大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今にも飛び立ちそうな大根の白鳥

ホテルの中国料理店など、ちょっとしゃれた店に行くと、料理皿の上に、食材を利用した彫刻が飾られていることがある。
swan050531.jpg

この白鳥は、ちょっと凝った作りになっていて、左右の羽と、人参で作ったくちばしは、後から嵌め合わせている。

首の優雅な曲線、翼の躍動感、表情豊かな顔つきなど、大根と人参で作ったとはとても思えなかった。今にも飛び立ちそうだ。
手にとって、翼やくちばしをバラバラにしてみると、確かに大根と人参だ。素晴らしい芸術だと思う。

longchi.jpg

こちらは、スイカの皮をうまく利用した「龍」だ。
デザインセンスが素晴らしい。かなりデフォルメされているが、龍の雰囲気を十分に醸し出している。
周辺に飾られた、スイカの果肉とミニトマトも龍の存在感をアピールしているようだ。

一般に、龍や鳳凰などをモチーフにした食材彫刻が多く、中国料理の楽しみのひとつになっている。

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/182-e83b7683
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。