大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高いか安いか散髪代

日本と比べて大連は物価が安いと言われるが、何でもかんでも安いわけではない。
明らかに安いのは、人件費、食品、不動産だけだ。
それ以外の、衣服は日本と同等だし、電器や自動車はむしろ日本より高いくらいだ。
人件費が安いということは、人件費比率が高いサービス業が安いことを意味する。その代表が、床屋とマッサージとタクシーだ。
さて、今日は、床屋の値段について考えてみよう。
zhengfa050717.jpg

この写真は、オレが通常通っている床屋の入り口だ。
クルクル回る三色のポールも無く、本当に床屋かと心配になるが、大連の床屋(美容院)はこんなもんだ。
一般に床屋と美容院の区別は無く、男も女も同じ店に行く。
hairfei050717.jpg
こちらは、上の写真の階段入り口に貼り付けてある価格表だ。
理髪10元、老人子供5元と書いてある。オレはこの10元で刈ってもらっている。
その他いろいろあるが、女性の美容院も兼ねているので、パーマなどの料金が記載されている。

10元(140円)って、すごく安いと思うだろう。果たしてそうだろうか?

大連開発区の工員の賃金を、800元としよう。
月間労働日数が21日、毎日の労働時間の8時間で割り返すと、
工員の時給は、4.76元≒5元である。

この店の散髪は速い。約10分で終わる。日本の洗髪無しの1000円床屋と同じようなものだ。
10分で10元ということは、1時間で60元になる。
工員の時給5元と比べると、12倍だ。
特殊技能を修得しているので、ある程度割高なのは仕方がない。

月収は幾らになるか?
毎日10人の客が来て、月250人とすると、総収入は2500元だ。
経費が30%として、利益は1750元。
まぁ、生活していける金額なのだろう。
このように考えると、一人10元の散髪料が、べらぼうに安いわけではなく、大連で生活していける程度の適正な料金であることが分かる。客数によっては、更に安くすることも可能だ。

日本の1000円床屋と比べてみよう。
日本の高卒初任給を18万円とすると、一般工員の時給は約1000円だ。
一方、1000円床屋は10分で終わるから、時給は6000円と言うことになる。つまり日本の1000円床屋の時給は、一般工員の6倍だ。
これを大連に当てはめれば、一般工員の時給は5元だったから床屋の時給は30元になり、10分間の仕事なら5元である。客の入り次第だが、駅前などの繁華街で客数が多ければ、5元でも十分なのだ。
(現実には、場所代や設備費用が異なるので、こんなに簡単な計算ではないが、まぁ、目安としてみてください)

コメント

場所にも依ると思うのですが・・

最初に中国で行った美容院は、来て10日目で飛び込みで行った近所の美容院。ここはカット料金10元でしたが2時間くらいかけて丁寧に・・^_^;
丁寧すぎて疲れました(笑)
右左多少長さが違ってようが、別に気にするタイプじゃないので次はパス。
ここの場合、時給は諸経費抜きで5元?
場所は住宅地の中で繁華街では有りません。
次に行ったのがふたごっこママおすすめの「ロッテリア」
韓国系の美容室で「アニハセヨ」で出迎えられます。
カットは20元。所要時間15分。
ここの時給は80元?
場所は開発区の繁華街ど真ん中。
カットはどちらも上手でした。
金銭感覚は充分すぎるほど中国化している私ですが、
次回行くとしたらやっぱり時給80元に当たる美容室。
2時間もかけて頑張ってくれるのは有り難いですが・・・
15分で出来るものを2時間かけられたら1時間45分無駄と思う気持ちのほうが大きくて・・ね。
・・・ということで、
利用する側としての私個人の気持ちは5元でも、10元でも、30元でも、
日本と比べるからか・・・安い!
というか、日本が高すぎますよね~!
市内(福岡)の中心地の高級美容室ではカットだけで1万しますから。
中国で美容室を経営するんだったら、多少の設備投資をしても、
繁華街で、口コミでお客さん呼んで、人数こなす美容院かな?
2時間かけて10元の美容室は、いつ通っても暇そうで、
可哀想な位です・・・・(でも時間の無駄考えると行けない)

