大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうもどうも

大連のタクシー運転手で片言の日本語を話す40歳代の中国人男性から聞いた話だが、なるほど面白いと思ったので紹介しておこう。開発区から市内に行くときなど、時々呼び出して使っていたタクシーだ。

以前日本人から教えてもらった言葉だそうだが、それは
「どうもどうも」という一言だ。

「どうもどうも」の一言さえ覚えておけば、日本人とのあいさつの7割はこなせる、というのだ。

聞いた瞬間は、「何を言っているんだこいつは!」と面食らったが、よくよく話を聞いてみると「なるほど、面白い」に変わった。多少脚色はつけたが、次のようなことだ。

朝:「どうもどうも」と片手を振れば、「おはよう」の代わりになる。
昼:「どうもどうも」と笑顔を振りまけば、「こんにちは」の代わりになる。
夜:「どうもどうも」と手を差し出せば、「こんばんは」の代わりになる。
失敗した時:「どうもどうも」と首を垂れれば、「ごめんなさい」の代わりになる。
久しぶりに会った時:「どうもどうも」と握手をすれば、「いやぁ、久しぶり」の代わりになる。
困惑した時:「どうもどうも」と首をかしげると、「困ったな」の代わりになる。
相手から感謝された時:「どうもどうも」と頭をかけば、照れ隠しの「どういたしまして」の雰囲気。
何かを頼んで完了した時:「どうもどうも」と握手をすれば「ありがとう、ご苦労様」の意思が伝わる。

とにかく、相手と何らかのコミュニケーションをとろうとするとき、意思表示の表情や態度と組み合わせて「どうもどうも」と言えば、70%は何とかなる。
「う~ん、なるほど」と思いませんか?
スポンサーサイト

1元食器は本当に清潔ですか?

2007年9月に「消毒食器の有料化」と言う記事を紹介した。
これは一過性の流行ではなく、どんどん普及が進んでいるようだ。
大連晩報ネットでこんな記事を見つけたので紹介する。
http://www.dlwb.com.cn/dlwb/news/jsp/shownews.jsp?id=130459

要旨はこうだ。
  ・1元食器のことを集中消毒食器と呼ぶ。
  ・健康嗜好に合って、市民の受けも良い。
  ・洗う水量が減り、健康にも、環境にもよく、衛生管理もしやすいので、全国規模で普及が進んでいる。
  ・積極的に食器集中消毒センターを設立する動きもある。
  ・その一方で、運用基準が定められていないため、いい加減な洗浄で済ませる悪質な業者もみられる。
  ・早く、きちんとした管理基準を定めなければならない。

以下、翻訳。
=====
大連晩報 2008-06-18 文/本誌記者 唐楓
1213725310019_bh0806249.jpg

およそ1年前から大連市では、大型中型のレストランで消毒食器が使われ始めた。消毒食器は1セット毎に消費者から1元のお金を徴収する。市政府の関連部門ではレストランは客から1元を徴収すべきではないと呼びかけてきた。しかし記者は最近では大中規模レストランばかりでなく小型の飲食店でもこの集中消毒食器が普及しはじめ、例によって1元の料金を取っていることを発見した。1元徴収については禁止されてはおらず普及の勢いが増している。その理由は、客自身が「1元で健康を買う価値がある」と思っている多くの消費者がこのような心理を抱き、消毒食器に心を開いているからである。

しかし集中消毒食器は本当に清潔なのか? 1元で本当に健康が買えるのか? 
数日前、記者は「集中消毒」会社の一人の作業員から次のようなことを聞いた。
彼が所属する集中消毒会社は、手作業の現場で自分も含めて僅か3人の作業員が、いわゆる「集中消毒」の作業をしており、その実態は、手作業で食器を洗いその後擦って、、、、、。と。

記者は、この関連の基準書を探したが、この分野は新しい業種なので、今のところ集中消毒食器に関する基準書はない。この一連の調査の後、記者は思わず一握りの冷や汗を禁じ得なかった、1元で健康を買うことには本当に注意が必要だ。

