大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紅葉する前に葉っぱが落ちちゃう

テレビで日本各地の紅葉の様子を見ていますが、モミジやウルシ、ナナカマドが赤く色付いて、また、ダケカンバやコブシなんかが黄色と、色とりどりに、山々を飾っている。そろそろ、日光や那須高原辺りも見頃だろう。

さて、こちら大連では、紅葉があまり見られない。
koyo051014.jpg

この写真は、僅かに色付いた樹木の葉っぱだが、もうすぐ葉が落ちてしまう。地元の人は胡桃の木だといっていたが、なんだか良く分からない。

気温が下がってくると、冬を迎える準備として、葉をつけている茎の付け根に「離層」という特殊な細胞ができ、葉を落とすのだが、落ちるまでの過程で条件が整えば、紅や黄色に色付くことになる。

綺麗な紅葉の条件は次の3点だ。  
1)好天の翌日に気温が低下(8℃以下)、昼と夜の温度差が大きい。  
2)太陽の日がよくあたる。  
3)適度な湿度があって(渓谷など)、乾燥で落葉しない。

大連は乾燥しており、適度な湿度が保てないので、紅葉する前に葉が落ちてしまうのだ。
tsuta.jpg

毎年、大連できれいに発色するのは、ツタくらいのもんだ。

2005年11月4日追記
今年は、異常に雨が多かったせいか、大連の街並木もきれいに紅葉しています。そのため、本記事はウソを書いたことになってしまいました。申し訳ありません。 
11月4日の今年は紅葉がきれいの記事で、今年の紅葉の様子を紹介していますのでご覧ください。

コメント

オレは紅葉が好き

初めて知りました。
大連は北緯38度位だから、日本でいうと岩手県一関、山形県酒田あたりですよね。この辺は日本では紅葉の名所がたくさんあります。大連は乾燥がきついので紅葉にならないんだ~~  あたりまえに思っていましたが四季折々の風景の変化は日本独特のものだったのですね。秋のひんやりとした空気を感じると驚くほど早く季節が動きます。(毎日というか刻々と風景が変化します。)ちなみに身内の大連滞在者は「大連には秋の花や植物の季節感がないので残念と言っていました。」

  • 2005/10/18(火) 19:26:43 |
  • URL |
  • はくらくてん #-
  • [ 編集]

全く関係ないのですが......

先日、同僚がカナダ東部の旅行から帰ってきて、写真を見せてもらいました。 日本のように高い山にスポット的に赤や黄に色付くのではなく、低い丘陵地帯全面がゴッホの色使いのように色づくので、その雰囲気は全く違うと言っておりました。 ああ、うらやましい。

10月17日、外務省は、中国における反日デモに関する注意喚起をスポット情報として発令しました。 大事にならなければよいのですが。

  • 2005/10/18(火) 20:53:11 |
  • URL |
  • hexue #0gXy5ln6
  • [ 編集]

この記事を見て

俺の住んでる営口ではどうかなと思って、市内の植物園に行ってみました。
そうすると、やっぱりあんまり見かけないんですね、紅葉してる木が。
でも、良く見ると一部に黄色になったり、赤くなったりしてるのがありました。でも良く見るとモミジじゃなくて、別の種類の木やツタの類が多いんですね。かなり広い植物園の中でカエデ類の木は3本しかありませんでした。それも、まだ時期が早いのか、三分程度の紅葉でしたね。
大連については良く判りませんが、この辺で日本ほど紅葉が鮮やかに見えないのは、植生の種類と比率(常緑樹が多くて、カエデ類が少ない)の関係、それと郊外の山(と言うほどの高さはなくて実は丘陵)が禿山が多く、樹木が密生しているところが少ないためのように思います。
「湿度」については専門的なことは判りませんが、大連よりずっと湿度が低い内陸の北京でも、郊外に「香山」という紅葉の名所(と言っても日本ほど密生していないが)があるぐらいですから、どうなんでしょうね?

