大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オリンピックメダル数の国別相対価値

北京オリンピックが閉幕した。
テロや環境、マナーなどいろいろな問題が懸念されていたが、大会を中止するようなことにはならず、無事に閉会式を迎えたことで安堵した。

オリンピックの事後談はこれから山のように出てくるだろうが、今日は、メダル数について論じてみたい。
獲得メダル数のランクとしては、金メダル数の順に並べるのが国際慣例であるのに対して、アメリカでは金銀銅を合わせた総メダル数の順に並べる方式を取っている。この順にするとアメリカが1位になるので、中国としては面白くない。アメリカは潔く負けを認めて金メダル順に改めるべきだと、言いがかりをつけているのも、中国らしい。
さて、hexueさんのコメントで、人口とメダル数との比較を書かれていたので、こういう相対評価についてまとめてみたい。

どういうことかというと、中国は51個の金メダルと取ったと威張っているが、人口が13億人もいるのだから、人数に比べたらまだまだ少ないと言う理屈だ。
確かに、中国とアメリカを比べると逆転するのだが、世界のレベルはどうなのだろうか? そして日本の位置はどの辺なのだろうか?
金メダルを4個以上獲得した18カ国について、いろいろな順に並べてみた。
なお、国別人口は、国際連合経済社会局人口部による『世界の人口推計2006年版』のデータから抜粋した。(日本語訳はウィキペディア「国の人口順リスト」)
また、GDPはウィキペディア「国の国内総生産順リスト」の2007年IMFデータを利用した。

【 1 】 人口比金メダル数(何人で1個の金メダルを獲得したか)
人口が多い国は、それに比例して運動能力が優れている人が出るのは当然(人種や生活の特性を無視した暴論ではあるが)で、人口を金メダル数で割ってみれば、何人で一個の金メダルを取ったかが分かる。
現在、世界の人口は67億人と言われており、北京オリンピックの金メダルは302個だったので、全世界平均を取れば、2200万人に1個の金メダルが発行された。実際のメダルの数は、たとえばソフトボールは15選手に与えられるので15個なのだが、ここでは種目数を1個と数える。
中国は2600万人で1個の金メダルを獲得したことになり世界平均よりも効率が悪い、一方、アメリカは850万人で1個ということになり、アメリカの方が少人数で金メダルを獲得したことになる。日本はと言うと、1400万人で1個と効率が悪く威張れる数字ではない。最も効率が良いのは、人口僅か270万人で6個の金メダルを獲得したジャマイカで、人口45万人で1個の金メダルを取ったことになる。もっともウサイン・ボルトという一人のスーパースターが100m、200m、400mリレーと3個の金メダルを稼いでいるので、統計処理には向かない。
リストアップした18カ国の中で、世界人口比よりも金メダル獲得数が少ないのは中国だけだった。
つまり、特定のスポーツエリート育成に集中して、農村・山村部に関係ない人が世界平均よりもたくさんいると言うことだ。
GoldMan.jpg


【 2 】GDP比金メダル数(金メダル1個当たりのGDPはいくらか)
いやいや人口だけじゃないよ、スポーツ教育には金がかかるものだ。国が豊かでなければスポーツ育成も十分にはできないだろう。と言うわけで、国内総生産を金メダル数で割ってみた。 
なんと驚いたことに、日本が4900億ドルでトップだった、次いでアメリカが3800億ドル。中国は640億ドルで金メダル1個獲得でロシアとオーストラリアに挟まれている。
ここでも、ダントツなのがジャマイカだ。僅かに18億ドルの稼ぎで金メダルを1個獲得している。これもボルト効果と言って良いだろう。
GoldGDP.jpg


