大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インド人もびっくり、英語が出てこない

テニスの仲間が、インドの女性をコートに連れて来た。
旦那さんと二人で中国に出張に来て、旦那さんは出張先の中国から更にイギリスに出張してしまったため、中国に置き去りにされた。日曜日に特にやることもないので、我々のテニス練習を見物に来たというのだ。
当然のことながら日本語は全くダメ、中国語もダメ、コミュニケーションツールは英語だけ。

オレは、こう見えても中国に来る前は、自称アメリカ担当として、年に5,6回はアメリカに出張していたもんだ。関連して時々欧州にも行っていた。
流暢な日常会話とはいかないまでも、挨拶や道を聞いたりする程度の英会話はこなしていたんだよ。

すっかりそのときの気分になって、
"Nice to meet you. Is it the first time to visit to China?"
  「はじめまして、よろしく、中国は初めてですか?」
"Oh, yes. it's the first time."
  「えぇ、初めてなの。」
"What bring you to China?"
  「どうして中国に来たのですか?」
"Because of my husband's business."
  「夫の仕事の関係で、」
とか何とか喋りだしたのは良いんだけど、英語が続かない!

「中国の色々な都市に行ったけど、大連が最も綺麗ですね」
と言いたかったのだが、
"I visited a lot of cities in China" 「だけど」って何だっけ? 後から思えば、単純に"but"で良いんだよね。そのときは幾ら考えても、「但是(ダンシ)」「可是(クァシ)」しか浮かんでこない!
「綺麗」って何だっけ?「漂亮(ピィァオリャン)」しか思いつかない。どうして"beautiful"なんて簡単な単語がが出て来なかったんだろう。

「ううう・・・・・、何だっけホラ、あの・・・・・・」
固まってしまった。

こういうことって、多くの人が経験しているみたいだ。日本人同士の酒飲み話でよく話題に上る。

日本人の頭の中には、日本語と外国語の二つの引き出しがあって、最初に学んだ英語は、当然外国語の引き出しにしまっておく。英語だけ勉強しているなら問題ないのだが、そこに中国語が入って来た。
引き出しは、二つしかないから、仕方なく、外国語の引き出しにしまうことにする。英語を使う機会がないまま、中国語がどんどん外国語の引き出しに詰め込まれる。英語はだんだん下の方に溜まって、引き出しを開けたときに、中国語のカードしか見えなくなってしまった。

久しぶりに、英語の人とのお話だ、さぁ外国語の引き出しを開けてと、「今日は暑いですね」を探そうとする。"today"のカードは何とかすぐに見つけたが、「暑い」を探しても、「熱(ルア)」のカードが邪魔になって、英語の「暑い」(つまり"hot"のこと)が見つからない。
言いたかったのは It's hot day today! だった。

きっと、頭の中でこんなことが展開されているに違いない。

若いうちに鍛えれば、日本語の引き出しと、英語の引き出しと、中国語の引き出しを分けることが出来たのだろうな。

コメント

あるある

私はタイに住んでいますが、同じ経験をしています。
やっぱり英語よりも、タイ語の単語が出てくるわけで。
アメリカ人と、タイ語で話したりしています。

日本に居ますが

大連出張の際「没問題」をよく使ってたので、日本で仕事中に何かあった時でも「大丈夫!」が出てこないで「メイ..、あ、違う違う。大丈夫」ってことよくあります。

中国で学校に行かず独学で身につけた中国語>学校で10年間勉強した英語、
です。今まで投資した時間と労力を想うと悲しくなります。
「万里の長城」へ行く外国人を案内するとき、「にー すぴーく・・・日本語?我・・・違う、I・・・えっと、わかる?」ってきいてました。簡単な英語も出てこないんですよね・・・。

英語の勉強のしかたを根本的に間違えたと思います。テストで点取るためだけの英語って感じ・・・。

  • 2005/08/16(火) 21:30:03 |
  • URL |
  • zhongdao #wLMIWoss
  • [ 編集]

ありますよね!

