大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【齋王嫁女】

qiwangjianv.jpg

齋王の嫁女

吐という名の男が、牛肉販売を生業としており、経営方法がとても賢く、その為商売も繁盛していた。
ある日、齋の王が吐に人を遣わして、言った。
「齋の王は、豊富な嫁入り道具を準備して、王の娘をあなたに妻として嫁がせるつもりだ。これはとても素晴らしいことだ」
吐は聞いて、身に余る栄光を受けず、続けざまに手を振り振り言った。
「いやいや、とんでもない。私は病気だし、妻を娶るなど出来ません」と。
使いのものは、分けが分からないまま帰っていった。

その後、吐の友人がこの件について聞き及んで、とても変だと思った。
吐はこれほどの馬鹿者だったのか?
そして吐に薦めた。
「お前は、こんなにアホだったのか? お前は、たかが肉屋だろう、毎日生臭い屠殺場での生活だ、どうして豊富な嫁入り仕度付きの齋王の娘との縁談を断ったんだ?全く何を考えているんだか分からないよ」
吐は笑いながら言った。
「齋王の娘は実はすごいブスなんだ」
吐の友人は分けが分からず聞いた。
「お前は斉王の娘に会ったことがあるのか?」
「いや、会ったことはないけれども、肉売りの経験から分かるんだ、斉王の娘がブスだって」
友人は納得できなくて聞いた
「どうして分かるんだ?」
吐は、ちゃんとした考えがあって答えた。
「ボクは牛肉を売っているだろう。ボクの牛肉の品質が良いときには、数量が足りるかどうかだけが問題で、お客さんは、ボクがおまけしたり値引きなんかしなくても満足してくれるし、心配なのは、肉が足りないことさ。
肉の品質が良くないときには、肉をおまけしたり、値引きしても要らないと言われて、牛肉は売れ残るんだ。
この間は、斉王が嫁入り道具に金をかけたのは、牛肉を売るときにおまけの肉を追加するようなもんだ。だから、王の娘はブスだと思ったのさ」

吐の友達は、吐の言うことをしっかり理解し、二度と彼に薦めなかった。
しばらく経ってから、吐の友人が斉王の娘を見たが、とても見られたものじゃなかった。
この友人は、思わず吐の先見の明に敬服した。

このことは、直接の関係はなくても、物事の道理は通じていることを示している。
もし、吐が自分の感覚を信じずに、生活の中の物事を応用する考えを持たなかったら、好まざるブスな嫁を娶っていたかもしれない。
スポンサーサイト

大連市街地近況

サンディさんから頂いた写真と文章を紹介します。

=====
CIMG3542m.jpg
1月31日のフラマホテルの南側(幽霊ビルを改装してNEW WORLD HOTEL)両側に90度角の超大型テレビを放映中。但し客室は未完成。


CIMG3543m.jpg
西側の公園だったところを香港資本が高層マンション建設し、1階にはブランドショップが開店したが上は空き家。


CIMG3470m.jpg
ついでに 10年前まで動物園、3年前まで泥棒市場だったところのマンション群を秋士林女店から取ったもの。

先のバラのインターコンチ ホテルといい今回のNew World Hotelとか、他にも
沢山の幽霊ビルがホテルに変身中です。9月の大連ダボスで何も知らずに来た
客が、5つ星と信じ込んで泊まってくれるのを期待しているのでしょう。
私などは予約しませんが、このような幽霊ビルがホテルやマンションに変身することで、ホテル代や新築マンションの値段が上がらないのが、大連を訪れる人たちに、
お手軽な値段でよいサービスと評判なのが、唯一のとりえでしょうか。
三十里さんの投稿のテスコができれば、安盛、大商、マイカルなど競争が激しくなって、物価が上がらないのが庶民の助けとなります。
大連は供給過剰です。ホテルもマンションもショッピングセンターも。

=====
サンディさん、写真とコメントの提供ありがとうございました。


元宵節と花火

昨日の記事で、元宵節と花火のことをちょっと書いたが、昨日は北京で大災害があった。
中国のNHKともう言うべき、中国中央テレビ(CCTV)が建設途中の、地上30階の大型商業ビルが2時間以上に渡って燃え盛り、全焼してしまったと言うことだ。
CCTV_Beijing.png
お笑いなのは、その原因だ。 消防当局の制止を無視してCCTV自らが打ち上げた大型花火の火の粉が工事中のビルに燃え移って、炎上したというのだ。
虎の威を借る狐よろしく、中国共産党のスポークスマンと成り下がっているCCTVに対して市民は冷ややかだったし、玉屋、鍵屋の騒ぎだったようだ。 
ニュースによれば、このビルは中心部が中空の吹き抜けになっており、あたかも巨大な煙突に化したのではないかと。(まだ解明中?)

