大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふ、ち、つ、く、き

大連雑学事典ならぬ中国語雑学事典の様相を示してきたが、今日のテーマは「フチツクキ」だ。

「フチツクキ」と聞いて、ピンと来た人は、かなりの中国語通だろう。
だけど最近この事典の読者のレベルが、やたら高いので、「そんなの常識だよ」言われるかもしれないが、ともかく、偉そうに書いてみよう。

入声(にっしょう)という単語を知っているだろうか?

広辞苑によれば、
漢字の四声{しせい}の一。仄声{そくせい}に属する。p・t・kに終わる音節に特有の短促な音調。
入声の字は、日本の漢字音(旧仮名づかい)では、フ・チ・ツ・ク・キのいずれかに終わる。「一」(イチ)・「十」(ジフ)などの類。入声は現代中国の北方方言では多く失われて平声・上声・去声と合わさり、南方方言では保存されている。にゅうせい。

とある。

遣唐使のころの中国にあった短く詰まって発音する言葉「入声」を当時の日本人が語尾に「フ・チ・ツ・ク・キ」の日本音をつけて区別したものだそうだ。
現代中国語では、概ね4声に引き継がれているが、2声になっている場合も多い。しかし、長い年月とともに、元の性質を失って、長く伸ばす音(1声・3声)に変化しているものもある。

これが何の役に立つかと言うと、声調が分からなくて通じにくい場合に、語尾が「ツ・ク・キ」の漢字だったら、まず4声で発音してみよう。ダメなら2声だ。通じる可能性が80%くらいはありそうだ。
昨日の-nと-ngの高確率と比べると物足りないが、ちょっとした手がかりくらいにはなるだろう。

なぜ、「フ」と「チ」を除外したかと言うと、殆ど無いから、無視した方が混乱を生まずに楽だからだ。

当社の運転手は、4代前のおじいちゃんの世代に渤海海峡対岸の山東省煙台近くの山奥から大連に移住してきたそうだ。また、彼によれば、大連人の半分以上は、同じように山東省から移住した人達だという。彼らの中には、2声と4声を逆に発音する人が、結構いる。

「フ」で終わる漢字の例
旧仮名遣いしか思いつかないので、無視しても良い。
笠(リフ)li4
執(シフ)zhi2
峡(ケフ)xia2
協(ケフ)xie2
習(シフ)xi2
什(ジフ)shi2
集(シフ)ji2
汁(ジフ)zhi1←例外

「チ」で終わる漢字の例
一つも思いつかない。

「ツ」で終わる漢字の例
褐(カツ)he4
血(ケツ)xue4
滑(カツ)hua4
掘(クツ)jue4
決(ケツ)jue4
質(シツ)zhi4
末(マツ)mo4
密(ミツ)mi4
蜜(ミツ)mi4
立(リツ)li4
律(リツ)lv4
列(レツ)lie4
劣(レツ)lie4
室(シツ)shi4
活(カツ)huo2
察(サツ)cha2
結(ケツ)jie4、jie1←一部例外
刷(サツ)shua4、shua1←例外
骨(コツ)gu3、gu1←例外
殺(サツ)sha1←例外
失(シツ)shi1←例外
湿(シツ)shi1←例外

「ク」で終わる漢字の例
木(モク)mu4
黙(モク)mu4
目(モク)mu4
刻(コク)ke4
肉(ニク)rou4
続(ゾク)xu4
鹿(ロク)lu4
陸(リク)lu4
宿(シュク)su4
祝(シュク)zhu4
竹(チク)zhu2
族(ゾク)zu2
白(ハク)bai2
泊(ハク)bo2
国(コク)guo2
幅(フク)fu2
屋(オク)wu1←例外
黒(コク)hei1←例外
属(ゾク)shu3←例外

「キ」で終わる漢字の例
域(イキ)yu4
式(シキ)shi2
識(シキ)shi2
滴(テキ)di1←例外

コメント

またまた一番乗り

おそらく朝から僕が一番暇人なんでしょうね。
でっつ様から「プロ」との過分な評価を頂きましたが、「プロ」ではなく「オタク」と呼ばれたいBEOでございます(笑)。
さて、「~チ」と読む入声字ですが、「アチ」「イチ」「ウチ」・・・とひとつづつやっていけばいくつか見つかると思います。
とりあえず「キチ」をあげておきましょう。
「吉」「橘」・・・あ、でもこれ「キチ」じゃなくて「キツ」かな?正確には。
あとのフォローは賢者にお任せします。
あと、入声がほとんど2、4声になるのは僕も知りませんでした!
さすがに大辞典だけあって勉強になるなぁ~。

  • 2005/12/01(木) 08:09:10 |
  • URL |
  • BEO #-
  • [ 編集]

チで終る漢字

>BEOさん、毎日コメントありがとうございます。
なるほど「吉」ji2 はそうですね。「橘」はキツ、「鉢」はハツかなと思います。
他には「日」ri4 がありました。 

「一 七 八」 も引っ掛るんだけど、数字の音読みって、あるのかな?

