大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国で乾杯を避けるには

昨日の記事白酒乾杯殺人事件をご覧になって、酒が飲めない人は中国では仕事が出来ないかとコメントを頂いたが、そんなことは無い。

確かに、酒を酌み交わして、交友を深めることが中国の交際術の一つであることは否めないし、酒飲みにとっては、バカを晒しあって仲良くなる感じは良く理解できる。

しかし、幾ら中国でも、全く呑めない人の口をこじ開けて、酒を流し込むようなことはしないし、誠意を持って話をすれば、理解してもらえるものだ。
「中国てなもんや商社」という本があり、その中で、冒頭の宴会の場面で
「あなたは、前回は18回乾杯したが、今日は9杯しか飲んでいない。今回は半分しかやる気が無いとい言う意味か?」
数量はうろ覚えだが、こんな風な言い掛かりを付けられる。
そう言われると、そんなことは無い、今回も全力でやると意気込んで、ついつい飲みすぎてしまうものだ。
(話はそれるが、「中国てなもんや商社」は面白い本なので機会があったら読んでみてください。もう一昔前の話になるが、中国の会社と衣料品の取引をした際の面白苦労話を綴ったOL体験談です)

中国人に限らず、誰でもウソを吐かれるのは嫌なものだ。特に中国では、飲食でもてなすことが礼儀とされているので、この部分でウソを吐かれることを極端に嫌う。

宴会の席で、白酒乾杯の被害を逃れる為に次のようなテクニックを聞いたことがあるし、実際に実行している人も見たことがある。
(1)ペットボトルをポケットに忍ばせて、グラスには水を満たしておく。乾杯したら、すかさず水を満たす。
(2)乾杯で口に含んだあと、飲み込まないで、横を向いて気付かれないように茶碗や丼に吐き出す。
(3)少し飲んだら、血中にアルコールが取り込まれる前にトイレに駆け込んで、指を突っ込んで吐く。


これらの中で、最悪は(1)水を注すことだろう。
中国人でもやっている奴がいる。しかし、相手を騙す行為なので、バレたときのしっぺ返しを考えたら絶対に勧められない。こんなことをするくらいなら、飲まないほうがまだマシだ。
(2)一旦口に含んでから、吐き出すのは、見えないようにやっているつもりでも、結構バレているんだよ。
(3)指を突っ込んで吐き出すのは、やっても構わないけど、そこまでして自分をいじめなくてもいいと思うけどな。

じゃあ、飲めない人はどうしたら良いか?

「あなたの好意はとても嬉しいし、今日は楽しく食事を頂いているが、私の身体はもうアルコールを受け付けられない、心の中で乾杯します」
とか
「是非一緒に乾杯したいのだが、白酒にはどうして馴染めない。今夜は楽しいので、ビールで乾杯することをお許しください」
のように、
1)歓迎の宴に対する感謝の気持ちを表し、
2)あなた方の誠意は十分に感じている、
3)その結果、とても楽しんでいる

これらをきちんと伝えた上で、
4)もう飲めなくなった自分身体の状態を説明して
5)断ればよい。

それでも更に3、4回は押しがあるだろうが、最後までは無理強いはしないものだ。

日本人は概して交渉が下手だ。自分の主張を相手に伝えることは、決して非礼なことではない。ただし、誠意を持ってこちらの事情を説明して、納得してもらうことが重要だ。十分な説明無しに一方的に自説を押し付けてはいけない。
歓迎の気持ちを、ウソで返すのは、最低の行為だ。

中国人だって酒に強い人ばかりじゃないし、そもそも乾杯は、相手を潰して面白がるゲームではなく、酔い潰れるほど心の底から楽しんで欲しいと言う歓迎の意味なのだから、賓客が嫌がっていることを強要するのはお門違いなのだ。
(日本人同士の遊びの乾杯となると話は違うが)

それでも「オレの酒が飲めねぇのか!!」
と絡んでくるようなら、恐らく元国営企業の腐れ幹部連中だろうから、仕事の縁を切った方がいい。ろくな仕事も出来ないし、約束も当てにならない。
いかに中国とは言え、海外の会社と商売をしようという、まともな会社のビジネスマンなら、そんなことは強要しない。

コメント

依存症という病気

アルコールをタバコに置き換えたらどうだろう。 大勢の人が集まって、用意したタバコを勧め合う。 このタバコはダビドフのタバコだ、これはガラムのタバコだ、このピースの缶入りはとても香りが良い、アンフォラも負けずと素晴らしい、ハバナ産のこの葉巻はどうだ、一本といわずもう一本どうだ、それを吸い終わったら今度はこれだ、などと皆が勧め合うパーティー。 最近はエアコンが完備されているので紫煙の会場とはいかないまでも、タバコ嫌いの人はどうやってその場から逃げ出そうか、このタバコを断ったら商談に響くだろうか、などど様々な理由付けを思い巡らせるのではないだろうか? 私の勧めるタバコが吸えないのかと気色ばむだろうか? 無理をして言われるがままに吸い続けるだろうか?           
空港の喫煙室に入ると、こんな中毒患者と一緒にタバコを吸うのはやめておこうと思いつつ、急いで2本ほど吸ってしまう情けなさ。 

アルコールもタバコも、どちらも依存症というれっきとした病気だ。 何十年にも渡って痛めつけた臓器は残念ながら提供できない。 今夜もコメントを書きながら紫煙に包まれている、そろそろ寝るとしよう。 

  • 2005/11/03(木) 23:00:29 |
  • URL |
  • hexue #0gXy5ln6
  • [ 編集]

