大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魚の切り身は、動物の尸体か?

大連に戻って来ました。 
折りしも「WTO・世界貿易機関の非公式閣僚会議」が大連で開催されており、入国審査所には
「WTO賓客」専用通路が設けられていました。
今日から、また、大連からのアクセスです。

税関申告書(入国者用)の日本語訳の記事で、
13.動植物、動植物の製品、微生物、生物学製品、人体組織、血液及び血液製品。
ここで言う、動植物の製品とは、どこまでの範囲を指すのか分からないと書いた。 厳しく言えば、牛革のベルトも、革靴も動植物の製品と言えるが、そこまでは要求されないだろうとも書いた。

オレは、日本に帰ると、いつも魚の干物、味噌漬あるいは粕漬などを買って来る。また、明太子も好きでしばしば買って来る。
今までは、何も申請せずに通してきたが、税関申告書を提出するに当たって、正直に申告してみることにした。 申告しなければ、いつものように何も無しで通るのだろうが、なんか奥歯に物が挟まったままで、気分が良くない。
裏面を見れば、輸入禁止品目の中に、「動物の尸体」と言う項目もある。果たして、魚の切り身は、「動物の尸体」なのか?

今回も、日本から、魚の味噌漬けと明太子を持ってきたので、正直に書いてみることにした。
yu050713.jpg

13項目(動植物の製品の所持)のYES蘭にチェックしているのが分かるだろうか?

詳細な説明として、醤魚片(食品)、5片、$10.-
咸鱈魚子(食品)、120g、$8.-と書いて申告した。

「こんな生ものはイカン、没収だ!」
と言われるかと思って申告してみたが、係官が申告書を3秒ほど眺めて、(魚の現物は見ていない)
「OK、行け!」
と、あっけなかった。

ここでまた感じたことだが、日本の税関ならば、
「食品は問題ありませんよ、どうぞお通りください」
というところだが、中国では、
「馬鹿かお前は、こんなもの書きやがって、さっさと行け!」
と言わんばかりだ。やっぱり、中国のサービス感覚はまだまだだ。

ともかく、これですっきりした。
次回からは、官憲諸氏の手を煩わせない様に、魚の切り身と明太子は申請しないようにしよう。

読者諸君がこれを参考にするのは構わないが、決して「大連雑学事典」で見たことが、免罪符にならないことは理解しておいて欲しい。
この国の法律解釈は、時間の経過と担当者によって変わることは、良くあることだから。

コメント

でっつさん、お帰りなさい!

「税関申告書」英文版にバッチリと中国語で書いてますね(笑)。まあ、見る税関職員はどうせ中国人なんだし、この方が親切かも(笑)。でも、俺なんか英文だと何が書いてあるのかサッパリ判らないんで、中文版に日本語で書いてやろうかな(笑)。

魚の味噌漬けに明太子か、ああ美味そうだなぁー。この日曜日に俺も一時帰国するんで、帰って来る時には持って来よっと。それとイカの塩辛かな(笑)。

ところで、魚の味噌漬けで思い出したんですが、渤海湾ではサワラが獲れるんですよ。俺んちの近所の市場にも、時期になると結構新鮮なのが並んでて、あれを使って「西京漬け」に挑戦してみようと思ってます。

> 「魚の味噌漬」と「タラコ」って英語で書けなかったんです。
> もし英語で書いていたら、
> 「ちょっと待て、開けてみろ!」
> と言われたかも知れません。

そう言われれば、確かに「味噌漬」けは英語でなんて言うのかなんて、想像もつきませんね。
仮に書いたとしても、税関職員もそんなの判るとも思えないから、却って「開けてみろ」って話になるかも知れないですね。

> 私は、冷凍スルメイカで、時々塩辛を作っていますよ。 
> 保存料など使わないので、1週間くらいで食べ切ってしまいます。

えー、それはさすがだ! 
今度作り方教えて下さいよ。

> 西京漬け、いいですね。
> でも、酒粕って手に入るんですか?

言われて気が付いたが、そう言えば「西京漬け」って白味噌と酒粕を混ぜるんでしたね。
それはお手上げだな。ドブロク作って漉すとかいう手もあるんだろうけど、
面倒くさくて、そこまでやってられないですね。
じゃあ「味噌漬け」に変更だ! って、まだ作ってもいませんが(笑)。

税関申告書

今回、税関を何故か北京で通過してきましたので、大連とは若干違うかもしれませんが、税関申告書、ふむふむ・・という感じで、パソコンを申請しているのに見ようともしないで通過させられました。拍子抜け・・・。生ものはそんな欄ある事も忘れてたので、記入せず。
大連のさわらは結構新しいですよね。マナガツオの味噌漬けも美味しいかも・・・って私も行動が伴わないのですが・・・。

  • 2005/07/15(金) 20:32:46 |
  • URL |
  • mikihiromm #v7EhPhU2
  • [ 編集]

情報ありがとう

>mikihirommさん、こんにちは。

別のコメントから、貴方のブログにお邪魔しました。
税関担当者の対応は、大連と北京と言うこともあるでしょうが、同じ大連の中でも担当者によって違うかもしれません。
と、言いながら、良く分かりません。
コメントありがとうございます。

  • 2005/07/15(金) 21:28:01 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/144-60ac8b08
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。