  • 2005/12/01(木) 08:37:30 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

いやー、うーん、@~&*#$、

さすがに「雑学事典」です。これは俺も知りませんでしたねー。
これも知っていると便利な「法則」ですね。
「入声」と現代中国語音の声調の対応関係で、これも中国語の「上古音」と、日本語漢字音の歴史的な関係を現しているわけですね。
これは普通の中国語関係の辞書や教材ではほとんど出て来ない内容ですが、日本の「漢和辞典」の詳細な物には、各漢字音の出自が「呉音、入声、現代中国語音では…」とか解説されているので、それを見ると判りそうですね。
また南方方言には「入声」があるので、これはBEOさんの専門分野ですが、それらとの対応関係を見るのも興味深いですね。

話は発音からは離れますが、日本語の漢字の用字と現代中国語(特に口語)の用字が違う物、例えば「衣服を着る」の「着」(現代中国語口語では「穿」)とか、「手足」の「足」(現代中国語口語では「脚」)というような用字は、ほとんどが「古漢語」の用字に基づいていて、中国語の中では変化してしまったが、日本語の中で保存されてきた、というのを調べるのも、日本語と古代中国語の関係がよく判って面白いですよ。

わーい!

BEOさんと遼寧省営口市在住さんが知らなかったって!
昨日は、辞書を引き引き頑張った甲斐があったってもんだ。
でも、これほどマニアックな世界に入ってしまうと、一般の読者が減りそうだな。
明日は、もう少し分かりやすいテーマにしよう。

  • 2005/12/01(木) 12:46:45 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

リクエスト

そろそろ「大連中国語雑学辞典」の感を呈してきましたしね・・・。
でっつ様にリクエストですが、我々大連ファン(そんな層があるのか??)が日本で貴HPを見ていて思わず「ああ、これぞ大連!」と思えるようなテーマをたくさん取り上げてくれるとうれしいです。
個人的には「軽軌」のシリーズがよかったです。(これでますますオタクの正体チョンバレやね^^;)

  • 2005/12/01(木) 14:29:15 |
  • URL |
  • BEO #-
  • [ 編集]

身の上相談に乗ってください

でっつさんの博学・雑学、すげ~~と見させてもらっていました。ここに来る人たちの話も楽しみにしていました。
ところで、身の上相談に乗ってください。困っているのです。「大連ファンの皆様」もよろしくお願いします。
身内が、大連外国語学院にお世話になっています。小生も近いうちに(一ヶ月以内)大連の行くのですが、そこで困りごと・・・・。二十歳そこそこの中国人が「日本料理を食べたことが無いから是非食べて見たい」と言っており、小生がごちそうする羽目になりそうなのです。
ここで身の上相談です。小生が好むホテルの日本料理屋に連れて行くのは、あまりにも芸がない、日本人が好む日本料理屋に中国の二十歳の娘を連れて行っても舌に合うはずがない。大連雑学事典の皆様の、知恵を授けてください。中国の若い娘が喜ぶ、日本料理屋を紹介してください。中国の若い子が喜ぶような店は、日本にいる奴が見つけられるはずがありません。是非とも良い知恵をお与えください。

  • 2005/12/01(木) 20:31:19 |
  • URL |
  • はくらくてん #-
  • [ 編集]

>はくらくてんさん

「身の上相談」って言うから、何か深刻な話かと思ったら、そういう話でしたか。
何でも口を突っ込みたがる悪い性格ですので、一つご容赦を(笑)。
で、大連の日本料理屋ですが、俺はあいにく大連在住じゃないんで、どこかの店を紹介はできないんですが(多分、誰かがしてくれると思いますよ、って無責任な態度)、ちょっとばかりのヒントを差し上げることはできます。

先ず、「日本人が好む日本料理屋に中国の二十歳の娘を連れて行っても舌に合うはずがない。」という先入観は捨てた方が良いです。だって相手は日本料理は食べたことが無いんでしょう。それと二十歳ということは、たぶん学生だと思いますが、彼女たちは普段は学食でかなり粗末な食事しか食べていませんし、たまに街に出てもファーストフード店に行くぐらいが、一番の贅沢です。実家がかなり裕福な学生でも、そんなもんです。ですから、日本料理店に行けるということだけで、相当な期待感があると思いますよ。もし、日本語を勉強している学生だったら、特に興味津々でしょうね。

