大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-nと-ng

日本人は、音声を聞く時に、必ず子音と母音とをくっつけて聞こうとするので、子音だけが単独で存在していると、耳に入っても、脳が削除処理をしてしまうそうだ。だから、聞こえていても、認識できない現象があるらしい。

これが、日本人が外国語を学ぶときの大きなハンディキャップだそうだ。

中国語では、子音が単独で存在することは少ないのだが、オレが最も苦手な音声が、〔-n〕と〔-ng〕の違いだ。子音のgが尻尾に付こうが付くまいが関係ないだろう。これを聞き取るのは、もうあきらめた。日本人の聴力では、無理だ。

ここで、一つ大事なお役立ち情報を提供しよう。
雑学事典の面目躍如と自己満足している。

文字を見て、〔-n〕か〔-ng〕かを見分ける技だ。

漢字の日本語の音読みで語尾が「ん」で終わる文字は、〔-n〕で終り、「ん」以外の文字で終わる場合は、〔-ng〕と言う規則性だ。

例えば、
品 は音読みが「ひ」だから〔pin〕
平 は音読みが「へい」だから〔ping〕

もう一例:
慢、蛮、漫 は音読みが「ま」だからピンインは〔man〕
忙、茫、芒、盲 は「ぼう」か「もう」だから〔mang〕
区別が分かったかな?

すごい的中率で、オレが今までに探した範囲では、まだ例外は一つしかみつかっていない。

〔-n〕か〔-ng〕か、迷ったときには、音読みを思い浮かべる。
これで安心だ。 「安」も「心」も「n」だ。

以下、いくつかの文字を例示しておく。

an 安 案 按 暗 岸 庵(あん あん あん あん がん あん)
ang 昂(ぼう)
ban 半 班 般 搬 斑(はん はん ばん はん はん)
bang 棒 旁(ぼう ほう)
bin 賓 鬢(ひん びん)
bing 氷 兵 餅 病(ひょう へい へい びょう)
chang 常 唱 厂(じょう しょう かん)
chen 沉 晨 臣 趁 (しん しん しん ちん)
cheng 成 称 城 程 承(せい しょう じょう てい しょう)
dan 但 淡 担(たん たん たん)
dang 当 党 档(とう とう とう)
deng 等 灯 登(とう とう と)
duan 段 短 断 端(だん たん だん たん)
dong 懂 冬 董(とう とう とう)
fan 反 番 凡 翻 犯(はん ばん はん ほん はん)
fang 放 方 房 防 妨(ほう ほう ぼう ぼう ぼう)
fen 分 份 粉 (ふん ふん ふん)
feng 封 丰 逢(ふう ほう おう)
gan 感 敢 干 (かん かん かん かん)
gang 港 (こう)
guan 管 (かん)
guang 光 广(こう こう)
han 含 寒 汗 (がん かん かん)
hang 行 航 杭(こう こう こう)
hen 很 恨 痕(こん こん こん)
heng 横 恒 亨(おう こう りょう)
huang 黄 慌 皇(おう こう こう)
jian 件 肩(けん けん)
jiang 将 (しょう)
kan 看 刊(かん かん)
kang 抗 康(こう こう)
ken 肯(こう)⇒オレが見つけた唯一の例外
kuan 款(かん)
kuang 况 狂 (きょう きょう)
kun 困 昆(こん こん)
leng 冷(れい)
lian 恋(れん)
liang 两 量 亮(りょう りょう りょう)
lin 林 淋(りん りん)
long 隆(りゅう)
luan 乱 卵(らん らん)
man 慢 蛮 漫(まん まん まん)
mang 忙 茫 芒 盲(ぼう ぼう ぼう もう)
men 門 悶(もん もん)
meng 梦 猛 孟 蒙 盟(む もう もう もう めい)
mian 面 免 眠 勉(めん めん みん べん)
nan 男 南(だん なん)
nian 年 念 粘(ねん ねん ねん)
niang 娘(じょう)
ning 宁 凝(ねい ぎょう)
nuan 暖(だん)
neng 能(のう)
pin 品 拼(ひん びん)
ping 平 瓶 苹(へい へい びょう)
qun 群 裙(ぐん くん)