消毒食器は、大連では至る所で盛んに使われている。現在、あまり大きくないレストランに入れば、どこでも集中消毒食器を享受することができる。一般には、飯椀、皿、茶碗、コップ、スプーンの5点と箸を加えた6点の包装されたセットが1元である。記者は、昨日、開放広場付近の新装開店から間もないレストンランで見ていると、すべてのテーブルの上にこの種の食器がプラスチックの薄膜で包まれて並べられており、お客が席に着くとすぐに、係員が、「食器を開けますか?」と聞き、記者が観察していた2時間余りで、すべての客がこの種の集中消毒食器を選択していた。
この数日来、記者は、青泥洼橋、西安路など繁華街のレストランを訪問したところ、基本的にはどこでもこの集中消毒食器を使っていた。青泥洼橋のあるレストラン経営者が記者に語った、自分では今年の初めからこの食器を使い始めたが、今や多くのレストランがこの集中消毒食器の契約をしていると。
大量に使うのは、便利で環境に良いからだ。
今年の二つの会議で、市の政協委員で大連開発区の聚仙楼の支配人韓吉光が一つの提案書を書いた、すなわち「速やかに集中消毒食器を広める提案」である。
韓吉光は考えた、大連は観光都市であり、流動人口が多く、その規模も大きい。飲食店のレベルの差はまちまちで衛生条件もばらばらだ。高中レベルのレストランは基本的に消毒設備を有しており、衛生レベルを保つことができる。しかし、多くの中小の飲食店には食器消毒設備はなく、衛生防疫条件は要求レベルを維持することができない。そのため、飲食店の食器は、集中消毒食器に統一して、衛生面の合格率を高くしようとする提案だ。韓吉光の提案は、集中消毒と集中輸送をする食器消毒センターの設立だ。集中消毒による環境保護の効果も明らかになったので、この方式により無駄に使われる食器盆、使い捨ての箸を淘汰し、資源を節約し、また一歩一歩、防疫目的に到達する。
更に飲食店の廃水処理量が大幅に減少し、周囲の環境を改善すると共に、汚水のたれ流しが減少する。

その他に衛生管理監督部門の監視管理にも利益がある。各レストランが各自に行っていた消毒から集中統一消毒方式に変更することによって、衛生管理部門はこの消毒会社を管理するだけで、食中毒などの発生を未然に防ぐことができる。

食器の集中消毒は、レストラン、お客、社会の三者にとって有益である。
だが、消毒企業は、玉石混交なのが実態だ。

集中消毒は現在全国で始まっている。韓吉光委員の情報によれば、現在国内では杭州、温州など30の都市で食器の集中消毒が行われていて、毎日400万セット以上の食器が社会に提供されている。広西では、大規模の食器消毒会社が1社で数万セットの食器を消毒し、広西では、飲食店が第三者の消毒会社が提供する食器の使用を推奨する政策を打ち出し、使い捨ての箸をなくし、2006年8月には、深センに最大の消毒センターを設立した。

関係者の話によれば、大連の消毒会社は昨年末から順次増え続け、現在20社余り、だけど、いくつかの消毒会社は家庭内手作業方式である。大連市のある消毒会社の責任者である任さんが記者に語ったところによると、彼の会社は昨年の6月に成立し、当時は大連には、食器消毒会社は、わずか2,3社しかなかった。目下、この会社は大連で40以上のレストランに集中消毒食器を配送している。毎日午後3時に消毒食器を配達し、同時に前日使用した食器を回収する、これらの消毒食器は1セットの消毒コストは0.8元だが、レストランでは、客から1元を徴収している。

