大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

多彩な数量詞

日本語を学ぶ外国人にとって、ひとつ、ふたつ、みっつ、よっつ、いつつ、むっつ、ななつ、やっつ、ここのつ、とお、と言うのは、まるで呪文のように聞こえるらしい。数字のいち、に、さん、し、ご、ろく、しち、はち、きゅう、じゅうとは、何の脈絡もなしに、数字を数えるから、理解できないと。

こんな遊びを知っているかな?
nanbn051202.jpg

正解は、3本だ。
理由は、末尾に記載しておく。

と、まぁ、これは日本語の数量詞の遊びなのだが、中国語でも数量詞には、苦労する。
日本語でも、自動車は台、ねずみは匹、馬は頭、箪笥と羊羹は棹、鉛筆は本など、数量詞の種類は沢山ある。
だけど数は中国語の方が多いように感じる。
まず、干支の動物の数え方を見てみようか。

ねずみ ⇒ 只(または、個)
うし ⇒ 頭(または、条)
とら ⇒ 只(または、個)
うさぎ ⇒ 只(または、個)
りゅう ⇒ 条
へび ⇒ 条
うま ⇒ 匹
ひつじ ⇒ 只(または、頭)
さる ⇒ 只
とり ⇒ 只
いぬ ⇒ 条(または只)
ぶた ⇒ 頭(または口)

あまり法則性がない、一般に細長いものは〔条〕なのだが、なぜか犬にも使われている。
馬と牛と羊は全部違う。

動物以外でも、椅子は〔把〕で、机は〔張〕だ。
日本では想像できないような数量詞として、
山は〔座〕、
川は細長いから〔条〕または〔道〕、
雨は〔陳〕、だけど降り続く大雨は〔場〕、

花は〔朶〕または〔枝〕
絵画は〔幅〕日本語でも、一幅の名画などと言う
自転車、自動車は〔輌〕だが、
パソコン、プリンタなどは〔台〕

これも、キリがないからもう止めよう。とにかく覚えるのが大変だ。
分らないときは〔個〕で代用すれば、何とかなる。

ところで、最初の問題の正解の理由なのだが、実は手の形には関係がなく、単純な言葉遊びなんだ。
何故って?
「これはなんぼん?」
と聞いているだろう。
分らなきゃ1から10まで実際に数えてみよう。
いっぽん、にほん、さんぼん、よんほん、ごほん、ろっぽん、ななほん、はちほん、きゅうほん、じっぽん。

つまり、指を数える数量詞で「ぼん」というのは、3本しかないわけだ。
だから、正解はさんぼんとなる。
よいこのみんなは、53本とか58293本なんて屁理屈を言うのは止めようね。

コメント

数を指す指は重要

一日たってもコメントがないので書きにくいのです・・・敷居が高いというか・・・でも小生はでっつさんの家の居候みたいな影猫(知ってますか、東北では「ほいどねこ」とも言われていますが)ですから。

数を表す指に興味を持っています。日本でも、地方によって「2」や「3」の指が違うのです。ウチの嫁(宮城県県北の土着・失礼)は親指と人指し指を出して「2」だと主張するのです。「2」は人指し指と、中指でしょう。中国や、でっつファミリーの皆様はどのような指を出しますか。

クイズ:日本の市場(卸売り市場)で親指一本だけ出したら、どんな数字を意味するでしょうか。(親父とか、パトロンなどというのは無しです)

  • 2005/12/06(火) 18:25:58 |
  • URL |
  • はくらくてん #-
  • [ 編集]

親指+人差指は「8」

>はくらくてんさん、コメントありがとうございます。
影猫も「ほいどねこ」も知りません、東北育ちなんですがねぇ。
正直言うと、この記事については、中国語の数量詞はともかく、日本語の言葉遊びに、もう少し反応があるかと期待していたんです。
「わぁ、面白い!」とか、「子供にやってみよう」とか。

ところで、「手で数字を示す」(http://huaihua.blog5.fc2.com/blog-entry-104.html)の記事に書いたように、大連では、親指と人差指を立てると、指の形から「八」を連想して「8」の意味になります。「2」の意味には受け取れません。
私が育った日本の東北では、確かに「2」を表すのに、親指と人差指を立てるのもアリでした。
そういえば、「グー」「チョキ」「パー」の「チョキ」は、標準語的には、人差指と中指ですよね。でも東北地方では、親指と人差指もアリでした。

クイズの答えですが、大連式の数え方では、親指は「5」をイメージさせるのですが、そんな甘い答えではないと思います。
当てずっぽうだけど「10」ではないですか?