もう飽きた。

コメント

この「法則」

知っていると確かに便利ですね。ピンインは中国語の習い初めだけでなく、最近は中国語文の入力の時も使うので、「ん? 最後はnかng、どっちだったかな?」という時に、「えーと、日本語の読みだと…」と言うことでヒットすることが多いです。おそらく98%以上(あてずっぽうですよ)は、この「法則」が成り立つんじゃないかな。でっつさんが挙げてくれた例外の「肯」の他には、俺も思い浮かびません。誰か他の例外を知っている人がいたら、教えて。

この「-n」と「-ng」、発音する時には、「-n」だと最後が「寸止め」になって「ヌ」に近い音になるとか、「-ng」だと鼻から抜くように引っ張り気味に発音するとか、まあものの本には色んなことが書いてあって、確かにその通りなんですが、いざ聞き取るとなると確かに難しい。でもそれは漢字一字や単語で聞き取ろうと思うからで、センテンスの中の前後関係で判断すれば、何を言ってるのかは大体当りますよ。語学学習ってのは、たくさん読んだり聞いたりして、ボキャブラリーを増やすと同時に、想像力をアップすることだと俺は思っています。

携帯メールでも

>遼寧省営口市在住さん
そうですね、携帯のショートメールでも、gが付くか付かないかで、検索文字が違うので重宝しています。
だけど、だんだんおかしくなってきて、「平」は「ピン」だからgは付かない。なんて、中国読みと日本の音読みを混同して、錯覚してしまいます。

  • 2005/11/30(水) 11:30:47 |
  • URL |
  • でっつ #-
  • [ 編集]

水を掛けるようで

申し訳ないのだが、実はこの「法則」は中国語を勉強している人間の間では、かなり昔から知られていることなのですよ。俺が初めて聞いたのも、もう十数年も前の話です。日本で出版されている中国語関係の本の中にも、書いてある物があります。
このことは中国人では、日本語にかなり詳しい人間で無い限り、ほとんど知られていません。
これは全くの専門外ですが、朝鮮(韓国)語の中の漢字音では、nとngの区別がきちんとあって、現代中国語とは違う発音であっても、かなりはっきりした対応関係があるそうです。(もっとも韓国でも漢字表記は人名とか地名などの固有名詞以外は、ほとんど使わなくなっているようだし、北朝鮮では漢字は全廃ですから、漢字をイメージして音を考えるということは、難しくなっているかも知れませんね。)

「何でこういう法則になるのか」は、実は日本語の漢字の「音読み」の成立の歴史、つまり奈良時代から平安時代ぐらいにかけて、中国の当時の漢字音(「呉音」とか「漢音」と言われる「上古音」)が日本に入って来たことに関係しています。ここで詳しく書いていると、長くなるのと、俺も専門的なことは判らないので、Googleなどで「nとng 漢字の発音」などとキーワードを入れて検索してください。いっぱい出てきますよ。

実は・・・

このnとngに関しては実は中国語学習者の間では「常識」ともいわれている法則でして・・・(決してでっつさんの努力を水泡に帰そうとしているわけではないので、あしからず!)日本で出版されている中国語の学習書にも載っているものがあるかと思います。もっともこの「法則」は知っていると便利なわりには「知る人ぞ知る」位の認知度しかないようですね。
nとngがなぜ対応しているか、というと古代中国語の音を日本語が忠実に保存している部分がありまして(声調などはなくなっていますが・・・)その為nとngも現代日本語の中に保存されているわけです。しかし、どういうわけかngの方は日本語では長音(おう、こう、てい、等・・・)に化けてしまい、でっつさんを悩ませているわけですね。
同じような現象に日本語の漢字音の促音の問題がありまして、現在中国では南方方言には保存されているものの、普通話では完全に消滅している促音(中国語では「入声」という)が日本語には不完全ながら保存されているのです。
(例)
日→nichi  広東語では yat
落→raku 〃  lok
十→juuですが旧仮名使いでは jifu 〃  sap
それぞれ「日光」「落球」「十点」とつづると促音になりますよね?
入声やn,ngに関しては朝鮮語、ベトナム語でもきれいに保存されています。ただし、上海あたりの人はn,ngの区別が笑っちゃうほどつきません。
友人の杭州近く出身の子は何度ピンインを書かせても見事なくらいにn,ngを間違うので「中国人のくせにピンインも書けへんのか!」とからかっていました。ですので、あんまりn,ngの区別は気にしなくてもいいですよ!>でっつさん

あと「肯」のほかにもn,ngの例外はいくつかあります。但しすぐには思い出せません(年ですね・・・)ので思い出したら書きますね。

  • 2005/11/30(水) 14:27:34 |
  • URL |
  • BEO #-
  • [ 編集]

グッドタイミングで、

BEOさんが詳しく説明してくれましたね。
さすがに南方方言に詳しいBEOさんだけあって、的確な説明です!