ある企業内関係者が記者に語った。
集中消毒と言うけれど、消費者には見えない部分がある。
彼らが言うには、自分が以前勤めていた消毒会社は、小さな家内工業で、自分自身を加えても3人しかおらず、椀や箸を手洗いして、洗った後プラスチックフィルムで包装しているだけで、「実はとても汚い!」いくつかの小企業では工業用乾燥機を使用しているが、いくつかの会社では家庭用消毒機を使っており、条件は劣っている。甚だしきにいたっては全く消毒されていない。 また、あるところでは、大きな洗い桶の中で洗いその後、布で拭き取るだけでコストを0.6元に下げることによって、悪質な競争をしている。

基準が定められていない。

記者は理解した。目下わが国には、これらの集中消毒の企業運営の基準が定められておらず、多くの汚れが残され、菌も残留している?かも知れない。
 ・普通の白磁器食器の強度は低いんじゃないか?
 ・壊れ易いんじゃないか? 
 ・高温に耐えられるのか? 
 ・300℃を超える高温殺菌の遠赤外消毒乾燥機を通したのか?
調査中、多くの市民が集中消毒食器に対してこのような疑問を持っている。1元を徴収すべきかすべきでないか、多くの人たちの関心は、変化している。
1元で健康を買うことができますか?
=====

泣き叫ぶこと

秋葉原で冷酷な通り魔事件が発生して、7人が死亡し11人が重軽傷を負わされた。殺された人の遺族、特に人生これからという大学生の息子や娘を刺し殺された親の悲しみや苦しみ、悔しさは想像を絶するものがあるのは、なに人も異論はないだろう。
この親たちが、テレビ取材のインタビューに答えて
「何の罪もない息子を殺されて、憤りが収まりません。二度とこのようなことが起きないように、願って止みません」とか
「娘を返してください、犯人を極刑にして欲しい」などと、
発言内容は過激だが、時々言葉に詰まりながらも冷静に対応している姿が報道されていた。

また、不幸にも、一昨日には岩手・宮城内陸地震が発生し、現時点で9人が死亡し11人が行方不明、また多くの被災者が避難所暮らしを強いられているが、彼らへのインタビューでも
「預金通帳も免許証も全て失いました、これからどうするか考えます」
と、気持ちの不安とは別に、極めて冷静な対応をされていた方がいた。
日本では、犯罪被害者の遺族でも、災害の被害者本人でも大概このような冷静な言葉の対応をする。(そういう人を選んでいるのかもしれないが)
つまり、全国に放送されるテレビ画面では、冷静な応答をするのが立派な態度だと考えられているからだろう。

これに対して、中国の被害者の対応はまったく異なるような気がする。もちろん個人個人によって差はあるのだが、一般に感情に任せて泣きじゃくるパターンが目立つ。マイクを向けられても、言葉を話すことなく、ただ泣きわめくだけ
「ウァ~ン、ウワァ~ン、息子が帰ってこなぁ~い、息子ぉ、息子ぉ!!」
「おっかぁ~、おっかぁ~、どこにいるんだよぉ、おっかぁ~」
というようなパターンだ。
事件や事故の直後なら理解もできようが、数日経って葬式の日のインタビューでも同様に泣き叫ぶのが普通だ。

日本では、公衆の面前で感情に流されて泣きわめくのは、自己抑制ができない未熟な人間だと思われるが、どうやら中国にはそういう考えはないようだ。むしろ逆に、家族を失った悲しみを表現することで追悼の意を示しているのかもしれないし、母親を亡くしたのに冷静にインタビューに応じるなんて、母親への想いが薄い冷徹な奴だと思われるのかもしれない。

オレは直面したことはないので真偽のほどは明らかではないが、中国には「泣き女」という仕事があって、葬式に雇われて葬式の間中声を上げて泣いていると言う。本当にあるとすれば、これも故人を慈しむ気持ちの表現なのだろう。

