大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

救急絆創膏は20枚で1元

「全国文明城市」キャンペーンが終わって、露天商が街に戻ってきた。
bandaid050918.jpg

これは、バンドエイドならぬ、中国製の救急絆創膏を売っているおばさんだ。

長くつながった救急絆創膏が、20枚で1元。1枚当たり0.7円だから、もし日本の100円ショップなら142枚買えることになる。

4角(0.4元)出して「8枚ください」と言ったら断られた。
綴りを崩してしまうと収拾がつかなくなるのだろう。
仕方なく1元で1綴りを買ってみた。
名前は「邦好寧」で、規格70×18mmと書かれている。

ピールオープンの袋は開けにくいし、テープはごわごわしているので関節には向いていないし、糊移りもあり、あまり良い品質とは言えないが、血止めにちょっと貼っておくには、普通に使える製品だった。

このおばちゃん、どこから仕入れてくるんだろう?

コメント

だから中国は好き

はぁ?バンドエイドの露天商がいるの?圧巻は日本人が、4角で8枚くださいというくだり・・・仕事中にさぼって見ていたので笑いをこらえるのがたいへんでした。それにしても、でっつさんはおもしろい方ですね。
バンドエイドもどきは一日いくつ売れるのでしょうね。原価はだだ同然だろうから1日50個(綴り)売れれば生活できるのでしょうね。でも小生は50綴りも売れないと思う(この考えが日本人の甘いところかも)。考えれば考えるほど中国は、おもちゃ箱のような面白さがありますね。

  • 2005/09/29(木) 16:53:40 |
  • URL |
  • はくらくてん #-
  • [ 編集]

おっ、しばらくぶりですね道端商売

これ、俺んちの近所のマーケット(中国語では「農貿市場」)の入り口のところにも、タブロイド版の新聞売りなんかと一緒に立ってて、良く見かけますよ。新聞売りがこれも売ってることもあります。
これもある種のニセモノというか、まがい物の類なんですが、本家本元の「BAND-AID」(上海のJhonson & Jhonson社の製品)は、中国名を「邦迪牌」(バンディと読みます。バンドエイドの音訳ですね。最後の「牌」は××印っていう意味。)と言って、これはさすがに道端なんかでは売ってませんね。ちゃんとした薬屋なら売ってます。値段は1枚(1枚ですよ、1綴りではなく)が0.15~0.20元です。日本のバンドエイドと違って、中国製の物は布製で、サイズもレギュラー(70mm×18mm)しかありませんが、糊の付きも良く、伸縮性もそこそこあります。やっぱり値段次第で物は違うんですよね。
でっつさんが「4角で8枚ちょうだい」って言うのは、たぶんポケットの中の小銭が4角しか無かったんでしょうね。何だか生活感溢れる情景ですね。

>はくらくてんさん
始めまして。
そうですね、50綴りは売れないでしょうね。良いとこ30ぐらいのものじゃないかな。
面白いでしょう、中国って。「汲めども尽きぬ」面白さに満ちてますよ、この国は。なんたって「四千年の面白さ」ですからね、日本なんか、あなた、とても敵わないんですよ(笑)。

中国は何でもありか.......

4角出して「8枚ください」と言うことが、1シート10錠入りの薬を1錠くださいと言う事と同様なら、その洒脱な会話と事の成り行き如何に関わらず脱帽せざるを得ない。 
小生は大連で角の単位でお金を使った経験がない(旅行者だった故)。 最低で羊肉の串焼きが1本1元だった。  5分や1分のアルミ貨もあるそうだが、どんな状況下で流通するのですか? 

追申。  BVLGARIのシャンプーは、JW MARRIOTT HONG KONG のスウィートルームのアメニティー。  怪しい物ではありません。 なにしろ、夏休みの一人旅でHK$18000も浪費してしまい、スカンピンになってしまいました。  しかし、阪神が優勝して気持ちだけは大きい。

  • 2005/09/29(木) 22:41:16 |
  • URL |
  • hexue #0gXy5ln6
  • [ 編集]

「分」の単位のお金って

>hexueさん
法的にはまだ存在するんですが、今や日常生活でお目見えすることは皆無と言っていいですね。今や最低は「角」の単位です。これは街中で買い物した時でもお釣りで出てくるはずです。マーケットで野菜なんか買うと、量り売りですから、必ず「角」単位の端数が出ます。
一昔前まで1、2、5分のアルミ貨と子供銀行のお金みたいな同額の紙幣があったんですよ。
そうそう、実は一つだけまだ「分」が出てくることがあります。銀行で日本円から中国元に両替した時、クソ真面目に端数を「分」単位まで計算して出してくれるんです。でも実際には使い道は無いんで、切り上げか切り捨てしまえばいいと思うんだが。今時乞食にやったって喜ばないですね。
そう言えば、思い出したんだけど、1985年に俺が初めて中国に来たとき、アイスキャンデーが1本5分でしたね。それから公園の入場料も、自転車の預け賃も5分でした。当時は人民元紙幣の最高額面が10元までしかなかった時代です。(「外貨兌換券」は100元までありましたが、こんなのを街で出したら、「お釣りがねぇよ」って文句言われた時代です。)

まとめて返事です

>はくらくてんさん、引き続きのコメントありがとうございます。
彼女がこれだけで生計を立てているとは思えないんですよ。たまたまブツが手に入ったので、街で売ってくるか!てな感じじゃないでしょうかね。
4角を出したのは、この記事の取材のために少しだけ欲しかったからです。1元で20枚も買ったら、1年分以上になると思って、ポケットにあった4角を出したまでのこと。でも、断られるとは思いませんでした。ある意味で、一番ビックリしたのはこの点でした。

>遼寧省営口市在住さん、
道端商売も、大分出尽くしたようで、新しいネタがなかなか見つかりません。4角を出したの、この時にお金はあったのですが、20枚も買ったら持て余すと思って半分くらい欲しかったからです。そしたら、ご推察の通りポケットの中にはたまたま4角しかなかったのです。
一日に幾つ売れるか? 見た感じ殆ど売れていませんよ。20枚くらいがいいとこじゃないかな。

>hexueさん、
阪神ファンですか! 2年ぶりの優勝おめでとうございます。道頓堀飛込みを規制された若者が不満たらたらだったようですね。
市場で野菜を買うときには「角」の単位が必要ですよ。特に私は一人暮らしなので少量しか買わないので、「角」単位の買い物になります。さすがに「分」を使うことはありませんね。スーパーでは、レシートに「分」が出ますが、殆ど切り捨てです。
BVLGARIのシャンプーの件、失礼なことを書いてしまいました。不好意思!

>遼寧省営口市在住さん、2回目ですね、ありがとうございます。
やっぱり「角」を使うのは、野菜を買うときですね。「分」を使うのは、電気と電話代の清算です。請求書に生真面目に「分」まで書かれているんです。
あるとき、5分のコインを1角と間違えて出したら、これは違うと返されました。(当たり前ですが)

  • 2005/09/30(金) 08:39:41 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

レクチャーありがとうございます。

>遼寧省営口市在住 様

親切丁寧なるご説明、ありがとうございます。 でっつさんに負けず劣らずのの博学、団塊の世代の申し子である小生の浅学非才では両氏の足元にも及ばず、目から鱗の毎日です。
今後とも宜しくご高配賜りますようお願いいたします。

  • 2005/09/30(金) 22:11:52 |
  • URL |
  • hexue #0gXy5ln6
  • [ 編集]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/225-b9ff3065
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。