大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

辛い!屋台の四川ラーメン

開発区に時々現れる「屋台の四川ラーメン」だ。
屋台の上に山積みになっている野菜から、好きなものを選んで、おばちゃんに渡すと、左側からサッサッサァと湯掻いて、同時におっちゃんが右側から麺を茹でてくれる。sichuanmian.jpg

見て驚くのが、スープの出汁に放り込んである赤唐辛子の量だ。
液面が完全に覆われ、二重三重に重なっている。

プラスチックの丼に、薄いポリ袋をかぶせて、麺と野菜を盛り付け、スープをかけて出来上がり。

丼にポリ袋を被せるのが屋台商売の一つの知恵で、ポリ袋を剥がしてしまえば、丼を洗う必要が無い。店側にとっては便利なのだろうが、スープを飲もうとすると、ポリ袋が口に吸い付いてきて、飲みずらいのが欠点だ。まぁ、汚い水で洗われるよりはマシなので、我慢しよう。

さて、問題の味だが、予想通り辛い!!
二口ほど食べたら、水が欲しくなったが、近くに無い。
口を開けて、ハァハァしながら食べた。

辛いけど、うまかった。料金は2元。

コメント

う~ん、ビニール袋・・・。

大のラーメンファンです。
でも日本のラーメンと中国のはかなり違うとか。
この写真では湯気でよくわからないのですが、麺を茹でているお湯にも唐辛子が入ってます?
美味しかったということですが、ビニール袋となると、食欲減退・・・それに、ビニールの化学物質が溶け出しているんじゃないかと、心配です。・・・そんなこと気にしていたら、中国では暮らしていけません、ということですね。きっと。

日本独自の味

中国のラーメンは、カンスイが入っていないので、日本のうどんのような感じです。
ただし、スープは中華味です。

日本のラーメンは、日本で作り出した日本独自の味だと思います。
同じように、カレーは、インドのカレーとは別物で、日本の味です。
更に、日本の餃子(ギョーザ)は皮が薄くぱりぱりの味で、中国の餃子(ジャオズ)とは別物の味です。

どんぶりにポリ袋を被せるのは、この店のオリジナルではなく、中国の外食では割と一般的に見かける手法です。

  • 2005/08/07(日) 07:56:09 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

辛いけどオイシイ秘訣は?

辛い!!けどオイシイと思われたのは、ダシがきいていたのかな。舌で、辛さを感じる場所とおいしさを感じる場所は、別々なのかもしれませんね。

  • 2005/08/08(月) 12:08:45 |
  • URL |
  • フレッド #-
  • [ 編集]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/171-a182feef
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。