大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大連のフリーペーパー

一般にフリーペーパーとかフリーマガジンと呼ばれている、無料情報誌が、大連には沢山ある。日本人が宿泊するホテルのロビーや日本料理店においてあるので、自由に持ち帰ってよい。

変化の激しい大連なので、先月あった店が、今月は潰れていたり、別の店に変わっていたりするので、新装開店などのタウン情報を得る手段として、これらのフリーペーパーは、結構役に立つ。

しかし大半がカラオケクラブの宣伝なので、奥さま方の中には好ましく思わない方も多いのではないだろうか?
確かに、そういう面も否めないが、飲食店割引サービスや、新開店、大連地図、航空機の時間、イベントなど有用な情報も混在しているので、良いとこだけを見てもらえば役立つんじゃないかな。

この写真に挙げたものは、次の6誌だ。
Concierge大連
i.D(info-Dalian)
ビプレ(Business and Play)
COMPASS
LOOK大連
R's
freep051129.jpg

IT時代を反映して、多くの雑誌がインターネットとの連携を模索している。

Concierge大連(コンシェルジュ大連):大連金鈅匙広告有限公司
1997年創刊で、多分一番古いと思う。姉妹紙が、北京、上海、香港で発行されている。また、WebSiteちゃいなびと連動した企画を行っている。このサイトの「トップページ」⇒「リンク集」⇒「大連関連ブログ」と辿っていくと、「大連雑学事典」が登録されている。
また、昨年辺りから、A4国際版の本誌とは別に、主に公告をA5版の別冊付録の形にしている。本誌と広告別冊を分けたことで、読みやすくなったと思う。
この本は、日本でも購読できる(ただし有料だが)。日本国内での読者サポートは、(株)ジェイ・シー・シーが行いハローチャイナが営業代行業務を受託している。国内での販売価格は、本体価格760円(国内全域への送料を含めた価格940円)、年間購読(12冊)価格 9500円(消費税・送料含む)だそうだ。こんなに高価な本を無料で手に入れられる大連住民は得をしている(かな?)

i.D(info Dalian):大連愛迪広告有限公司
オレが大連に来た2002年当時は、フリーペーパーは、上記のConciergeとこのi.Dしかなかった。 巻頭にファンション写真を並べているのが特徴かな?
i.D誌の公式ホームページとして、i.D web 大連がある。

ビプレ(Business & Play):谷伍広告有限公司
2002年の10月頃の創刊だったと思う。
ビジネスと遊びと題しているだけあって、ビジネス情報に力を入れているようだ。最近、本誌のサイズがB5版くらいに大きくなった。
ビプレと連携しているWebSiteは、大連日本語開発ネットだ。このサイトは、けばけばしいカラオケクラブの宣伝がやたらに目に付く。
ネットと連動している「今月の歌」がウリだったが、昨年の夏くらいに無くなった。

COMPASS:遼寧倍思特広告有限公司
瀋陽の会社だからか、瀋陽情報が載っている。

LOOK大連:大連佐藤広告有限公司
サイト直結の動画サービスを特徴にしようとしている。
LOOK探検隊の面白VCD付録には、知人が出演しているので、興味深い。

R's(ROMANTIC STREET):大連梁山泊文化傅播有限公司
こちらと連動しているサイトはChina Doorだ。(誤解がありましたので、訂正します。下の緑色の文字をご覧ください)光栄なことに、こちらのスタッフブログの中の「お気に入りリンク」に「大連雑学事典」が登録されている。
R'sでは、情報誌発信のほか、
* ビザの取得、延長、期限切れ
* 店舗や会社の営業許可手続き全般及び経営上のコンサルティング
をすると書いている。
コメントから抜粋
kazさん

China Doorのkazです。
誤解が1点…
当サイトとR'sは、お互いに広告を掲載し合っているという点では確かに協力関係にあると言えなくはないですが、内容に関しては、連動関係はありません…
いずれも独自に動いて取材・編集しています。

と言うことで、R'sとChina Doorとは、直接的な関係はないそうです。
2005年12月12日追記


このほかに、新しく、「ブリッジ」(日中の架け橋)と言う本が発行されるらしい。

他の都市のことは知らないが、これほど多くの日本語フリーペーパーが発行されている都市があるのだろうか?上海から来た友人もびっくりしていた。

各誌とも、与えられた僅かな本文ページの編集で特徴づけをしようと頑張っているが、我々一般の読者から見ると、本文よりも、大量な飲食店の情報、カラオケクラブ、マッサージ屋の怪しげなサービス広告が目に飛び込んでくる。
これらの広告で成り立っているのだから、致し方ないのだろう。

