大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生エビのしょうゆ漬け

大連の料理と言えば何と言っても海鮮料理だが、生で食べる食材は意外と少ない。
現在では中華料理店でも、ひらめの刺身とか、鯛の活造りとかを出すが、そもそも、刺身は日本人が持ち込んだ食べ方のようだし、昨日紹介した生ウニも以前は食べなかったが、日本人が広めたのだと思う。

そんな中で、エビだけは生で食べていたらしい。悪趣味な料理(料理と言って良いのかどうか?)で、「クルマエビの踊り食い」というのがある。生きたクルマエビを深いお皿に入れて、蓋をする。そのままだと元気が良いのでピョンピョンと飛び出してしまうので、50度くらいの白酒を少し注いでしばらく置くと、酔っ払っておとなしくなる。それからおもむろに手で頭をちぎって、殻を剥いてからわさび醤油を付けて食べるのだが、初めてのときは、手の中でピクピク動いているエビを引き千切るのが、なんとも嫌な感じだったが、慣れちゃうものだ。

さて、今日の写真は、生エビの醤油漬けだ。
生のエビを加熱しないで、ニンニク、ピーマン、生姜、唐辛子、玉ねぎなどいろいろな香辛料を加えた醤油の中に、生のまま漬け込んで味を付けたものだ。
namaebi051030.jpg

少なくとも、手の中でピクピク動くことは無いので、まだ食べ易い。
加熱したエビとは違って、ぷりぷりした食感が独特である。
大連で海鮮料理を扱っている料理店なら、自前の醤油に漬け込んだ生エビ漬けが必ずあるはずだ。

この醤油に同じように漬け込んだ、小さなカニやシャコもある。カニも生で食べることは殆ど無く、加熱しないカニは、唯一この醤油漬けである。生エビはプリプリしているが、生のカニはビチャビチャした食感であまり美味いものじゃない。
生のシャコは、加熱したシャコよりも剥きにくく、とげで手を傷めるので止めた方がいい。

コメント

中国の新聞で、中国人でも近海の魚には注意したほうがいいという記事を見て、近海・浅瀬で取れるものはあまり食べないようにしてます。うにもエビもシャコも好きですけど、海の汚れ具合、薬品流しっぱなしの場所を見ると、大連産は食べる気が失せてきてます。産地を嘘偽りなく表示してくれてたら食べられそうですけど。高温殺菌してないのは、どうも抵抗があります。

  • 2005/11/14(月) 00:23:33 |
  • URL |
  • zhongdao #wLMIWoss
  • [ 編集]

農薬、海洋汚染、鳥流感

>zhongdaoさん、こんにちは。
そうですね、見えない汚染って怖いですね。水俣病のような例もありますしね。
野菜は農薬汚染、魚は海洋汚染、鳥はインフルエンザ、牛は狂牛病と、気にしだすと何も食べるものがなくなってしまいそうです。
わたしは、あまり拘らずに食を楽しんでいます。

  • 2005/11/14(月) 06:44:42 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

これは俺も

食べたことがありますよ。酒に漬けるので、中国語では「醉蝦(zui4xia1)」と言います。この酒もアルコール分の高い白酒を使うところと、南の方では紹興酒を使うところもあります。食べ方も二通りあって、酒に「酔って」動かなくなったエビをそのまま剥いて生で食べるのと、酒の味が滲みこんだところで、加熱(多分蒸すのだと思う)して食べる食べ方です。いずれも独特の食感や風味があって、下戸の俺でも美味いと思いますね。
外からエビが酒に酔ってのた打ち回るのを(苦しいんだろうな、きっと)見られるように、ガラスの蓋付きの鉢に入れてくる店も多いですね。「残酷」とか言う意見もあるようですが、この種の「踊り食い」というような食べ方は、却って日本の方が多いんじゃないでしょうか。
「汚染」の話はでっつさんもおっしゃるように、気にしだすと何も食べられなくなりますよ。まあ、気を付けなければいけないのは肝炎ぐらいで、他は腹をこわしたって、下痢を二日ぐらいすればそれでお終いです。「発ガン性物質」なんて言っても、「毎日大量に食べ続けて×年で発ガン率××%」とかいうレベルのものがほとんどですから、たまにしか食べない物にそうそう気を使う必要はありません。第一、もうこの歳になって、日本でも公害の最盛期に散々体に悪そうな物を食べてきましたから、「何をいまさら」と言う気がします(笑)。

同感です

>遼寧省営口市在住さん
全く同感です。
食べてすぐ発病するようなものはさすがに避けますが、確率的に10年、20年後に5%の人が発病するかもしれない、と言うような、根拠が曖昧な物には、あまり恐怖を感じません。目の前にうまいものがあれば食べちゃいます。
日本でも3,40年前までは、農薬はガンガン使っていたし、しらみ駆除とか言って、髪の毛にDDTだかBHCだかの白い粉を振り掛けていました。すごいことですよね。汽車に乗ると鼻の穴が真っ黒になるほど煤を吸い込んだし、黒煙のディーゼルカーやら、光化学スモッグやら、今考えると、相当身体に悪いものを吸収してしまったような気がします。
あと何年かで還暦かと思うと、「何をいまさら」ですね、(^凹^)ガハハ。