「水滸伝」という有名な物語を映像化した中国のテレビドラマがあるが、その中で、2丁マサカリを振り回す暴れん坊の「鉄牛」が、病気で母を喪ったときに大声を張り上げて泣いていたシーンにオレは違和感を感じたものだ。次々に友人たちが慰めるのだが、「鉄牛」は言葉を返すこともなくただ泣き叫んでいるだけだ。ドラマの中では、そういう演技で母親への想いを表現したのだろうし、そういう表現を受け止めるのが中国人の感性なのだろうか。
ま、「鉄牛」は、物語の中でも教育を受けていない荒くれ者という設定なのでそれなりの表現なのだろうが、同じ「水滸伝」の中でも武芸師範の「林沖」は、たとえ騙されても泣き喚いたりはしない。心の中に悔しさを溜めながらも、あからさまに表情に出すことなく、じっと耐えながら次のチャンスを待つ。これが精神修行の表れだろうし、教育による自己抑制力の一つの表現だと思う。

テレビのニュース報道では、韓国でも泣き叫ぶパターンを見かけるが、欧米のニュースでは、日本と同じように淡々と怒りや悲しみを訴えているシーンが多いようだ。

こんなことで、どちらが良いとか悪いとかの話にはならないが、個人的に好き嫌いが生じるのは仕方がないことだ。
オレ的には、自己の感情を理性で抑えて、冷静な態度で言うべきことは言い、言葉で感情を表現する方が人間性あふれると思うし、教育程度が高いと感じる。

レジ袋有料化

自然界で長期間、腐敗も分解もしないプラスチックによる環境汚染を中国では「白色汚染」と呼んでおり、国家として対策検討を進めている。
環境汚染とエコ対策として、中国では、6月1日から、全ての商店やスーパーでレジ袋を無料で配布することが禁止され、有料化となった。レジ袋提供の際は、商品代金に埋没させることなく、1枚1元とか、0.5元とか明確に袋料金として請求しなければならない。
また、厚さが25ミクロン(0.025ミリ)未満のペラペラのポリ袋は製造禁止となった。厚みがあり、しっかりした袋なら、再利用もできるが、薄っぺらいヘナヘナのポリ袋はすぐに破れるので直ちにごみになると言うわけだ。
中国で1日に消費されるポリ袋は30億枚との報道もあった。(全人口13億人が1日2枚以上使っていることになるが、ちょっと多すぎないか?)

さすがは中国、共産党中央政府の威光で、やるときにはスパッとやる。国民にも概ね歓迎されているようだ。
オレは、大連にいたときから、折りたたみの小さな布袋を携帯しており、コンビニで買い物をしても「袋は要らない」と言って、怪訝そうな顔をされていた口なので、この決定には大賛成だ。

これに対して日本では、一部の地方自治体が業界団体と協議して有料化を定めているところもあるが国としての規定はまだない。 この辺の状況は、2008年4月の環境省発表の調査報告に詳しく書かれている。レジ袋を有料化した自治体の調査によると、有料化前のマイバッグ持参率は20~30%程度だったのが、有料化後は軒並み80%を越える改善が認められている。
ただ、レジ袋の有料化を法的に義務付けると、憲法上認められている「営業の自由」の侵害にあたる恐れがあり、業界団体との調整中だ。 中国と違って、日本では民主主義のルール則ってめんどくさい手続きが必要だが、いずれ同様の規定がなされることを願う。

中国の国の規程はともかく、大連での様子はどうかと、ネットを眺めていたらこんな記事があったので概要を紹介しよう。 市政府を挙げてレジ袋削減キャンペーンをやっているようなので、レジ袋は削減されることだろう。それにしても、相変わらずスローガンが好きな人たちだなぁ。
【出典】http://news.sina.com.cn/c/2008-05-29/232215645447.shtml

===
半島晨報 6月1日 「プラスチック制限令」が正式に施行される。すべてのスーパーマーケット、商店、自由市場などの商品の小売りの場所ではポリ袋を有償支給を実施する。昨日の午前中、全国で同時に行われた家庭と地域コミュニティによる「プラスチック拒否行動」の10都市の1つとして、大連市の婦人連合会、大連新聞社は大連熟食品交易中心で、大連市家庭、地域コミュニテと共同主催して「ポリ袋を拒絶して布袋を使う」のスローガン活動を提示して、砂河口区の家庭、熟食品交易中心のテナント、大連海事大学の志願者など千人近い人が活動に参加した。

