大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

税関申告書(入国者用)の日本語訳

7月1日から全ての旅客は、中国への入出国に際して、税関申告書に署名して、提出しなければならなくなった。
2008年2月15日追記:
2008年2月から、免税枠を超えず、別送品がない人は、申告書の提出が不要になった。また、申告書の様式も変わった。


今までは、課税物品を持っていても、見つかったときに、
「聞かれないから答えなかっただけだ」
と、中華マナーでシラを切ることが出来たが、今後はそうは行かない。
「申告するものがありません」と書いて署名するわけだから、万一課税対象物品が発見されたら、課税金額とは別に、偽証罪かなんかに問われるんだろうな。
罪一等が重くなるかも知れないって訳だ。
income.jpg
で、税関申告書の全文日本語訳を紹介しよう。
オレが勝手に訳したものだから、誤訳があるかも知れないし、中国税関の解釈と違うかも知れないので、判断の最終責任は、署名するあんたにあるんだよ。
「大連雑学辞典で見たんだ」と主張しても、なんの言い訳にもならない、あくまでも参考程度に見てくれ。

【おもて面】
=====
中国税関手荷物申告書(入国者用)
裏面の説明を読んでから、記入するかまたは空白にチェックしてください。
1.姓□□□□□□□□ 名□□□□□□□□ 
2.誕生日 □□□□年 □□月 □□日
3.性別 □男  □女
4.旅客記録番号□□□□□□□□(パスポート番号かな?)
       中国□(香港□ 澳門□ 台湾□)
5.国籍(地域) 外国籍□□□□□□□□
6.旅行の目的
  公務□ 商用□ 遊び□ 勉強□ 
  移住□ 知人訪問□ 居住地に戻る□ その他□
7.フライトナンバー□□□□□□□□
8.同行する16歳以下の人数□
私(達)は、中国に以下の物を持ち込みます。
9.(居住者)外国から5,000元以上の物品。 はい□ いいえ□
10.(非居住者)中国に残す2,000元以上の物品。はい□ いいえ□
11.1,500ml(12vol%)以上の酒類、400本以上の紙巻タバコ、100本以上の葉巻、500g以上のタバコ。 はい□ いいえ□
12.20,000元を超える中国通貨、または米ドル換算5,000ドル以上の外国通貨。 はい□ いいえ□
13.動植物、動植物の製品、微生物、生物学製品、人体組織、血液及び血液製品。 はい□ いいえ□
14.送信機、受信機、機密通信機器。 はい□ いいえ□
15.中国法律で持込が禁止または制限されているその他の物品。 はい□ いいえ□
16.別送品。 はい□ いいえ□
17.商用物品、見本品、広告。 はい□ いいえ□

私は裏面の申告書の書き方を読んだ上で、この申告書に記載した情報が真実であることを申告します。
旅客が持ち込もうとする9~15項の物品の詳細を以下に記入する。
[表] [詳細:数量:価格:型名:税関備考]
            旅客の署名、 年 月 日

=====

【うら面】
=====
中国税関
説明書
・重要な情報
1.適切な審査機関の審査または協定によって免除された人、及び成人に同行する16歳未満の人を除く、全ての入国者は、税関が用意した適正な言語の申告書を正直に完成させ、申告台の税関担当者に提出しなければならない。
2.税関管理区域においては、二つの通路があり、9~17項の申告物品を所有する旅客は「申告物品」(赤い通路 )を通り、その他の者は「申告無し」(緑の通路〔実際は六角形〕)を通ることが出来る。
3.9項の「居住者」とは、中国領土に住む者を言い、10項の「非居住者」とは、中国領土以外に住むものを言う。
4.9項と10項の物品の価値は、税関が価値を評価し受諾するものとする。
5.米ドル換算で5,000ドル以上の外国通貨を持ち込む者、または別送品がある旅客は、申告書を2枚記入しなければならない。その内の1枚は、後日その通貨を中国から持ち出そうとするときに税関の認定書として、または別送品を通関するときに税関手続書として使用する。
6.虚偽の申告には、税関の罰則を受ける可能性がある。

・中国の法律で輸入が禁止されている物品
1.武器、武器の模造品、弾薬及び全ての爆発物。
2.偽造通貨、偽造有価証券。
3.中国の政治、経済、教育、モラルの利権に対して有害な印刷物、フィルム、写真、レコード、映画、テープ(音声及び画像)、コンピュータの記録媒体及びその他の物品。
4.全ての種類の致命的な毒物。
5.アヘン、モルヒネ、ヘロイン、マリファナおよびその他の中毒性麻薬および神経作用物質。
6.果物、屋外栽培野菜、生きた動物(ペット用の犬と猫を除く)、動物製品、動植物の病原性微生物、虫などの有害な生物、動物の死骸、土壌、遺伝子操作による生物、動植物に関連する物、それらの製品及び動植物の流行性伝染病により国や地域から隔離される物品。
7.人や家畜に有害な、または病気拡散の可能性のある被伝染地域からの食品原料、薬剤及びその他の物品。

=====

6項の「動物製品」の表記ををそのまま真面目に考えると、牛革のベルトや革靴もダメになるが、そんなことはあるまい。
最終判断は、税関の担当者の判断によって決まると言うことか!

中国では、このような決め事の改定の直後は異常に厳しくなるので、皆さん要注意ですよ。
半年も過ぎれば、ほとぼりが冷めて、形式だけになりますがね。

今日の記事は、面白くもなんともなく、関心の無い人には無用の長物だが、近々に中国に入国しようとする人には参考になるだろう。
事典とはもともとそういう性質のものだ。必要な人に参考にしていただければ幸いだ。

裏面注意事項の1項に、「適正な言語の申告書」とあるが、この用紙は、中国語と英語の2種類があって、どちらを使ってもいいようだ。
残念ながら、今のところ日本語はない。

明日は、出国者用を紹介する。

後日、体験談として魚の切り身は、動物の尸体か?を記事として掲載したので、参考にしてくれ。
キーワード:税関、通関書類、申告書
人気ブログランキング > 地域情報 > 海外 > アジア
中国ランキング > 中国諸々
くつろぐランニング > 地域情報 > 海外

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/138-1033d227
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。