大連には日本料理店はおそらく数十軒あって、グレードもピンからキリまでありますが、女の子だったらやっぱり小ぎれいな店が良いでしょうね。それで、できるだけ本格的な料理(「高い」という意味ではありませんよ。日本のものにできるだけ近いという意味です。)を出す店が良いと思います。店の雰囲気も、できるだけ日本の店に近い方が良いですね。
間違っても、中国人向きにアレンジしたような、いい加減な料理を出す店は避けたほうが良いですね。ここはやはり「本物志向」で。

で、何を食べさせたら良いか。これは何でも食べる人だったら、あんまり考えることも無いんですが、俺が中国人を日本料理屋に連れて行った経験から言うと、割りに誰でも美味いと行って食べるのは、
(1) ウナギの蒲焼は90%以上はOK!
(2) てんぷら
(3) (肉が好きなら)トンカツ
(4) この時期なら日本式の鍋物
といったところかな。
女の子ですから、見かけがきれいで美味いという点では、「ちらし寿司」なんていうのも、良いかも知れません。
好きかどうかは判りませんが、「刺身」や「握り寿司」なんかは、日本独特で代表的な食べ物で、必ず知っているはずですから、試しに食べさせて見るべきですね。可能性は五分五分ですが、一回食べただけで好きになる人もけっこういますよ。

参考になりませんが・・・

まったく参考にならない意見ですみません。
私も「営口市」さんに賛成です。中国風にアレンジされた日本料理より
本場の味に近いものを食べさせてあげたほうがよいと思います。
問題はむしろ「どういったものを注文するか」ということのほうがやはり
重要なんでしょうね。いままで中国の方を接待してきて一番頭を悩ませてきたのが「生もの」です。刺身・寿司の類は「日本通」を自称する人なら喜んで食べますが、だめな人はだめ、という極端な分野ですね。ですのでしいて店のチョイスでいえば「生ものもそうでないものもある店」というのがよいかと思います。

  • 2005/12/02(金) 08:08:55 |
  • URL |
  • BEO #-
  • [ 編集]

日本料理って

なんでしょうかね?
以前どこかでも書いたことがありますが、長い海外出張から日本に戻ったときに食べたくなるのが、ラーメンとカレーです。
一般に、日本料理というと、寿司とか割烹料理を思い浮かべますが、ラーメンやカレーも立派な日本料理だと思います。他に、庶民が気軽に一杯と言う観点では、おでん、焼き鳥でしょうか? それから焼肉は問題なく中国人に受け入れられるでしょう。
刺身は、好き嫌いというより、心情的に生の魚はダメと言う人がいますが、食べる人も多いです。日本蕎麦はダメでしたね。家庭教師の学生は、日本のカレーは美味しいと言っていました。

そこで私のお勧めですが、日本の庶民の味を紹介したい。
実在の店名を書くのはちょっとまずいような気もするけど、具体性がないと役に立たないでしょうから、書いちゃいます。普段開発区に住んでいるので市内はあまり詳しくないのですが、数少ない経験の中から、

1、焼き鳥、おでんの店「ふぶき」中山広場から人民路をフラマ方面に歩いて3分を右に曲がる。KIZAKIの隣辺り、日本料理「竹馬」の上3階。
 カウンターと座席テーブルが二つしかない小さな店ですが、頑固オヤジ風のマスターが頑張っています。モツ煮込みとか豚のリブ焼き。お任せご飯は日替わりで、炊き込みご飯などを出してくれます。これが日本の味だと思わせるお勧め店です。予算の目安、120元。
遼寧省営口市在住さんが仰るような、女の子向けのこぎれいな店ではありません。日本のオヤジが行くような居酒屋の雰囲気そのものです。

2、お好み焼き「かっちゃん」フラマの向かい側、民寿街を入ったところ。
 お好み焼き、おでんがあり、その他焼き物など。お好み焼きは、関東風、関西風、広島風などあり、おたふくソース使用。
 カウンターと、テーブル席、座敷2席の小さな店です。予算の目安70元。安いけれど、味は美味しいと思います。
貧乏学生が通ってきて、漫画を読んでいるような雰囲気で、実際に大外の学生が来ています。

