大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空き缶でボウリング

人だかりが出来ている、路上で何をしているのだ?050313candowns.jpg

ジュースの空き缶をピラミッドのように10個重ねた物が並んでいる。お金を払って、布巻きのボールのような物をぶつけて、缶を倒そうとしているようだな。路上になにやら石墨で字が書いてある。なになに?

缶を倒したら賞金あげます。
  1個倒したら賞金5元
  2個倒したら賞金2元
  8個倒したら賞金1元
  9個倒したら賞金3元
 10個全部倒したら賞金10元
 料金は1回1元だよ~ん。

おっと!これは驚き、路上のゲーム商売だったんだ。路上の物売りは沢山見てきたけど、路上のゲーム屋は初めてだ。
布玉を投げつけて、ボウリングの様に空き缶を倒すゲームだ。
見てると結構客が付いて投げているが、賞金を受け取る様子がない。どうした若いの、1個や2個ならすぐ倒せるだろう、なんならオレがやってみようか?

いや、ちょっと待て、賞金の額がおかしい!
1個倒して5元なら、2個で10元だろう、どうして2元に減るんだ?しかも8個で1元しか呉れないだと!? なんか罠がある気配だな、そ~か、なるほど。

数々の修羅場をくぐってきたオレだからすぐに見破ったぜ。
ピラミッドの頂点に立つ1個だけを倒すのは、なるほど難しいわ。適当に山に当てると5~6個が倒れて、4~5個が立ったまま残るって訳だな。しかも3個から7個までは賞金なし。頂点の1個だけを狙うか、全部一気に倒すかどちらかの決断しなけりゃならないってことだ。1投で10個全部倒そうとしたら、横からの直撃では不可能だ、直下型爆弾の様に真上に投げ上げて一番ピン(否、缶)に垂直に当てて、崩し落とさなければ全部は倒せない。ボウリングのストライクの要領だな。
ふ~ん、よく考えたもんだ。

30分ほど眺めていた(オレも随分と暇なもんだ)が、ほぼ途絶えることなく客が付いていたな。まぐれ当たりの賞金代を差っぴいても、1時間で4~50元の稼ぎになっている感じだ。学生の家庭教師のバイト料が時間2~30元が相場なのに対して、このおばちゃんは2倍くらい稼いでいるってことかい? 資本と言える様な物は、拾ってきた空き缶と石墨だけ、まぁ、実質ゼロだな。繁華街で、2時間ほど稼いだらどっかに消えるってことかい、おばちゃんいい根性してるぜ。

3月1日に紹介した他人を中傷する仕事には及ばないにしても、商魂たくましいい中国人の一面を見た思いがした。
日本の繁華街でこんなことをやっていると、チンピラヤクザが出て来て、
「てめーら、いってー誰に断って、ここで商売してるんだ、えぇ~!!」
なんて言いそうだが、中国にはいないのだろうか?
キーワード:商魂、路上商売、ゲーム屋、時給、工賃、月給、賃金

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/16-560e6e67
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。