大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

袋詰めの牛乳

スーパーで袋詰めの牛乳を売っている様子。
niunai051019.jpg

大連に住んでいる人には、見慣れた光景だと思うが、中国に行って初めて山積みになった牛乳を見たときにはオレは驚いたものだ。だから読者諸君も驚くだろうと思って、写真を紹介する。

日本の牛乳って、殆どが紙パックだよね。1リットル、500ml、200mlと種類があるがいずれも、立てることが出来る、自立性のあるやつ。
大連でも、1リットルタイプの紙パックはあるが、小さいものは、この袋詰めのスタイルの方が多いような気がする。
飲むヨーグルトのような乳酸飲料も同じ形で売っている。
最初、破れやしないかと心配していたが、結構厚いフィルムを使っているので、破れる事故は少ないようだ。だけど、所詮はプラスチックのフィルムなので、鋭利な金属が当たれば破れるのは当然だ。
250グラムの小さい袋は1回飲み切りで良いのだが、500グラムの大きい袋は、半分だけ飲んだ後の処置に困る。当然別の瓶に移して保管するしかないのだが。
コメントから抜粋
このようなパッケージの

一番のメリットは、やはり低コストでしょうね。それと「ゴミの減量化」でのメリットもあるんでしょうね。何たって袋ですから、立体の箱型よりかさ張らない。デメリットは自立しないので、コップなどに移さないと飲みかけの場合、ちょっと置いておくことができないんですね。だから、200mlぐらいの一杯分の物は一気に飲み干すしかない。家であれば、ウチの嫁さんなんか良くやってますが、ストローを突き刺して、袋ごと碗の中に入れるなんてやり方もある(でも、家ならコップだってあるんだから、移して飲んだって同じだとは思うが…笑)。
面白いのは、これと同じようなポリエチレンの小袋パッケージの醤油とか酢なんかもスーパーでは売ってますよ。
月餅のパッケージなんかでは、よくもまあこんな過剰包装をするもんだと呆れていましたが、自家消費するものは、この牛乳のように案外合理的に考えているようです。このあたりの虚栄心と合理性のアンバランスと乖離が、現在の中国を実に良く現していると言うか…(苦笑)。

牛乳のパッケージにはもう一種類あって、ロウ引きの防水紙製で内側がアルミ箔張りになった袋型のものです。容量は200あるいは250mlと500mlの二種類があって、ポリ袋の物より保存期間が長く(1.5ヵ月)になっています。さらに200mlの箱型でストロー付きの防水紙容器があって、こっちのほうは「常温で6ヶ月間保存可能」という、いわゆる「LL(ロングライフ)牛乳」です。(高温長時間殺菌なので味は良くないです。)
これらの防水紙容器は有名乳業メーカー(光明、蒙牛、伊利、雀巣など)の場合、Tetra Pak社のライセンス製品を使ってますから、出来はかなりしっかりしています。個人的には袋型容器は日本でも普及させた方がいんじゃないかと思いますね。

コメント

このようなパッケージの

一番のメリットは、やはり低コストでしょうね。それと「ゴミの減量化」でのメリットもあるんでしょうね。何たって袋ですから、立体の箱型よりかさ張らない。デメリットは自立しないので、コップなどに移さないと飲みかけの場合、ちょっと置いておくことができないんですね。だから、200mlぐらいの一杯分の物は一気に飲み干すしかない。家であれば、ウチの嫁さんなんか良くやってますが、ストローを突き刺して、袋ごと碗の中に入れるなんてやり方もある(でも、家ならコップだってあるんだから、移して飲んだって同じだとは思うが…笑)。
面白いのは、これと同じようなポリエチレンの小袋パッケージの醤油とか酢なんかもスーパーでは売ってますよ。
月餅のパッケージなんかでは、よくもまあこんな過剰包装をするもんだと呆れていましたが、自家消費するものは、この牛乳のように案外合理的に考えているようです。このあたりの虚栄心と合理性のアンバランスと乖離が、現在の中国を実に良く現していると言うか…(苦笑)。

牛乳のパッケージにはもう一種類あって、ロウ引きの防水紙製で内側がアルミ箔張りになった袋型のものです。容量は200あるいは250mlと500mlの二種類があって、ポリ袋の物より保存期間が長く(1.5ヵ月)になっています。さらに200mlの箱型でストロー付きの防水紙容器があって、こっちのほうは「常温で6ヶ月間保存可能」という、いわゆる「LL(ロングライフ)牛乳」です。(高温長時間殺菌なので味は良くないです。)
これらの防水紙容器は有名乳業メーカー(光明、蒙牛、伊利、雀巣など)の場合、Tetra Pak社のライセンス製品を使ってますから、出来はかなりしっかりしています。個人的には袋型容器は日本でも普及させた方がいんじゃないかと思いますね。

またまた

的確な補足コメントありがとうございます。
例によって、本文に転記させていただきました。
アルミパックの牛乳は、加熱時間が長いのか、なんか味が良くないので、買いません。
私は、500グラムのパック2本分を1Lのペットボトルに移したりしてます。

  • 2005/10/31(月) 11:25:10 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

おいしいですか?