かぶったー!

営口さんとコメントかぶっちゃいましたね。
さっきから「肯」の他の例のことで頭が一杯です(笑)。なかなか出てきませんねぇ。それぐらい例外は少ないってことです(と、いうことにしておこう・・・)

  • 2005/11/30(水) 14:57:10 |
  • URL |
  • BEO #-
  • [ 編集]

すいません、さっきURLを入れようと編集すると、どうしてもコメント本文が
きえちゃいます。というわけで、もう一度同じコメントをここで投稿します。
---
この法則はすごいですね。 私も少し考えてみたけど、「肯」以外は全て当てはまっていました。 もしかすると、これはすごい大発見のような気がします。詳しくないので、わかりませんが、この大発見はどこかの学会で論文くらいにはなるかもしれませんね。 そして、ここまで来ると、次に知りたいのは、何でこういう法則になるのかという理由かな。nとngの区別ができない日本人にとって、偶然だけでこんなにぴったりとは行かないと思うので。って、偶然かもしれませんが。でも何か理由が見つかると面白そうですね。でっつさん、何か考察があれば是非教えてください。 いや、それにしても、この発見はすばらしい、すばらしい。

  • 2005/11/30(水) 17:46:08 |
  • URL |
  • きたむー@北京 #mQop/nM.
  • [ 編集]

ピンインかー

ずいぶん前中国に行ったときに、汽車に乗ると、トイレの入り口とかに、中国語とピンインが表示されてましたね。
今でもそうなのかな。
パトカーなんて、大きなアルファベットで公安のピンインが書いてあったし。
ピンインて、中国人英語と勘違いしてませんか。
と、本文とあまり関係ないコメントを書いて見る。

帰ってみたら

本文よりも、中身の濃いコメントが続出ですね。
レベルの高い読者が多いので、助かります。今後とも、不足分については、書き添えをお願いします。
>遼寧省営口市在住さん、BEOさんは、プロの領域に達していますね。

>きたむー@北京さん
そういうわけで、先のお二人が回答してくださいましたので、ご了解ください。

>Toshi@タイさん
汽車のトイレは知りませんが、パトカーは、多くは「POLICE」と書いていますが、中には「JINGCHA」と書いてあるのもいます。日本で言えば「KEISATSU」という感じですかね。

  • 2005/11/30(水) 23:56:24 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

ピンイン

Toshi@タイさんから、中国でのピンイン併記の話が出てましたね。
これは最近はずいぶん減って、特に外国人も出入りしそうな場所では英文併記の方が多くなりましたね。
以前はどうしてピンイン併記だったのか、これはピンインの普及(つまり普通話の発音の普及)というのが主な理由だったと思います。前にも別のエントリーで書いたことがありますが、70年代以前(文革末期以前)に小学校を卒業した中国人、つまり40台以上の中国人はピンインが基本的に正しく読み書きできません。そのため、普及のために実際にそういう「規定」などがあったかどうかは判りませんが、ある時期(70年代~80年代ぐらい)、商店の看板や案内標示などにピンインを併記したものがたくさんありました。まあ、ローマ字で書くと外国語みたいで、何かカッコいいというのもあったかも知れませんね。でも、良く見ると結構間違っているものもあったりして、それもご愛嬌でした。
最近は英語併記のものが確かに増えています。それも、「こんなところに外国人なんか来るわけねぇだろ」と思うような下町の商店や、お世辞にも高級とは言いがたいような飯店まで、ご丁寧に看板に英語併記をしています。そして、これまた結構間違いだらけです(笑)。

2008年の北京オリンピックを控えて、「英語熱」も盛んで、俺のところみたいな大して大きくも無い街でも、中国語と英語を同時に教えると称する「双語幼児園」なんてのが出来てます。中国語もロクにしゃべれない幼稚園児に、英語なんか教えてどうすんだ?とも思いますがね。近頃の中国は、情け無くも「英語帝国主義」を全く無批判に受け入れてますね(笑)。

ところで、よくホテルなんかで見かけるんですが、どう考えても英語なんてHow are you?ぐらいしかできそうも無いウェイトレスとか、掃除のおばちゃんあたりまでが、「楊××、Jane Yang」などと書かれたネームプレートを付けていますね。香港あたりの習慣らしいですが、「何でこんなバカげたマネをするのか、日本だってそんなの見たこと無いぜ。そこまで毛唐に媚びるこたぁねぇだろ」って思うんですが、俺だけかな?