上の二つは豪華さが無いので、ダメだと言うなら、
3、日式焼肉店。沢山ありますが、どこもそれなりに美味しいです。予算の目安150元。

4、割烹料理なら、大名とか大江戸とか。大江戸なら飲み食べ放題200元コース。
5、一発奇をてらって、ふぐ料理はいかが。「紅葉」
 てっさ、唐揚げ、皮、ヒレ酒、仕上げはてっちりの雑炊、フルコースで300元。

自分の思い込みの強い提案なので、お気に召すがどうか分かりませんが、ご参考まで。

  • 2005/12/02(金) 09:53:22 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

一つだけ具体的なお薦め

さすがに皆さん、親切で、でっつさんからは具体的な店名まで上がって来たじゃないですか。でっつさんのお薦めも、かなり「応用編」という感じはしますが(笑)、良いかも知れませんね。

でっつさんが挙げてくれた店名の中で、俺が知っている所でこれは俺もお薦めだと言うのが「大名」です。大連市内に支店が何店かあるらしいですが、俺がたまに大連で行くのは、「鉄路医院(旧満鉄病院)」附近の「太原街」にある本店で、ここは店内もきれいで、モダンな和風という雰囲気で、肝心の料理も実に本格的です。大連では知名度の高い日本料理屋らしく、タクシーの運転手も大概知っています。
特にお薦めなのが昼の各種の定食で、ウナ重とか和風ステーキなんかをメインに、刺身、寿司、てんぷら、味噌汁などがセットになっていて、まさに「日本料理入門編」が圧縮された感じで、ボリュームも満点です。それでいて、1人前80~100元ですから、これは安いと思いますよ。但し、定食があるのは昼だけで、夜になると単品の注文になり、かなり高いものにつきます。時間の都合はわかりませんが、他の日本料理屋でも昼はリーズナブルな定食をサービスしていますから、できるだけ昼を狙った方がお薦めです。

相談して良かった

でっつさん、遼寧省営口省在住さん、BEOさん、たいへんありがとうございます。やはり相談相手は間違っていませんでした。イメージが出来上がりました。(場違いな相談すいませんでした)
実は身内が、日本語を学んでいる中国人学生と「相互学習」というのをやっていて、その相手が日本料理を食べたことがないし興味を持っているので来た時にごちそうして欲しいと言われていたのです。物価は安いから、軍資金は全く問題ないのだが、何を注文すれば良いのかを悩んでいたのです。以前、中国で中国の方にごちそうになった時に、注文してくれた川魚料理の感想を聞かれ「あまり好きでない」と言うような事を言ってしまったのです。するとすぐにウェーターを呼んで下げさせ、別の料理を注文してくれたのです。この記憶がトラウマ(笑)になっているため、全く口に合わない物を注文できないな・・・と思っていたのです。
すっきり悩みが消えました。ありがとうございます。
でっつさん、ごめんなさい。人の家に上がりこんで、勝手なことをわめいて申し訳ありませんでした。皆さんなら、常識と博学で絶対に良いアドバイスをいただけると思いやっちまいました。これからもよろしくお願いいたいします。

  • 2005/12/02(金) 17:23:58 |
  • URL |
  • はくらくてん #-
  • [ 編集]

寒い

>遼寧省営口市在住さん
応用編というのを褒め言葉としてとってしまう、お気楽でっつです。
何回かに分けていくならまだしも、一発勝負でお好み焼きはないかな?

>はくらくてんさん
今日の大連は、日中でも1度までしか上がりませんでした、来週はもっと寒くなるようです。防寒の用意をして大連の食をお楽しみください。
私のお勧めは、次回にでも活用してください。

  • 2005/12/02(金) 18:08:41 |
  • URL |
  • でっつ #-
  • [ 編集]

日本も寒い

小生は宮城県に住んでいるのですが、日本の東北地方も寒いで、多くの地点で路面凍結しました。宮城県内で、今朝は150件以上のスリップ事故があり死者も出たそうです。ほとんどがノーマルタイヤのままなのに急に寒くなったためこのような事故が多発したようです。
焼き鳥とおでんの店「ふぶき」は小生が見逃しません。お勧めの意図とにそむきますが体験させていただくつもりです。ふぐ料理の「紅葉」も小生がやっちゃおうかな・・・、4500円でふぐ料理のフルコースなんてありえない!
自分中心の、はくらくてんでした。

  • 2005/12/02(金) 18:30:22 |
  • URL |
  • はくらくてん #-
  • [ 編集]

