大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南極探検隊専用ラーメン

野口宇宙飛行士が、ディスカバリーに持ち込んで食したという「宇宙ラーメン」が評判になったが、宇宙ラーメンの開発にあたっては、次のような工夫がなされているそうだ。
・無重力でも飛び散らないように、スープの粘度を高めた
・70℃のお湯でも食べられるような小麦粉の選定
・麺が飛び散らないように、一口大の塊状になる麺

なるほど、これは宇宙ラーメンと言うに相応しい工夫だ。

中国のスーパーをぶらぶらしていたら「南極ラーメン」を見つけた。
nanji050821.jpg

中国南極科考隊員専用麺
 国家栄養健康工程産品
     国家免検産品

と表示してある。
どこが南極ラーメンやねん?

食べてみないと分からないだろうと、3種類見つけて買って来た。右から順に
 骨湯弾麺-濃湯排骨麺(濃厚豚骨スープ)
 骨湯弾麺-濃湯牛肉麺(濃厚牛肉スープ)
 骨湯弾麺-濃湯海鮮麺(濃厚海鮮スープ)

を並べた。
製造元は、華龍日清食品有限公司だ。
華龍日清食品有限公司は、2004年に、中国大手即席めん・製粉メーカーの河北華龍麺業集団有限公司の増資を引き受ける形で華龍の株式33.4%を日清食品が約200億円で取得しで出来た会社だ。
「今麦郎」のブランドでインスタントラーメン事業を展開している。

書かれている調理方法は、日本と変わらない。
700mlの水を鍋で煮沸させ、煮沸したら麺を入れて3-4分間煮る、その後、野菜袋、肉タレ袋、調味袋を加えて、更に30秒煮沸して掻き混ぜれば出来上がり。

右から順に食ってみた。
4分半も煮たにも拘らず、麺は弾力があって、美味い。この弾力麺は韓国系の辛ラーメンにも匹敵する。麺重量は110グラムとボリュームもある。南極隊員が食うには、このくらいのボリュームは必要だろう。
どの味も、中国のインスタントラーメンにありがちな妙な辛味がなく、素直に美味しく食べられた、問題なし。
ただし、南極ラーメンでも、「辣!」の表示がある品物は止めた方が良い。辛いだけじゃなくて、別の味の香辛料が入っているようだ。

結局、どこが、南極探検隊専用ラーメンの工夫なのかは分からなかったが、美味いから、いいか。

問題なし、と敢えて書いたのは、一般に日本人にとって、問題がある中国ラーメンが多いからだ。恐らく八角の味だと思うのだが、独特の香辛料の臭いがきつすぎて食べられない日本人が多い。

そのため、日本からのお土産に、日本製のインスタントラーメンを希望する人が、意外に多いんだよ。
催促している訳ではないのだが、また書いてしまった。

コメント

十分催促してるよっ!(笑) コホン、失礼。

「南極探検隊専用ラーメン」というネーミングに惹かれてしまいました。
早速、南極へ探検に行く際は持参することにしましょう。
で、その前に食べてみよーっと。♪

  • 2005/09/22(木) 10:09:29 |
  • URL |
  • o-chuck #IY7bLZJE
  • [ 編集]

はじめまして

こんにちは。
中国総合情報&情報交換サイトの【ALA!中国】です。

貴ブログを読ませていただきました。
内容がとても充実していますので、弊サイトのブログ
ディレクトリーに登録させていただきました。
 http://china.alaworld.com/modules.php?name=Blogs
どうぞ、ご確認ください。
もし不都合がありましたら、ご連絡をいただければ、
修正または削除をします。

また、もし差し支えがなければ、そちらからも
【ALA!中国】をリンクしていただけますか?

よろしくお願いします。

*****************************************
中国総合情報&情報交換 【ALA!中国】
http://www.alachugoku.com/
*****************************************

o-chuckさん

タイムリーなツッコミ、ありがとうございます。
こうでなきゃ、漫才はウケません。 ん?

南極は一人で行くのは無理ですから、将来KAZくんに連れて行ってもらいなさいよ。そのときまで、体力を維持しておかないといけませんよ。

  • 2005/09/22(木) 14:21:08 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

「南極探検隊専用麺」とか言ってますが、

何も南極用に特殊仕様のラーメンを開発したとか言うのではなく、要するに新発売のインスタントラーメンを100箱とか無料で隊に提供したり、幾らかの協賛金を出したりして、南極探検隊の「協賛メーカー」になったんじゃないでしょうかね。そういえばこのメーカーの製品は、他にもユニバーシアードだったかの「中国選手団専用麺」にもなっていたと思います。
ことほど左様に中国ではコマーシャリズムが花盛りだってことなんでしょうね。ところで、日本で「南極越冬隊専用○○」なんてのはあったかな?
でも、これもまだ食べてないんで、早速買ってこなくちゃ(笑)。

遼寧省営口市在住さん

どうもそのようですね。
特別に寒さに強いとか、氷の中で食べる工夫とかは無いようです。
単に、協賛メーカーと言うことですね。
「北京オリンピック公式ラーメン」とか出てくることでしょう。
南極越冬対専用、南極1号という有名な物体がありましたが、実用した人は一人もいなかったとか(お湯を沸かして準備するのが面倒だったようです)
http://fhp.from.jp/sex555555/?p=0101&n=&k=1

  • 2005/09/24(土) 09:44:29 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/191-65b2bdc9

即席めん

世界初の即席めんは「チキンラーメン」。世界初のカップめんは「カップヌードル」。勿論、日本人の発明!2004年全世界で700億個の即席めんが消費されそのうち中国の消費は約480億個!この即席めん、中国人は自国の発明品だと思ってる。チチチ!違うんだ

  • 2005/10/22(土) 22:10:47 |
  • 半可通(はんかつう:主に中華圏の面白話を、気が向くままに)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。