英語名

「営口市」さんのコメントで思い出しましたが、中国人でちょっと英語かじっている人ってたいがい「英語名(English name)」を持っているようです。
別に洗礼名とかそういうすーこーなものではなくなんとなくフィーリングで
「nancy」とか「jack」と勝手に名乗るようです。こないだも「君の”英語名”は何だ?」というので仮に私の名前が「純一」だとすると「Junichiだ!」と答えたのです。するとあいては「No,No,ジョージとかピーターとかそういうのつけてるでしょ?」というので「オレはだれがなんと言おうとジュンイチだ!それ以外に名前はない!ペーターでもピョートルでもペーターでもない、ましてやハイジでもない!」と力説したのですが、きょとんとしてはりました。私の勝手な思い込みですが、この中国人の「英語名」というのには大変違和感を覚えますね。いささか国粋主義めいた意見になってしまうかもしれませんが、「民族名」と「美しき黒髪」というのはアジア人の誇りだと思っていますので、茶髪で闊歩しているコギャルたちにも苦々しい思いを抱いているBEOであります。
※茶髪自体を批判しているわけでは決してありません。ただ、個人的に「好きになれない!」と勝手に思っているだけですので、あしからず。

  • 2005/12/02(金) 14:41:09 |
  • URL |
  • BEO #-
  • [ 編集]

ははは、やっぱり

そう思ってる人がいた。
「英語名」ねぇ。まあ、てめぇで勝手につけるんだから、タダだしね(笑)。
でも、アメリカなんかテレビでしか見たこともないし、英語だって大してできもしないし、ましてや「アーメン」でもないのに、何で「ジョージ」だの、「ピーター」だのって名乗るの、こっぱずかしいって思わないのかな?
いや、別のところで「偏狭な民族主義に陥るのは良くない」とか書きましたが、こういうのは「民族主義、大いに結構!」って思うんですがね。

日本では、昔の歌手やミュージシャンなんかで、英語名の芸名名乗ってる人がいっぱいいましたね。「フランク永井」とか、「フランキー堺」とか、「ペギー葉山」とか、「ジョージ川口」とか…、そうそう「ディック・ミネ」なんてのも(古っ! 笑)。でもこういう人たちは、昔、進駐軍(これも古いなぁ)のキャンプなんかで、ジャズの演奏したり、歌っていたりしていた関係で、アメリカ兵が覚え易いようにこういう芸名を付けたという、それなりの理由があるんだよね。でも、日本でも戦後、爆発的な「英語ブーム」があって(今でも「駅前留学」なんてのは盛んだけど)、当時の若者がずいぶん英語を勉強していたわけだが、そういうフツーの若者が「ジョージ」だの、「ピーター」だのって自称していたって話は聞いたことがないですね。

言いにくいが、実はオレはMikeだった。

お二人で盛り上がっているところですが、オレは以前アメリカ担当だった頃、ミドルネームがあった方が、ヤツらが付き合いやすいんじゃないかと、勝手に名刺にミドルネームを書いていました。
例えば鈴木一郎だとすると、「Ichiro Mike Suzuki」みたいに。
だけど、英語がロクに喋れないものだから、アメリカ人は誰も「Hi,Milke」とは呼んでくれませんでした。(;_;) グスングスン
そりゃそうだ、英語の電話がかかってくると、すぐに誰かに代わってしまうんだから、呼びようもないわな(^凹^)ガハハ
可哀想だと思ったのか、社内で何人かの人が、「まいく」と呼んでくれたんですが、余計みじめです。

  • 2005/12/02(金) 15:44:37 |
  • URL |
  • でっつ #-
  • [ 編集]

