大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

性保健用品専門店

下ネタやアダルト分野は、オレはあまり書かない主義なんだが、いい雰囲気の写真が取れたし、今日は日曜だし、いやらしくない程度にサラッと書いちゃおう。

夜陰に浮かぶ「性用品」の文字。いかにもいかがわしそうな写真になってしまった。seiyouhin051109.jpg

大連では「性用品」とか「性保健品」の看板を良く見かける。

まぁ、日本で言えば「大人のおもちゃ屋」だな。日本の「大人のおもちゃ屋」って、繁華街の隅にひっそりと店を構えているものだが、大連では、結構目立つように看板を出して営業している。
中を覗いてみると、大体4種類の物品に分けられる。

一つ目は、いかにもって感じの「大人のおもちゃ」だ。電動式だったり手動式だったり、男性用と女性用が並んでいる。そのものズバリの格好をしているので、見てるだけでこちらが恥ずかしくなる。

二つ目は、男性用の精力剤の類。中国のバイ■■ラとか、そういう系統の薬剤。

三つ目は、催淫剤、特に女性をその気にさせるという触れ込みのもの。効くんだかどうだか?

四つ目が、各種の避妊用具。色々な「今度生む」が並んでいる。


どうも、中国では「性」に対する感覚が日本よりもオープンな感じを受ける。この手の「性保健用品」の専門店には、もちろん子供は入らないが、一般の薬局の店頭にも、並んでいることがあるのが問題だ。

ショックだったことは、開発区で一番大きなショッピングモール(安盛)の1階の薬局では、通路に面したガラスのショーケースに、一目でそのものと分かる「電動のおもちゃ」が通路側に丸見えに並んでいた。
(今は、店の内側に移動しているが、特別にカーテンなどで隠していないので、傷薬などを探してウロウロしていると、突然目の前に現れることがあるかも)
子供も通る通路なので
「ママ、あれなぁに」
「あれはね、大人が遊ぶおもちゃなのよ」
「おもちゃなら、あたしも一つ欲しい!!買って!」
なんてことになったら、大変だ。

コメント

オレも不思議に思っていた

またまたご無沙汰でした。今回のような話題での復活は小生の人格の現れか(笑)
この手の店が目立つところにあるのを不思議に思っていました。12月8日の「雪が降っても焼きイカだ」の写真の中でもバスの左上の青い看板も同業の店ですよね。西安でも割りと大きな通りで店に大きなも看板が出ていました。もうひとつ不思議なのが、テレビコマーシャルで「性病科」のようなのが頻繁に出てくるのが気になっていました。この手の店は必要な人間は匂いで分かるはずだし、コマーシャルに入れなくても必要性があれば見つけるのにな。
ポーランドのワルシャワなどでも同じで、観光客がよく行く有名な公園の入り口付近で、その名も「SEX SHOP」と英語の看板でした。あまりにも堂々と商売しているので、どれどれと店の中に入っちゃいましたよ。そうしたら、でっつさんの分類と全く同じ品揃えでした。
中国の20才台後半の独身青年と歩いている時に露天でエロ本が売られていて、小生が覗いていると「こういうのは一人で誰も居ない所で見るもんだ」と真っ赤な顔をしていました。中国はいろいろあるということだろうか?

  • 2005/12/18(日) 11:54:01 |
  • URL |
  • はくらくてん #-
  • [ 編集]

そうですねぇ。町中いたるところにありますねぇ。
ひらがなで「せいほけんようひん」って書いてますねぇ。
一回入ってみたいとは思ってますが、あまり必要に迫られたことがないので未体験ゾーンです。

良くあんな小さな字を

>はくらくてんさん、こんにちは。
12月8日の記事で、良くあんな小さな字を見つけましたね。私も気が付きませんでしたが、確かに、青い看板の店があります。
この手の店が広がった背景には、人口増加を抑えるために避妊用具の普及を図るためだと、聞いたことがあるのですが、内容はむしろ、人口を増やしてしまうような??
ポーランドでですか?元社会主義の国でしたよね。なんか中国と共通点があるのでしょうか?