【 3 】単人GDP比金メダル数(金メダル1個当たりの一人当たりGDP比)
国内総生産が大きくてもそれ以上に人口が多ければ豊かとはいえない、本当の豊かさは一人当たりGDPで論ずるべきだと言う考え方があるので、国民一人当たりのGDPを金メダル数で割ってみた。
一人当たりのGDPと言えば、ここ数年間、先進国の中では一人負け状態の日本だが、どうだろうか?
乱暴な表現だが、イメージとしては、国民一人一人がいくら稼いだら金メダルが手に入るかかと言うことになる。
このまとめでは、オランダとスペインの効率が悪い、国民ひとり一人が2~3000ドルを稼がなければ一個の金メダルが手に入らない。
中国の一人当たりGDPは2400ドルで国際レベルとしては決して高くはないが、ケニヤ、エチオピアと比べるとずいぶん高い。一人当たりGDPが1000ドルを超えるとマイカーを持つ人が現れ始め、3000ドルを超えると爆発的に増えるそうだが、中国はその途上にある。
一人当たり24ドルの稼ぎで金メダルを1個獲得しているのは、これら18カ国の中では、一番効率が良い。効率が良いと表現したが、表現を変えれば、実力以上に無理をして国民一人一人に負担を強いているのかもしれない。
日本では、1個の金メダルに対して国民ひとりが1400ドル出せる(稼いでいる)のに対して中国では24ドルしか出せないのだ。
日本の位置と中国の位置が大きく離れていることを眺めていると、日本が経済的に先進国であるのに対して、中国はまだまだ発展途上国であることの現実が浮かび上がっている気がする。
AllUGDP.jpg



以下、金銀銅メダルをまとめた総メダル数で、同様の集計をした表を掲げておくので、見てくれ。
金メダルだけの集計と比べて大きな変化はないものの、微妙に違う。
中国は他の国と比べて、金メダルへ集中しているのが特徴かな。
【 4 】 人口比総メダル数(何人で1個のメダルを獲得したか)
AllMan.jpg


【 5 】GDP比総メダル数(メダル1個当たりのGDPはいくらか)
AllGDP.jpg


【 6 】単人GDP比総メダル数(メダル1個当たりの一人当たりGDP比)
AllUGDP.jpg


大会終了後に慌てて集計したので、計算ミスがあるかもしれない。もしミスがあれば訂正します。
スポンサーサイト

欺瞞のオリンピック

北京オリンピックに関するやらせ(?)が話題になっている。

(1)巨人の足跡(花火)中継は、CGだった。
 開会式当日、天安門から鳥の巣に向かう巨人の足跡をイメージさせた打ち上げ花火が実はコンピュータグラフィックスだったことが明らかになった。 実際に花火は打ち上げられたらしいのだが、花火を見下ろす角度の映像を撮るためには、ヘリを飛ばさなければならないが、保安上の理由で上空飛行の許可が得られず、やむを得ずCGを採用したという。ヘリ中継の臨場感を示すために時々細かい振動を加えたと言うから芸が細かい。

(2)雨雲を寄せ付けないように、消雨ロケットを1000発以上発射した。
 報道によると、8日午後4時から午後11時39分までに市内21カ所から合わせて1104発のロケット弾を発射し、雨雲が鳥の巣に向かうのを阻止したという。産経ニュース
 もし、開会式に雨が降ったら、巨人の足跡花火中継にも雨を降らせなければならず、CGの内容と矛盾が生じてしまう、だから絶対雨を降らせたくなかったのか?
 もし雨が降ったら開会式の演目をいくつかカットする予定だったようで、主催者側としては、なんとしても雨は避けたかったようだ。
 天候を左右することが欺瞞とも言えないと思うのだが、世界の評価は厳しい。

(3)美少女の歌唱は口パクだった。
 赤い服を着た国民的美少女(林妙可、9歳)が革命歌を歌い、可愛い子だねと世界中が見惚れていたのだが、実は林妙可はあまり歌はうまくなくて、実際の歌声は別の少女(楊沛宜、7歳)だった。一方、楊沛宜は歌は抜群にうまいのだが、歯並びが悪くて容姿に問題があると判断された。 中国当局は、可愛い顔とすばらしい歌唱力を同時に提供しただけで問題ないと。 また、楊沛宜のコメントとして
「世界中の人に歌を聞いてもらっただけで幸せ、満足している」

と発表したが、本当の言葉なのだかどうだかネ。
いつリンクが消されるか分からないが、写真を見たい人のために二つのサイトを紹介しておこう。
心的帰宿  roomx的博客
ま、イタリアのオペラ歌手、パバロッティ氏(昨年死去)が2006年トリノ冬季五輪開会式で歌ったのも口パクだった、とあとでわかった前例もあるとのことだが、ちょっと意味合いが違うよね。

