大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうしても馴染めない日本そば

車で外出して、昼飯時を外してしまった。
今更会社に戻っても、食堂はもう掃除をしている頃だ。
仕方ない、今日は外で昼食を食べよう。
ginpei050913.jpg

他の方のブログにも何回も出てきたが、大連市内の日本食レストラン「銀平」が、今年の5月頃から、開発区に支店を出した。
「手打ちそば」と「鯛めし」が売り物の日本飯屋で、割と人気があり、いつも大勢の日本人で賑わっている。

運転手に指示をして、「銀平」に行った。
運転手にメニューを渡して
「何を食べる?」
「日本食は分からないから、総経理に任せます」
「じゃあ、そば定、二つ!」

この店の昼の定食は色々あるが、売り物の「手打ちそば」を3種類のタレで食べる「そば定食」がうまくて、お得だと思う。
わんこそばみたいな小さなお椀の蕎麦が3種類、刺身、サラダ、てんぷらなどの他、お釜で炊きたてのご飯が付く。食器も豪勢で見た目は立派で、高級料亭のお膳と変わらない。これで35元。

オレとしては、自信を持って、運転手に奢ってあげたつもりだった。

「ここの蕎麦はうまいね!」
と、顔を上げてみると、運転手が、顔をしかめている。
どうも蕎麦が口に合わないようだ。
しかも、刺身は食えないと来ている。
サラダとてんぷらで、ご飯だけをバクバク食っていた。

帰りがけに、
「日本人にとって、ここの蕎麦はうまいんだけど、あんたの口にはあわなかったみたいだな、悪かったね」と言うと、
「いや、蕎麦は食えなかったけど、ご飯をいっぱい食ったから大丈夫」って、控えめに言っていた。

日本蕎麦が食えないのが、彼だけの特性なのか、一般中国人に対して言えるのか分からないが、食文化の違いを感じた。

その後、別の日に、来客と一緒に昼食を摂ることになり、運転手に
「あなたも一緒に食べよう」と誘ったところ、
「日本食では苦手なので、別のところで食べてきます」
と、一人でどこかに行ってしまった。
日本食が好きな中国人は多い。だけど彼にとっては、
 日本食=蕎麦=不味い!!
の図式が出来上がってしまったようだ。

日本と中国に限らず、国が変わって、一番困る生活の基本って、食文化だと思う。

コメント

うーん、そうですかねー

ウチの嫁さん(生粋の中国人)なんか、日本で長い間生活したわけでもないんだけど、刺身なんかマグロのトロとかは大好きだし、ざる蕎麦なんかもワサビをたっぷり入れて、「好吃!」って食べてますよ。月に一回ぐらい大連に行って日本料理を食べるのを楽しみにしています。彼女の息子(大学生、日本にはまだ行った経験無し)も、鉄道病院の近所の「大名」の昼の定食(ちょっと高くて80~100元、でもボリュームはたっぷり)を15分ぐらいできれいに平らげてましたよ。
まあ、味覚は人によって違いますから何とも言えませんが、でっつさんのところの運転手君は、「食」に関してはかなり保守的なのかも知れませんね。俺の経験だと初めて和食を食べる中国人でも、だいたい好きなのは鰻の蒲焼と天ぷらですね。これは90%以上OKです。若い人だとカレーとかトンカツなんかも(これって生粋の日本料理かな?)、大好きな人が多いですよ。
また大連辺りでは昔から日本時代の影響で、地元の中国人の間でも刺身を食べる人もかなりいたはずなんですけど、この運転手君はどこの地方の出身ですかね?
北京や上海では今や日本食を食べるのは一種の流行になってるぐらいで、TVドラマなんか見てても日本料理屋で食事をしている場面が頻繁に出てきますよ。

タイでも

タイ人と一緒に食事する場合、タイ人が日本食を食べたいと言わない限り、日本レストランには行かないことにしています。
高い日本食をご馳走して、タイ人の口に合わなかった場合、
「あれ、値段はいくらでしたか。」
と聞かれて、答えると、
「そんなに高いんだったらタイ料理のほうがずっといい。」
と言われてしまいますから。
日本人と違って、はっきり言いますからね。
だから付き合いやすいということもありますけど。
そのタイ人が日本食を好きで気ではないということがはっきりしますからね。
日本人の場合は、おいしいと思わなくても、無理して食べて、おいしかったです。といいそうな気が。

ほんと、難しいです。

うちの会社の実習生達は皆大連の田舎の同じ村の出身ですが、それぞれ味付けや食材の好みが違います。なので、日本に来た頃は当番を決めて食事を作っていたのですが、今では各自で作るようになったそうです。
豚肉を食べられない子、魚を食べない子、しょっぱいのが好きな子、薄味がいいという子。
納豆好き、という変り種もいるし。

ほんとうに食べ物とトイレの話は尽きないですね。

はじめまして、「中国大連雑記」より来ました。

そばですが、私がこれまで日本で関わった中国人のほとんどは好んで食べませんね。モソモソする食感がダメらしいです。うちの嫁さんも例外ではなく、食べられないほど嫌いじゃないですが、私が食べたいと言わない限り作ってくれません。同じようなものに「こんにゃく」というのもあります(^^;

