大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国の空揚げって味付き

鰈の唐揚げだ。 日本でも見かける一般的な料理法だ。
17センチくらいの鰈が、5匹で8元だったから、日本円で一匹22円。安い?
karei050821.jpg

ヒラメとカレイの見分け方で「左ヒラメに右カレイ」と言うのがある。
ヒラメもカレイも、はるか昔は普通の魚と同じように、身体の両側に目が付いて縦に泳いでいたのだが、海底に伏せるために平べったくなるときに、身体の左側に二つの目が寄ったのがヒラメで、身体の右側に寄ったのがカレイだと言うのだが、分かるだろうか?

口の形を見ると、背ビレと腹ビレの区別(体の上下)が分かるはずだ。背ビレを上にして魚を置いたときに、口が左に来たらヒラメだし、右側に口が来たらカレイだと覚えても良い。
「左ヒラメに右カレイ」と。
上の写真では、口の形から上下を判断して正しく置くと、右側に口があるので、カレイだと分かる。簡単だ。hiramekarei.jpg

この空揚げを食べる前に醤油をかけたくなるが、ちょっと待った。
日本の唐揚げと違うところは、衣にしっかりと味がついている点だ。唐揚げでは、ケンタッキーのチキンのように味が付いているものもあるが、日本の揚げ物は味が無いのが一般的な気がする。
日本の味の無い(薄い)料理とは、例えば、
てんぷら、コロッケ、フライ各種、カツ、冷奴、お浸し、刺身、焼き魚
などなど沢山あるが、食卓で、食べる人が醤油やソースをかけて最終的な味を整える類の食品だ。

中国で強いて言えば、ネギや大根などの野菜スティックに味噌を付けて食べる料理や、同じように味噌を付ける北京ダッグもそうかな、あと水餃子?

一部の例外を除けば、中国の揚げ物や焼き物には、必ず味が付いている。一瞬、てんぷらかと思うような食べ物でも味が付いているのだ。

時どき、てんつゆで食べたいと思うことがあるが、味を確かめてからにしよう。
キーワード:
左平目に右鰈、平目と鰈の見分け方、鰈と平目の見分け方、カレイとヒラメの見分け方

コメント

郷に入れば郷に従え

味が付いたから揚げは日本でも結構ありますよね。ピリ辛軟骨から揚げとか~、とりから(鶏からあげ)も食塩と胡椒を入れていると思います。
日式のカレーやラーメンと同じでその国の味に改良された、外国の日本料理を食うのが好きです。しかし!あのてんぷらだけは許せない。中国のある町で食った「てんぷら」、ころもはホットケーキじゃないかと思うほど甘い、これではえびのフリッターだ。(こんな料理はない)微妙にスパイスが入っている、入っていようがいまいが、甘いことですべてが帳消し。
これが「中国の方の好みなんだ」と身銭を切ってわかったことでした。

  • 2005/10/13(木) 18:53:09 |
  • URL |
  • はくらくてん #-
  • [ 編集]

甘いのはオレも!

>はくらくてんさん、
甘いのは、オレもどうもイカンです。
デンマークの会社の社員食堂で、自分で選ぶ形式(変な日本語だが、バイキング方式)で、オレンジ色のスープを取った。色とねっとり具合から、かぼちゃのスープに違いないと、何の疑念も持たずにこのオレンジ色のスープを取った。
席に着いて、オレンジ色のスープをスプーンですくって口に運んだ途端
「メッチャ、甘い! 食事中に、これは無いだろう!」
だけど、大の男でも、美味そうにこのオレンジ色のスープを啜っている奴もいる。お国柄だなぁ!

