大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大連は中国で何番目の都市?

大連の人口が2004年末に、600万人を超えた。
オレが来た2002年当時の大連人口は560万人と聞かされていた。
「560万人といったって、中国じゃ一地方都市に過ぎないよ」
って言われた。
「一地方都市って何番目なのかきちんと教えてくれ」
と聞いても誰も教えてくれなかった。じゃあ、自分で調べてみよう。

という訳で調べ始めたのだが、なかなか良い資料に巡り合わなかった。そうこうしているうちにやっと探したのが、左の表だ。2001年の調査資料(中国国家統計局第5次人口普査公報:2001年)に基づくものなので、ちと古いが、50位までを紹介しよう。2001年の我が大連市は、552万人で現在より1割ほど少ない。当然他の都市も変っていることだろう。因みに北京は、今年1500万人に達しそうだと言う。
特に30位台は僅差なので、順位が入れ替わっているところもあるに違いない。まぁ、それはともかく、大体の順位はつかめた。

単純な人口比較だけだが、大連市は、中国で35番目の中核都市である。

この表を眺めていると、大連より大きい都市でも名前を知らないところが多いな!読み方も分からない。
逆に日本人には結構有名だけど、大連より人口が少ない市もあって意外だった。特に南京市は相当大きい街だと思っていたが、大連と大差ないんだ。とは言っても、500万人以上だけどね。

仮にも「事典」を名乗っているからには、時々はこんな統計みたいな記事も書かなくちゃならないな。
キーワード:都市、人口、統計、人口動態、大都市、中国都市人口リスト 中国都市人口ランキング 

コメント

なるほど

非常に参考になります。
瀋陽のほうが人口多いとは知らなんだ。
重慶ってとんでもなく多いなぁ。

  • 2005/05/10(火) 17:48:35 |
  • URL |
  • 花花牌子 #-
  • [ 編集]

中国の市人口

中国の行政組織は省・地区・県(市)・郷(鎮)・村となっています。
ところで、中国の市は、地区級と県級の二つのクラスがあります。大都市の場合、地区級市です。これには、下部行政組織として、区と県(市)があります。簡単に言えば、区は日本でいう市部に相当し、県はその周りで農村部となります。
そこで、日本など外国の市と中国の市人口を比較する場合、区人口によらなければいけません。日本でいうなら、東京市の人口は23区の人口で見、都の人口で見てはいけないのと同様です。
ですから、中国の真の市人口はそれぞれの区人口で見なければなりません。
重慶が第1位なのは下部の県が多いからで、区人口から見れば、500万に満たないと思います。
大連市も区人口でみればかなり順位が上がると思います。

  • 2005/05/11(水) 21:58:01 |
  • URL |
  • KM #B/51smhU
  • [ 編集]

良い資料があれば

なるほど、仰る通りですね。
大連の場合は、その下に県級市として、瓦房店市、普蘭店市、庄河市があります。これらと鳥海県などを除いた大連の区部の人口は250万人ほどです。
これを、全中国規模で比較するデータが見つけられなかったので、良い資料があったら、ご紹介ください。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/23-b75c24a7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。