花火や爆竹と、火災は切っても切れない縁があり、中国の大都会では、長いこと市街地での花火を禁止して来たが、3年前に市民感情を考慮して、期間限定で許可した。元宵節の昨日が春節絡みでは北京で許された最後の日だった。

大連でも花火と火災の関係は問題だが、北京、上海などの大都市で禁止されていた年月も大連では許されていた。ただし火災を心配して、春節などの期間は、着火しやすい幌付きのトラックは市内通行禁止にして、花火を優先させていた。

さて、読者からの写真募集と書いたところ、おなじみの「大黒さん」から、タイムリーに元宵節の花火の写真が届いたのでメッセージと一緒に紹介しよう。
yunxiao090209.jpg
=====
昨夜の開発区は靄が掛かっていて遠くの花火は見えませんでした。
一昨年の嵐の中での花火とか、昨年に比べればいくらか静かですが
景気に比べるとそこそこ上がっていましたよ。
写真を添付しておきます。
私も今年から生活を書き留めようとブログっぽいものを作ってみました。
お時間がありましたら覗いて見て下さい。
http://daheisandailen.spaces.live.com/

=====
大黒さんのブログもご覧ください。(と言いつつ、オレもまだ見ていないのだが)
大黒さん、写真ありがとうございました。

大連にお住いの方、このようにメッセージと現地の写真をお送りください。
大連を離れてもうすぐ1年になるので、現地からのナマの情報は一番のご馳走です。

=====(2月15日追記)
2月10日報道(産経ニュース)
北京市消防当局は10日、ビルの近くで花火数百発を違法に打ち上げたことが火災発生の原因と発表した。国営新華社通信が伝えた。
 花火は北京五輪で使われた式典用と同系列の大型花火で、当局側の制止を無視してCCTVが打ち上げ続けたという。火事で消火にあたった29歳の消防隊員1人が死亡、隊員6人と工事関係者1人が病院で手当てを受けた。火は6時間にわたり燃え続け、総面積の10万平方メートルほとんどが焼けた。
CCTVは10日午後、ホームページ上で「責任者が無許可で違法に花火を打ち上げた」と違法行為を認めた上で、「国家の財産に多大な損失を与えた。心からおわびする」と謝罪する声明を出した。

2月10日報道(産経ニュース)
 香港の人権団体、中国人権民主化運動ニュースセンターによると、北京市のインターネット管理部門は9日夜、中国の主要ポータルサイトに対し、中国中央テレビ(CCTV)の付属高層ビル火災に関し国営通信、新華社の記事だけを使用し、独自の報道をしないように通知を出した。

2月12日報道(産経ニュース)
公安当局は12日、違法に花火を打ち上げた重大責任事故罪の容疑で、同テレビの新社屋建設プロジェクト弁公室の徐威主任(50)ら計12人を拘束したと発表した。公安当局は12日、違法に花火を打ち上げた重大責任事故罪の容疑で、同テレビの新社屋建設プロジェクト弁公室の徐威主任(50)ら計12人を拘束したと発表した。打ち上げた花火は北京五輪で使用された系統に属し、通常は打ち上げが禁止されている「礼花弾」で、約700発、約100万元(約1300万円)相当が準備され、21発を残して打ち上げられた。
=====

今年も元宵節の日だ

旧正月が過ぎて最初の満月の日、すなわち旧暦の1月15日(月齢15日は満月)を「元宵節」と言い、旧正月の最後の行事となる。今年は、正に今日、太陽暦の2月9日が元宵節だ。
この日が過ぎるまで中国人は正月気分でいる(こんな風習もだんだん薄れているようだが)

(1)元宵節には「元宵」を食べる。
「元宵」とは、団子のことなのだが、普通の団子より大きいとか、餡かけにするとか、なにやら普通の団子とは違うらしいが良く分からない。会社の食堂や街のレストラン、スナックなどで、無料サービスをするところも多い。酒を飲んだ後の甘い団子もたまにはオツなもの。
スーパーの食品売り場に行くと「元宵」と名付けた冷凍団子がたくさん並んでいる。

(2)元宵節は花火と送り火でご先祖様を送る。
亡くなったご先祖様が、家に戻り、家族と一緒に団欒した後、天に戻るのが元宵である(らしい)。
夜6時頃から11時頃まで、絶え間なく花火が打ち上げられる。経済不況で花火が減るのか?
日本のお盆に似た感覚かな。紙の擬似紙幣を道端で燃やして冥国のご先祖様に送る儀式も街のあちこちで行われている。
天国に送る冥国銀行券
今日は元宵節(2006年) 
庭先で打ち上げ花火  ←見ていない人はぜひどうぞ、大連花火の謎が分かるよ。


