大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログを始めてみました

世の中で大流行のブログというものを、始めてみます。
これまで、いくつかのホームページを手がけそれなりの経験とツールを持っているつもりで、ブログを馬鹿にしていましたが、人間というものは簡単な方向にどんどん流れてしまうのですね。
今日初めてブログを書いていますが、なるほど、これは簡単だ
HTMLの基礎知識も何も関係ない。
でも、文字に色を付けたり、カウンターを配置するのに少しは知識が必要だな。


20050228152446s.jpg

写真は、童牛嶺の展望台から見た大連開発区の中心部。

中国大連での生活もまもなく3年になろうとしている。大連情報も巷に溢れているが、日日の書き込みに表題を付けて整理してみれば、将来大事典になるかもしれない。じゃあ書いてみようってノリだな。
各記事にキーワードをつけておくので、関連記事を検索で見つけやすいはずだ。


キーワード:ブログ、大連情報、開発区

コメント

こんにちは!早速遊びに来ました!(でも、記念すべき初コメントにはならなかったー。) やっぱり、でっつさんのお話は面白いです。とても、私の影響を受けたとは思えない。あ、もしかしてお世辞だった? 間にうけていました、私。

でっつさん、ブログをバカにしていたんですか? 私はすごく画期的だと感心していました。ブログを考えた人はすごいと。

では常連化しますので、これからもよろしくお願いします。

  • 2005/03/16(水) 13:27:08 |
  • URL |
  • o-chuck #7ScjOPVQ
  • [ 編集]

お待ちしていました

o-chuckさん、いらっしゃい。お待ちしていました。
オレがこのブログを書き始めたきっかけは、本当にo-chuckさんの「ノート」を見たことでした。しかし、まったくお世辞にはなっていないと思います。
失礼ながら、自らオーチャク(ビミョーな表現!)と自負するo-chuckさんが、1年以上も楽しそうに書き続けていることに、ブログの魅力を感じたのです。見直したと言っても良いのかも知れません。
勿論、テーマや文章は、オレ独自のものだけど、ブログを始める大きなきっかけを与えてくれたのが「子育てノート」でした。
ご覧の通りクセのある文章なので、一万アクセスなど望むべくもありませんが、ネタの続く限り続けますので、これからもよろしく、師匠!!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/1-7fa63f22
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。