>花花牌子さん、こんにちは。
確かに、ひらがなで書いてるところも目立ちます。と言うことは、日本人もマーケットの対象ということですかね。

  • 2005/12/18(日) 22:06:34 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

今はもう無いですが・・・
私が来た頃なので7年くらい前でしょうか・・
マイカル地下一階の食品売り場横の薬局にも並んでました(笑
あの頃は、日本人経営だったはずなんですけどね~
2,3年は残ってた記憶があります。

  • 2005/12/19(月) 08:42:01 |
  • URL |
  • 長期駐在者 #-
  • [ 編集]

「自分で汚しちゃいます」と書いてた意味がわかったような気がしますv-291
さて、日本と中国とでは「秘すべきツボ」というのかおおっぴらにするべきかどうかというツボが明らかに違うように思いますね。
有名な例では、トイレの大のスペースが外(といっても男厠の内部ですが)から丸見えだったり、テーマにあったように性用品がでかでかと看板掲げて売ってたりするわりには中国はポルノにきびしいですしね。
逆に日本はポルノが氾濫してたり、銭湯で人前で平気で裸になったりする割には、変に隠したりする文化もあるし・・・。

  • 2005/12/19(月) 12:04:14 |
  • URL |
  • BEO #-
  • [ 編集]

日中の文化の違い

というのか、確かに中国ではこの手のショップが、普通の商店街に臆面も無く店構えしていたりしますが、日本のような「風俗営業」関係のケバケバしい看板や広告が集中しているような場所は見かけませんね。その手の「風俗営業」はあっても、表向きは「洗浴中心」だとか、「髪廊」だったりして、判らないようになっている。BEOさんが言うように「秘すべきツボ」が違っている感じです。こういう違いはいったいどこから来るものなのか? よく判りません。

文化の差なんでしょうね

>長期駐在者さん
7年前なら、マイカルは、まだ日本資本の経営でしたね。
経営者の目がそこまで届いていなかったのでは無いでしょうか?
今は中国資本になりましたが、マイカルではこの手の商品を見たことがありません。

>BEOさん
日本では変に隠したりと言いますが、大連のサウナの中の様子は、目に余るのですがねぇ。

>遼寧省営口市在住さん
堂々と看板を出せないのは、違法だからでしょう。じゃあ、日本のソープが合法かと言われると、必ずしもそうとは言えないようで、う~ん??
やっぱり、分かりませんね。

  • 2005/12/21(水) 16:31:01 |
  • URL |
  • でっつ #-
  • [ 編集]

>でっつさん

「大連のサウナの中の様子は、目に余るのですがねぇ」
そ、そんなに大連在住の日本男児は解放的(?)なんでしょうか?それとも中国人?

  • 2005/12/22(木) 11:48:24 |
  • URL |
  • BEO #-
  • [ 編集]

フルオープンは中国人です

>BEOさん
大連のサウナの中の中国人は、子供から老人までフルオープンですよ。
全く隠すようなそぶりは無く、大また開きでぶらぶらと歩いています。
股を開いたまま寝ている人さえいます。
プールのシャワールームや更衣室でも全く同じ。
更に言えば、サウナの垢すり職人は、仰向けでマグロ状態の客の、タマタマを左手で持ち上げて右手で袋の裏側まで擦ってくれます。これって親切なサービスなんだろうけど、みんな見てるし、日本人としては、ここまでの性器開放には、中々馴染めません。

  • 2005/12/22(木) 12:01:07 |
  • URL |
  • でっつ #-
  • [ 編集]

で、でっつさんもフルオープン?

郷に入れば郷に従えと言いますよね。
でもあくまでも日本式を貫いている?

  • 2005/12/23(金) 11:57:48 |
  • URL |
  • カンカン #J7gMWUUA
  • [ 編集]

恥ずかしくて

>カンカンさん
タオルで隠しながら、隅の方を歩いています。

  • 2005/12/23(金) 12:08:04 |
  • URL |
  • でっつ #-
  • [ 編集]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/311-01eee834
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。