大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大連ブックレット

昨日は、大連のフリーペーパー各誌の紹介をしたが、今日は「大連ブックレット」の紹介だ。
dbooklet051205.jpg

やはり、無料誌なのだが、昨日のタウン情報誌群とは違って、カラオケやレストラン情報はなく、広告は、富山県とか鳥取県などの自治体だけなので、けばけばしさは無い。家に持ち帰っても奥さんから睨まれることもないだろう。


一見して文芸誌の雰囲気を漂わせている。
発行は大連市旅游局となっているが、印刷を担当している池宮印刷がかなり注力している印象を受ける。
季刊誌とあるから、年4回の発行のようだ。
巻頭の詳細な地図が特徴の一つで、旅順まで含めており観光マップとしては、最も充実しているだろう。

ホテルや飲食店では、あまり見かけないので、必要なら送ってもらうか、領事館、商工クラブで手に入れることになるようだ。

内容は、特集を含めて、全て書き下ろしの原稿や手記なので、情報誌と言うよりも「読み物」として興味深く読める。

コメント

でっつは、マップなど漂わせている
巻頭や広い巻頭とかカラオケなどを発行されたはず。


  • 2005/12/13(火) 13:24:42 |
  • URL |
  • BlogPetのジョン #-
  • [ 編集]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/294-a7bc6c7b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。