大連で、7誌も存在できるとは思えない。
過当競争で、いずれ整理されるのだろうな。

コメント

すごい

すごいですねー。大連。
バンコクも日本人が多いので、各種のフリーペーパーが発行されていますが、その大半は、新聞のような形式になっていて、このようなきれいな表紙の物はごくわずか。
しかもほとんどが広告。
ひどいのになると、本文かと思って読んでいるとすべて広告だったりする。

大連WALKER

上海・北京では御馴染みの老舗情報誌、上海WALKER大連版も、12月から創刊されています。
中国国内では北京・上海・広州・蘇州についで5誌目ですから、それだけ大連が日本に馴染みが有るって事でしょうね。
このWALKERシリーズも日本で定期購読出来ますが、
わざわざ購読する人(有料で)要るのかな???
ちなみに、これらの雑誌の1ページ(全枠)の広告料は3000元です。
(どの雑誌もそう相場は変わりません)
高いと思いませんか?

  • 2005/12/12(月) 14:31:36 |
  • URL |
  • mikihiromm #v7EhPhU2
  • [ 編集]

>Toshi@タイさん
大連のフリーペーパーって。綺麗ですよね。これが全部無料ですから、経済的に成り立つのかなって、心配になります。

>mikihirommさん
ウォーカー大連は、カラオケのけばけばしい広告が無く、これらの雑誌とちょっと雰囲気が違うので、実は、明後日の記事で取り上げる予定です。
これが、日本で買えるとは知りませんでした。
1ページ3000元ですか?もっと高いと聞いていました。
広告が70ページとして定価で取れたとして、月収が21万元ですね。営業、編集、制作費、印刷費、配送費用を考慮すると、そんなものかもしれませんね。また、全部が定価で取れることは無いでしょうから、おのずと割引をせざるを得ないだろうし、結構苦しいと思いますよ。

  • 2005/12/12(月) 16:04:03 |
  • URL |
  • でっつ #-
  • [ 編集]

China Doorのkazです。

話が当サイトのことにも及んでおり、大変ありがたく存じます。

ただ、誤解が1点…

当サイトとR'sは、お互いに広告を掲載し合っているという点では確かに協力関係にあると言えなくはないですが、
内容に関しては、連動関係はありません…
いずれも独自に動いて取材・編集しています。

ま、いずれにしてもご紹介いただきありがとうございます。
今後もよろしくお願いいたします。

  • 2005/12/12(月) 16:39:15 |
  • URL |
  • kaz #mXodcSqc
  • [ 編集]

定期購読料

大連WALKERは定価830円(税抜き価格)で、送料+年間購読料は10,000円です。年間購読料は代理店が、送料手数料等を決めているので、代理店によって値段が違うようですよ。
今のところConciergeとこのWALKERが、日本での定期購読が出来るようです。需要があるかどうかは・・・わかりませんが・・・。

  • 2005/12/12(月) 19:30:18 |
  • URL |
  • mikihiromm #v7EhPhU2
  • [ 編集]

あら、偶然私のブログと同じ話題。北京では「Beijing Walker」と「TOKO TOKO」がメジャーでした。大連は広告重視ですね。何でもっと読ませる記事書こうとしないのか不思議です(こんなこと言ったらおこられるか?)。下手したら「日本料理店・マッサージ店・クラブ」の紹介で全部終わりですよね。需要がそれらに偏ってるのかもしれませんが・・・。

ちなみに都市名とWalkerが逆になると他の都市では別の雑誌になります。

  • 2005/12/12(月) 23:54:54 |
  • URL |
  • zhongdao #-
  • [ 編集]

> kazさん、コメントありがとうございます。
誤解があったようで、申し訳ありません。
頂いたコメントを本文に貼り付けて、訂正しておきました。

>mikihirommさん
今の大連を知る有力な情報誌なので、需要はあると思いますよ。
私は買いませんが。(^-^ ) ニコッ

>zhongdaoさん
これらのフリーペーパーは、広告重視と言うか、広告で成り立ってるんだから、仕方ないでしょうが、あまりに広告が多すぎるので、どの本も同じように見えてしまいますようね。

北京、上海の様子は分からないのですが、「ウォーカー大連」が創刊され、見たところ、これまでのタウン情報誌とは雰囲気が違うので、単独に明日の記事に取り上げます。

  • 2005/12/13(火) 08:31:25 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/293-0c192370
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。