  • 2005/10/13(木) 23:31:03 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

この唐揚、大連では

良く見かけますね。食べたこともあるけど、味も結構良かったですよ。
俺の住んでる営口でも売ってるんですが、ウチの嫁さんが「ああいうのは疲れた油を使い続けていて、体に悪いからダメ」って、なかなか買ってくれないんですよ。
この唐揚、一工夫して「甘酢あんかけ」なんかにすると、更に美味くなるんじゃないでしょうか。
カレイは中国語では「鰈(ディェ)」で、ヒラメは「鮃(ピン)」と辞書には書いてありますが、実際の魚屋の店頭ではヒラメは日本語式に「平目魚」だったり、「牙鮃」とか「比目魚」、「偏口魚」とか色々な名前で書いてあって、結局は実物を見て「ああ、ヒラメだ」って確かめるしかないですね。
大連ではヒラメの刺身を出すところも多いんじゃないですか。何回か食べたことがありますよ。
そうだ、中国で自分で味を調えて食べる物に、もう一つありました。北京式の「シュァン(さんずい+刷)羊肉」(羊のシャブシャブ)です。本物を食べさせる店では、10種類ぐらいの材料が用意されていて、自分で調合してタレを作ります。こういう本格的なタレを用意している店は、羊肉も良い物を出しますが、お仕着せの甘ったるいゴマだれが一種類しか出てこないような店はまずダメです。それとこの羊のシャブシャブを食べる時は、魚介類は絶対に一緒に入れないように。味がごちゃごちゃになって不味くなります。何でもかんでも放り込んで食べてる奴がいますが、そういうのは外道です。

甘酢あんかけ

は、おいしそうですね。試してみましょう。
ヒラメの刺身は、多いですよ。活け造りで出してくれます。
「涮羊肉」は、知りません。探してみますが、心当たりが無いな。

  • 2005/10/15(土) 08:47:26 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

羊のしゃぶしゃぶですが

でっつさん、この「さんずい+刷」っていう字、良く出ましたね。どうやって出したんですか?
それで、本題ですが、北京で一番有名な「羊のしゃぶしゃぶ」の店は「東来順」ですが、この支店が大連にあるんじゃないでしょうか。(未確認ですが)あるとすれば、そこで食べるのが一番良いですね。もっとも、あったとしても開発区ではなく、市内でしょうね。
それと、「東来順」もそうですが、羊のしゃぶしゃぶはそもそも「回民料理」ですから、
(1) 店の入り口にコーランの文句をアラビア語で書いた青地の看板が掛かっている店
(2) 店名などにイスラム教を表す「清真」の文字が書かれている店
(3) 鍋は銅製の真ん中に煙突の付いた「火鍋」を使っている店
で食べないと本物にはありつけません。
そろそろ鍋のシーズンですから、どこの店でも鍋物は多いですが、モノホンの「羊のしゃぶしゃぶ」は上記の条件が全て揃った店で食べないといけません。「海鮮火鍋」とか「四川麻辣燙」なんて書いてある店で食べてはダメです。(羊肉もおいてあるが、それはメインではない)

条件が厳しいですが

機会を見つけて探してみます。でも、大連市内だったら無理かな?
「涮羊肉」は中国文字です。
ChineseWriterという中国文字入力ソフトを使っています。システムによっては文字化けしてしまうのであまり使いませんが、中国文字を入力することが出来ます。
你好!你干什么?身体好了吗?
文字化けした人は、ごめんなさい。

  • 2005/10/15(土) 11:14:41 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

甘酢あんかけ、うまかった

美味しそうな提案だったので、昨日作ってみました。
インターネットで甘酢あんかけのレシピを探して、初めての甘酢あんかけでしたが、一手間かけた分、5倍くらい美味しく感じました。
また、やってみようかと思っています。

  • 2005/10/18(火) 07:11:06 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

そうですか

実は人に薦めておいて、実は俺も作ってみたことは無かったんですよ。ただ、モノが「唐揚げ」なんで、きっと美味いだろうと思ったわけです。そうか、それじゃ俺も作らなきゃ。(笑)

昨日はちょっと寒かったんで、「おでん」を作りました。ダシは醤油と日本製のダシの素、酒、砂糖、昆布ぐらいで出来ちゃいます。最近は中国でも日本式の魚肉練り製品(カマボコ類ですね)がけっこう売られるようになってきたんで(こちらでも鍋に入れて食べているらしい)、あとは卵、大根、サトイモぐらいを入れて煮れば、けっこう美味い「おでん」が出来ますよ。大連にはあるけど、こちらでは大ぶりのカマボコやこんにゃくは手に入らないですね。

是非試してください

手間が簡単な割りに、おいしさ倍増です。

  • 2005/10/18(火) 10:31:27 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/195-7086a8ee

新宿だけど北京ダッグ&上海カニ

口コミで広がった中華料理屋(超穴場!)さんを紹介します。新宿で中華を抑えている人はご存知だと思いますがビックス新宿ビルの向かいにある「台湾小皿料理 荘園」北京ダックや上海カニをリーズナブルに提供してくれるお店です。本格中華と言えば、少し高いイメージをします

  • 2005/10/27(木) 00:15:34 |
  • @新宿「オススメ店」営業日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。