(4)ボランティア応援団が出没
 中国選手が出場しておらず、人気が少ない競技場では当然観客も少なく、観客席ががらんとして寂しい感じを与えてしまう。それを嫌った運営側が、ボランティア応援団を募って空いた客席を埋めるのだそうだ。黄色いTシャツを着た応援団は、規則に則った礼儀正しい応援をして、競技が終わるとさっさと帰ってしまう。見ていて不自然だとの指摘がある。

(5)数秒送れた生中継
CCTVの国内向け“生中継”映像が、NHK衛星放送の映像より数秒遅れていたそうだ。CCTVが意図的に放送を遅らせていたのかもしれない。 中国では、当局にとって不都合な事態が放送中に生じた場合、別の場面に切り替えるため、生中継でも「時差」を設けて放送するのが常識とされる。
 別にオリンピックの欺瞞ではないのだが、やっぱりネ。

(5)中国の体操女子には、年齢詐称の子どもが混じっている?
 体操女子は、開催年の年末までに16歳に達しない選手は出場できない、つまり少なくとも15歳以上のはずなのだが、中国体操女子の中には、乳歯が残っているなど14歳と見られる選手が3名いたと、アメリカの報道。その3名が段違い平行棒で高得点を挙げた。
優勝記者会見では
「何可欣さん、15歳の誕生日に何をプレゼントにもらい、どこでどう祝ったかを教えてください」
と取り調べのような質問が向けられたが、
「国家チームに入ってから、実家で誕生日を過ごしたことはない。チームのみんなに祝ってもらった」と。
どこまでホントなんだか?

(6)世界新記録続出の競泳の裏にはすごい秘密が!
北島康介、マイケル・フェルプスをはじめ、北京オリンピック競泳では、世界記録や日本記録が続出している。好記録の要因として、スピード社の水着の効果、プールの深さ(3m)が適切、室内プールなので外気の影響を受けないなどが挙げられているが、本当にそれだけか?
(6-1)プールの長さが短かかった。
プールの長さは国際基準で50メートルと決められているが、北京の水立方のプールは1メートルほど短いことが未公開の秘密だった。 国際水連がプール長さの規格を検査するので、計測の時にはきちんと50メートルだった。ところが、開催日当日未明にパスワードと共に隠されたボタンを押すと、ターン側の壁がせり出して1メートル短くなっていたのだ。党中央委員の発案で、世界記録が続出した方が北京オリンピックの歴史的価値が高まるとの意見で内密に工事されたので、この工事を担当した者は現在全員留置場におり、塀の外でこの事実を知っている者はいない。
(6-2)時計の進みが遅かった。
北京オリンピックの計測はオメガが担当している。世界のオメガの計測が狂っていたと言うのだ。オメガがそんなインチキや間違いをするはずがないと思うだろう。ところが、中国は偽ブランドの国。オリンピックの計測装置が全て偽オメガに置き換えられていたのだった。偽オメガのストップウォッチは、1分進むのに63秒かかっていたのだ。
この程度のことが予測できないようでは、北京のオリンピックを真に楽しむことはできない。

注記:上記(6-1)と(6-2)の内容は、真っ赤な嘘です、ごめんなさい。

オリンピックにおける男女平等

ついに北京オリンピックが開幕となった。
08年8月8日8時。
ここまで8を並べたら、中国のことだから、もう一声、8分8秒開始となると予想していたのだが、裏切られてしまった。

男と女は、骨格の太さ、筋肉の質、身体の構造が、生まれ着いての役割のために違いがあることは当然で、女の方が力が弱い。 だからこそ、スポーツでは、種目を男子と女子に分けて別々に競技している。 しかし実社会では、男女の区別をしないことも多い。 たとえば、政治家になるためのステップである選挙では男女の差を考慮しないし、大学受験でも男女の差を区別しない。
こんな観点で、オリンピック種目を眺めてみた。
つまり、男子と女子が区別なく競技して、あるときの表彰台で、金メダルの台には女性が、銀メダルの台には男性が上がる、そんな競技がないだろうか? と、探してみた。
男女が同時にプレイする競技として、バドミントンのミックスダブルスがあるが、これは、男と女が1名ずつと決められているので、ここの主旨とは違う。