(3)元宵節は、別名「灯節」とも言う。
中国各地では提灯を飾る風習がある。 
この風習を模したのか、毎年労働公園では華やかな「花灯」が飾られて、多くの市民が訪れる。 一方星海公園では盛大に花火大会が行われる。
労働公園の提灯祭り(2006年) ←華やかな提灯祭り、2007年は強風のため中止。

現地からの写真と記事を募集したところ、FMさんからこんな便りと写真が届いたので、元宵に合わせてタイムリーに掲載することにした(毎週日曜日更新にこだわらず)。
ys090206.jpg
銀帆健体クラブから、金元大酒店方面の金馬路の写真です。

=====
春節も終わりましたが、まだまだ閉まっている店も多く、動き出していない感じの大連です。

今宵は元宵というお祭りだそうで、開発区の管理委員会の前で、花火があるそうす。

添付の写真は金曜日の金馬路のようすです。堤燈で飾られていていますが、
各工場などの入り口も同じく堤燈が下げられています。(当局の指導?)
From FM

=====
FMさん、写真ありがとうございました。(実名はまずいと思い、イニシャルに変えました)
こんな風に現地の写真とコメントを送っていただけるとありがたいです。
メールで送ってください。 あて先は alex5006487@gmail.com までお願い異します。

オバマ大統領就任演説

アメリカ大統領就任演説と、中国にどんな関係があって、「大連雑学事典」に書いているのかと訝しがる向きもあろうが、ちゃんとした関係があって書いているのだ。
参考サイト[オバマ氏の就任演説、中国当局が翻訳文などで検閲・削除
obama.jpg

問題の箇所は、2箇所ある。
(1)演説中盤のところ
Recall that earlier generations faced down facism and communism not just with missiles and tanks, but with the styrdy alliances and enduring convictions.
先人達がファシズムと共産主義を屈服させたのは、ミサイルや戦車によってだけではなく、頼もしい同盟国と強固な信念によってであることを思い起こして欲しい。

(2)中盤の後半
To those who cling to power through corruption and deceit and the silencing of dissent, know that you are on the wrong side of history.
腐敗と謀略、反対者の抑圧によって権力にしがみついている者たちは、歴史の誤った側にいることに気づくべきだ。

中国の主要メディアでは、オバマ大統領就任演説を報道しているが、
(1)については、共産主義の単語を、
(2)部分は全文を
削除していると言うのだ。
削除したことによって、かえって中国が気にしている部分を目立たせてしまい墓穴を掘ったとの論評がある。

改めて削除部分を読み返してみると、共産主義という単語は、単語として、そのままだから仕方ないとしても、(2)の部分については、「中国政府は民衆を抑圧して権力にしがみついている」ことを自覚し、隠そうとしていることを露呈したものだ。インターネットの普及により各種情報が国境を越えて飛び交っている時代に、自国のテレビや新聞だけに制限を加えても真実は隠せない。



これとは別に、日本人が噛み付いている部分もある。
We are nation of Christians and Muslims, Jews and Hindus, and non-believers.
私たちの国はキリスト教徒、イスラム教徒、ユダヤ教徒、ヒンドゥー教徒、そして無宗教者からなる国家だ。

なんの変哲もない個所だが、「ヒンズー教徒」をさりげなく盛り込み、インドの顔を立てたというのだ。アフガニスタン作戦を成功させるには、インドの協力が不可欠だからで、「オバマは本気だ」と佐藤氏は言う。仏教徒を無視した大統領より。
世界3大宗教の一つである仏教の存在を、賢いオバマ大統領が知らないはずはない、それを削除したと言うことは仏教徒を無視したと言うことだと。

日本人の宗教はと聞かれると、仏教と答える人が多いと思うが、果たして日本人の多くは仏教徒なのだろうか。
生まれてから大人になるまでの期間は、初宮詣、七五三など神社にお参りに行くことが多い、神社の行事は仏教ではなく神道だろう。
結婚式は三々九度の神式、お正月は神様なので、やっぱり神道だ。
仏教にかかわるのは、葬式、お墓参り、お盆など主に死後の世界でお世話になる。
宗教を決めるのはお墓かもしれない、とすると、多くの日本人は仏教徒と言うことになる。
ま、オレが目くじら立てることではない。

これらの論評とは別に、オバマ演説で、オレ自身が素晴らしい表現だと感じた部分がある。
それは、結語のまとめ方だ。
普通に言うとこうなる

危機に直面した苦難の冬の中で、後戻りせず、たじろぎもせず頑張ろう。
自由と言う偉大な贈り物を未来の世代に確実に引き継ごう。


オバマは、こんなふうにうに表現した。Let it be said by our children's childrren that ...... つまり、
子どものそのまた子ども達に言って貰おう「危機に直面した苦難の冬の中で、後戻りせず、たじろぎもせず頑張った」と
「自由と言う偉大な贈り物を未来の世代に確実に引き継いだ」と言って貰おう。