  • 2005/09/23(金) 21:42:16 |
  • URL |
  • 青蛙大王 #LkZag.iM
  • [ 編集]

あ、青蛙大王さんだ、こんばんはー。

自分がおいしいと思ってる日本料理を中国人(妻含め)食べさせて、
「高いわりには口に合わない」
というリアクションされると虚しく感じますね(笑)

日本人に中国の街案内してて、日本料理店に行って
「やっぱり日本の日本料理とちょっと違う。やっぱり日本のほうがいい」
というリアクションくるとがっくり感じます。

「食」は生まれ育った場所のものがやっぱりいちばんおいしいよう。かみさんはどこの餃子店行ってもたいてい「家で作る餃子のほうがおいしい」と言います。

日本から来る日本料理店の人がそのへん対応しないといけないのかなぁ、それともあえて日本の味を通したほうがいいのか。味を変えるのは中国の人に任せたほうがいいのかな・・・。

  • 2005/09/23(金) 23:11:22 |
  • URL |
  • zhongdao #-
  • [ 編集]

まとめてご返事

>遼寧省営口市在住さん
彼がどこの出身か聞いておきますが、刺身と蕎麦はどうしてもダメなようです。
他の社員は、刺身や寿司が大好きで、「総経理また行きましょう」と誘ってくるほどです。やはり、個人差がありますね。

>Toshi@タイさん
やっぱりタイでも日本料理は高いですか?
大連でも、例えばラーメンなら、地元のラーメンは2~5元ですが、日本ラーメンとなると20~30元に跳ね上がります。それでも食べたくなると行きますけどね。
中国人にご馳走するときは、中華にします。
タイのナンプラー(魚醤)でしたっけ? タイ人にとっては、料理に欠かせないものらしいですね。日本人が、海外に行くときに醤油と梅干を持って行くような感覚でしょうか。

>カンカンさん
食べ物とトイレと来ましたか。
食べ物は、日本人の中でも好みの差がありますよね。
関西人にとっては、関東の真っ黒な汁のうどんが信じられないとか。

>青蛙大王さん、はじめまして。
ブログの方は、時々拝見しています。まだコメントしたことはありませんが(^_^;)
旅順にコンニャクを作っている工場があります。そこでは、殆どが日本への輸出だが、中国国内へも一部出荷していると言っていました。
だから、中国人でも食べる人がいるのでしょうね。中国にいる日本人かな?

>zhongdaoさん
私のところに来る出張者は、大連の日本料理店に連れて行くと、日本よりも美味いと満足してくれます。あまりグルメじゃないのでしょうね。

中華レストランは世界中にあります。どんな小さな町に行っても必ず一軒や二軒の中華料理屋があるものです。
中華料理と一口に言っても、その国その国で味や注文の仕方が違うと思います。日本で食べる中華料理はおいしいのですが、大連に来たら味が違う。油っこいし、香辛料が強い。これが本当の中華料理なら、日本では日本人の口に合わせた味になっているのですね。アメリカで食べた中華料理は、また違って、少し大味だったような気がします。
店を大きくする為には、地元の客を狙うことでしょうね。

  • 2005/09/24(土) 10:18:40 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

実はそば粉の麺は中国にも

あるんですよ。陝西省や甘粛省などに行くと、ホーロ(「食+合」「食+各」、ああ、こういう字は日本語ワープロソフトだと出ないんで疲れるぜ)と言って、そば粉を練ってトコロテン式に熱湯の中に押し出し、麺を作ります。その麺を羊の肉などのスープに入れて湯麺にして食べるんですが、結構あっさりしてて美味いですよ。日本のように切る作り方ではありませんが、良く練ってあったせいかコシもあって、色も味もまさに「蕎麦」です。俺は陝西省北部の「中国革命の聖地」延安で食べました。あの辺は黄土高原で、水が少ないので、米も麦もほとんど採れないんで、昔から蕎麦を食べていたそうです。練って「餅」に焼いて食べることもあるようです。こういうものは全くローカルな「小吃」なので、東北ではほとんど見かけませんね。市場やスーパーの雑穀売り場には殻を剥いた粒状の蕎麦は売ってるんですけどね。ウチでは時々お粥に入れて食べてます。

それとは別に、最近日本式のそば(乾麺)を中国でも製造販売しています。大連のマイカルでも3種類ぐらい売ってました。俺が買ったのは「北京京都銀龍食品有限公司」というメーカーの「強力蕎麦麺」で、パッケージには日本のざるそばの写真が入っています。値段は忘れてしまいましたが、10元もしなかったように思います。茹でてざるそばにして食べてみましたが、結構いけますよ。

延安出身者に

そうですか、蕎麦を食べる地域があるんですね。
うちの会社に、延安出身の社員がいるので、今度食わせてみようかな!

  • 2005/09/24(土) 15:40:08 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/214-8df010b9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。