自分の頭の中で考えてみた。
水泳や陸上競技は、筋力の差があるから所詮無理だろう。ましてや格闘技は話にもならない。
体力よりも、集中力や精神力を問われる競技なら、男女共通種目があるかもしれない、それなら射撃はどうだ! アーチェリーはどうだ! 
調べてみたが、射撃もアーチェリーも全種目男女別の競技だった。

それじゃ、今年、66歳と言う最高齢でのオリンピック出場が話題になった法華津寛さんが参加する馬術ってひょっとしたら男女区別がないのではないか? 何しろ主に運動するのは馬であって、操る人間は力を必要としないから。
馬術に詳しい人には、何をいまさらと言われてしまうが、馬術は、馬場馬術と障害飛越など団体を含めて6種目がすべて男女共通である。1932年のロサンゼルス大会で西竹一選手が障害飛越個人で金メダルを獲得している。 最近の馬場馬術ではオランダの馬術の女王と言われるアンキー・ヴァン・グルンスヴェンという女性が、96年=銀、2000年=金、2004年=金で、北京で金三連覇を狙っている。彼女は、団体戦で92年、96年、00年と連続して銀メダルを獲得しているので、すでに2個の金、4個の銀メダルを所有している。北京ではどうだろうか?谷亮子と同じくママさんメダリストだ。 男女共通の種目で女子が活躍しているベストモデルだ。

更に探してみると、意外なことにセーリングに男女共通種目があった。 
セーリングでは、大会毎に種目が変わるが、北京では、シングルハンドオープン・レーサー(フィン級)、ダブルオープン(トルネード級)、マルチハンドオープン(49er級)という3種目が男女共通だ。 セーリングでは、女性選手が男性を抜き去ることも珍しいことではないそうだ。
余談だが、セーリング会場は青島だが、大会が迫ってきたら急激に藻が生えて大騒ぎになったニュースをご覧になった方も多いと思うがが、実はこの藻は韓国海苔の原材料となる「青ノリ」であることが分かったので韓国に輸出を検討しているって、ホントかなぁ。参考写真はこちら

体力に関係ないはずの将棋や囲碁の世界では、女流と称して女子を分けているのはなぜだろう。
「話を聞かない男、地図が読めない女」の本では男脳と女脳と言う言葉を使っているが、それが関係しているのだろうか?

===以下雑感===

早速競技が始まり、日本人メダル第1号かと期待を集めていた重量挙げ女子48キロ級の三宅宏美は6位に終わった。北京オリンピック第一号中国人金メダルは、陈燮霞だったので、中国では例によって100万回くらい繰り返し放映したことだろう。それにしても、陳は212キロと圧倒的な強さで、2位のトルコ人199キロに13キロの差をつけての金メダル、ご立派。

ママでも金と3連覇を狙った谷亮子は、微妙な反則判定で金を逃したものの、3位決定戦で銅メダルを確定した。金を失い失意の中の決定戦できちんと一本を決める、この辺の気持ちの切り替えはたいしたものだ。新聞などの論評を見ていると、谷の体力的な衰えが形として現れたもので、ある程度予想できたことでもあったようだ。素人目には、一方的な反則判定に違和感を感じたのだが、柔道では良くあることだと聞かされれば納得するしかない。

柔道では、野村を抑えて出場した平岡は何もできずに初戦敗退。野村を出しておけばと言う声が聞こえるが、国内予選を勝ち抜いての結果なのだから、いまさらどうこう言う方がおかしい。

日本人選手金メダル第一号は、柔道男子66キロ級の内芝正人、積極的に攻めて立派な金メダルだった。初めてのオリンピックで十代の柔道女子の中村の銅メダルも立派、これからに期待したい。

大連にいる皆さんには、放送権の都合で動画をご覧いただけないのが誠に残念である。哈哈哈!

