大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大根で作った蝶々

以前の記事で、食材による彫刻を紹介したが、ここまで本格的になると素人にはちょっと手が出せない。

先日、ある料理店で出て来た大根の蝶々だ。
赤大根の色合いをうまく生かして、綺麗な蝶々を表現している。
chocho.jpg

持ち前の好奇心から、その構造を解明したのが、右側の写真だ。
折り紙のような平面構造なので、分り易い。

大根で同じような形に切り抜いて、まねっこをしてみたら、結構うまく出来た。

中国に限ったことではないが、さりげないこういう一品が料理の雰囲気を盛り上げることもあるかな。

コメント

でっつさん、器用ですね

この写真はでっつさんの作品ですか。「まねっこ」とおっしゃるが、なかなかの出来栄えじゃないですか。ってことは、料理店から蝶々を持ち帰って、家で構造を研究したわけですね。まさにでっつさんの提唱する「模倣工学」の実践ですね(笑)。
こういう野菜などで作る飾りは、中国語では「菜雕(cai4diao1)」と言い、中国の料理学校では、その科目も習うんだそうです。

この写真は店の作品です。

>遼寧省営口市在住さん、
私がまねっこしたのは、白大根なので、こんなに綺麗ではありません。ただ、似たような形が出来たと言うだけです。
菜雕って言うんですか? へぇ~、そういう科目があるんだ。

  • 2005/11/20(日) 21:46:39 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/276-4a01f65b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。