大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オレは間違っていないと言い訳する中国人

トラブルに直面したときに

 オレは正しいと主張する韓国人

 オレは間違っていないと言い訳する中国人

 ごめんなさいとすぐに謝る日本人

と言う言葉がある。

実に、うまく国民性を表していると思う。
今日は、中国人の言い訳の実話を一つご披露しよう。

 あるレストランでこんなことがあった。

=====
炒め物の中に、なにやら黒い虫が入っていた、名前は分からないが、昆虫の一種であることは明瞭だった。


「服務員! この料理になんか虫が入っているぞ」
「え、どれどれ、じゃぁ、ちょっと料理長に聞いてきます」
皿を持っていった。しばらくして、戻ってくると
「お客様、あれは小さな海老ですから問題ありません」
「羽根が付いていたような気もするが?」
「海老にもいろいろいますから、問題ないです、海老です」
「ふざけるな、あんな黒い海老がいるか!」
「料理長が確認しました、間違いなく海老です、
海老です! 海老です! 海老です! 海老です! 海老です! 海老です!! 海老です!!

「・・・・・・!」
もう、こうなると、あとは、「海老です」を繰り返すだけで、埒が明かないのだ。
お皿は持っていかれて、証拠は無い。やっぱり幻の海老だったのかな?
=====

中国人の言い訳は、すごい。
絶対謝らない。謝っても解決しない風土だから謝らない。 日本だったら、
「潔く非を認めたこと、天晴れじゃ! その心意気に免じて、全てを許す!」
なんて言われて、ご褒美まで貰えちゃうかもしれないが、中国では、一旦非を認めると
「やっぱりお前のせいだったのか!」とか言われて、殺されちゃう国だから、生きるための術として言い訳が必要だったのだろう。
歴史に裏打ちされた、ひとつの文化と言っても良い。

日本人は、言い訳をするときに、こんなことを言うと、
 相手を怒らすのではないか? 

 バカにされるのではないか?

 逆を突かれたらどうしよう?

 さすがに言い過ぎかな?


とか、いろいろ考えながら、自分自身で迷ってしまうので、発言に自信が感じられなくなる。
中国人は、自信を持って主張するよ。後のことは、そのときに考えれば良い。てなもんだ。

韓国人にしろ、中国人にしろ、とにかく声を張り上げて議論をする。声の大きさも、言い訳も議論テクニックの一つだ。西洋風に言えば、ディベイティング・テクニックだろう。
日本人は、議論のトレーニングをしていないから、議論を好まない
世界中で一番おとなしい民族は、日本人かもしれない。

キーワード:議論、テクニック
人気ブログランキング > 地域情報 > 海外 > アジア
中国ランキング > 中国諸々
くつろぐランニング > 地域情報 > 海外

コメント

おとなしい日本人

普通の日本人っておとなしいですよね、特に海外では。日本は所詮島国、外国といえば、すなわち「海外」と表せるあたりに理由あり?(あ、でも、英語にもoverseasがありますね。)

本多勝一という有名なジャーナリストの3,40年前の著作(当時朝日新聞記者)に、「カナダ・エスキモー」「ニューギニア高地人」「アラビア遊牧民」という、"現地人と何ヶ月か一緒に暮らしてみた"的なルポ3部作があって、確か、アラビア遊牧民は西洋人的でほとんど仲良くなれず、エスキモー(今はイヌイットと呼ぶべき?)はマアマア、一番肝胆相照らす仲になれたのは、ニューギニア高地人だったという意味のことが書かれていたと思います。(記憶違いあるかもしれません。)今でもそうかな。


大連にいる日本人は

つるむとうるさいよーな気がする。
あとツアーの日本人もうるさいなー。
あ、うるさいのはツアコンの人だけか。

欧米人も非を認めないそうで

 日本の実家近くに高校の英語教師を退職した初老のおじさんが住んでるんですが、この人、年に一回はアメリカに行って、2~3月過ごしているようです。
 このおじさん曰く、「アメリカじゃ車をコスっても、ぜったい謝らないこと。謝ったら最後、修理代は負担しなきゃならない。何でもいいから理由をつけて言い逃れするのが勝ち。」なんだそうです。
 このおじさんもスーパーの駐車場で車をコスったらしいんですが、お得意の(?)英語で「だいたい、お前の車が斜めに停めてあるからいけないんだ…」とか何とか、延々とまくし立てたら、相手も根負けして立ち去ったそうです。
 僕は中国しか知りませんが、世界には案外そういう国の方が多いんじゃないでしょうか。日本の尺度は日本だけでしか通用しないものが多いようですね。

非を認メルのは

>フレッドさん、いつもどうも。

日本人とアラビア遊牧民は絶対会わないような気がするな。
イヌイットの方が気が会うと思いますが、ニューギニア高地人が日本的なんですか。 エスキモーは狩猟民族、ニューギニアは農耕民族ということでまとめましょう。

>花花牌子さん、こんにちは。

群れるとうるさいのはいずこも同じですよ。
パリのベルサイユを観光していたときに、観光人ツアーのマナーの悪さには閉口しました。
逆行禁止を平気で歩いてくる、撮影禁止の場所でストロボ焚きまくり、日本語ガイドが聞こえないほど大きな声で話す。最低でした。
日本人がこんな風に見られないように海外では気をつけたいものです。

>営口市在住さん、毎度どうも。

アメリカも裁判の国ですから、
非を認める=負け=罪
の国だから、まず文句を言いますね。

いずれにしても、世界中どこの国に行っても、非を認めることが美学と認めてくれるのは、超一流のスポーツマンくらいではないでしょうか。

  • 2005/06/29(水) 22:16:49 |
  • URL |
  • でっつ #-
  • [ 編集]

こんにちは。TBさせていただきました。
これは美徳なのか、変な性質なのか。
いい悪いではなく、違いですよねえ。
うーん。難しいなあ。

  • 2005/09/09(金) 08:21:13 |
  • URL |
  • freeplanet #-
  • [ 編集]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/111-de40bdf9

日本人はイイコちゃんすぎ?!アラビア遊牧民 ★★★

本多 勝一 アラビア遊牧民  嫌韓流から、韓国についてのTBをいただきましたので、この本をご紹介。かなり古い本で、中古の本でよければ1円から買えます。(↑のタイトルをクリックしてね) これを読んだのはもう10年以上前だなあ。高校生のときですか

  • 2005/09/09(金) 09:18:13 |
  • 右手に人生、左手に本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。