「英語名」ならぬ「日本名」も・・

でっつさんMIKEだったんですか?(^^)しつこいようですが、これはあくまで善悪じゃなくて好き嫌いの価値観ですから、あまりお気になさらぬように・・。
そーいやー中国人英語学習者が「英語名」をつけるのなら日本語学習者はよく「日本名」をつけてたよなぁ、と懐かしくなりました。
私の知人では
「王」→「大崎さん」
「○春」→「春子さん」
といった具合にこれって下手すりゃ戦中の創始改名ちゃうんか!?と思わせるようなことが行われていました(当然、当人たちはあっけらかんとしてますが・・・)。どーも中国の方は「郷に入れば郷に従え」ならぬ「郷にいれば名前を換えよ」という思想があるようでして、私も「任志権Ren ZhiQuan」というありがたーい「中国名」を命名してもらった思い出があります。(当然、5秒で心の中で返上申し上げましたが・・・^^;。)
我々日本人はどうしても上述の「創始改名」というような事件のせいで「名前を換える」→「植民地帝国主義への服従!」
のような悪いイメージが拭い去れないのでしょけれど、彼らはもっと軽い感覚なんでしょうね。
・・・かく言うわたくしの「ハンドルネーム」たる「BEO」もある言語の単語です。正解は書きませんので皆さんのご想像にお任せします。

  • 2005/12/02(金) 17:19:20 |
  • URL |
  • BEO #-
  • [ 編集]

F4

ジェリー、ヴィック、ヴァネス、ケンとか英語名がついていますね。
てっきり芸能人だけかと思っていましたよ。一般人も勝手に自分で英語名を名乗るんですか?何だか変だなあ。

名前って姓名判断のもとにもなるし、大事なものでしょう?
実習生が日本に来て、発音が難しい名前だと、呼び方を日本式に変えられます。例えば、

郝(hao) →赫(かく)君
云龙(yunlong)→雲龍(うんりゅう)君
丕竹(pizhu)→竹(ちく)君

てな具合に。まあ、銀行の登録もあるので仕方ないのですがね。
自分が中国に行ったときどう呼ばれたいか、というと、まだ想像がつきません。やっぱり中国読みでホァンムーとか言われるのかな。
でっつさんは会社では「総経理」と呼びかけられているのでしょうが、友人達の間ではどうですか?

  • 2005/12/03(土) 08:40:24 |
  • URL |
  • カンカン #J7gMWUUA
  • [ 編集]

nとngの恐怖

私もぜぇんぜんわかりません!
中国で生活しているでっつさんが分からなくて、それでもちゃんと通じるんだから、大丈夫なんだ!安心しました。
nとngの聞き取りは、「r」の巻き舌より難しいです。試験でもヒアリング全くダメでした。

自分の言いたい事をどう表現するかということを考えます。
日本語でも「意味は同じ、でも表現でニュアンスが微妙に違う」ってありますよね。中国語もそうだろうなあ、と想像しています。
私は会話の中にさりげなくイヤミや当てこすりをかませるのが得意ですが(鈍い人は気付かない)中国語でそれを言える様になるのが夢です。
ああっと。今日も中国語のCDを聞かなくちゃ。

  • 2005/12/03(土) 08:58:43 |
  • URL |
  • カンカン #J7gMWUUA
  • [ 編集]

雲虎くん

知り合いの中国人に名前が「雲虎」くんという子がおったのですが、なぜか名前を書くときわざわざカタカナで「クモトラ」と書くのですね。なんで「ユンフー」とか普通の中国人のように音読みで書かへんのかなぁ?と思ってよく読んだら・・・ウ○コって・・・ああ、納得(笑)。

  • 2005/12/03(土) 11:47:19 |
  • URL |
  • BEO #-
  • [ 編集]

会社では、総経理

>カンカンさん
ご想像通り、会社では、「総経理」と呼ばれています。
会社を離れて、中国人の中では、実名の中国語読みです。
例えば「鈴木」さんなら、「リンムー」みたいな感じで。

>BEOさん
やっぱり、ウン○では、可哀想ですよ。

  • 2005/12/03(土) 23:03:39 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

ん n ng

久々に貴兄のブログ見ました
以前、楽しく拝見してました
rolex-omegaの時計に感激しました

学校の講義で使わせてもらいました
有難うございます

学校の講義で

>浅井洋さま、こんにちは。
学校の講義でどんな風に使われたのか分かりませんが、光栄なことです。
使える部分がありましたら、どんどん利用してください。

  • 2009/04/12(日) 07:32:18 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/289-ab2ca409
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。