  • 2005/09/27(火) 11:02:43 |
  • URL |
  • mikihiromm #v7EhPhU2
  • [ 編集]

こういう生活ネタと分析が

他のブログに無い、まさに「大連雑学事典」の面目躍如というところだと思います。中国がらみのブログで、個人的な観光案内みたいなものや、中%

日本人相手の店は高い

>mikihirommさん、
2時間もかけるのは、単にへたくそなんじゃないですか?
値段は、場所と店構えによっても違いますね。
女性が、上の写真の看板を見て飛び込みで入るって、結構勇気が要ると思いますよ。
オレが知っているところで、日本人を相手にしている店が、開発区には2店あります。
一つは、五彩城の中にあるマッサージと花と美容院の店、「昴」です。男性は整髪と洗髪、首マッサージ付きで20元。この店は、隣の「カラオケ京東」の系列店なので、京東の小姐もよく来てます。妙齢の女性と椅子を並べてハサミでちょきちょきって、日本では経験が無いので、年甲斐も無くちょっと照れちゃいます。そこそこ日本語が通じるし、店も綺麗なので、20元なら悪くないと思っています。気が向いたら試してみてください。
もう一つは、最近紅梅の方に移転した「旭ヘアーサロン」ですが、看板を見ると「九日ヘアーサロン」としか読めません。こちらは、日本で覚えてきた技術で、日本人のファンが多いのですが、40元と割高です。それでも日本と比べれば遥かに安いのですが。
でも、10元で出来るものに、何故40元払わなくちゃならないのか?という貧乏根性、いや、元技術者としての合理性を求める精神で、10元床屋を選んでしまいます。

  • 2005/09/27(火) 13:33:27 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

機器トラブルでしょうか?

>遼寧省営口市在住さん
文章が途中で切れていますね。
お褒め頂いて恐縮ですが、分析と言うほどのことではなくて、10元しか払わなくて、この床屋は生活できるのかな?とふと思ったもんで。

  • 2005/09/27(火) 13:38:45 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

給料の1%くらい

小生は大連で散発も按摩もした事がありません。 

日本で、単純に平均的に給料が40~50万円として、散発代は3500~4000円くらいで、月収の1%未満。 
大連で、日本人が手にする給料の平均的な金額を知らないので何とも言えませんが、散髪屋さんに支払う額がやはり1%未満くらいだったら、看板に書いてあるその金額は妥当な額ですよね。 中国人に当てはめてもそのくらいなのでしょうか?

向学のために、大連での日本人の各分野、各階層の平均的な給料、中国人の各分野、各階層の平均的な給料を、お得意の一覧表でご教示して頂ければ幸甚に存じます。 今後のトピックに出てくるであろう物価価格の参考資料になりますので。 宜しくご高配のほどお願い致します。

追申。 大連で、隋さんの取り計らいで、皮口往復のタクシーを1日300元でチャーターし、実メーターが380元だったので、親切にしてもらった事と合わせて50元チップを渡しましたが、これって、今になって思うんですが妥当だったんでしょうか?

  • 2005/09/27(火) 22:25:30 |
  • URL |
  • hexue #0gXy5ln6
  • [ 編集]

なるほど

>hexueさん
800元の1%なら8元なので、ほぼ計算が合いますね。
でも、大連の床屋は、(日本人にとっては)短く刈り上げるので、2ヶ月に1回でちょうど良いくらいです。これも経済性故かなと思ったりしています。