オリンピック競技を中国語で何と言うか

いよいよあと4日で北京オリンピックが始まる。競技成績は当然気になるところだが、それにも増して事故やテロ騒ぎがなく、無事に運営できることを望みたい。

オリンピックのことを中国語では、本来は「奥林匹克国際運動会」と書くのだが、忙しい現在ではこんな長ったらしい言葉は使われず、新聞でもテレビでも、「奥運会」と略されている。また「奥運」だけでオリンピックの意味に使うことも多いし、極端な場合は「奥」の一文字でオリンピックを意味する接頭語として使うこともある。

北京オリンピックには、28の競技があるそうだが、その名前を中国語でどう書くのか、北京オリンピックの公式ページから、ピクトグラムと中国語と英語の表記をコピーして、紹介する。
北京オリンピックのピクトグラムは、篆書体の要素を取り入れたデザインだそうだが、ちょっと分かりにくいかな?

先ず「アーチェリー」だが、「箭」は、矢の意味なので、文字通り矢を射ると言うことだ。
日本語なら、日本の弓と西洋の弓を区別するために、「洋弓」と書いている。
archery.jpg

続いて、陸上競技だが、「田径」と言うとは想像もできなかった。どんな由来があるのだろうか?
athletics.jpg

バドミントンは、普段から使っている「羽毛球」で、問題ないな。
badminton.jpg

次は野球だが、中国語では「棒球」となる。
baseball.jpg

バスケットバールは、かご球で、字は違うが意味は日本と同じだ。よく考えたら英語でも同じだった。
basketball.jpg

ボクシングは、「拳撃」だが、日本語の「拳闘」とどちらが名訳かな?
boxing.jpg

カヌーは、フラットウォーターとスラロームのに2種目がある。スラロームは、激流回旋とすごい表現になっている。
canoe.jpg

自転車は、おなじみの「自行車」となるのだが、トラックレース、ロードレース、マウンテンバイクにMTXの4種目がある。
cycling.jpg

馬術は、簡体字になっているが日本語と同じ。
equestrian.jpg

フェンシングは、「撃剣」、該当する日本の漢字表現はなんていうのかな?
fencing.jpg

サッカーは「足球」で、大連の人なら誰でも知っていると思う。
football.jpg

体操競技は、日本語と全く同じ体操だが、日本語では素っ気なく「新体操」と呼んでいるところを、中国語では「芸術体操」としている、英語では、リズミカルな体操ということだ。
gym.jpg

ハンドボールは、そのまんま「手球」だが、日本ではむかし「送球」と呼んでいたことがあるそうだ。
handball.jpg

ホッケーは、「曲がった棍棒の球」だって、文字通りだね。
hockey.jpg

柔道は、そのまま柔道。
judo.jpg

「近代五種」は、「現代五項」となる。そもそも種目のことを中国語では項目と言うのだから、このような漢字使いになるのは当然だ。ピクトグラムは馬術と紛らわしいが、左側に5つの点々があることで見分ける。
modernpentathlon.jpg

ボート競技は、競艇と同じ意味。
rowing.jpg

セイリングは、ヨット競技と言う方が分かりやすい。
saling.jpg

射撃は、簡体字に直しただけ。
shooting.jpg

ソフトボールを「塁球」っていうんだ。英語のベースボールを直訳したら「塁球」だよな。
softball.jpg

水泳競技は、競泳、飛込み、シンクロナイズドスイミング、水球の4種目。
シンクロナイズドスイミングを、「花のような泳ぎ」と言うのが面白い。
swim.jpg

卓球は、中国語でピンパン球。
tabletennis.jpg

テコンドーは、発音に合わせた漢字を当てている。
taekwondo.jpg

テニスは、ご存知「網球」だが、このピクトグラムを見て、テニスファンとしてはちょっと意外だった。
というのは、バックハンドの両手打ちをイメージしていると思うのだが、両手打ちなんて、クリスエバートが1970年代に使い始めてから、まだ30年足らずの新しい技術なのだが、世間では、テニスを代表するフォームとみなされているようだ。

tennis.jpg

トライアスロンは、「鉄人三種目」って言うんだ。
triathlon.jpg

バレーボールは、日本と同じく「排球」だが、ビーチバレーは、「砂浜バレー」。
volley.jpg

ウェイトリフティングは、「挙重」という。
weightlifting.jpg

レスリングは、「摔跤」、難しい字だが「摔」は、投げると言う意味。
wrestling.jpg


各競技の中にいろいろな種目(中国語では「項目」)があるが、これらについては、オリンピック競技種目一覧表のサイトを参照してくれ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。