  • 2005/11/14(月) 14:24:16 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

近頃の日本人の中には

ほとんどビョーキとしか思えない「潔癖症」の人間がいるようで、どっかの中国関係の掲示板で、夫の転勤で心ならずも中国に来てしまったという感じの上海のある日系企業の駐在員の奥方が、こんな書き込みを入れてました。
「中国の水道水は硬水でしかも不潔らしいと聞いたので、私は掃除や洗濯にしか使いません。飲み水や料理に使う水は、すべて×××(上海の某外資系スーパー、価格が高いのでほとんど外国人御用達の店)で買ったミネラルウォーターを使っています…」とかいう話で、歯磨きの水から、お茶のお湯、煮物に使う水、何と食器洗いまでミネラルウォーターを使っているんだそうな。毎日、一体どれだけのミネラルウォーターを使うんだろうか? ミネラルウォーターなんて、外で喉が乾いた時に、たまに500mlのペットボトルしか買うことののない俺には想像も出来ない話ですね。こういう人間は日本でいったいどういう生活をしていたんだろうか? 日本にだって、そんな「無菌状態」の場所なんかないだろう。まさに妄想にとりつかれたとしか言いようがありません。そして、俺は思いましたね。彼女は上海でこうやって「健康的な(?)無菌生活」をおくって長生きしたいらしいが、数年後に日本に帰って、ある日、「無菌生活」と全然関係の無い交通事故で命を落とすんじゃないかって(笑)。

Re:近頃の日本人の中には

遼寧省営口市在住さんのお話に出てくる上海のご婦人みたいな方は、在中国(それも大都会)の日本人の中にはおるようですね。北京での例をあるブログで見たことがあります。むしろ無菌状態では抗体機能が弱化して、身体の保全機能にとって悪いのですが。
日本で花粉症が当たり前になったのは、寄生虫との共生をしなくなったからと、寄生虫研究者の説があります。適当な雑菌とまみれて、ちょうど健康が保てるのでしょう。
それに、皆さんのおっしゃるように、すでに体内に悪物質を取り込んできたのですから、今更ですね。それより少しでも旨いものを食べることの方が先決です。

  • 2005/11/14(月) 22:36:22 |
  • URL |
  • KM #fpCN4P8Q
  • [ 編集]

水俣病ですが・・・

大変哀しい、被害を受けた人にとっては取り返しの付かない事件でしたね。
水銀の蓄積が有害なのはもちろんですが、水俣の魚を食べた人が全員発病したのでは有りません。水俣で取れた魚を毎日のように食していた人が長い期間の摂取によって、被害者になったのですが、被害を受けた人たちは、漁業を生業としていた人が多かったようです。獲れたての新鮮な魚を食べて発病したのではなく、売り物にならない死んだ魚。あるいは浜辺に打ち上げられた死んだ魚などを食べて暮らさなければいけなかった環境がそこに存在し、通常よりずっと、水銀含有量の多い魚を知らずに摂取していた事で多くの悲劇が生まれたのだと思います。そういう環境に有る人は中国でも起こりそうで将来心配ですね。
市場に出ている魚貝類は、食べて有害物質が蓄積しようが、お腹を壊そうが、自分の意思で食べるのだから私も好きな物はかまわず食べます。
蝦蛄の醤油漬けは剥く手間考えたら茹でた方が美味しそうですね。
私は特に鈍感なのかもしれませんが、
考えて見たら、同じように農薬たっぷりな野菜で育って、この歳まで生きているんだからそう気にしなくても大丈夫だと思うのですが・・・・。
ところで我が家も浄水器の存在さえ知らず、水道水以外使った事が有りませんでした。さすがに飲み水は一度沸かしてましたが、椰子の粉末ジュースを作るときにすっかり忘れて水道水で作ってて、一袋(20袋ほど)飲んだ後で気が付きました(笑)そういえばお腹が痛くなったような・・・・でも後で気が付いたのでそれが原因かどうかは正確に思い出せません。

  • 2005/11/15(火) 01:36:59 |
  • URL |
  • mikihiromm #-
  • [ 編集]

浄水器

>mikihirommさん
東北育ちの私にとって、水俣病は遠い場所での出来事で、あまり詳しくは知りませんでした。地元の漁師さんたちに密着した悲しい話ですね。
水の話しですが、私は水関係の仕事をしているので、一般の方より多少は詳しいと思っています。私は、日本から持ってきた浄水器を使っており、問題なく生活していますので、近い内に情報をまとめて、記事にしますので、ご参照ください。

  • 2005/11/15(火) 07:12:03 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

お初にコメントします

初めてこのブログ拝見させていただきました。私も現在は大阪在住ですが、大連リピーターなので、今後とも遊びに来させていただきたいと思っています。
さて、先日会社の忘年会(早!)で「中国産のキムチに寄生虫の卵」の話題で持ちきりになりました。みんな「気持ち悪い」とか「中国産の食品は食べんとこ」とか言ってましたが、私的には「へっ?」って感じでしたね。寄生虫の卵が入っているのはもちろんよろしいことではないですが、「寄生虫ごときに恐れおののいていたのでは中国で生活できまへんで」と言ったら先輩社員が「そうや、俺らの子供時代だって寄生虫くらいみんな体内に飼っとった(笑)。サナダ虫なんてペットみたいなもんやで」といって、若い女性を震え上がらせていました。
 中国在住の皆様はどのようにお考えですか?

  • 2005/11/16(水) 11:55:10 |
  • URL |
  • BEO #-
  • [ 編集]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/270-6a3c333a

国際ビール祭りが白酒祭りに?

季節外れですが今年も大連国際ビール祭りがありました。しかしながら何故か白酒祭りに変わって見事に記憶が飛びました。いっしょに行ったのは現地の中国人管理部長とその仲間ですが、彼とはいつも飲もうと話しはしていましたが1年近くお互い忙しくて腰をすえて飲む機会は...

  • 2005/11/15(火) 21:11:58 |
  • ジョン万中国語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。