>huxueさん
今のところ、何事も起きてはいないようです。TVのニュースでも、今日は昨日に続いて「神舟6号」の帰還と大作家である巴金の死去あたりがトップニュースで、「小泉参拝」については報道はありましたが、極めて抑えた、小さな扱いです。
中国政府としては外交ルート?%

>遼寧省営口市在住さん

いつも博学の滲み出るコメントには感服いたしております。 
でっつさんも一目も二目も置いておられるようで、このサイトは博学と雑学の宝庫です。 これからも色々な事柄をご教授下さい。

営口市の営は「莒」の字の草かんむりの下にワかんむりが付いた字ですか? 営口市(Yingkou City)なら大連からは400KMほど北に位置していますね、冬は相当寒いのでしょうね。  小生は皮口(旧名:貔子窩)までしか行ったことがありません。  母や祖母たちはそこで暮らしておりました、60~70年ほど前に。

  • 2005/10/18(火) 22:47:46 |
  • URL |
  • hexue #0gXy5ln6
  • [ 編集]

>hexueさん

>営口市の営は「莒」の字の草かんむりの下にワかんむりが付いた字ですか?
はい、当りです。草かんむりの方は中国の「簡体字」で、どちらも「繁体字」は「營」ですね。大連からの距離的は400kmはなくって、220kmです。高速道路を走ると約2時間半ですから、日帰りも可能です。瀋陽からも190kmですから、ちょうど大連と瀋陽の中間と言ったら良いでしょう。鉄道では「大石橋」という駅がありますが、ここも営口地区に属しています。冬の寒さはまあ、大連よりは平均で2~3℃は寒く、最も寒い12~1月には-20℃ぐらいまで下がることもありますが、寒い時期は意外に短いです。それと俺自身が北海道出身なので、まあ、どうってこともありません。でも、こっちの人間と同じように寒がりになってしまって、冬になるとメリヤスの股引の上に、更に毛糸の股引を重ね履きして(この辺の冬の定番)着膨れしてますよ。ハハハ

「皮口」というのは地図で見て初めて知りましたが、大連から庄河・丹東の方向にある「皮口鎮」ですね。行ったことはありませんが、1988年の夏に大連から丹東まで長距離バスに乗って行ったことがありましたから、その時に通ったはずですね。

紅葉

>はくらくてんさん、
春は一時に色々な花が一気に咲きそろいますが、確かに、秋の花は少ないですね。

>hexueさん、
10月の国慶節休暇のときに、北・東北と八幡平と八甲田に紅葉見物に行って来ました。まだちょっと早かったのですが、山の一部が黄色くなっており。それなりに綺麗でした。山全体が黄色くなるのは、カラマツ林で想像できそうです。

>遼寧省営口市在住さん
わざわざ植物園に行ってくれたんですか?なんか私生活にまで影響を与えているようですね、すみません。
大連周辺の山は、禿山が多いですね。
日本の東北地方では桜の木でも紅葉するのですが、大連ではダメです。乾燥がダメな条件だと思い込んでいるのですが、別の理由があるのでしょうか?

反日運動について:
今日、大連の領事館から発表がありました。
18日午後、領事館のビルの前に
「日本に警戒せよ、平和を守れ、国難を忘れるな、9.18」
等のスローガンが書かれた宣伝カーが停車し、中年男性2名が出てきた。
特に行動は無く、駆けつけた公安に連行されたそうです。
何も起きなければいいのですが。

  • 2005/10/19(水) 13:04:48 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

ええ暇だったもんですから

植物園があるのは知っていたんですが、今まで入ってみたことがなかったので行ってみたわけです。でも、規模が小さくて、木の名前なんかが書いてあるわけでもなく、ただの小さな公園という感じで、年寄りの溜まり場になってましたね。今どき入場料がたった5角じゃ、そんなものかも。
紅葉の条件は色々な要素があるようですが、モミジなどの赤くなる種類の木の比率が少ないことが、紅葉が目立たない原因じゃないでしょうか。

「反日運動」の件ですが、確かに大連事務所のホームページにも載ってますね。街宣車ねぇ、何だか日本のウヨクを思い出しますね。もっとも中国で騒ぐ連中も自称「民族主義者」だって言ってますから、同じようなものか。
他の北京大使館、上海領事館、瀋陽領事館あたりは、注意を促す記事ががあるだけで、具体的に何かが起こったという話は書いてませんね。
そんな中で大連でというのも不思議だな。きっと他所から来た連中じゃないでしょうかね。

日本の紅葉

実習生がそろそろ帰国するのですが、日本のきれいな景色を見ておきたい、というので「じゃあ紅葉を見に行こう!」ということになりました。
ただ、仕事が忙しいので休みが取れるか、そこが問題だ。

日本は少し足を伸ばすだけで紅葉の名所があって幸せですね。
紅葉の条件に湿度が関係しているなんて初めて知りました。
本当、いろいろ知識が増えますね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/240-47be5b07
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。