大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恐竜の卵

昨日紹介した大連開発区の海岸通りにある「恐竜の壁」の端の方に、ちょっとした小技が仕込まれている。これが、恐竜の卵なのだ。
ryutamago051105.jpg

はじめて見たときには、このひび割れた物体が、一体何を表しているのか見当もつかなかったが、恐竜の壁を見てからここに戻れば、なるほど恐竜の卵だったのかとガッテンするのだ。

実は、今日の話のネタは、卵そのものではなくて、恐竜が卵から孵化する瞬間の化石が発見されたニュースだ。
その証拠が、下の写真だ。
まさしく、生まれる瞬間の化石なのだが、、、
ryuhaizi051105.jpg

まじまじと眺めていると、つい笑いがこみ上げてくる。
発想が豊かで、面白いのだが、どう考えてもあり得ないだろうって。

どういう過程を経て化石になったのかを考えてみると、生まれ出る瞬間に、一瞬にして火山灰か何かで覆い尽くされたのだろうか?卵から出てくる瞬間の形で固定されるなんて恐らく、あり得ない筈だ。
また、孵化した直後の子供の骨ってとても軟らかいので、化石として存在し得ないのではないか?
もっと笑っちゃうのは、この子供は、卵より大きいので、もともと卵には入り切れないのではないかと思える点だ。

まぁ、細かい考証はさておいて、市民が楽しいひと時を過ごせればそれで良いのだが。

コメント

こちらの偽物には、そんなもの有り得ないと考え付かない私は騙されますね。
偽物の木なんか(もうなくなったけど)、何度も前を通っているのに、ボーっとしているのか、言われるまでまったく気がつきませんでした。
恐竜の壁まではいくらボーっとしてても本物だとは思いませんでしたが、卵の存在に気がつきませんでした。今日は雪で見えなかったので今度見てみよう!!。

  • 2006/02/06(月) 14:46:48 |
  • URL |
  • mikihiromm #v7EhPhU2
  • [ 編集]

想像を絶するものが

>mikihirommさん
ありますよね。
童牛峰入り口の偽の大木はいつの間にかなくなりましたよね。
最初に見たときから「要らん」と思っていたので、すっきりしました。
童牛峰の頂上にあるUFOだって、結構、想像を絶していませんか?更には隣の山に作られた「天馬」ならぬ「天牛」を知っていますか?背中に子供が跨っているヤツ。あれって何だろうって、結構オレの想像を超えています。
開発区以外の皆さんすみません、ローカルネタでした。

  • 2006/02/06(月) 23:00:43 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

そんなのが有るんですか?

以前登り口のふもとに住んでいたのでよく行っていたのですが、
隣の山の天牛って知りませんでした。
探検すればいろいろ有りそうですね。
ともかく飾り物が好き・・しかも大きいのが。

  • 2006/02/10(金) 02:15:12 |
  • URL |
  • mikihiromm #v7EhPhU2
  • [ 編集]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/288-0181691f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。