大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

喫煙者が多いのは昔の日本と同じだ

中国に住んでいて感じることだが、タバコを吸う人が多い。
禁煙運動はアメリカが発祥かもしれないが、日本でも喫煙者が大分減っている。

30~40年前だったら、大人の男性はタバコを吸うものだった。むしろ吸わない奴は変わり者。
男性にちょっとした謝礼をしたいが現金では失礼だと思うときには、タバコを一箱、二箱渡せば格好がついたものだが、今はそうは行かない。
「すいません、タバコは吸いません」
なんて駄洒落を返されて気まずくなってしまうのがオチだ。


中国では、まだタバコ謝礼が通用すると思う。

中国の喫煙者数は3.5億人だそうだ。 
大雑把な計算だが、中国人口13億人のの4分の3が大人でその半分が男性だとすると、
13億×(3/4)×(1/2)=4.9億人になる。
女性の喫煙率は、6%前後なので、ここでは無視して、
3.5億人÷4.9億人=0.71
荒っぽい計算だが、中国の男性の7割が喫煙者だという根拠になりそうだ。

何かにつけて、現在の中国は、30~40年前の日本に似ていると書いてきたが、喫煙の面でもそんな感じがする。
あと、20~30年も経てば、中国の喫煙人口も減ることだろう。

「中国情報局」(2005.5.31)によると;
中国控制喫煙協会によると「世界の喫煙者13億人のうち中国の喫煙人口は3.5億人」で、中国における喫煙が深刻な社会問題となっている。また、世界では毎年、タバコが原因でおよそ500万人が死亡しており、そのうち中国での死亡者数は120万人で、4分の1に相当する。

広東省人民院の心理学者は、中国で未成年や女性の喫煙者が増加傾向にあることを指摘。18歳以上の喫煙率は30~65%、、女性では5-8%で、喫煙者の平均年齢は37歳とのデータもある。

キーワード:喫煙率、喫煙者数
人気ブログランキング > 地域情報 > 海外 > アジア
中国ランキング > 中国諸々
くつろぐランニング > 地域情報 > 海外

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/123-0d61e39b

喫煙は愛国の行動だ

一:喫煙は雇用問題を解決する。(タバコを植えたり、加工したり、販売することで数万の雇用を生み出す。) 二:喫煙は税収を増加させる。(中国のタバコ税は全国の税の六分の一だ。) 三:喫煙は人口を減少させる。(喫煙者の寿命は短いので、人口のプレッシャーを軽減する.

  • 2005/06/18(土) 13:34:26 |
  • 中国の掲示板
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。