大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国酒って紹興酒だけじゃない

中国酒と言うと、多くの日本人は「紹興酒」を思い浮かべるのではないだろうか?少なくとも、オレは中国に来る前は、中国酒の代名詞は「紹興酒」だと思っていた。
「紹興酒」は、黄酒の一つの種類のことで、中国全体の酒の生産量から見ると、それほど多いわけではない。

中国の、特に北の方では、酒といえば、「白酒」をさすのが一般的だ。大連でも、現地の人が日常的に行くような小さな料理店では「紹興酒」を置いていない所の方が多い。いや、「紹興酒」といっても分からないかも知れない、言うなら「黄酒」あるいは「老酒」の方が通じやすい。それも置いている店は少ない。

白酒(バイジュウ) は、主に高梁と、米、小麦、豆類、とうもろこしなどの穀類を原料とする透明な蒸留酒だ。
中国の酒類の生産量の80%がこの白酒なので、中国酒の代名詞と言えば「白酒」こそふさわしい。どんな小さな町に行っても必ず地元の白酒がある。もちろん、大連にもいくつかの白酒がある。
日本では、「パイチュー」とか「パイカル」と呼ばれることがあるが、「バイジュウ」の発音の方が近いと思う。
baijiu.jpg
白酒の製法は、原料の高梁などを蒸し、麹と水を加えて発酵させ、その後蒸留、熟成させる。アルコール度数は、低いもので35度くら いから高いものは60度を超えるものまであり簡単に火が点く。

一般に独特の匂いがあり、狭い部屋で飲むととても臭い。

下町の食堂に行くと、現地労働者が、1本5元、10元の安酒をあおっている。写真の真ん中にある透明な瓶「二鍋頭」辺りがその代表格だが、安いとは言えアルコール度数は、56度もあるので、酔っ払うのは早い。こいつは安上がりだ。

一方、高い酒はべらぼうに高い。
高級なホテルやレストランで、比較的高級な料理を頼むとして、もちろん上には上があってキリがないのだが、まぁ一人当たり200元も出せば立派なもんだ。そこで、高級な酒を頼むと、一瓶700元とか800元とか普通にある。呑み助が揃った宴会で興に乗って乾杯を進めていくと、一人一瓶くらい飲むこともあるので、料理が200元で食べきれないほど出てくるのに対して、酒代が4倍の800元もかかり、合計1000元になることさえあるのだ。白酒恐るべし。

値段は本当にピンからキリまでで、これほど値段の格差がある酒も珍しいのではないだろうか? 安いものは、一瓶2.5元から高級品になると7百元以上のものもあり、その格差は、300倍だ。日本のウイスキーの安酒が500円として300倍と言えば15万円だ。特殊な記念ボトルなどを別として、一般の店頭で売っている量産品で15万円のウイスキーはない。これに対して、日本でも有名な「茅台酒(マオタイジュウ)」は700元以上だ(写真の中で赤いテープがかかっている酒)。

中国の宴会では、白酒で乾杯するのが一般的で、50度60度の強烈な酒を、盃ほどの小さなグラスで、「干杯」(ガンべイ)と叫んで、一 気に口の中に放り込む。食道を通って、徐々に胃に達していくのが分かるような熱い流れを、身体の内側から感じる。
中国の乾杯は、文字通り「杯を干す」ことを意味するので、乾杯した後は、相手にグラスの底を見せて、あるいはグラスを逆さにして、飲み干したことを示す。

宴会では、様々な理由をつけて乾杯する。
「我々の友情を深める為に乾杯」
「会社の発展を祈って乾杯」
「再会を祝して乾杯」

ここら辺りまでは、まぁ良いのだが、
「世界平和のために乾杯」
となると、あんた方が酒を飲んでも正解の平和には関係ないだろうと言いたくなる。
「あなたの健康のために乾杯」
健康の為なら、飲ませないで早く寝かせてくれよ、その方がよっぽど健康のためになると思う。

この強い酒をストレートでぐいぐい飲むので、それほど飲んだという意識が無いうちに体が麻痺して、気がついた時には足腰立たなくなる。こういう状態を称して、
「白酒は足に来る」などと表現される。日頃、酒が強いと思っている人にこの傾向が強い。

明日は、白酒をめぐる恐ろしい創作話を披露することにしよう。ちょっと長いけど是非読んでみてくれ!!

コメント

汾酒

写真にも出ている汾酒で、アルコール度数70度を超えるものを飲んだことがあります。いつも何も考えずパカパカ酒を飲む方ですが、これだけ度数が高いお酒だと、ただノドやおなかがヒーッ、カーッとするだけで、なんかこんなもの飲んで楽しいのかなと、さすがにこのときは思ってしまいました。

  • 2005/11/05(土) 16:22:14 |
  • URL |
  • フレッド #-
  • [ 編集]

70度があるんですか

>フレッドさん、お久しぶりです。
63度くらいまでは見たことがありますが、70度を超えるものがあるのですか?
もう、消毒用アルコールの世界ですね。
お身体をお大事に。

  • 2005/11/05(土) 21:27:12 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/257-7122ec02

■健康酒■750ml■11度■沈陽天江老龍口醸酒有限公司■中国産/リキュール【代引不可商品】】【未成年者の飲酒は法律で禁止されています。未成年者への酒類の販売はいたしておりません。】※お申し込みの際、生年月日を記入して下さい。記入のない場合はお申し込みの受付はで

  • 2007/07/21(土) 13:35:49 |
  • 中国酒の日
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。