去年9月、市の婦人連合会、大連新聞社、大連熟食品交易中心は共同で「百万家庭節約と環境保護活動」をスタートさせて、全市の女性と家庭にポリ袋に別れを告げるように呼びかけて、多くの市民と家庭に無料で、1万枚の布袋を配布したことにより、全市で布袋のブームが起こった。

今年、市の婦人連合会は、再び「自分の布袋を自分で使う」キャンペーンを展開して、広場、幼稚園、大学キャンパスに入って、環境保護の理念を提唱して、積極的に応答する人たちに広範な関心を広げた。市長である夏徳仁はこの活動を強く支持して、そして重要なコメントを語った
「省エネとエコロジーは、市政府から一般家庭に至るまで市全体の共通任務です。市の婦人連合会の活動は大変すばらしいことです。 多くの女性と家庭が積極的に省エネ活動に参加することは、市全般の環境保護意識を強めることに利益があり、省エネの観念を発揚していきます。そして、身の回りの小さな事から始めて、一歩一歩ずつ、共に節約型と環境保護型都市を建設していきます」

熟食品交易中心の社長の劉旭波はかつて一つの収支計算をして、そこで得た数字に驚愕した:
熟食品交易中心で毎年使うポリ袋の数は2190万枚に達して、仮に1枚5グラムと計算するならば、百数十トンに達して、もし飛行機からこれらのポリ袋を撒いたら、大連市全体を覆いつくすと。

昨日の活動の中で、大連市の「緑色の家庭」の代表の趙淑はもっぱら《環境保護の精神により、袋から袋へと伝える》の提案をし、全市の家庭に「ポリ袋を拒絶し布袋を使う」を呼びかけ、大きな「緑」の字を協力して書いて、共に緑色の文明、調和がとれていて美しい幸せな郷里を創造ようと。大連熟食品交易中心の社長の劉旭波はまた、《企業は率先してポリ袋を拒絶しよう》と提唱し、市全体の大きいデパート、スーパーマーケット、自由市場、取引センターに対して、意識的に環境保護と生態を守ることの責任と義務を感じ、更にいっそう環境保護意識を強めて、自ら管理を強化して、「白色汚染」との戦いを管理する中で、率先して主役を演じようと呼びかけた。

活動に参加した家庭の代表、熟食品交易中心のたくさんのテナント、大連海事大学の大学生の志願者が次から次へと「ポリ袋を拒絶して布袋を使う」のポスターの上に署名をして、環境保護の精神により、袋から袋へと伝えることを、先ず自分自身から始め、家庭から始めることの必要性を示した。大連熟食品交易中心の現場では今回の活動のために統一デザインで作った1万枚の環境保護ショッピング袋を支給した。
===

SONYバッテンビル

四川大地震に関して、日本の建物やビルについて、見るともなしに関心が深まっている。
写真は、品川にあるSONYビルだが、非常に特徴的なデザインだ。
080604sony.jpg

3フロアに跨る大きな斜めの支え(はすかいと言って良いのかな?)が目立つので、オレは勝手にバッテンビルと呼んでいるのだが。

全面ガラス張りのカーテンウォールのビルは、なんとなくひ弱に感じるのだが、これだけしっかりした斜めの支えがあれば、相当な耐震性が期待できると思うのは素人の勘違いなのか。
別に、どうということもないのだが、しっかりしているなと思ったので。

