大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人命軽視の高速道路掃除

何気ない道路掃除のおばさんの写真だが、ここは高速道路の上なのだ。
制限速度が、30km、40kmの一般道路なら、もしもおばさんがつまづいてよろけても、避けたり急停止することも出来るだろう。
lushangsao051031.jpg
だけど、ここは時速100kmで走っている高速道路だよ。大型トラックもビュンビュン走っているし。
たまたまこの写真は、路肩の部分の掃除だけど、中央分離帯付近も同じように掃除している。何気ない作業だけど、なんかの拍子にちょっとよろけたら、お陀仏だ。怖いねぇ!

昨日の高所作業でもそうだが、人命を軽視しすぎていると思う。
日本だったら、2kmくらい先からポールを100本くらい立てて、車線を確保してから作業するだろう。

コメント

あのー、写真が

出ないんですよ。この前の「生エビのしょうゆ漬け」とこの「人命軽視の高速道路掃除」の写真が出ませんね。「命懸けの高所作業」の方はバッチリ見れるんですが。俺の方の問題なのか、システム上の問題なのか、判りません。
この高速道路の掃除、確かによく見かけますね。さすがに最近は見かけなくなったけど、俺が最初に「瀋大高速」を通った1991、92年頃は、附近の農民が野良仕事に行くのに、鍬担いで走って横断していたり、路側を自転車で走ってるヤツがいたり、「ホントにこれが高速道路なのかい?」と首をかしげるような風景がよく見られたもんです。まあ、その当時は交通量も少なく、車だって100km/h以上で走れるのは輸入の日本車だけ、中国国産のトラックやバスなんか、80km/hも出ればいいところで、飛ばしすぎてエンジンがオーバーヒートして路上でエンコしてる「解放牌」トラック(戦前のFORDあたりのコピーと思われる丸っこいキャブでフロントのフェンダーが突き出た5トン積みのボンネットトラック、1950年代には日本でもまだ見かけた懐かしいスタイルのやつ)なんかをよく見かけました。
そんな頃なら、たまに来る車に注意すればいいわけですから、高速道路の路面掃除もそれでもよかったんでしょうが、今や交通量も増え、片側4車線に拡幅もされ、車のスピードもはるかに速くなっていますから、確かに危険この上ない。どう考えても命を張るほどの手間賃もらってるとも思えないこのおばちゃん達が、事故に遭わないことを祈るばかりですね。

画像を再アップロードしました

>遼寧省営口市在住さん、
2枚の画像を再アップロードしてみましたが、如何でしょうか?
最近FC2ブログの管理画面が調子が悪いので、こちらのシステムのせいだと思います。自分で見えていれば分からないので、もし、また見えないようでした、お知らせください。
特許不要論のスポーツ編は、後半が消えてしまいました。いま復旧を依頼しているところです。もう一度書けと言われても、難しい。

さて、掃除のおばさんですが、高い賃金を貰っているはずがありません。せいぜい、1時間1元か高くても3元程度でしょう。

テキストを保存を

>特許不要論のスポーツ編は、後半が消えてしまいました。いま復旧を依頼しているところです。もう一度書けと言われても、難しい。
まず、テキストを書いて、パソコンに保存させてから、ブログにアップしています。手間はかかりいますが、アップ前に誤字などの点検ができてよいし、アップなどに失敗しても、再アップできるし、メールからもアップできるので好都合です。何しろ、ブログとは別に保存されていますから安心です。

  • 2005/11/15(火) 22:26:34 |
  • URL |
  • KM #NscJhb76
  • [ 編集]

その一手間が、、、、、

>KMさん
アドバイスありがとうございます。仰る通りなのですが、根っからの無精者なのでその一手間が、面倒に感じてしまうんですね。
今まで、トラブルが無かったので、気が緩んでいたのかも知れません。
パソコンへの保存について考えてみます。

  • 2005/11/16(水) 08:18:53 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/266-ae151c98
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。