大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妄想とも思える開発計画が続々と!

今年になってから新聞などに掲載された、大連に関わる大規模交通開発の記事を紹介しよう。

(1)軽軌が金州区まで延長:
来年12月開通のスケジュールが出来ているので実現するのは間違いない。

(2)大連湾を跨ぐ18kmの海上橋:
大連港と開発区を海上橋で直結しようって。現在、開発区と市内は車で35分ほどかかるが、これが出来れば、おそらく20分くらいで行けるようになるのだろうが、実現可能かな?
ちなみに、現在の世界最長の海上橋は、米国メリーランド州のチェサピーク湾に架かる橋で、全長27.2キロメートル。しかし現在建設中の「杭州湾跨海大橋」が完成すれば全長36キロで浙江省東部の杭州湾を南北に縦断する世界最長の海上橋になる。2004年6月起工式が挙行され、2008年竣工予定である。完工時期は2010年の上海万国博覧会にタイミングを合わせたものとみられる。全長18キロの大連湾海上橋は技術的には可能だろうが、上海万博のような大きな起爆剤が現われなければ、実現できるかどうかは、かなり怪しい。

(3)ハルビンから大連までの新幹線:
国の政策の中に、東北部の再開発が大きなテーマに上げられている。900キロメートルというと、東京から北に行けば旭川辺りだし、西に行けば佐賀まで達する長距離だ。技術的には十分可能だと思うが、その前に、北京-上海の1300キロ新幹線が走ることが条件だろうな。

(4)大連に十字形の地下鉄:
ここ数年、北京では、ものすごい地下鉄工事ラッシュだ。勿論、2008年北京オリンピックに向けてのイベント工事なのだ。 さて、大連に地下鉄が作られるかどうか? 街自体が然程広くないので地下鉄建設の必要性が無いようにも思えるので、実現は困難ではないか?

(5)大連・煙台間に海底トンネル:
これはすごいよ、妄想と言い切ってもいいくらいのものだ。
大連から渤海に潜って対岸の煙台まで、100キロメートルの海底トンネルを掘るんだって。
現在の世界最長の海底トンネルは、「青函トンネル」で全長54キロメートルだ。およそ、その2倍の100キロメートルの海底トンネルを掘ろうというのだから、驚かされる。金の問題だけではなく、技術的な問題から基本的に検討しなければならない。
だって、中国で初めての海底トンネルって、福建省・厦門(アモイ)と中国本土を結ぶ「厦門翔安トンネル」が今年の5月に着工したばかりで、2009年完成を目指して、今まさに掘っている最中なんだよ。しかも全長たったの9キロメートル。
このくらい壮大なことを考えなければ、万里の長城なんか作れないのだろうな。

まぁ、いずれにしても、中国の伸び、勢いを感じさせる元気の良い計画ではある。
日本には、今、これだけの元気はないよなぁ!


以下の記事は、遼寧楽園、現在的遼寧から抜粋した。

【金州までの電車、来年末竣工】 (2/25)
(大連日報より)現在大連駅と金石灘を結んでいる電車の「快軌3号線」の支線が、来年末には金州まで延びることになった。現存の開発区駅から金州区北部九里村までの全長14kmで、全線高架となり、全部で9つの駅が建設される。今年上半期に着工、来年12月30日開通の予定である。

【大連湾に海上橋建設へ】(3/4)
(遼瀋晩報より)大連市は、大連港から開発区を結ぶ大動脈として、約18kmにおよぶ海上橋を大連湾に建設することを表明した。着工時期については明らかにされていないが、今年中にも建設準備を開始するものと見られる。

【瀋陽・大連が1時間に】(3/5)
(時代商報より)瀋陽鉄道局によると、ハルビンから大連までを結ぶ高速鉄道の設計がいよいよ始まることになった。ハルビンを起点に、長春、瀋陽、遼陽、鞍山、営口、大連までの902kmで、設計最高速度は時速300km以上。これが完成すると、現在4時間足らずの瀋陽・大連間が1時間で結ばれることになる。

【大連の地下鉄は十字形に】(3/28)
(大連晩報より)大連都市総合交通長期計画策定国際討論会が開かれ、日米の専門家を交えて討論が交わされた。その中で大連市規画局局長は、将来建設予定の地下鉄は十字形に走らせるつもりだと語った。南北には南関嶺から山東路を通って星海湾まで、東西には馬欄子から黄河路、中山路を通って港湾広場までのルートで、2つの路線は開放広場付近で交差する計画だ。南関嶺には新しい大連駅建設する予定になっている。

【大連・煙台間に海底トンネル建設】(5/28)
(遼瀋晩報より)中国岩石力学および工程学会理事は、今後20年から30年の間に、大連と煙台を結ぶ海底トンネルを建設し、列車に乗ってここを走ることができるようになるであろうと語った。両都市間は直線海上距離で約100kmあり、これが完成すれば世界最長の海底トンネルとなる。


キーワード:
人気ブログランキング > 地域情報 > 海外 > アジア
中国ランキング > 中国諸々
くつろぐランニング > 地域情報 > 海外


コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/120-03eb05a4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。