お仕着せがましくなく、決意を促す素晴らしい表現だと思う。
しかも、単に「頑張ろう」だけじゃなくて、子孫が語るということは、結果までを含んでいるのだから、一歩奥が深い。

(英語原文と日本語訳文は、朝日新聞2009年1月24日版から引用)

建設進むハルビン高速鉄道

読者の三十里さんから、ハルビン高速鉄道建設の写真を頂いたので、紹介しよう。
三十里さんのネットネームの由来は、金州区三十里にお住まいとのことだが、三十里と言われてすぐ分かる人は少ないだろう。まず三十里の位置を確認しておこう。
金州区の中心街は開発区の北西に位置し、車で15分くらいの近さである。さて金州区三十里はと探してみたが中々見つからない。検索して、ようやく見つけたのが下の場所である。
sanshili.jpg
行政区分では金州区になるのだが、むしろ普蘭店市に近い位置にある。ご本人の説によれば、リンゴとサクランボ以外何もないそうだ。
丁度、大連から北上するハルビン新幹線の通り道に当たっている。

ここで、ハルビン新幹線の概要を見ておこう。
最新情報は、2007年8月24日の報道である。参考サイトはこちらなど。
「東北高速第一鉄路」として計画が進められ、正式名称は、哈大鉄路客運専線という。
3shou.jpg
この地図のように、大連から瀋陽、長春を経由してハルビンまでつながる高速鉄道である。要点を箇条書きで示す。
工事期間 2007年8月23日正式着工 予定工事期間59ヶ月、試運転調整6ヶ月 
           2013年初、営業開始予定
工事業者 2007年6月22日に入札、下の3社が落札した。
           中国鉄路工程総公司
           中国建築工程総公司
           中国交通建設股份有限公司
工事費用  923億元 (1km当たり1億元強)  高いんだか安いんだか見当がつかないが、
        1メートルで150万円、たったの1センチで15,000円と思うと、高いね。
長さ  全長 904.3km(新設892.8km+既設利用11.5km)ほとんどが新設である。
     遼寧省553km(そのうち大連市140km余)+吉林省270km+黒龍江省81km
     全体の約2/3が遼寧省を走る。
速度  全線複線電化となり、時速200kmで走る。
     全長904kmなのでノンストップなら4時間半で走る計算だが、少なくとも省都である瀋陽と長春には止まるだろうから、実際には5時間弱と言うところだろうか。
線路  完全に貨客分離され、客車専用線として建設される。
     基礎工事部分は時速350kmに耐えるように設計されている。
輸送能力 計画では年間7000万人を運ぶ。
   全部で23の駅が設けられ、遼寧省には15駅があるので駅数の65%を占める。
  23駅の中で「新」が付いている駅が16駅あり新規建設であることが分かる。
  その内、遼寧省には10の新駅が建設される。
  新大連駅は、現在の南関嶺(大連周水子空港の北部付近)に作られ、将来は大連交通の拠点となる。
  また、長春西駅は駅名は変わらないが新設の計画があるので、新駅は実質上17駅となりそうだ。
  遼寧省の駅 15駅
liaoning.jpg
  吉林省の駅 6駅
jilin.jpg
 黒龍江省の駅 2駅
heilongjiang.jpg
とりあえず駅名はこのように発表されているが、軽軌金州線の開業直後に「匯金市場」駅が「和平路」駅に改名された事例があるので、今後変更される可能性はある。

さて、2007年8月23日に着工され、およそ1年半が過ぎようとしており、部分的に形が見え始めたハルビン新幹線。そこで三十里さん提供の写真の出番だ。(2009年1月下旬撮影)
IMGP0329_460.jpg
まず、普通の高架建設の様子。一本一本足場を組んでコンクリート工事をやるのは大変だねぇ。

IMGP0326_460.jpg
こんなに民間施設の塀に近くて良いんだろうかなんて心配をしていたら、

IMGP0327_460.jpg
こちらはなんと民間工場施設の庭に建ててしまった。まだ使っている建物の中から撮ったので、両側に窓枠が映っている。
権利関係がどうなっているのか良く分からないが、日本だったら、立ち退き反対運動なんかで盛り上がるんだろうが、そこは中国、国家命令による強制退去があったのかもネ。

======
三十里さん、写真の提供ありがとうございました。
大連在住の読者の皆様へ、
私は大連を離れて久しいので、地元発の生データ写真をお送りいただけるとありがたいです。
うまくまとめられれば、今回のように記事に使わせていただきます。
メールはこちら(alex5006487@gmail.com)までお願いします。
謝礼も何もなく、お名前の発表だけですので、悪しからずご了解ください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。