>Toshi@タイさん、こんにちは。
ありますよね。
多分、中国語でもタイ語でも感覚は同じだと思いますよ。
すごく歯がゆいですよね。
後で、hotとか簡単な単語を思い出すと腹が立ってきます。

>花花牌子さん、いつもありがとう。
オレも、日本人相手にしても、とっさの時には、「謝謝」が日本語よりも先に出てきます。

>zhongdaoさん、お元気ですか?
全くおっしゃるとおりです。最後は日本語で「・・・と、何だっけ?」って。
学校で10年間に加えて、オレなんか、英会話スクール1年間+CD教材(騙された感じ)+なんだかんだで、個人の金を100万円以上は投資しています。
なのに、この体たらく、涙が出ます。

  • 2005/08/16(火) 22:16:40 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

はじめまして。私は大連に来て2カ月ですが今まさに同じ状態です。
周りに日本人が少ないため英語と中国語を話すのに必死です。ただでさえ、英語も不確かなのに頭は新規参入の中国語モードに切り替えつつあるのでぐちゃぐちゃな会話をくりかえしてます。

  • 2005/08/16(火) 22:17:54 |
  • URL |
  • goo #-
  • [ 編集]

gooさん、いらっしゃい。

>gooさん、はじめまして。
新しい大連ブログ仲間ですね、これからよろしくお願いします。
ご案内のURLをちょっと覗いてきました。口調が軽快で面白そう。オレが初めの頃感じた疑問が沢山出ていて、突っ込み所満載って感じですね。後日コメント攻撃に行きますのでヨ・ロ・シ・ク。

  • 2005/08/16(火) 22:34:49 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

日本人の英語下手は

私の持論なのですが、日本人の英語下手は、①普通の日本人の生活に英語はほとんど不要で、②英語と日本語には言語学的(文法的)な共通点がほとんどなく(英語由来の外来語はたくさんありますが)、 ③日本人に強いはにかみと完璧主義が、英語で話すことを阻害する点によると思います。

ところで、英語を中国語に置き換えてみると、上の②については、日本語と中国語はマァそれなりに近いですし、①も、大連にいらっしゃる日本人の皆さんには、程度の差はあれ中国語が必要なのでは?(いや、そんなこともないよというでっつさんの過去の記事がありましたが--)

  • 2005/08/17(水) 12:14:00 |
  • URL |
  • フレッド #-
  • [ 編集]

分かる~!

バクダンあられのトラックバックありがとうございました。
英語が出てこない状況、すごくよく分かります。
私の場合は、北京語を話しているつもりでも、
1つでも広東語の単語を言ってしまうと、
以降、すべて広東語になってしまいます。
それでもしゃべっている間は、頭の中では
立派に北京語を話している「つもり」になっています。
不思議です。
そんな私の言葉を理解してくれる人がいるのも不思議です。

なんだか、でっつさんのブログを読むのが癖になりそうでーす。少しずつ過去の日記を読んでみます!

  • 2005/08/17(水) 22:22:48 |
  • URL |
  • 悠悠 #-
  • [ 編集]

目次をご利用ください

>悠悠さん、ご丁寧にありがとう。
過去記事をご覧になるなら、目次を参考にしてください。
2週間に一度くらいしか更新していませんが、テーマごとに分けているので、見やすいかと思います。
これからもよろしく。

  • 2005/08/18(木) 07:05:32 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/175-5d4632f8

とまどい

NHKワールドの高校野球を見てて、はっとしてしまったこと。それは・・・球児の名前を頭の中で中国語読みしてしまったこと。最近、漢字を見ると中国語の頭になっている。それはきっとここ大連に慣れてきたということなんだろう。シャングリラを初めとするホテルのレストランや

  • 2005/08/21(日) 01:07:33 |
  • naoと大連
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。