大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

友好広場の巨大モニュメント

大連の人たちは、大きなモニュメントが好きなようだ。街中のあちこちにいろんな彫刻というかアートというか、大きなモニュメントがある。yukoR001325.jpg

これは、市内の勝利広場と中山広場を結ぶ道路の中央にあるロータリー交差点である友好広場の地球儀だ。

手の形をかたどった5本の台座で支えられているのが分かるだろうか?
この5色に色分けされた台座は、オリンピックの5輪と同じように5つの大陸を代表する手を表していて、世界の友好を通して、地球を支えて行こうという気持ちが込められているそうだ。

夜になると、内部から5色の光りが灯され、光がぐるぐる回る。

コメント

写真が見えません

いつも楽しく読ませていただいています。
小生のパソコンだけなのか写真が見えません。もし何かの手違いなどなら、ぜひ見えるようにしてください。(今日と昨日分です)

  • 2005/10/16(日) 12:07:08 |
  • URL |
  • はくらくてん #-
  • [ 編集]

同じく写真が見えません

やはり今日と昨日の分が見えません。何かシステム上の問題があるんですかね。

大連に限らず、中国の都市ではモニュメントがあちこちで見られますね。
多くは道路のロータリーの中央や、公園などに建てられています。
このモニュメントも変遷があって、建国初期から70年代ぐらいまでの物は歴史上の人物(例えば毛沢東像、東北では瀋陽の中山広場の物が有名)だったり、革命事跡や社会主義建設を表現した具象的ものが多かったようですが、80年代以降は女性像だったり、「天を駆ける馬」とかいった、「改革開放」の時代を背景にした発展や希望を象徴するようなものが多くなりました。そして90年代以降は、抽象彫刻的な物が増えています。近頃では何を意味するのか、どう考えても良く判らないものも多いですね。それと単独で見ればけっこう面白いんだけど、周囲の景観や建築と全くミスマッチなものもあって、これは止めて欲しいですね。
大連のモニュメントで有名なのは、確か労働公園(だったと思うが?)にある巨大なサッカーボール型のやつじゃなかったかな。これは大連公式なの紹介パンフレットやビデオクリップには必ず登場して来ますね。

同じく私も‥

はじめまして。いつも楽しく拝見しています。
当方も在大連です。1年ちょっと経ちました。

写真、同じく見れません。自分だけじゃなかったのですね。
あと、タイトル「有効」になっちゃってます。
ブログ頑張ってください。これからも参考にさせてもらいます。

  • 2005/10/16(日) 16:37:04 |
  • URL |
  • 強尼・戴普 #HCI4rwHI
  • [ 編集]

こちらは大丈夫。

写真、下の方の車がモザイク掛かっていますが、これはあえてなさっているんですよね。なら、私のパソコンでは大丈夫、見えてますよ。

再アップロードしました

>皆様に
写真が見えないということで、不快な思いをさせて申し訳ありませんでした。
前回のアップロードのときに、不十分な状態で固まってしまったようです。私のPCでは、カンカンさんと同じ状態で、下の方にモザイクがかかっているけど、何とか見える範囲でしたが、見えない方も多かったようですね。
先ほど、再登録して、確認したところ、今度は見えるようです。
見えても、どうと言うことの無い写真ですが(’-’*) フフ

>強尼・戴普さん、
タイトルの文字を修正しました。ご指摘ありがとうございます。

>遼寧省営口市在住さん
巨大な毛沢東像といえば、丹東駅前にも大きいのがありますね。
労働公園のサッカーボールは、近いうちに写真を出します。

  • 2005/10/17(月) 08:40:41 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/232-11329b92
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。