大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大連のトウモロコシはマズイ!

日本でもおなじみの焼きトウモロコシだ。
morokoshi050625.jpg

こんがり焼けたトウモロコシは、見ているだけでよだれが出そう。
このおじさんの顔も、バイトの学生なんかと違って、どことなく「焼きトウモロコシのプロ」みたいな風格がある。この人が焼いたトウモロコシならさぞかし美味いだろう。

さて、ピーターコーンやハニーバンタムなどスィートコーンと呼ばれる近年の日本のトウモロコシは、喰らい付くとジューシーな甘みが口の中一杯に広がり、紛れもなく「美味い」と言いたくなる。

このイメージで、大連のトウモロコシに食いつくと、がっかりすること請け合いだ。 こんなことを請合ってもらっても全然うれしくないけどね。

まず、食感はもちもちしている、と言うか、噛み応えがあると言うか、簡単に言えば、硬いのだ。 水気が少ないから、噛み付いたは良いが、中々飲み込めず、いつまでも口の中で、ガムのように噛み潰して、やっと飲み込む。

甘みは無い、でも噛んでいるうちに、唾液と反応するのか、ほんのりと甘みを感じることもある。でんぷんなら何でも甘くなるけどね。 昔、馬の餌にしていたトウモロコシの味だ。

これをオレは、不味いと思う。
しかし、慣れとは恐ろしいもので、オレの友人の日本人は、最近は
「このトウモロコシじゃないと満足しない」
とかなんとか言っている。
彼が言うには、味はともかくとして、噛み応えと、食べた満足感、いや満腹感がたまらないそうだ。腹いっぱいになれば、うれしいって。
ヤツはすでに60%以上中国人化してしまったようだ。

おまえの主食は、トウモロコシか!

オレは、まぁだ日本人の感覚が残っている。
日本のピーターコーンが食べたいよ~~!

コメント

う~ん、確かに

不味いんですよね、これ。
昨日もうちのヨメさんが買ってきたんだけど、あの歯にネチョ、ネチョってくっつく感じ、どうにかならないもんかと思いますね。
見た目は日本のスイートコーンなんかと変わらないのもあるが、食ってみると雲泥の差なんだよね。
俺の出身地でも昔はこういうの、あった(らしい)です。「餅キビ」とか言ってたらしいですよ。
自他共に認める「本地化」が進んだ俺も、これは確かに馴染めないですね、ホント。
それとこっちではトウモロコシゆでる時に塩を入れないんだよね。でも考えてみると、塩を入れたら中の水分が出ちゃって、もっと餅みたいになっちゃうかも知れねぇな。
こっちの連中はこんなのしか食ったことが無いから、こんなもんだと思ってるんだろうが、いっぺん日本のあのジューシーなトウモロコシを食わせてやりたいですね。リンゴでもブドウでもコメでも、何でも日本の品種が入ってるんだが、なぜかこのトウモロコシだけは日本の品種がないのはどういうわけでしょう? 中国人だって日本の品種の方が美味いって言うに決まってると思うんだが。

僕も食べたことがあります。見た目はプリプリとしてて美味しそうなんですよねー。
見た目と味のギャップが大きいですよねー。
ちなみに食べれない事はなく、全部食べましたが、これはしょうゆあたりを塗って焼くといくらか美味しくなるような気がしてます。

  • 2005/07/08(金) 11:28:01 |
  • URL |
  • くすお #2kbNzpR6
  • [ 編集]

多小銭?

1本いくらで売ってますか
私的には、最近のトーモロコシはなにか別の果物みたいな食感がして・・・幻の昔のトーモロコシが懐かしいです ブログ読んでて思い出しました 

  • 2005/07/08(金) 12:06:46 |
  • URL |
  • 婆さん #-
  • [ 編集]

食い物の話になると…

やたらと血が騒ぐ俺なんだけど、ここで少々薀蓄を、ってほどでもないがトウモロコシにまつわる話を一つ。
トウモロコシは普通話では「玉米」(ユィミィ)と言うが、大連や俺の住んでる営口など遼南の方言では「苞米」(バオミィ)と言うのが普通。
(ですよね、でっつさん?)
それで、この辺の田舎に行くとずいぶん植えてるんだが、ゆでたり焼いたりしても食べるが、乾燥して引き割りや粉にして、「餅」(ビン)に焼いたり、お粥にしたり、また最近はあんまり見かけないが、米や小麦粉が品不足で配給制だった頃には、白い麺粉の饅頭(マントウ)なんてのは滅多に食べられなかったから、引き割りのトウモロコシ粉をこねて塔型に固めて蒸した「窩頭」(ウォトウ)というものも主食にしていたんだね。主食用やデンプンの原料だから、日本のような糖分の多いトウモロコシだとダメなのかも知れないし、それをたまたま「ゆで」や「焼き」に流用しても、美味くないのは当然、というのは俺の想像なんだけど、どうかな?

日本に帰って

仕事の出張で日本にいます。
今日、日本のトウモロコシを食べました。
甘い、軟らかい、とにかくうまい~~!!

  • 2005/07/09(土) 20:42:00 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

うちの会社に実習生用の畑があって、そこで採れた中国とうもろこし、昨年いただきました。最初は「んんっ?何これ」というもので、他の日本人も食べにくそう。
茹でたても硬いのに、冷めるともっと硬くなってしまうし。でも彼らが茹でるとなかなか美味しいものになる。
茹で方にコツがあるとみた。多分茹で時間?
他にも疑問が。我が家の畑のとうもろこし(日本産)は虫食いだらけになるのに、中国とうもろこしはきれいなのです。農薬は全然使っていないというのに。なぜ虫がつかないのか不思議です。
でっつさん日本のとうもろこし食べられて良かったですね。でもお節介のようですが、スーパーで買ったとうもろこしですか?本当は農家から直接買った方が味が良いのですよ。スーパーのは熟しきる前に収穫してあるし、どうしても鮮度もおちますしね。機会があれば、農家直販を是非食してみてください。

とうもろこしはやっぱり!

中国産です!
・・・って思っている私。
昔日本のとうもろこしもあの味でしたから。食べ慣れているので、ピーターコーンは甘いばかりでなんとなくとうもろこしという感じがしないのです。でも息子達はやはり中国産は美味しくないというので我が家は2種類買ってきてます。いつ頃から日本のとうもろこしがピーターコーンになってしまったんでしょうね~。あっ、最近開発区でもピーターコーン売っていますよ(^^♪

  • 2005/07/15(金) 20:19:37 |
  • URL |
  • mikihiromm #v7EhPhU2
  • [ 編集]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/135-d43c2fb6

夏休みの宿題

似て非なるものはいっぱいあるね。...

  • 2005/07/12(火) 10:10:24 |
  • AS IS

どっち派?

大連港では今の時期、車海老があがっています。という事で、今日のお買い物は、活き車海老。[:チョキ:]動画で紹介したいほど、ざるの中で跳ねていた車海老。ちょっと小さめですが、ざるいっぱい(袋いっぱい)20元(270円)刺身でも大丈夫ですが怖いので、さっと塩茹で。海老

  • 2005/07/18(月) 02:49:17 |
  • 暮らしのPC工房IN大連
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。