大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一人暮らしで病気になったらどうしよう?

中国の病院では、一般に前払いのシステムになっている。
最初に、受付で10元程度のカルテを買う。このカルテを自分で持ちまわるのだ。
医師の診察を受けて、点滴が必要なら会計で点滴の料金を支払ってから、点滴室で点滴注射を受ける。レントゲンなども同様で、先にお金を払ってから検査を受ける。
この辺の事情は、中国医療Q&Aで、詳しく説明されている。

医療保険が効く病院であれば、キャッシュレスの治療を受けられるが、極めて少ない。一般には、現金で支払い、領収書を以って後から保険請求をするのだ。
入院や、手術など高度な医療行為を受けるときには、保証金の前払いを求められ、外国人だと2万元もの大金を要求されるとか、保証金を積まないと治療を拒否されることさえあるという。
だから、現金がないと、大変なことになる。

ウェルビーでは、中国の医療に関連して色々な事業を行っている。
中国巡回検診、医療知識の啓蒙、医療相談、重大医療ケースの対応(遺体搬送、火葬、家族呼び寄せ)、保険対応などなど。
その中で、一番身近に感じるのは、病気になったときの付き添いサービスだろう。

オレは実際に使ったことはないので、他人から聞いた話でイメージを書いてみよう。

=====
昨日は、なんか変なものを食ったのだろうか?
腹の調子がおかしくて、夜中に眠れないほど何回もトイレに通った。
もうすぐ会社に行く時間だけど、腹が痛くて、とてもじゃないが食欲がない。
あっ!またトイレだ、行っても何も出ないので、苦しいだけだ。
熱は無いみたいだけど、この下痢はただ事じゃないな、赤痢かも知れない。
病院に行かなくちゃ。だけど、どこに行けばいいんだろう?
オレの中国語じゃ、全然通じないだろうし、困ったなぁ。
それに、両替しないと人民元は200元しか持っていない、病院じゃ、もっとお金がいるんだろうな。
吐き気もして、気持ち悪い。
フラフラで、立ち上がるのもやっとだ、ウゥ!!腹も痛い。
こんなアパートで一人で死ぬなんて嫌だぁ。

=====
こんな、どうしようもない状況に陥ったときに、ウェルビーに電話をして救援を求めると、
・勿論日本語でOKだ。
・症状を聞いて適切な病院を教えてくれる、
・保険が効く病院を教えてくれる、
・中国語に自信がないと言えば、車を呼んで、病院まで付き添ってくれる、
・場合によっては、医療費を立て替えてくれる、
・必要に応じて、保険の請求資料などを手伝ってくれる、
そうだ。
家まで来てもらって助けられたという身近な人を、二人知っている。

ウェルビーから、金を貰っている訳ではないが、いざという時に頼りになる会社なので、紹介した。
金を貰っているところの話ではない、逆に毎年1万円以上も払い続けているのに、3年間で1度も利用したことがない。キャッシュバックがあってもいいくらいのもんだ。
海外傷害保険もそうだが、1度も利用したことがない。

だけどこれが一番だ、健康が最高の財産だ。

コメント

昨日、一昨日と投稿させて頂いた者です、本当に失礼いたしました。今日の記事も興味深く読ませていただきました、以前から聞いていたのですが、こちらの病院はお金が先で治療が後、お金がなければ何もして貰えないと、私も点滴をして貰っているとき、子供やお母さんの泣く声が聞こえ聞いてみたところ、お金が無くて治療を受けられない、このまま死を待つだけとの事でした。おっしゃるような保険をより多くの人が認知され活用されれば、病院へ行くというリスクが軽減されますでしょうね。

  • 2005/08/10(水) 12:01:18 |
  • URL |
  • 亜邦人 #-
  • [ 編集]

連続書き込みありがとうございます

>亜邦人さん、いらっしゃい。
やっと、名無しさんからグレードアップしましたね。
人道的な処置を期待したいのですが、一度そうしてしまうと、キリがなくなってしまうので、病院側では放置するしかないのでしょうね。
「金の切れ目が縁の切れ目」
という言葉がありますが、
「金の切れ目が命の切れ目」
とは、なんと悲しい現実でしょう。
政府は、オリンピックと万博を迎えて、近代化、マナーの向上など叫んでいますが、こういう現実にも目を向けて欲しいものです。

  • 2005/08/10(水) 17:34:04 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

そうですね、人道的見地、道徳観念(国により違いますが)をないがしろにして、近代化、マナーの向上は有り得ないでしょうね。

  • 2005/08/11(木) 20:51:03 |
  • URL |
  • 亜邦人 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/173-809352e5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。