ところで、この写真は携帯カメラで撮ったものだが、なかなか侮れないな。

火事場泥棒

火事場泥棒と言う言葉がある。

火事場泥棒とは、火事のどさくさにまぎれて人様の財産をかすめ取ろうという不逞の輩のことだが、四川大地震では、火事場泥棒ならぬ、地震泥棒とでも言うべきか、この手の不埒者が暗躍しているようだ。
手口は、
 ・文字通り現場をウロウロして金目のものを拾い集める原始的なヤツから、
 ・物品や食品の高値転売・売り抜け(需要と供給のバランスによる資本主義の原理と言えばそれまでだが、一応ここは共産主義のはずだが)、
 ・地元役人による配給物品の横流し、横領、
 ・果てはオレオレ詐欺までと幅広い。

オレオレ詐欺は、振込め詐欺メールの記事に書いたのと同じ手口で
「お父ちゃん、お母ちゃん、大地震の後の大きな余震で慌てて、財布も携帯も無くなっちゃったの。私のトモダチの陳雪さんの口座(622345xxxxx)に2000元送ってね。急いで!!」
と言うような文面で、自分の名は名乗らないメールだ。これが結構商売になっているようで、被害事件がニュースとして取り上げられている。

この記事を書こうとしたときに、「民度」と言う単語を思いついた。
ちょっと調べてみたら、「民度」は、「民度が低い」と言う使い方が一般的で「民度が高い」とは使わないと言うのだ。言われてみればその通りで、「××国は民度が高い」のような使い方はあまりせず、「△△国は民度が低い」のように使うことが多い。
もっと言えば、「民度」とは、自分を棚に上げた連中が、他国を非難するときに使う差別用語だと言い切っているサイトがあった。

さて、「民度」議論はちょっと置いといて、阪神大震災のときにこのような犯罪行為があったのだろうか?
記憶がないのだが、オレが知らないだけなのだろうか?

中国の友人からメールが来た。
さる5月19日から21日までの3日間、中国は四川大地震の犠牲者を追悼するために喪に服する期間と定め、聖火リレーを中断し、娯楽関連の商売はすべて休業、募金活動も盛んに行われた。中国国民はこんな風にに一致団結することができるすばらしい国民性だ、
と自画自賛していた。確かにこの3日間はヤフーチャイナや百度の検索サイトでは、通常のカラー画面を白黒にして、弔意を表していた。
政府の方針には逆らえない国民性だと思うのだが、これを一致団結と言うのだろうか?
また、公にはこのように被災地復興に向けて動きを越している中国だが、個人個人となるとどうも信用できない。

募金活動は、災害のときに最初に起こる救済活動だ。だけど、我々が支援した物品が本当に被災者に渡るのか?
どうしても信じられない。現実に支援物資を横流ししようとした役人が多数罷免されたとのニュースが日本でも伝えられている。当局による見せしめの一環かもしれないが、そういう犯罪連中をトラックの荷台に乗せてさらし者にしていた。こんな状態で、募金活動などする気にならない。

実は、オレは中国滞在中に、ある小学校に毎月寄付金を送り続け、帰国の際にはその小学校にピアノを寄贈したのだが、全部、直接自分が見えるようにやった。わけの分からない慈善団体に寄付をしても途中で横領され、一部しか子供たちの手に渡らないことを懸念したからだ。その小学校の校長と面談して、毎月援助した子供の顔写真と経歴書を送ることを条件に寄付を続けた。帰国直前には最後の記念としてのピアノは自分で現物を届けた。

四川大地震復興に対して、日本の大手企業の中でも中国に関連している会社は、次々に支援金額を発表しており、オレが所属している日本本社も赤十字社を通して数百万円の募金を表明しているのだが、ちゃんと被災者に届くのか心配だ。

募金ひとつをとって、こんな心配をしなければならない自分が悲しい。
だけど、中国に馴染んで5年以上いたら、誰でも心配することだと思う。



通勤時間が長くて毎日の自由時間が短くなったことは、以前にも書いたことだが、出張があったり、付き合いの飲み会が増えたり、関心事項が広がったりと、中国単身赴任時代とは生活パターンが変わってしまい、ブログを書く時間が減ったことにより、更新頻度が下がってしまった。言い訳!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。