自慢じゃないですが、中国をはじめて訪れてからかれこれ十数年、住んだこともあるし、毎年数回は行ってるにもかかわらず、牛乳だけは飲んだことがありません。牛乳が嫌いと言うことではなく、どうしても頭の中で「赤信号」が点滅しちゃうんですよね(笑)それから日本でもこういうパッケージに入った非常に良く似たものが売っています。それは「豆乳」(^^;

  • 2005/10/31(月) 20:17:17 |
  • URL |
  • 青蛙大王 #-
  • [ 編集]

「おいしいですか?」と聞かれると

>青蛙大王さん
まあ、日本の牛乳より風味が足りない感じはしますね。というのは賞味期間が一番短いので「15日」ですから、日本の牛乳に比べるとやはり長い。ということは日本に比べて「高温長時間」殺菌だということですから、どうしても牛乳本来の風味は少なくなります。でも逆に細菌数も少なくなるわけですから、衛生面では却って安全とも言えます。
おっしゃる「赤信号」の意味が判りませんが、10数年前ならいざ知らず(そもそも80年代ごろだと、牛乳自体がほとんど売られていなかった)、現在、大手のスーパーで売られている有名メーカーの製品なら、まず問題は無いと思いますよ。今度いらっしゃった時には、ぜひ飲んでみてください。

先進なのか?

注ぐのに手間取りそうなパックではないですか?
角を大きく切れば中身が飛び出るだろうし、小さく
切れば押さないとなかなか出ないだろうし、
もし飲みきらないで保存するとしたら、開けた口を
封するのはどのようにするのでしょうか? 何かに
移し変えるしか方法は無いように思いますが.........
それも、しっかり塞がないと押さえれば中身は
飛び出してしまいますよね。
実物を知らないので何とも評価しにくいが、
個人的にはテトラパックの方がいいな。


  • 2005/10/31(月) 21:43:03 |
  • URL |
  • hexue #0gXy5ln6
  • [ 編集]

慣れてしまえば。

>青蛙大王さん、
私は牛乳が好きで、毎日飲んでいますが、少なくとも牛乳が原因でお腹を壊した経験はありません。そりゃ日本の「がんこ爺の牧場の牛乳」など、ブランド品と比べると物足りないかも知れませんが、普通に飲んで、普通に美味しいと思いますよ。

>hexueさん、
全くもって、全て仰るとおりです。
注ぎ難いし、保存は出来ないし、慣れないうちは、こぼすこともしばしばでした。でも、慣れてしまえば、こんなもんです。
私は、500グラムのパックを2本分、漏斗を使って1リットルのペットボトルに移してから使っています。こんな些細な手間だけで問題が無ければ、廃棄物は少ないし、原理的に値段は安いし、選択肢の一つではあると思います。
だけど、贅沢に慣れた日本人にとっては、この一手間が我慢ならないかも知れませんね。

  • 2005/10/31(月) 23:41:16 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

我が家は多いときは朝食で1.2Lくらい消費してます。ヨーグルトを作り出すとすぐになくなりますね。
日本では牛乳は4本くらいまとめて買ってました。牛乳パックも丈夫で捨てにくいんですよね。リサイクルに出すために洗って、開いてすごい手間でした。
それに比べると袋牛乳は便利です。買い物のときもかさばらないし。ごみも少ないしね。
お気に入りの瓶をミルクボトルにしてます。
日本で普及してもらいたいです。後、関係ないのですがラップの中だけ売ってるのも普及してもらいたいです。

  • 2005/11/01(火) 10:39:54 |
  • URL |
  • marorotti #-
  • [ 編集]

ヨーグルトを

>marorottiさん
家庭で作ってしまうんですか!
すごいですね。さすがは、marorottiキッチンの支配人だけのことはありますね。
朝食で1リットルというのもなかなかです。
日本で買い物をするときには、まず牛乳パックを最初に入れて袋の形を整えてから他の品物を入れるようにしていました。ところが、袋牛乳は、最後に隙間を埋めるのに放り込むようなことも出来ますね。
ラップの中身だけって、日本ではないのですか?知りませんでした。

  • 2005/11/01(火) 20:10:35 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

>遼寧省営口市在住さん
>でっつさん

どうしても昔の経験が頭にあって「生」ものには抵抗があるんですよね。それに最近は短期滞在ばかりですので、敢えて危険を犯してまでチャレンジするほどのものでもないということで、見送っていたのですが、確かに昔と比べてパッケージもしっかりしてるし、衛生管理も格段と良くなっていますから、それほど怖がる必要もないのかもしれませんね。みなさん普通に飲んでいらっしゃるわけだし(^^;今度チャレンジしてみます。

  • 2005/11/02(水) 22:43:06 |
  • URL |
  • 青蛙大王 #-
  • [ 編集]

はじめまして

>大連に住んでいる人には、見慣れた光景だと思うが

はじめて見ました。私は在住1年半です。職場も自宅も中山区に近いです。。。が見たことないこれ。。と思い友人に聞きましたが、やはり若者は、あんまり飲みたがらない?子供向け?という情報でした。へぇ~こんなのあるんですね。^^;

  • 2007/10/23(火) 16:43:36 |
  • URL |
  • NM #-
  • [ 編集]

コンビニでも見かけますが

>NMさん、はじめまして。
在大連1年半でこの牛乳を見たことがありませんか?
近くのコンビにでも、普通に売っていますけどね。
時間があるときに、探してみてください。

  • 2007/10/24(水) 17:48:56 |
  • URL |
  • でっつ #-
  • [ 編集]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/245-0f4551e5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。