大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お城は巨大なモニュメント?

大連の人たちは大きなモニュメントが好きだと書いたしいくつかのモニュメントも紹介した。

ところで、下の城は巨大なモニュメントと言えないだろうか?

ヨーロッパに行って探してもこんな立派で綺麗な城は見つからないだろう。
kaishiro041018.jpg

フランスやドイツの古城を見たことがあるが、遠くから見るとシルエットがとてもきれいだけれど、近くに寄れば、石垣はところどころ崩れ、壁の色はくすんで、あまりきれいだとは思えないことが多い。

世界中を探して、きれいな城があるとすれば、ディズニーランドくらいのものだ。
では、大連にあるこのお城は何だろう?

正解は、博物館なんだよ。
しかも、貝殻博物館と言うかなりマニアックな代物だ。

星海公園を見下ろす東側の高台の中腹に建てられており、写真の通り見てくれはとても素晴らしいが、今にも土砂崩れで崩壊しそうな不安を感じるのはオレだけかな?

正直に言うと、オレはまだ入ったことは無いのだけれど、他人の話によれば、専門家にとっては貴重な標本が展示されているらしいけど、素人が娯楽半分で出かけると、がっかりすると言うことだった。

貝に関心のある方は、一度見てみると良いだろう。

左後方に見える白い塔は、いわゆる億ションで、大連でも一二を争う高額マンションだ。

コメント

これ、博物館だったんですね

前に星海公園から見たことがありましたが、西洋の城風のヘンテコな建築で、何か娯楽施設の類かと思っていました。「貝殻博物館」と言うのは知りませんでした。でも、そんな内容でどれだけ入場者がいるんでしょうね? 建築の格好からして公営とも思えませんが、一体誰が建てたんだろう? 不思議なことばかりですね。
それと後ろの方のマンションも見ましたが、何だか趣味の良くない建物ですね。それと「星海公園」なんて市街からはずいぶん遠いんだけど、まあ、こういうところに住む人間は路線バスなんかに乗って通勤したりするはずもないからいいのか…。

いつも思うんだけど、近頃の中国の建築で、よく「ロココ風」だか「バロック風」だか知らないが、真四角なビルの上におよそミスマッチな塔を載せてみたり、ゴテゴテと装飾をくっ付けてみたりして、わざわざ悪趣味な建物にしてるのを良く見かけます。こういうのを「豪華」だと思ってるセンスというのは一体何だろうって考え込んでしまいますね。さすがにもっと大都市の先端的な建築では、こういうムダな装飾をゴテゴテくっ付けたようなものは無くなりつつあるようですが、こういう「擬似西洋趣味」というか「似非西洋趣味」というのが流行る現象は、どうしても理解できません。いっそのこと、中国風の瓦屋根でも載っけてくれた方が、よほど良いんじゃないかと思うんですけどね。

he-

億ションの一部かと思ってたー。
博物館だったとは...。
今度行ってみるとしよう。

入館者は少ないようで

>遼寧省営口市在住さん、
貝殻の博物館と言う発想が、なんかトンでますよね。
マニアでなければ、ホントに面白くないようです。
あと、ビルなどの建物の上に、必ずなんか乗っけてますね。屋上を有効利用しようという気持ちは全く無いようで、変な塔だったり、丸い球だったり、建築設計者の遊びとしか思えません。

> 花花牌子さん、
時間があったら、行って見てください。
感想などお聞かせ頂ければ幸いです。
なんでも、東大教授とやらが指導・監修して、珍しい標本もあるらしいですよ。

  • 2005/11/05(土) 21:51:24 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

中国風のコンセプトはないのか

遼寧省営口市在住さんの言われるように、最近の中国の建造物には首を傾げたくなる。 戦後の日本がアメリカを筆頭に欧米の製品を「舶来」と称して崇めたように、中国も一線を画したい欧米を、あえて模倣するのは資本主義へのあこがれなのか? 悪趣味にしてセンスの悪さ如何ともしがたい。

壮大な中国風建築様式という物がありそうだが、それを現代風にアレンジすることを考えつかない西欧被れの石頭たちには、都市開発の先駆者、ル・コルビジェの理論を学んで欲しいものだ。 

中山広場の建築物群を歴史的な建造物として保存する余裕(?)があるのに、この体たらくは理解に苦しむ。 月面探査に乗り出そうとする意気込みの、ほんの欠片ほどの都市計画に対するコンセプトが欲しい。

  • 2005/11/05(土) 23:06:22 |
  • URL |
  • hexue #0gXy5ln6
  • [ 編集]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/246-4f16e6f8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。