はくらくてんさん

なんかブログの本題と離れているような・・・・気もしますが、
大家のでっつさんも(たぶん)許してくれるだろうと云う事で!!
元料理屋としても、私も大名はおすすめです。
色々日本料理店には行きましたが、一番味にばらつきが無く、
どれもハズレが有りませんでした。
包丁が切れるという言葉が有りますが、市内は行った事が無いのですが、開発区の職人さんはまさにそれで、活き造りも迷い包丁が無く、下手な日本の職人さんより腕が良いくらいで感心しました。
日本人料理長は居ない店なので、最初に指導した人がよほど教え方が上手だったのか、熱心に習得したのでしょうね。
それと・・ついでに河豚ですが、
休日や休前日の忙しい時間は避けた方が良いですよ。
忙しすぎると刺身は正式に包丁捌きを駆使して薄く引く暇が無いらしく、(たぶん)一度冷凍してスライサーで引いているようです。
冷凍した時に河豚の身の水分が凍って、解凍するとその部分に穴が開きます。河豚を冷凍するなんて考えられませんが、3度行って3度ともそうでした。河豚には皮が付き物ですが、この皮も付いてませんでした(皮をすくのは非常に手間と時間がかかります)。暇なときなら大丈夫かもしれませんので、平日や時間帯をずらして行かれたほうが良いかもしれません。

  • 2005/12/02(金) 22:46:55 |
  • URL |
  • mikihiromm #v7EhPhU2
  • [ 編集]

永久保存。

とても興味深い話題でしたね。
読んでいるうちに思わず涎が・・・。
大連に行った時の参考にさせていただきます。
観光案内はいろいろ出ていますが、冊子に載っている店はあてになりません。日本でも何度も痛い目にあっていますしね。(幹事だったりすると最悪!苦情殺到で)
やはり口コミが一番信用できます。紹介されていたお店が健在のうちに大連にいかなければ!

  • 2005/12/03(土) 08:02:46 |
  • URL |
  • カンカン #J7gMWUUA
  • [ 編集]

迷い箸なら知ってるが

>mikihirommさん
迷い包丁と言う言葉ははじめて聞きました。専門用語ですね。
適切なコメントありがとうございます。

>カンカンさん
大連にいて、日本の雰囲気を探すのは分りますが、わざわざ日本から大連に日本の味を探しに来なくても、という気がします。
別の目的でお出でになったら、立ち寄ってみてください。

  • 2005/12/03(土) 22:54:58 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

元旦に大連で会食

でっつさん、あけましておめでとうございます。今年も楽しく読ませていただきます。今、大連から自宅に戻ったところです。
元旦に、外大の中国人二人、ロシア人二人、韓国人二人、そして日本人三人と小生で会食をしました。全員が女性なので、それは緊張しましたが、それより言葉が通じないので困りました。さてさて、何がおいしかったかを聞いたところ「てんぷら」が圧倒的でした。そのなかでも、さつまいもとかぼちゃがおいしかったとはトホホです・・・ロシア人でもウラジオストック周辺の子は刺身も鮨も焼き魚も海鮮物は何でも食べましたが、モスクワ方面の子は、エビやしゃこを除けば苦手なようでした。タコは見るのもイヤだったかも、、、
皆さんからアドバイスをいただいて本当の良かったです。ありがとうございました。中国の子は、畳、ふすま、床の間、掛け軸まで興味を示し、食べ物はひとつひとつ味わっていました(おいしかったかどうかは別にして)。よほど期待していたようで、こんなに喜ばれた「接待」は初めてです。皆様本当にありがとうございました。
私ごとをひとつ、大晦日には大連賓館に泊まっていたので真夜中の花火の歓迎を受けました。海腸も食べたし、でっつさんが紹介していたことやそれ以外もたくさん大連を楽しんできました。小出しにします(笑)

  • 2006/01/03(火) 15:45:48 |
  • URL |
  • はくらくてん #-
  • [ 編集]

楽しそうですね

>はくらくてんさん、
お役目ご苦労様でした、(^-^ ) ニコッ
ロシア人、中国人、韓国人そして日本人、総勢10名の大宴会ですね。
中でも、紅一点ならぬ、黒一点とはうらやましい限り。
食は、民族に付随する文化ですから、好き嫌いはどうしようもありませんが、日本の食文化に関心を持ってもらったことは、とても素晴らしい国際交流です。
こうした、草の根交流が、少しずつ広がれば、お互いに理解しあうことが出来るのでは無いでしょうか。
また機会があれば、ご馳走してあげてくださいね。

  • 2006/01/03(火) 16:26:48 |
  • URL |
  • でっつ #-
  • [ 編集]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/291-75304ed9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。