日本人の給与は、環境や待遇によって千差万別です。
大別して、次の4種類かと思います。
1、独自に大連で起業した経営者
2、日本企業から派遣された駐在員
3、現地採用の日本人(将来に期待)
4、現地採用の日本人(現地で使い捨て)
1番目は、飲食店、設計事務所、デザイナー、ソフトハウスなど、いろいろありますが、概して、日本相手(日本への輸出を含む)の商売が成功して、現地の中国人相手の商売は苦戦しているようです。収入は、大儲けから、私有財産持ち出しまでバラバラです。成功した人は、それこそやりたい放題でしょうね。ここでは平均値と言う考え方は成り立ちません。ただ、現実的には、外国人の規制がいろいろあるので、中国人の奥さんや家族の名前を借りたり苦労はあるようです。
2番目は、日本企業の駐在員ですが、帰る所もあり、最も安定していると言って良いでしょう。一般論ですが、日本の給料に加えて、海外手当てみたいな過給金があるので、普通の大連での生活には不自由しません。中には、小姐を囲って、毎月2万元の小遣いをあげているという人の話を本人から聞いたことがありますが、こういう人は別格です。
3番目と4番目は、区別が難しいですね。
4番目から先に説明すると、言葉は悪いけれど、女子学生上がりのアルバイトのイメージで捕らえてください。将来もこの企業に勤める意思は無く、2年くらい大連で飯が食えればいい。例えば、ホテルのフロントサービスやレストランの営業などですが、給料は4000元から5000元くらいでしょう。
一方3番は、状況によってマチマチです。
将来現地の幹部に育てようとするか、日本の本社採用に切り替えるか、なんとも言えません。このクラスだと、月給1万元はいけると思いますが、各種社会保険、年金が無いなどを考えると、リスクは大きいです。
最近では、日本でセミナーを開いて「無限の夢のある大陸で働こう」とか称して、6000元~1万元程度で日本の若者を大連に連れて来て、2~3年でお払い箱にする会社もあるとか。その日本人が、日本の給料の半額で働いて、3年後には切られることを納得して、異国の文化を吸収しようとするなら良いのですが、後から話が違う(自分の期待と違う)と言う輩もいるようで、揉め事もあるようです。

タクシーの借切りですが、走行距離や時間にもよりますが、大連では1日250元前後だと思いますので、300元は妥当でしょう。
また、チップの50元の件ですが、親切にしてもらったと感じたなら、よろしいのではないですか。
誰かが書いていましたが、日本人は何事につけお金に換算する民族だと。
気分か良かったら、100元でも200元でも払ってください、サービスが悪かったら、悪態をついて、金返せくらいのことを言って下さい。(オレは言えないけど)

  • 2005/09/27(火) 23:55:32 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

次回は一般中国人の給料を......

一時、日本ではやった言葉で 「総中流階級」 という括りの勤労者(経営者を除いた大連での日本人勤労者)は、下は月収4000元くらいから上は100000元(加給金のみ)?位という事ですね。
時間に余裕のあるときにで結構ですから、現地の人(中国人)の労働対価もお願いします。  謝謝您。

  • 2005/09/28(水) 08:08:04 |
  • URL |
  • hexue #0gXy5ln6
  • [ 編集]

10元しか払わなくて・・・

生活できるのか?
私も同じ事思ってしまいました。
ひとりに2時間かけても10分でも、料金が10元なら、
収入はお客さんがひとりなら10元ですから^_^;
繁華街で繁盛していると時間的に早めに回転させないと次のお客さんを待たせる事になるから早くなるし、待ってもお客さんが来ない店はサービスのつもりで長くなるのかもしれませんね。悪循環のような気がするけど・・・。
残念ながらまだ時間を短くしてくれとか、早くしてくれとか伝える語学力が有りませんので、暇そうなので行ってあげたいんですが遠目でお客さんが来れば良いな・・と思っているだけです。そのうちお店閉めてしまうのかな・・。

  • 2005/09/28(水) 11:48:01 |
  • URL |
  • mikihiromm #v7EhPhU2
  • [ 編集]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/220-4ca67e71
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。