  • 2005/12/06(火) 22:22:39 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

所により違うもんですね

小生は関東出身のため、影猫や「ほいどねこ」は成人してから知りました。でっつさんは両方とも知りませんでしたか・・・かなりローカルな言葉のようですね。影猫は、勝手に住み込んであまりなつかない猫、陰にいるような猫のことで宮城県県北では確実に標準語です。「ほいどねこ」は岩手県県北の人が使っており、言い得た言葉だなと思っていました。「ほいど」は「ほいと」の語尾変換で、「ほいと」=「陪堂」=「こじき」の事です。翻訳すれば、こじき猫です。これも勝手に住みついたり餌をなだったりしています。

クイズの答え、日本の市場で親指一本立てると「6」です。「7」は中国の「8」、「8」は中国の「7」+中指、「9」は人差し指だけ立てて第二間接から曲げ「スリ」のようにします。
日本も中国も基本的に1~5までは同じなのですね。市場では「3」だけが違い、中指+薬指+小指です。小生が推測するに、一般の「3」と「4」が見違えるからだと思います。遠くから見分ける都合上ではないでしょうか。参考までに2300円は、「人指し指+中指」→「中指+薬指+子指」です。ゼロはですって?玄人の集まりですから、その商品が100円台なのか1000円台なのか10000円台なのかは暗黙の了解または間違えるような奴は来るなという世界です。
「10」は人差し指のみを立てます。でも突然立てると1、10、100、1000、10000のどれだかわかりませんね。すなわち、市場では「10」という概念はなく、状況判断です。

  • 2005/12/07(水) 06:30:19 |
  • URL |
  • はくらくてん #-
  • [ 編集]

仙台出身ですが・・・

お二人の話題にはあまりついてゆけません。都市部と郡部でのちがいかな?
さて、中国語とはまったく関係ないですが、片手を使って指を曲げる、曲げないだけの区別でいったいいくつまで数を数えられるでしょう?よくやるように1、2、3・・・と折り曲げてゆくとあとで指の形を見たとき、たとえば指3本曲げていたら、「あれ、27だっけ?33だっけ?」と分からなくなったりしますよね?そういう混乱の起こらない便利な数え方(でもちょっとコツがいる)が有るのです。

  • 2005/12/07(水) 08:16:39 |
  • URL |
  • BEO #-
  • [ 編集]

ヒント

↑のヒントですが、でっつさんの指の形のイラストを例に取ると左から

13、7、29となります。(つまり片手だけで最低29は確実に数えられる)

  • 2005/12/07(水) 08:19:21 |
  • URL |
  • BEO #-
  • [ 編集]

2進数

>はくらくてんさん
猫の件は良く分かりましたが、初めて聞きました。
「3」は、大連でも、中指+薬指+小指でOKですよ。
「9」は大連と同じですね。

>BEOさん
これはすぐ分かりました。
こう見えても、元エンジニアですから、ナメてもらっちゃ困る。
だけど「23」は、手の構造上、非常に難しいですね。
今、外はマイナス7度です。 (`ハ)))...ι(>。ヘ)へっくしょん

  • 2005/12/07(水) 08:53:48 |
  • URL |
  • でっつ #-
  • [ 編集]

>でっつさん

さすがエンジニア!小生も「23」やってみましたが、ほとんどまことちゃんの「グワシ」でした(笑)。
いよいよあと3日後に大連です。直後にハルピンに行くので今から寒さに恐れおののいております。

  • 2005/12/07(水) 11:54:05 |
  • URL |
  • BEO #-
  • [ 編集]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/286-6351ed7d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。