大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビールが安い

日本に於いては、今やビールは高級酒である。
ビールに掛けられる酒税を逃れるために、麦芽成分量を落とした「発泡酒」なる酒が主流になっており、更に発泡酒にも属さない「第三のビール」まで出てきている始末である。
ここ大連では、ビールが驚くほど安い。税金がどうこうと言う前に、生産者を馬鹿にしてるほどに安い。リットル単価で言うと、水より安い場合も珍しくない。作った人に申し訳ないとさえ思ってしまう。
具体例をあげてみよう。

dalianbeer.jpgこの2本は、大連産のビールで、左側が、「ヘイシー」ビールで、右側が「カイロン」ビールだ。普通の640ml大瓶である。
驚くのはこの価格、コンビニで、なんと1本1.8元(日本円換算23円)なのだ。日本で大瓶を買えば、300円位するはずだから、なんと十分の一以下。ただし、ちょっと言い訳になるのだが、ビン代は別で、中身だけの値段だ。実は、ビン代として1元のデポジット(保証金)を取られる。中身に対してビン代のなんと高いことか! 勿論ビンを返せば1元は戻ってくるから、関係ないのだが、ビンを割ったりなくしてしまったらそれまでのこと。

人によっては、クセがあるとか味が良くないとか言う奴もいるが、オレは関係ない。美味しく飲める幸せなヤツなのさ。毎晩3~4本飲むのだが、100円を超えることはめったにない


大連産のビールを2本紹介したが、中国ビールの名門と言えば、チンダオビールだ。
tsindao.jpg
左の写真は、もっともポピュラーな「青島ビール」で、1本3.5元、ただしビン代を含んでいるので、空き瓶を返しに行っても何もくれない。青島ビールにも「淡爽型」「純生」など何種類もある。

瓶ビールだけの説明をしたが、勿論大連でも缶ビール愛飲者も多いし、店頭での取り扱いも缶ビールが主体になっていると言って良いだろう。
日本政府がビール税で大儲けをしていることを知ったら、きっと中国でもビール税が導入されるだろう。

そしたら暴動が起こるかも知れない


キーワード:瓶ビール、缶ビール、酒税、保証料、チンタオ

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/13-43bcc02a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。