酒の話となると

出番がほとんど無い「遼寧省営口市在住」です。
またまた2日ほど瀋陽で忙殺され、ご無沙汰してました。夕方にやっと帰って来ましたが、高速バスの2時間半はほとんど寝てました。たまにしか来ないような日本人との付き合いはホントに疲れる(笑)。

そうですね。「飲めない人は中国では仕事ができない」なんてことは全然ありませんね。「俺が見本だ」とは敢えて言いませんが、酒なんか飲めなくたって、中国で立派な仕事をしている人はいくらでもいますし、逆に酒で失敗した人や、体を壊した人も多いですよ。
俺は酒は飲めませんが、必要な酒席には最後まで付き合います。飲まなくたっていいんです。酔っ払いに調子を合わせて、できるだけ大声で話せば、相手がヘベレケになって酔っ払っていても、「ヤツは確かにその場にいた」というイメージが残って、それで「あいつは結構付き合いのいいヤツだ」ということになればいいわけです。
近頃は、最初に「俺は飲めないから、この最初の一杯だけで勘弁してくれ」ということを、遠慮がちでなく、できるだけ迫力を込めて挑戦的に(笑)強調することにしてます。押しの強さで酔っ払いに負けてはいけません。でっつさんがおっしゃるように、最近は脅迫的に無理強いしてくるようなのはずいぶん少なくなりました。

「元国営企業の腐れ幹部」という話がありましたが、確かに本当にダメなヤツもいますが、ここで国有企業(現在は「国営企業」というのは無い)の名誉のために言っておけば、東北の場合、体制の問題は別として、国有企業の方が良い人材が多いのも事実です(特に大型製造業)。逆に言えば民営企業がまだまだ育っておらず、特にこの10年間ぐらいの間に設立されたような「民営企業」は経営者の質とモラルが著しく低く、頭の中は脱税と役人への贈賄で甘い汁を吸ったり、舌先三寸で詐欺的に融資を引っ張ることばかり考えているような連中がほとんどで、こういう連中との酒席ではそれこそ「オレの酒が飲めねぇってのか!!」ってのが本当に多いですよ。

タバコのこと

>hexueさん
禁煙が進んでいる日本と違って、中国では、成人男性の75%は喫煙者です。そのため、タバコを吸うときには、まず他人に進めるマナーが残っています。そんなときには、
「謝謝、但是我不吸煙、不好意思」
(ありがとうございます、だけど、私はタバコを吸いません、申し訳ありません)
と断ると、それ以上の追求はありません。
また結婚式では、新郎新婦が、キャンドルサービスのように、招待客にタバコを勧めて回りますが、この時だけは、形だけ火を点けて一息吸います。

hexueさんの言いたいことは、こんなことではなく、タバコ吸いが常識の世界に迷い込んだときに、「不吸煙」が簡単には通らない。そうなったときにどう思うか?という疑問の投げかけだと思います。
正直言って嫌です。同じようなに、酒飲み連中は(私も酒飲みですが)飲めない人に対して攻撃していると言うことなのでしょう。勧めるのは良いけれども、断られたら自粛しましょう。

  • 2005/11/04(金) 00:07:30 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

酒の話しは今日まで

>遼寧省営口市在住さん
酒の話しが、3日続きましたが、今日までです、明日からまた改めてよろしくお願いします。
hexueさんの「急性アルコール性頻脈症及び分解能力不全症」の話しは、私にとっては、想像外のことでした。遼寧省営口市在住さんも、お酒はあまり強くないと言うことですが、毎日ビールの大瓶を4本とか、ワインを1本空けているオレには、とても考えられないことです。

オレは、自分では飲むけど、他人には無理強いしません。と言うのも、勿体無いから自分で飲むだけのことです。
遼寧省営口市在住さんが仰るように、飲まなくても、大きな声で宴会を仕切るような元気な人がいます。その存在感が大事だと思います。
日本でも「お前元気がねぇな、ほら、もっと飲め」見たいな突込みがありますが、元気に騒いでいる人は、放って置かれますよね。

  • 2005/11/04(金) 00:27:40 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

お酒で一番怖いこと

人前でゲロッてしまうことです。
まだそんな醜態をさらしたことはありませんが、もしそんな目にあったら・・・想像しただけでゾッとしますね。
女性の場合「飲めませんのよ~」の一言で許してもらえそう。そういう点は楽かも。

女性でも一度飲んで見せれば

>カンカンさん、
私は、酒を飲み始めた若い頃はともかく、大学を出て働くようになってからは、吐いたことがありません。幾ら飲んでも、吐き気を催したことが無いのです。その前に酔っ払ってしまうので、記憶を失ったことは数え切れず。
だけど、大連に来てからは、白酒乾杯で一度だけ前後不覚になりましたが、その後は、かなり警戒して言るせいか、記憶をなくしたことはありません。日本と違って、治安の問題があるから、本能的に反応しているようです。
また、女性相手の場合さすがに寛容ですが、一度飲んで見せると、次回も同様な飲みっぷりを求められます。

  • 2005/11/05(土) 22:50:50 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

zhongdao

「中国てなもんや商社」はちょうど今日、森ビル裏の図書館から借りてきました。おもしろいですね、一気に読んじゃってます。

乾杯は普通に付き合うとつぶされるんで、トイレに逃げてます・・・。まだ飲めると見るや多対一とかペース速めたりとか、めちゃくちゃあるときもあるし。

  • 2005/11/06(日) 18:01:05 |
  • URL |
  • zhongdao #wLMIWoss
  • [ 編集]

中国てなもんや商社

>zhongdaoさん
「中国てなもんや商社」に書いていることは、多少大げさですが、現在でも根本的な行動パターンは変わっていないような気がします。ついつい笑ってしまいます。

  • 2005/11/07(月) 10:11:38 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/264-4629c04c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。