風に感じたのかもしれない。

0701108yoshinonaka.jpg

値段は、牛丼並盛り16.5元(260円)、ミニサイズで12.5元(200円)だったので、日本価格と比べれば安いのだが、お粥が1元、麺が2元で食べられる大連価格とすれば結構高い。
だけど、昼時ともなれば、中国人がいっぱい入っている。

日本の吉野家って、どこもカウンター席だったような気がする。カウンターが「コの字」型になっていたり「Tの字」型になっていたりして、店員がカウンター内部を走り回る。
開発区の、この店にはカウンターはなく、2人掛けから4人掛けの小さなテーブルがたくさん並んでいた。

茶碗蒸しや味噌汁などと組み合わせて、最大4元安くなるというセットメニューもいろいろあったが、やっぱり、吉野家では牛丼でしょ。
「つゆだく」が通じるかどうかは知らない。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。