大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

栄養満点、蝶々の蛹を食う

ここは大型レストランの食材選びコーナーであってスーパーの売り場ではない。
値札を見ると金糸蛹と書いてある。
金糸蝶という蝶々の蛹だ。
kinshicho050524.jpg

虫系は苦手だという人がいるが、子供の頃に、イナゴや蜂の子を食って育ったオレとしては、それほどの抵抗は無い。特に、こんな風に完全に加工されて、食品になってしまったものは、食品として扱える。

 牧場で悠然と牧草を食っている牛を見て美味そうだとは思わないが、ステーキになった肉を見れば美味そうだと思う。そんな感じだ。

ところで、この蛹は、昨日紹介した雄蚕蛾よりも、虫っぽい味が濃厚だった。雄蚕蛾は、カラッとしていてあまり味が感なく、食べやすかったが、この蛹は、中身のもそもっした味が分かり、たんぱく質を食っている感じがする。
きっと、栄養満点なのだろうが、あまり沢山は食べたくなかった。

この蛹も、一般の大連人は食べないし、マーケットでも売っていない。
食べたいなら、車で1時間ちょっとの庄河市まで行かなければならない。

キーワード:虫食、昆虫食
人気ブログランキング > 地域情報 > 海外 > アジア
中国ランキング > 中国諸々
くつろぐランニング > 地域情報 > 海外

コメント

今度は蝶々ですか

でっつさん、こんにちは!

今度は蝶々のサナギですか。でも庄河っていう所は、どうしていろんな虫を食べるようになっんでしょうかね。

> ここは大型レストランの食材選び
> コーナーであってスーパーの売
> り場ではない。

ということは、庄河の農貿市場などでは半額ぐらいで買えるっていうことですね。って言っても、虫系のダメな僕としては、買いに行くこともないでしょうが。(笑)

> 子供の頃に、イナゴや蜂の子を
> 食って育ったオレとしては、それ
> ほどの抵抗は無い。

ということは、でっつさん、ご出身は長野か山梨あたりでしょうか?
もっともイナゴや蜂の子、蚕のサナギなんかは、かなりの地域で食べられていたそうですが。

これも虫系なんでしょうけど、中国でサソリは3回ぐらい食べました。三東省の名産だそうで、やはり油で揚げてあて、特殊な匂いや味も無く、わりに食べ易いものでしたね。

ゾクゾク(続々)虫シリーズ希望

エーッ、明日で虫食シリーズ終わっちゃうんですか。10回くらい続くと思って楽しみにしていました。蚕蛹の巻しっかり読ませていただきますが、また新たなネタを仕入れられたら、ぜひ御紹介お願いします。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/126-65a6a8c9

イナゴイナゴ(蝗、稲子)は、直翅目・バッタ亜目・イナゴ科(Catantopidae)に属するバッタ類の総称。日本ではイネ|稲を食べる害虫とされると同時に田|水田から得られる重要な蛋白質|タンパク源として扱われ、多くの地域で食用とされた。.wikilis{font-size:10px;color:#6

  • 2007/08/01(水) 13:05:58 |
  • ムシラーの前世
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。